コロナ ウイルス うつ。 コロナうつについての相談(心療内科・精神科)

コロナうつを防ぐ。ネガティブ情報から意識を切り替えるコツ

コロナ ウイルス うつ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、5月末まで延長となりました。 4月に就職したばかりの新入社員は、仕事を学ぶどころか研修もままならず、同期の仲間にも会えないという状況の会社もあります。 そのため、新入社員が陥りやすいとされる「五月病」も今年はちょっと事情が複雑です。 「誰かに相談したかった」「誰かに不安を聞いてほしい」……。 そんな声が「キャリア小町」に寄せられています。 今年3月に都内の有名私立大学を卒業し、大手金融機関に就職したばかりの明日香さん。 同期入社は数百人いますが、連絡先を知っているのは、昨年開かれた内定者懇親会で同じテーブルだった4、5人のみ。 本音で語り合えるほどの間柄とは言えず、悩みを語れる人は社内にいません。 研修とは名ばかりで、金融や保険に関する教材を渡されたのみ。 大学の同級生が就職した会社の中には、オンライン研修が充実していたり、教育担当者がきめ細かくフォローをしてくれたりしているところもあるそうです。 「入社当時はやる気満々だったのに、こんな状態ではモチベーションも上がらない。 コロナうつになりそう」。 真面目な性格の明日香さんは、会社への不満が爆発しそうだと言います。 「会社はこういうリスクへ迅速に対応すべき」とこぼし、転職も考えてしまうとのことです。 「五月病」より複雑な悩み 明日香さんの話の中には、「~すべき」という言葉が繰り返し出てきます。 こういうタイプは、責任感が強く、自分にも他人にも厳しい一方、柔軟性に欠け、ルールから外れる状況への対応力に乏しい特徴があります。 「べき論」への過度な執着で、メンタルの不調を引き起こす傾向もあります。 こんにちは、「キャリア小町」オーナーの土屋です。 そもそも「五月病」とは、5月のゴールデンウィークの後、なんとなく体調が優れない、会社や学校に行きたくない、何もしたくないという、気分の落ち込みです。 新生活を迎え、張り詰めていた気持ちがゴールデンウィークで緩み、こうした不調が表れるとされています。 写真はイメージです 入社式、新人研修、配属など、新社会人としてのスタート地点で、新型コロナの影響を受けている新入社員たちの様子は、例年と少々異なっているようです。 いわゆる「五月病」というよりは、社会環境や働き方の変化、会社の先行き、自らのキャリアの不安など、様々な要素が悩みの種として膨らみつつあります。 複雑にからまる不安要素が、やる気やエネルギーもすり減らしてしまっています。 正式な病名ではありませんが、「コロナうつ」という言葉も聞かれるように、外出自粛や3密回避などの感染対策で身動きがとれず、気が滅入ってしまったり、活力が失われてしまったりする人もいます。 気持ちを立て直す3つのヒント 明日香さんのように、「4月からの新生活がんばろう!」と考えていたのに、コロナの影響でやる気がそがれてしまったという人へ、気持ちを立て直す3つのヒントを紹介します。 〈ヒント1〉不安、怒り、悲しみを吐き出す 「オンライン研修に切り替えた会社もあるのに」「上司とオンラインでコミュニケーションをとっている友人もいるのに」……。 明日香さんは、こんなふうにオンラインへの対応が遅い会社に不満を募らせています。 他社のより良い環境を耳にすれば、隣の芝生は青く見えてしまい、自分の環境に不満が膨らんでいきます。 このような状況の中で、会社に働きかけるすべもなく、モヤモヤした気持ちがたまり続けてしまいます。 行き場を失った不満はストレスとして蓄積されます。 気の置けない友人、家族、カウンセラーなど誰かに話してみてください。 不安、怒り、悲しみを隠すことなく正直な気持ちを吐き出すと、それだけで心がふっと軽くなります。 〈ヒント2〉どうして犬なんかでいられるの? 「どうして犬なんかでいられるのか」と心ない言葉をかけられたスヌーピーは、こう答えました。 「配られたトランプで勝負するっきゃないのさ、それがどういう意味であれ」 他社の話を聞けば、どうしても自社の欠点が目につくものです。 元々、とても真面目でルール重視タイプの明日香さんにとっては、このような先行きの見えない状況自体が非常にストレスでしょう。 新しい環境の中でつながりを感じられず、孤独感、不安感にさいなまれると、つい会社を責めたり、怒りを向けたりしたくなるのも当然です。 とはいえ、今このタイミングで転職活動をするようなことは好ましくありません。 スヌーピーが言っているように、「良い感じのあきらめ」もストレスを抱えないために大切です。 自分が置かれた環境の中で今は勝負するしかないのです。 「ないもの」に目を向けるのではなく、「あるもの」に目を向け、感謝の気持ちをもってみましょう。 こんな状況でも給与が支払われていること、教材だけでも送ってもらえていること……。 感謝の言葉を口にしてみると、穏やかな気持ちになれると思います。 〈ヒント3〉感情コントロールのトレーニング このような未曽有の状況に対して、ITに強い会社や動きの早い会社は、さっとオンライン研修や在宅勤務に切り替えています。 ところが、大手企業ほど体制を変えるのに時間がかかるものです。 新入社員が数百人規模であれば、個別に対応できるほどのキャパシティがありません。 こうした事情を冷静に分析してみると、このストレスフルな状態を「感情コントロールのトレーニング期間」ととらえ、自己分析をし、自らを取り囲む環境を見つめ直してみましょう。 不安ばかりあおる情報に触れないようにすることも、トレーニングの一つです。 「不確かな知識に惑わされない」ことも大切ですね。 テレビやインターネットでは、新型コロナ関連の情報が氾濫し、真偽が不確かなものも散見されます。 どんな情報に接すると、不安になり、心乱され、怒りを覚えるのか、感情コントロールの訓練の一つとして自分の気持ちと向き合っていきましょう。 写真はイメージです どうにもならなければ一回休み このような世界規模の混乱が続く状況では、思考停止してしまうのも無理はありません。 無理にポジティブにとらえるというのも、かえってつらくなってしまうものです。 そんな時は、「人生ゲーム」で例えるなら「一回休み」の心持ちでいましょう。 いつか、状況が好転するときに備えて、自らの知識レベルを高めたり、オンラインを活用した人間関係のつながりを構築したり、今だからできることを探ってみましょう。 アフターコロナを迎える今後、世界、社会、会社、仕事、生活がどのようになるかは誰にも分かりません。 「ニューノーマル」や「新しい生活様式」と言われるように、これまでの常識は様変わりするかもしれません。 そこに希望を持って歩んでいけるかどうかは、私たちの心持ち一つのはずです。 ちょっと一休みして、気持ちの準備を整えていきましょう。 【あわせて読みたい】 ・ ・ ・.

次の

「コロナうつ」の原因と改善方法を解説!

コロナ ウイルス うつ

不安でこの先どうしたらいいかわからない、自分はダメな人間かも……と、思い悩んでいませんか? でも、答えは自分が意外とわかっているもの。 誰かに相談しなくても、自分で自分をカウンセリングすることができるんです! 不安が解消され、心が穏やかになりますよ。 自分の本心を引き出す 新型コロナウイルス拡大の影響で、心の不調に悩む人が増えている。 コロナうつや社会不安がのしかかったためだ。 「コロナが原因というより、コロナをきっかけに、もともとあった不安が大きくなって問題が表面化した人が多い印象です。 例えば、今までパートナーに感じていた『この人でよかった?』という迷いが増幅し、それが夫婦間の危機やコロナ離婚に発展してしまっています」 こう語るのは、心理療法士で音楽療法家の橋本翔太さん。 不安が大きくなると人は誰かに相談したがるし、中にはスピリチュアルに頼る人も出てくる。 橋本さんはこの点についても警鐘を鳴らした。 「 誰かに相談して答えを求めがちな人には、『私は大したことがない人間で、あなたの言うことを聞いたほうがうまくいくと信じています』という無意識の気持ちが潜んでいます。 『あの人のアドバイスがあれば私は大丈夫』と思ったままでいると、いつしか『私はダメな人間だ』という気持ちが強化されてしまう。 自己肯定感の欠如につながってしまうのです」 不安が晴れないもうひとつの理由はエネルギーの向く方向。 特に女性の場合、自分をさておいて別の誰かを意識し、尽くしながら生きていることが多い。 「自分よりまず家族を優先」「姑の機嫌をうかがう」「ママ友の目が気になる」と、自分ではない誰かにエネルギーが向きがちだ。 だから、悩みが袋小路に入ってしまう。 詳しい流れは次のページを参照していただきたいが、まずはぬいぐるみを1体用意する。 設定は 「あなたが親友であるぬいぐるみの相談に乗る」というもので、このぬいぐるみは、あなたと全く同じ不安や悩みを抱えている。 ぬいぐるみを活用する理由は、自分を第三者として認識するため。 顔があると擬人化しやすいし、また、見慣れたぬいぐるみだと親しみやすいため、親身にアドバイスしたくなってくるもの。 椅子など、ぬいぐるみを座らせる場所を用意するのも重要だ。 ぬいぐるみを抱いた状態だと、親友へのアドバイスというより子どもをあやすスイッチが入ってしまうのがその理由。

次の

【特集】「コロナうつ」自粛解除から日常へ戻る今が危険

コロナ ウイルス うつ

緊急事態宣言の解除が発表された5月21日の夜、大阪・ミナミのアメリカ村にある心療内科「アウルクリニック」には多くの患者が訪れていました。 診察に訪れた40代の会社員の男性は、上司とのトラブルがきっかけでうつ病を発症し、今は休職しているといいます。 院長の片上徹也さんが症状を聞いていきます。 (片上院長)「ご気分の方はどないですか?」 (男性患者)「ちょっと前回よりも若干、天気のいい日は散歩してみようかな、という気持ちにはなってきていますね。 」 この男性の場合、外出自粛で症状は以前より落ち着いているようでした。 しかし1人になった時、今後のことを考えると急に不安に襲われるといいます。 「(緊急事態宣言が)解除されて、景気の方がどうなのか。 (会社の)業績が悪くなって、じゃあ固定費下げるためにリストラしようかとなった時に、必ず自分はこういう疾患(うつ病)を持っているし、(リストラの)候補には上がってくるんじゃないかと心配をしてしまうんです、どうしても。 苦しいのは苦しいです。 」(男性患者).

次の