ウド鈴木 エピソード。 ウド鈴木のヤンキーの過去が強烈過ぎてヤバい!?嫁や子供の驚きの実態とは!?

本当に喧嘩の強い芸能人ランキング10 不良すぎ最強エピソードも

ウド鈴木 エピソード

プロフィール 名前 ウド 鈴木(ウド すずき 本名 鈴木 任紀(すずき ひでき) ニックネーム ウドちゃん 生年月日 1970年1月19日 出身地 山形県東田川郡藤島町 身長 178. 5cm 体重 85kg 血液型 AB型 所属 浅井企画 趣味 散歩、ドライブ、柔道 嫁・子供より天野くんが好き !? キャイ〜ンは「 芸能界一仲の良いコンビ」とも呼ばれています。 特にウド鈴木さんの 天野ひろゆきさんに対する 愛情は海よりも深いみたいです。 なんか犬っぽいな(笑) ウドさんは天野さんがどれくらい好きかというと 「 天野君の屁の匂いですら進んでかげる」とのこと(汗) しかも匂いでその日の体調が分かるとか。 でも肘掛がちょっと邪魔。 も、もうええわ(笑) 1991年にキャイ〜ンを結成してから 早20数年。 本当か!?(汗) ウドさんは自他ともに認める熟女好きで有名で 「 60代でも若すぎる」と豪語していた程。 また結婚前は合コンや風俗店のハシゴといった 完全に節操のない行動をしていたそうですよ。 相方の天野さん曰く、 「 歌舞伎町には3000万円以上落としている」とか。 どこからそんなお金がふってくるんだ!?(汗) そんなウド鈴木さんですが 2006年に電撃結婚! お会いては 2歳年下のワインソムリエ美女みたいです。 え、年下じゃないの!? なんでもウドさんは女性のストライクゾーンが広いそうで、 「 18歳から灰になるまで」と結婚会見で話していたとか。 つまり大人の女性だったら誰でもいいってことかい(汗) 奥さんの画像は一般人の為公開されていませんが、 記者会見では似顔絵を描いてきてくれました。 ちなみに、ウド鈴木さんの隣にいるのは 嫁に扮した天野ひろゆきさんです(笑) ウド鈴木さんは結婚前は毎晩飲み歩いていたそうですが、 結婚後はまっすぐ家に帰るようになったそうですよ。 夜遊びが静まって、よかったですね(笑) ちなみに結婚を決心したきっかけは、 自宅のトイレのつまりを深夜に2人で直したことだそうです。 やはりウド鈴木さんは一般人に計り知れない センスを持ち合わせているみたいですね(汗) さて気になる子供ですが、 残念ながら子供に関する情報は一切ありません。 おそらく子供ままだいない可能性が高いですね。 子供は神様からの授かりものですし、 ウド鈴木さんの持ち前の明るさで 楽しい家庭を築いていることでしょう。 天野ひろゆきさんと嫁と、 2人のベストパートナーを得ることができたウド鈴木さん。 今後もお茶の間を笑わせてくれることを 期待したいですね!!.

次の

ウド鈴木の元ヤンキー時代の画像が怖い!?イカツイ愛車と喧嘩エピソードがヤバすぎ。

ウド鈴木 エピソード

ウド鈴木の「ケンカ最強説」真偽は?刺青説が広がったワケ ウド鈴木の「ケンカ最強説」真偽は?出川哲朗発の「ヤンキーを退散させた」エピソードが伝説に お笑いコンビ・キャイ~ンのウド鈴木は、数々のバラエティ番組に引っ張りだこの人気者です。 1970年1月19日生まれで、山形県鶴岡市出身。 本名は、鈴木任紀(すずきひでき)と言います。 農業高校を卒業して一度は就職したものの、芸能人になるという夢を実現するため退職しました。 たまたま浅井企画の前を通りかかったことからアポなしで面接を受けに行ったウド鈴木。 一度は追っ払われたもののどうにか事務所入りを決め、浅井企画の先輩芸人の劇団で活動を開始することになりました。 ウド鈴木という芸名の名付け親もこの先輩芸人だそうです。 1991年に天野ひろゆきと結成したキャイ~ンが人気を博し、愛すべき天然キャラとして活躍を続けています。 そんなウド鈴木に、「ケンカ最強説」が根強く噂されています。 特に有名なのが、同じ浅井企画の先輩芸人・出川哲朗発の「ヤンキーをたった1人で追い払った」という話です。 ウド鈴木と出川哲朗は一緒に仕事をする機会が多いだけでなく、プライベートでも大の仲良し。 ある時2人で車を走らせていたところ、大勢のヤンキーに取り囲まれてしまったそうです。 そこで、1人車外に飛び出したのがウド鈴木でした。 出川哲朗に「車の中で待っていてください」と言い残し、すさまじい迫力で「お前らどけ!」とヤンキーたちを一喝して、たちまち退散させたとか。 いつも腰が低くて温厚そうなウド鈴木のイメージからすると信じられませんが、出川哲朗があちこちで話している様子を見ると、多少話を盛った部分はあってもあながち嘘とは言い切れない気もします。 また、ウド鈴木は、歌舞伎町の繁華街で乱闘になり書類送検されたこともあるそうですが、これは正当防衛でした。 サインを求めてきた若者の態度が悪くサインを断ったところ、口論に発展。 一緒に飲んでいた友人に危害を加えられたため、怒ったウド鈴木が相手に背負い投げを浴びせたと言います。 正当防衛が認められてお咎めなしとなりましたが、これらの武闘派エピソードが「最強説」の信ぴょう性を高めているのでしょう。 高校時代には、先輩からしつこく金をせびられパイルドライバーを食らわせたとも伝えられているウド鈴木。 これらのエピソードを見る限り、理不尽な相手が許せない一本気な性格の持ち主と思われます。 ウド鈴木の「刺青説」のきっかけはバラエティ番組 そんなウド鈴木は、「実は刺青がある」という説がまことしやかに囁かれているとか。 日ごろのにこやかなイメージからはにわかに信じられない話です。 噂の発端は、バラエティ番組に出演した際の映像でした。 ウド鈴木の腰の真ん中あたりがモザイク処理されていたらしく、ネット上に「刺青が入っているらしい」という噂が広がることに。 とはいえ、実際にウド鈴木が刺青を施しているという確証が得られているわけではなく、「刺青説」はあくまで噂の範囲にとどまっています。 ウド鈴木は憎めない性格の愛されキャラ!「天野愛」は嫁をも越える?! ウド鈴木は憎めない性格の愛されキャラ!事故対応も誠意たっぷり ウド鈴木の性格の良さがよく表れているエピソードがあります。 それは、2007年4月のことでした。 ウド鈴木が、お台場のフジテレビ本社前交差点を青信号で直進したところ、対向車線から右折してきた車と衝突。 ウド鈴木にケガはなく、相手車を運転していた50代の女性は腰に軽いケガを負うという事故が起こりました。 当初は、双方が「相手の信号無視だ」と主張して意見がぶつかったものの、最終的にはそろって「前方不注意」だったと認めたこの事故は、ともに書類送検され、起訴猶予処分に落ち着いています。 しかし、ここで終わらなかったウド鈴木。 事故現場がフジテレビ前だったため、カメラがその顛末をしっかり記録していました。 映像には、相手車の運転席に駆けつけて謝罪するウドの姿が。 一般的には、直進していたウド鈴木より、右折してきた相手に落ち度があると考えられがちですが、それをさておいて相手を心配して駆け寄る誠意的な姿は好感を集めました。 ウド鈴木は、相手が誰であっても腰が低いことで知られています。 「ウドちゃんは憎めない。 1回会うと、全員ウドちゃんを好きになる」と評されるほどですから、本当に性格がいいのでしょう。 ウド鈴木の「天野愛」はハンパなかった!仲睦まじい嫁とどちらが上か?! お笑い芸人コンビの中には、舞台を降りるとあまり仲が良くないケースもあると言います。 しかし、ウド鈴木は、相方の天野ひろゆきが好きでたまらないことで有名です。 その溺愛ぶりは、もはや「天野愛」と呼ぶべきレベルに達しています。 そのため、キャイ~ンは「芸能界きっての仲が良いコンビ」と呼ばれるように。 実際、ウド鈴木の相方好きはハンパでなく、そのエピソードは数あまた伝えられています。 例を挙げると、「プライベートくらいは別々になろう」と持ちかけられたウド鈴木は、ものすごい勢いで天野ひろゆきの胸ぐらをつかみ、「天野君、僕のこと嫌いなの!? 」と泣きながら詰め寄ったとか。 他にも、「もしキャイ~ンが解散することになったらどうする?」と聞かれると、「天野君と刺し違えるかも知れない」。 「無人島にひとつだけ持って行くとしたら?」という質問には、「天野君」と答えるなど、ウド鈴木の「天野愛」はとどまるところを知りません。 結婚した嫁とどちらが好きかと聞かれたら、間髪を入れず「天野君」という答えが返ってきそうです。 とはいうものの、2歳年下の嫁との結婚生活も幸せそうなウド鈴木。 2006年4月に結婚してから10年以上が経ちますが、今でも変わらず仲睦まじいそうです。 独身時代は毎日仲間と遊び歩いていましたが、結婚してからは一直線で帰宅するようになったとか。 果たしてウド鈴木の中では、相方と嫁といずれの比重が大きいのでしょう? ウド鈴木が香取慎吾に寄せた短歌に反響!お互いに連絡先を交換し合う親密な関係だった! ウド鈴木は、短歌をたしなむという風流な面も持っています。 事実、これまでにも何度かTwitterで自作の短歌を投稿してきました。 その短歌の1つが最近大きく注目され、話題になりました。 それは、「清らかに 身をひく友が 進む道 何があっても 共にする未知」という1首です。 実は、この短歌を投稿したのと同じ日には、元SMAPの香取慎吾が、草彅剛と稲垣吾郎とともにジャニーズ事務所を退所していました。 そのため、この短歌の「友」とは、「香取慎吾のことを指しているのでは?」と注目を集めることに。 ウド鈴木は、相方の天野ひろゆき共々、香取慎吾と長年「香取慎吾の特上!天声慎吾」で共演してきた間柄です。 今も交友は続いており、お互いの連絡先を交換し合うほど親密な関係です。 大河ドラマの共演者にすら連絡先を教えないことで知られる香取慎吾ですが、その稀有な例外がキャイ~ンの2人。 そうした経緯をよく知る香取慎吾のファンからは、ウド鈴木が投稿した短歌に対して、「ファンの気持ちを代弁してくれてる」「ウドちゃんありがとう!」といった反響の声が続々と寄せられました。 「天野愛」ならぬ「香取愛」をいかんなく発揮したようにも見えるこの短歌は、香取慎吾ファンの心を癒したのでしょう。 さりげない表現方法ですが、このようなエピソードからも、ウド鈴木が誰からも長年愛され続ける理由が分かるような気がします。

次の

ウド鈴木 嫁と子供より天野ひろゆきが好きすぎてヤバイ!?

ウド鈴木 エピソード

98年(27歳)ポケットビスケッツとし紅白歌合戦出場。 12年(42歳)映画「一遍上人」主演。 」「タモリのスーパーボキャブラ天国」「ウリナリ!! ・4人きょうだいの長男。 姉が2人、弟が1人いる。 ・父親は絵に書いたような頑固親父だった。 ・祖母と母親はとても明るい性格だった。 ・子供の頃、母や祖母に「お前はやればできる子なのよ」と毎日言われていた。 ・子供の頃、マンガ「サーキットの狼」を読んでスーパーカーに熱中。 ・小学校時代、近くの京田川でよく釣りをして、何度か川に落ちた。 ・小学校時代、毎朝欠かさずNHKの朝ドラを見た。 「おしん」が暗い内容の時は泣きながら登校した。 ・14歳の頃、好きな女の子に初めて告白するが最後まで言う前に断られた。 ・高校時代、柔道部。 ・高校時代、女の子にモテたくて不良ぶっていた。 ・高校時代、草花コースを選択。 将来花屋になりたいと思っていた。 ・高3の時、アルバイト先のデパートのレジの女の子に初恋。 ・高校を卒業するまでは実家から自転車で10〜15分圏内でしか行動しなかった。 ・体育の成績が「1」だった事がある。 ・酒、タバコ、セックスの全てで弟に先を越された。 大トロの握り。 豚しょうが焼き。 鶏の唐揚げ。 春菊の天ぷら。 ナスの味噌炒め。 さくらんぼ。 モンブラン。 ・嫌いな食べ物…酢のもの。 アップルパイ(温かい果物は全部嫌い)。 ・酒が好き。 好きな酒はビール、焼酎。 嫌な事があっても酒を飲んで一晩寝ると忘れてしまう。 酔って目を覚ますとパンツ一丁で電話ボックスの中にいた事がある。 ・妻が玄米と野菜中心の健康的な食事を作ってくれる。 ・健康法…玄米。 ・肌が敏感。 旅先でボディソープがあわなくてチンポが3倍に腫れた事がある。 ・潔癖症。 トイレを使う度に便座を拭く(自宅だけでなく外のトイレでも拭く)。 毎回トイレットパーパーを1ロール使う(トイレをつまらせて逆流させた事が何度もある)。 ・朝起きるのが苦手。 目覚まし時計を7台使う(近所から苦情が来た事がある)。 ・イボ痔を除去するレーザー手術を受けた前日に酒を飲んで麻酔が効きにくかった。 ・高所恐怖症。 ・好きな歌手…ももいろクローバーZ。 ・好きなアニメ…「まいっちんぐマチコ先生」。 ・風呂上がりは全裸で過ごす。 ・占い・お守り・風水が好き。 ・龍が好き。 龍のライターを愛用。 ・自宅にいると色々な事をやりたくなって落ち着かない。 ・収集…キティちゃんのご当地タオル。 ・住んでいた所…東京都・中野新橋(20歳頃から36歳頃まで)。 ・いきつけ… 「弥生亭」(新宿、豚肉しょうが焼き定食がおいしい)。 「なかよし」(中野区、銀だら味噌焼き定食がおいしい)。 ・愛車はイタリアのスポーツカー(=05. 04現在)。 ・滝を見るのが好き。 ・神社が好き。 ・ゴルフで10回以上連続で空振りした事があるらしい。 ・クルマを運転中に交差点で右折中の対向車と衝突する交通事故(=07年)。 ・若い頃に遊び(風俗? )の為の800万円借金した。 ・週1ペースで美容院に行く。 ・熟女のママがいる純喫茶が好き。 ・メールが苦手(全部ひらがなで句読点なし=10. 02現在)。 ・身内の結婚式の時に父親に「お前は出席しなくていい」と言われた。 ・実家が「キャイ〜ン米」という無農薬有機米を作っている。 山形空港で販売。 ・お笑い好きの近所の釜めし屋のご主人にダメ出しをして貰う。 ・独身時代、彼女を探す為に全国各地にひとり旅をした。 旅先のデパートでナンパしてデートをした事がある。 旅先で繁華街に行っていろいろな人と仲良くなって食事や酒をおごって貰った。 旅先で知り合った人の結婚式に出席した事がある。 翌日の仕事がお昼からなら夕方に仕事が終わると羽田空港や東京駅に行って 時間が合う飛行機や電車に乗ってどこかへ行った。 45の都道府県に行った。 ・同じ女性を3回ナンパした事がある(ハワイ、グアム、藤沢)。 ・独身時代、毎年クリスマスにホテルを予約していた。 ・独身時代、風俗が大好きだった。 週3〜4回行った。 歌舞伎町にサインが飾ってある店がたくさんあった。 風俗嬢のサービスが悪いと怒って途中で帰った。 風俗を我慢して胃潰瘍や片頭痛になった事がある。 歌舞伎町で遊んで作った借金をポケビの印税で返済した。 ・熟女が好き。 ひとりで知らないスナックに行ってママとチークダンスを踊るのが好き。 ・別れた彼女と「ダーリン」「ハニー」と呼びあっていた。 ・女性の汗を見るととても興奮する(特に脇汗)。 ・彼女が約11年いない時期があった。 ・妻と知り合って約4カ月で結婚。 2度目のデートでプロポーズした。 ・愛妻家。 毎日妻とキスをする。 ロケの時は1時間電話で妻と話す。 週に1〜2回妻と一緒に映画館で映画を観る。 ・妻と「若旦那」「若奥様」と呼び合う。 ・結婚後は夜遊びせずにすぐに帰るようになった。 ・誕生日と結婚記念日にメッセージを交換する。 ・でかける時に妻が火打石で切り火をしてくれる。 酒を飲んでよくケンカする。 よく自宅に遊びに来る。 独身時代によく一緒に嫁探しの旅に行った。 ・濱口勝…親友。 ふたりで京都旅行に行ってひとつのベッドで寝た事がある。 一緒にナンパをした事がある。 クリスマスをホテルでふたりで過ごした事が何度かある。 ・内山信二、出川哲朗…友人。 クリスマスに3人でソープに行った事がある。 出川と一緒よくナンパをした。 ・内村光良…友人。 ウドの姉は内村のファン。 ・GACKT…友人。 GACKTのライブに行く。 ・剛州…友人。 事務所の先輩。 よく自宅に泊まりに来る。 ・岩崎ひろみ…友人。 「ウッディ」と呼ばれる。 ・有野晋也、栃東大祐、松村邦洋、月亭方正(山崎邦正)…友人。 ・伊藤かずえ、島崎和歌子、千秋…友人。 ・天野ひろゆき…キャイ〜ンの相方。 ・香取慎吾…バラエティ「香取慎吾の天声慎吾」で共演。 ・室井滋…バラエティ「ウリナリ!! 」の企画で社交ダンスの世界大会にコンビを組んで出場。 ・光浦靖子…番組の企画でキスをした(光浦にとってファーストキスだったらしい)。 ・飯尾和樹…同じ事務所。 ・谷亮子…顔が似ているとよく言われる。 コンビ結成当時はツカミのネタにしていた。 ・辻希美…ウドの顔マネができる。 ・ホリ…ウドのモノマネができる。 ・松田聖子…学生時代、松田のファンだった。 ・中山美穂…昔から中山の大ファン。 高2の時にコンサートに行った。 ・綾瀬はるか、深田恭子…憧れている芸能人。 ・市毛良枝、市原悦子、樋口可南子、未知やすえ…憧れている熟女芸能人。 ・高橋良明…友人。 「ヘアーサロン タカハシ」のご主人。 モヒカンカットの生みの親。 毎回のカット代金を「ウド募金」として貯金、ある程度貯まると旅行に連れて行ってくれる。 ・レイナ(MAX)…交際を噂された。 ・マイちゃん…女優。 ビデオ映画で共演して知り合って交際していた。 ・妻…元ソムリエ。 12入籍。 2歳年下。 取引先になめられないようにパンチパーマをかけていた。 上司から「お前は電話に出るな」と言われていた。 ・上京当初は会社の寮住まいだったが1年半で20万円貯金して五反田駅前のアパートを借りた。 ・アパートの近くにあった浅井企画をアポなしで訪ねて「コメディアンになりたいです! 」と売り込んだ。 ・浅井企画を最初に訪ねる時、「パンチパーマはまずいだろう」と思ってスキンヘッドにした。 ・最初に組んだコンビ・ランドレースではツッコミだった。 ・ランドレース解散後、ピンで「新人コント大会」「カンコンキンシアター」などに出演。 ショートコントと題して4コマ漫画のネタをそのままパクっていた。 ・アルバイト歴…サンドイッチマン。 ティシュ配り。 ティシュ配りのアルバイトをテレビに出始めてからもしばらく続けていた。 「笑っていいとも! 」が終わるとそのまま1階に降りてアルタ前で配っていた。 ・モヒカンカットにしてから運勢が変わった。 ・バラエティ「ウリナリ!! 」の企画で内村光良、千秋とポケットビスケッツを結成(=97年)。 シングル「YELLOW YELLOW HAPPY」「Red Angel」「GREEN MAN」をリリース。 ポケットビスケッツでのアーティスト名は独活野大木(うどのたいぼく)。 シングル「GREEN MAN」でメインボーカルと作詞を担当(詞の内容はほぼ実話)。 ・バラエティ「ウリナリ!! 」の企画で社交ダンスの日本選手権に出場。 ・バラエティ「ウリナリ!! 」の企画でドーバー海峡を泳いで横断(=99年)。 挑戦したメンバーは内村光良、ウド鈴木、神尾米、浜口優、堀部圭亮、藤井貴彦。 約34㎞を1時間交代で泳いだ。 ・パソコンで自作したイラストをホームページで公開。 ・エッセイ集「キャイ〜ンのボケつっこみ」を出版(=00年)。 ・歌舞伎町の路上で5人組の若者ともみ合いなり暴行容疑で逮捕・送検(ウドは額に6針の怪我=02年)。 ・映画「ござまれじ」を監督(=03年)。 ・収録中にスタジオが停電になると電気がつくまでの間にたいてい全裸になる。 ・おいしい山形大使を務めた。 ・老後に天野と一緒に喫茶店をやりたいと思っている。 ・本番で緊張しやすい。 緊張がピークに達するとえずく。 ・弟・孝征が「誰だって波瀾爆笑」にVTR出演(=13年11月17日放送分)。

次の