熟女 体験 談。 熟女体験談・おばさんとのエッチ体験談

熟女体験談

熟女 体験 談

俺は私立の中学に通うため、父の単身赴任先で、父と二人で市営団地に暮らしていました。 同じ階に山本さんという、六十路くらいの高齢オバサンが一人で生活してました。 階の班長で、自治会費の集金とかしてた熟女です。 父は月に一回、定期的に出張があり、そのときは山本さんに父がお願いして、俺のご飯とかを作りにきてたんです。 俺が中学一年の九月、父の出張のときでした。 いつもなら俺の部屋に山本さんがご飯作りにくるのが、面倒だからこっちに食べに来なさいと呼ばれました。 ご飯を食べて、父に言われていたように、丁寧にお礼をいい、部屋に戻ろうとしたときでした。 「ご飯の次は、道生君を食べてみたいわ。 毎月お世話してるんだから、そのくらいお礼もらってもいいでしょ」 学校の体操着の上から、チンチンを触られ、俺の手を掴み、胸に手を押し付けられました。 返事に困ってしまい、うろたえる俺でした。 「こんなオバサン相手じゃ嫌だってわかる。 でもお礼はしないとダメでしょ」 もう断れませんでした。 体操着ズボンとパンツを下げられ、チンチンを見られました。 「あら、可愛いのつけてるのね」 縮こまってる俺のチンチンを指でこすり、被っていた皮を剥かれました。 心臓は破裂しそうなくらいでした。 少しずつ大きくなっていった俺のチンチンを、山本さんは口に入れました。 一気にビョンと立ってしまって、口から外れました。 「うわ凄いのね」 優しくさすられ、また口に入れました。 「ちょっとしょっぱいね。 お風呂入ってきれいにしよう」 風呂につれてかれ、山本さんも脱ぎました。 弛んだお腹とお尻と胸、シミも所々にあってきれいとは思えませんでした。 山本さんは石鹸で俺のチンチンを洗い、自分のマンコも洗ってました。 そして片足を湯船にかけて。 「見て」 俺は下から覗きこみました。 ビロンとした黒い皮があって、つんとした突起物がありました。 それを指で転がしていた山本さんは、これを舐めてと言いました。 恐々と舌先で数回つつきました。 「もっとベロベロとしてくんなきゃ」 ベロベロ、ベロベロとやりました。 顔に押し付けるようにされて、変な匂いのヌルヌル液で、口まわりが濡れました。 「ここじゃ音が響いてまずいから、出ましょ」 部屋にもどり、山本さんは俺を寝かせて、チンチンにまたがりました。 タグ : 20代後半の独身彼女なし。 俺は熟女が好きでAVも熟女モノをよく見ます。 趣味はパチンコですが好きになった理由もパチ屋に行くと熟女さんも多いし夏なんかだと下着が透けてるような熟女さんもいてそれを見るのが楽しみで行っていた。 いつの頃からか1人のおっさんと仲良くなってベンチで休憩しながらいろんな話をするようになった。 お互い勝っているときは缶コーヒーやタバコをおごったり していた。 ある日、おっさんとベンチに座って女性の評価みたいなのをしていた。 「あの女はそうとうヤリマンだぞ・・」とか「あれはデリの時間潰しくらいだ ろうな~・・」とかおっさんは好き勝手言ってた。 そんな中、1人の熟女さんが前を通った時に「あ・・今の熟女さん俺の好みだ・・」と言 うと「兄ちゃん・・若いのに年増好きなんか?」と聞かれパチ好きになった理由も含めて熟女好きの話をした。 おっさんは「兄ちゃんくらいの若いのとシタい年 増なんていくらでもいるぞ~」と言うので俺は「そうなんですか~?でも出会ったことないですよ・・」と言ったら「今度紹介してやろうか?」と言われた。 そのおっさんのことだからイマイチ信じがたいがホテル代くらい出せば大丈夫な熟女さんを紹介すると言われた。 おっさんの紹介だからパチ友とか正直、品のないおばさんくらいだろうけど熟女さんと出来るなら良いかって思いお願いした。 次にパチ屋に言った時、おっさんが話しかけてきて「兄ちゃん・・・今日良かったら呼ぼうか?来るまで30分くらい掛かるけどどうする?」と言われて頼んで みた。 どんなケバいおばさんが出現するのか・・・なんてあまり期待しなかったが少しは興奮しながら待っていた。 しばらくしておっさんがまた近寄ってきて 「兄ちゃん・・・来たから顔見てみる?」と言われパチ屋を出た。 外で待っていた熟女さんは美人とは言わないが小柄で大人しい感じの熟女さんでした。 想像していた熟女さんとは違い驚いた。 おっさんが「この人だけど・・・どう?」と聞くのでもちろんOK。 熟女さんもOKしてくれてそのままラブホへ行くことにした。 歩いて10分ほどの距離を話 をしながら歩いた。 「こんなおばさんでも良いの?」と言うので俺は「紹介してくれるって言われたけど正直どんな人が来るか不安だったけど好みの女性で良 かったですよ・・」と言ったら「ホント?でも嬉しいわ・・」と言ってくれた。 歳も六十路としか言わなかったがもう少し若く見えた。 ラブ ホに入ると落ち着かない様子であまり慣れていない感じだった。 お風呂に入ることにしたが着ているものも恥ずかしそうに脱いでいてすごく可愛らしく見えた。 胸がちょっと大きめで乳首はかなり大きめでした。 俺の身体を洗う時も控えめな感じで洗ってくれた。 俺が身体を洗ってあげるときは敏感な部分に触れると身体 をヒククヒさせて感じている様子だった。 ベッドに行っても大人しい感じだったが逆にそれが興奮した。 実は俺も熟女さんとは初めてで少し 緊張していたが何だかお互い新鮮な気持ちでセックス出来た。 最初は恥ずかしいからゴムは着けて欲しいと言われて着けてしたが2回目はナマで中に出した。 結 局3回戦までした。 終わった後で彼女が「どんな男の人か心配だったけど優しい人で良かった」と言ってくれた。 俺も「素敵な熟女さんで良かったです。 また会 いたいですよ。 」と言うとすごく喜んでくれて連絡先を交換してその日は別れた。 終わった後パチ屋に戻るとおっさんがまだいて「どうだった?」と聞くので正直に話した。 それ以降おっさんを通さず2人で時々会ってセックスした タグ : 俺は物心ついたころには父親はいませんでした。 母親と祖母と俺の3人が小さな部屋に住んでいました。 母親はずっと仕事をしており俺が中学から帰ってもおばあちゃんがいるだけでした。 ずっとおばあちゃんこでした。 今、数えると俺が14歳。 母が35歳、おばあちゃんが還暦の六十路の時でした。 学校から帰ると誰もいませんでした。 おばあちゃんはもしかして買い物にでも行ったのかなと軽く思っただけでした。 することもなく2部屋しかない一部屋でぼんやりと思向けになっていると、 自然に手がペニスへ行っていました。 次第に興奮してきて、俺は全裸になり仰向けになってゆっくりと擦っていました。 其の時は神経を集中していたのか、 おばあちゃんが帰ってくるなんて思ってもみませんでした。 そこへ、突然、ドアを開けてあばあちゃんが入って来ました。 おばあちゃんは俺のそんな姿を見て一瞬はびっくりしましたが、 「伸ちゃんもおおきくなったんだね。 女性がほしくなる歳なんだね。 恥ずかしがることはないよ。 男は誰だってするんだから」 と俺の傍に座ると、俺の大きくなりかけのペニスを手に握り上下に擦りはじめました。 「どう?きもちいいかい?未だ女の人のあそこをみたこと無いんだろう?見たい? いいよ。 おばあちゃんが見せてあげる」 というとパンツを脱ぎ、スカートも脱ぎました。 今まで想像していたとおり黒々とした陰毛が股間にありました。 おばあちゃんは両手で陰毛をかきわけ 「ココが男の人のおちんちんが入るところだよ。 おばあちゃんも昔はおじいちゃんのおちんちんを ここに入れてあげてたんだけどね。 入れてみるかい?」 と、おばあちゃんは大の字になって大きくなった俺のペニスを握ると そこにあてがい腰を下ろすとにゅっとした感触で穴に入って筆おろししまいました。 おばあちゃんは「ああ・・久しぶりだね。 おちんちんの感触は」 と腰を動かし始めました。 なんともいえない感動であっというまに射精してしまいました。 それからは毎日のように母に黙っておばちゃんに手で抜いてもらったり おばあちゃんのあそこで射精していました。 タグ : 私は六十路の還暦主婦です。 特に美人でもないですが、色白の肌が自慢です。 白髪交じりのショートカットの普通のおばさんです。 もともとおとなしくて話下手で、主婦仲間でもいつも聞き役で、自分から話しかける事はありません。 体も小さくて145センチしかなく細身です。 最近は下半身に肉がついて少し太くなってきました。 家族は、59歳の会社員の主人と、35歳の土木作業員の息子と、 すでに嫁いでいる32歳と30歳の娘がいます。 主人は仕事が忙しいと言いながらも毎晩飲んで帰ってきますが、お酒には弱いのですぐに寝てしまい何があっても起きません。 ですから、6時にはきちんと帰ってくる息子と2人きりの事が多いのです。 息子とは何でもよく話し中がよいのです。 息子は185センチもあり仕事柄、がっしりした格闘選手のような体をしています。 しかし今まで女性とつき合ったことがなく、またイケメンでもないのでもてません。 顔も吹き出物が多くごつごつした怖い顔をしているのです。 それに、他人と話すときは緊張するせいかひどくドモルのです。 時々、ソープなどへ行って性欲の処理をしているようです。 お見合いも何回もさせたのですが、いつも断られてきましたが、25回目にしてようやく婚約することができたのです。 相手の方は37歳のアパレル関係の方で、少し派手な女性ですがお互い年なので合意したようです。 その方は奈美恵さんと言って、主人と同じタイプでお酒が入るとどこでもすぐ寝る癖があるようです。 婚約してから2ヶ月後に結婚式を挙げることになりました。 その間2人とも仕事が忙しくて2回ほどしかデートはできなかったのです。 息子に聞くと、キスまではしたがセックスはしていないと言っていました。 結婚すればいつでもできるからとお互い決めたようです。 そして、結婚式当日、滞りなく終わり、息子たちの新婚生活が始まったのです。 二人の新婚旅行はグアム島でした。 ところが、私たち夫婦は新婚旅行していなかったのと、海外へ行ったことがなかったので、息子が「一緒にどう?」と私たちを誘ってくれ、奈美恵さんも快く了承してくれたのです。 ただ、シーズン中だったのでホテルが満員で、一部屋しか取れなかったのですが、幸い4ベッドの部屋だったので息子たちには悪いと思いながらも同行することにしました。 夕方、ホテルに行くと早速街をぶらつき、おしゃれなバーでビールを飲み戻りました。 夕食後、再びホテルのバーで、4人でかなり飲みました。 お酒に強い私と息子は元気でしたが、主人と奈美恵さんは完全に酔っぱらってしまい、11時には部屋へ戻りました。 2人をベッドに寝かせて私と息子でさらに30分ほどお酒を飲み、息子はそのままベッドで寝てしまいました。 私はほろ酔い加減でお風呂に入りベッドにつきました。 夜1時前ごろ、主人が欲情したのか、私のベッドにもぐりこんでキスをしてパジャマを脱がせたのです。 私も久しぶりの愛撫に、隣に寝ている息子たちに気を使いながらも、主人の下半身に手を伸ばしてペニスを握りました。 その瞬間びっくりして思わず声をあげたのです。 そのペニスはあまりにも硬く大きかったのです。 主人のモノより遥かに太かったのです。 「違うの。 謙一、奈美恵さんじゃないの。 お母さんよ。 」 覆いかぶさってきた息子に、必死で声を押し殺して言ったのです。 しかし酔っているのか息子はさらに乱暴にパンティを剥ぎ取ったのです。 私の必死の抵抗も空しく、大柄な息子は軽々と私の両足を肩に担ぎあげると私の体を二つ折りにしてのしかかってきたのです。 私は必死に息子の背中を叩いて抵抗しました。 股間に熱く硬く大きな肉の塊が押し付けられた時、「あ、ダメー。 」と叫ぶと同時にズボーと息子の大きなものが奥まで入ってきました。 主人のモノより遥か奥まで、私にとって未知の領域まで入ってきました。 初めての感覚に私は大声をあげました。 息子は其れでも怯まずいっぱい突いてきました。 私は気を失い、終わって気がつくと息子のその巨大な物を口いっぱいに頬張っていました。 朦朧としながらも私を逝かせてくれた必死に息子の巨根を吸いました。 やがて口から引き抜くと暗闇の中で、息子が自分のベッドに戻って行きました。 その後深い眠りにつきました。 朝早く目が覚めるとさ3人はまだよく寝ていました。 ベッドから起きるとパンティがわきに落ちていました。 股間を触ると、べっとりと白い体液が付いていて膣から滴っていたのです。 夢かと思っていましたが、息子に犯された事を確信したのです。 朝食を取りに4人でレストランに行きましたが、私と息子は目を合わす事もなく主人と奈美恵さんだけが楽しそうに会話をしていました。 それから、二世帯同居でしたが、息子と私は話もしなくなりぎくしゃくしていました。 それから間もなく奈美恵さんが妊娠したのです。 男の子が生まれましたが、奈美恵さんは育児に専念し、私たちも孫を可愛がりましたが、息子だけは日に日に無口になっていきました。 私は思い切って息子に声をかけ、理由を聞いたのです。 息子が言うには、子供を産んでから奈美恵さんが子供の事ばかりか待って、夫婦生活がないというのでした。 自分だけが家族の中で阻害されて居場所がないと涙ながらに言うのです。 その日以来、私は以前のように息子とよく話すようになりました。 ある休日の午後、むすこと買い物にでかけました。 帰り道、息子がいきなり車をモーテルに入れたのです。 「謙一、あなたは」と言うと「母さんだけが俺の味方だ。 俺は母さんを一番愛しているんだ。 」と言い抱きついてキスしてきたのです。 私も思わず息子の背に手をまわしました。 そのまま抱き合いながら部屋に入ると、息子はすぐにズボンをおろしたのです。 私は巨大なそそり立つ息子の肉棒にむしゃぶりつきました。 そしてそのまま前戯もなく息子は私の膣につきいれてきました。 私は歓喜の叫びをあげてすぐに逝ってしまいました。 息子は気が狂ったように私の体を突きまくりました。 何度も失神してしまいました。 2時間私は狂乱し、息子は射精しまくったのです。 これ以後、息子と私は奈美恵さんや主人の目を盗んで毎日のようにセックスしたのです。 それから2年後、息子は離婚し美奈江さんは孫を連れて実家に帰ったのです。 今では帰りの遅い主人をよそに、息子と私は夫婦のような生活をしています。 タグ : あれは俺が20歳の時 自称40代のおばさんに逆レイプされた 自称というのは、見た目はかなり老けてて ヘタしたら還暦の六十路の老婆だったかもしれない 当時NTTがやってる伝言ダイヤルって奴で引っ掛けた(引っ掛かった)んだ。 俺は大学生で年上でも年下でもエッチな人募集って感じで伝言入れた。 週に1人くらいは釣れる。 ナンパするよりお手軽だったんだな。 でも相手の容姿がわからんからギャンブルではあるんだが、そのスリルが堪らんってのもあった。 で、その熟女だが「40才だけど良いですか」とか「巨乳です」とか入ってたんで、ちょっと伝言でやり取りして会う事になった。 待ち合わせ場所に行くと40代の巨乳なんて居ないやんとか思ってると、 声を掛けてきたおばさんが。 どー見ても40代ではない。 1回目は普通のセックス。 出した後にお互いシャワー浴びて一服。 俺は賢者モードに入ってたので、見た目老婆の六十路のババアじゃ 下半身はうんともすんともいわなくなり、ちょっと後悔しながらも撤収の準備を始めると、いきなり老婆が腰振りダンスを始める。 それが妙にエロくって再び下半身が勃起しちまった。 その勃起した姿を見たおばさんは後ろ向きになり、 俺の目の前で尻の肉をやビラビラを開いて挑発してきた。 さっきの賢者モードは何処に言ったのか俺はおばさんの尻にむしゃぶりついた。 アナル舐めなんかした事なかったが 「アナルに舌入れて」なんて言われたので言われるままに舌を入れる。 舌を入れるのを止めると、今度はおばさんが前を向いて、 クリ舐めろと言わんばかりに腰を突き出して俺の顔を押し付ける。 あんあんよがってる声を聞いてボルテージが上がる俺。 舐めながらシコってるとおばさんは離れて俺のしこってる姿を鑑賞しだした。 おばさんはベッドにM字で座ってビラビラ広げながらマンズリ。 どこが気持ちいいの?とか聞いてくるのが、 自分の羞恥心が煽られて?どんどん興奮してきた。 それを見越したのかおばさんは上に乗っかってきて、ピストン騎乗位。 ピストン騎乗位のシチュエーションは興奮した。 乳がタプンタプンと俺の胸に当たる感触も悪くない。 今度はおばさんが止まらなくなったのか、後ろを向いて同じくピストン騎乗位になる。 でかい尻がタプタプしてるのを見るのも興奮できた。 おばさんは俺の足の指をベロンベロンと犬みたいに舐めてる。 後ろの方が当りが良かったのか俺もソロソロと射精の気分が盛り上がってくる。 逝きそうなのを告げると、「逝くところ見せて」と言って手コキになった。 手コキが気持ちよく、気持ち良いのやら恥ずかしいのやらでフィニッシュ。 2回目だが手で絞ってる分だけ勢い良く飛ぶ。 「元気がいいのね」と言われながら、最後の一滴まで搾り取るように吸われた。 2回目が終了後の賢者タイム。 俺は恥ずかしさと後悔で頭を抱えたかった。 しかし、おばさんは火が付いてしまったのか、自分のマン汁を掬って俺のアナルに挿入してきた。 萎えた筈のチンポが見る見る勃起してきた。 俺はやべぇ。 殺されるとちょっと恐怖感を抱いたが、起ってしまった物は止めようが無い。 と言うか、アナル気持ちよかった(ハァハァ 1本が2本になって最終的には3本アナルに挿入される。 おばさん故に男のポイントが解ってるのか、何ともいえない気持ちよさになってしまった。 そんな俺をみておばさんは「自分でしこってみて」と要求する。 俺は立ち上がりしこり始める。 おばさんは挑発しないが顔を近づけてまじまじと亀頭を見ていた。 時折、尿道付近をペロって舐められるたびにビクンとする。 我慢汁でベトベトになったチンポを、おばさんは垂れた乳の乳首に当てた。 そして驚いたことにそのまま片方の乳に俺のチンポを挿入させた。 これオナホ?ってイメージな。 予想外な展開と予想外な気持ちよさ。 俺は自分から腰を振っている。 ただ、流石に3発目なんで中々逝かない。 おばさん、今度は自分が我慢できなくなった様子で 俺をベッドに投げ捨てて再び覆いかぶさる。 本当にストンと挿入。 今まで若い女とやった時はこんなこと出来なかったのに、これなんてサーカスって感じだ。 老婆は大分興奮してたのか、さっきまでそれでも女っぽい喘ぎ声だったのが、獣の雄叫びにかわりつつあった。 そして自分の乳首を潰れるんじゃないかと思うくらい捻ったり抓ったりしてる。 顔は今で言うアヘ顔ってのか?涎が垂れてきたり白目むいたり。 そこで3発目のフィニッシュ。 おばさんもさすがに疲れたのか、ばさっと俺に倒れこんだ。 ただ、俺の精液を絞る取るように中でビクンビクン逝っていたのを覚えている。 取り合えず1日目はそれで終了。 その後お互いにシャワーを浴びて雑談タイム。 俺は賢者モードになりつつもそれでも楽しめたのでおばさんのしゃべり相手になってた。 おばさんは今まで旦那しか相手してこなかったけど、先月不倫したのをきっかけに男に目覚めたそうだ。 俺で不倫は3人目とか。 その日はおばさんは旦那が帰る時間にまでに戻りたいって事でお別れ。 確か2時間ちょっとだったけど、俺にとっては熟女に興味をもったきっかけだったな。 タグ :.

次の

熟女体験談・おばさんとのエッチ体験談

熟女 体験 談

都内でほど良く都心に近い所ですが、住宅街なので患者はほとんど、じいさんばあさんです。 たまに30代より若い女性も来ますが、だいたいがなので、若い女性とはほとんど無縁な職場です。 この辺りには何故か接骨院が多くて、競合しているわけですが、 他院に抜きん出る策を生み出そうということで、院長とスタッフで会議をしました。 今、うちの院でやってるのは、まあごく当たり前の治療やカイロ 整体 なんですが、 最近「リフレクソロジー」というのが若い女性の間で流行っていると相方が提案しました。 患者はじ タグ :• コメント数:• カテゴリ:• なかなかのエロ可愛いの若で、 あと5~6年もすれば、妖艶なになり さらにエロさに磨きがかかりそうなタイプ 系で募集してたのがキッカケ。 そんでセフレのが 系に登録しするぐらいだから かなりエロくだったわけだ てだな、俺はセフレとの 生活を満喫してたんだわ。 しかし、そんな妻とも セフレとの関係も半年が過ぎると マンネリになってきた俺達。 そんな雰囲気を相手も察したの タグ :• コメント数:• カテゴリ:• 浅黒く瞳はクリクリで 東南系の可愛いくて、 細身だが服の上からも分かるなエロBODYななんです めて会った時から、 シャツの下のボリュームのある ユッサユッサしたなオッパイが眩しく、 おっとりした性格の彼女をかなり気に入ったのですが、 残念ながらなのねと諦め半分でした。 に誘うにも中々ガードが固く、 旦那も迎えに来ていたりしていたので、 俺には無理だなぁと、 飲みながらを目に焼き付けて オナネタとして愉し タグ :• コメント数:• カテゴリ:• 店長が「顔が良かったからw」 と冗談半分で採用したようなこと言ってた。 コメント数:• カテゴリ:• 教え子のKちゃんはあややに似てるし、 教え子ののY子さんもまた 涼風何とかって言うに似て、 39歳とは思えない若くてな もっとも、来年の受験に向け 信頼されてをしているので、 ヘンな考えは無しに週3日行っていますが、 やはりがいると思うと、 心はウキウキします。 ご主人はIT関連の会社の役職で、 忙しいらしく行き始めて1年が経ちますが、 顔を見たのは数える程度なので、 一人っ子のKちゃんにと タグ :• コメント数:• カテゴリ:•

次の

おばさん大好きエロ体験談 六十路

熟女 体験 談

都内でほど良く都心に近い所ですが、住宅街なので患者はほとんど、じいさんばあさんです。 たまに30代より若い女性も来ますが、だいたいがなので、若い女性とはほとんど無縁な職場です。 この辺りには何故か接骨院が多くて、競合しているわけですが、 他院に抜きん出る策を生み出そうということで、院長とスタッフで会議をしました。 今、うちの院でやってるのは、まあごく当たり前の治療やカイロ 整体 なんですが、 最近「リフレクソロジー」というのが若い女性の間で流行っていると相方が提案しました。 患者はじ タグ :• コメント数:• カテゴリ:• なかなかのエロ可愛いの若で、 あと5~6年もすれば、妖艶なになり さらにエロさに磨きがかかりそうなタイプ 系で募集してたのがキッカケ。 そんでセフレのが 系に登録しするぐらいだから かなりエロくだったわけだ てだな、俺はセフレとの 生活を満喫してたんだわ。 しかし、そんな妻とも セフレとの関係も半年が過ぎると マンネリになってきた俺達。 そんな雰囲気を相手も察したの タグ :• コメント数:• カテゴリ:• 浅黒く瞳はクリクリで 東南系の可愛いくて、 細身だが服の上からも分かるなエロBODYななんです めて会った時から、 シャツの下のボリュームのある ユッサユッサしたなオッパイが眩しく、 おっとりした性格の彼女をかなり気に入ったのですが、 残念ながらなのねと諦め半分でした。 に誘うにも中々ガードが固く、 旦那も迎えに来ていたりしていたので、 俺には無理だなぁと、 飲みながらを目に焼き付けて オナネタとして愉し タグ :• コメント数:• カテゴリ:• 店長が「顔が良かったからw」 と冗談半分で採用したようなこと言ってた。 コメント数:• カテゴリ:• 教え子のKちゃんはあややに似てるし、 教え子ののY子さんもまた 涼風何とかって言うに似て、 39歳とは思えない若くてな もっとも、来年の受験に向け 信頼されてをしているので、 ヘンな考えは無しに週3日行っていますが、 やはりがいると思うと、 心はウキウキします。 ご主人はIT関連の会社の役職で、 忙しいらしく行き始めて1年が経ちますが、 顔を見たのは数える程度なので、 一人っ子のKちゃんにと タグ :• コメント数:• カテゴリ:•

次の