ショア プラッキング。 ダイワ 16キャタリナ 5000 インプレ

【初心者必見!青物釣りたい!】陸からルアーでヒラマサを狙おう!ショアプラッキングにおすすめなルアー10選

ショア プラッキング

近年ショアから「ダイビングペンシル」などのトップウォータープラグを使って、青物を狙うショアプラッキングが人気を博しています。 青物が水面を割ってバイトしてくるシートは、アングラーにとってもっとも興奮するシーンの1つですね。 今回はショアプラッキングで使用する、おすすめダイビングペンシルをご紹介させていただきます。 ダイビングペンシルとは ダイビングペンシルはアピール力に優れたトップウォータープラグ。 オフショアのキャスティングゲームでブリ、ヒラマサ、マグロなどを狙う際に使用されていましたが、近年はショアからも使用するようになってきました。 今では青物をターゲットにしたキャスティングゲームにおいて、もはや欠かせないルアーの1つとなっています。 アクションは表層付近をロッドワークにより、ルアーを水中にダイブさせS字アクションなどで魚のバイトを誘います。 ルアーが水面に浮上する際にバイトしてくることが多くあります。 そんなダイビングペンシルですが、大きく分けて ウッド製と樹脂製の2種類のものがあります。 ウッド製のものは非常に高価で入手も困難となり、特にオフショアで愛用されている傾向にあります。 樹脂製のものはウッド製のものに比べ比較的お手頃な価格で入手でき、ショア、オフショア問わず幅広く使用されています。 ダイビングペンシルの動かし方 おすすめのダイビングペンシル マリア ローデッド ボリュームのあるボディで、波動の強いウォブリング主体のアクションをするローデッドは、遠くにいる魚にも存在を気付かせることのできる、アピール型のペンシル。 最もヒットの可能性の高いワンアクション目のスムーズな入水が可能となった。 水中でのスイミングによるサイドフラット面からの強烈な波動は、水深50mまでのターゲットにアピールして水面まで引きずり出すポテンシャルを有する。 フロントフックアイは強烈な反転にも対応するバハスイベル仕様。 直線強力100kg以上の貫通ワイヤー仕様で記録級の大物にも十分対応可能。

次の

陸から青物!「ショアプラッギング」のやり方徹底解説

ショア プラッキング

ショアプラッキングというのはプラグを使用しての釣りのこと。 プラグというのはダイビングペンシルやポッパーなどの総称です。 ライトショアジギングというと使用するルアーは メタルジグ、バイブレーション、ミノーが基本的には多いと思いますが、今回ご紹介するのはダイビングペンシル!! メタルジグしか使った事が無い人ならこんなでかいルアーでマグロでも釣るんか?!となると思います。 虎徹も初めてダイビングペンシルを見た時はそう思いました。 笑 ブログランキングに参加中です。 遠くの青物を呼び寄せる事ができる。 と言われています。 では早速、紹介していこう!と思うのですが ダイビングペンシルっていうのはすごく奥が深く値段もピンキリ!! スポンサーリンク どんくらい値段がピンキリなのかというと メタルジグ 材質は基本的に鉛で 値段は500円程度〜1500円程度 ダイビングペンシル 比較的値段が安いプラスチック製と高価なウッド製があり 値段はプラスチック製で1500円程度〜4000円程度 ウッド製で3000円程度〜10000円以上のも存在する 本格的にショアジギング、ショアプラッキングを地磯や沖磯でしだしたら使用するプラグもどんどん高価なものになっていくと思います。 虎徹はよく和歌山の南紀の磯にショアプラッキングを行くのですが 南紀ではど定番中のルアーです! 南紀のルアーマンの8割は持っているんじゃないでしょうか?笑 虎徹は今でにこの【ローデッド】で ブリ、メジロ、ハマチ、ツバス、シイラ、ダツなど様々な魚をゲットしました。 ほうき掃き ホウキを掃くようにロッドを動かす。 掃く時の力加減や動かし幅、ラインスラッグの取り方などで動きが大きく変わる。 トゥイッチでドッグウォーク トゥイッチをチョンチョンと入れ 水面でドッグウォークさす。 というのが基本的な動かし方 他にもいろいろ操作方法はありますがとりあえず、この2つを覚えましょう! スポンサーリンク.

次の

ショアジギング・ショアキャスティングを始めよう!おすすめのタックルを一挙にご紹介!

ショア プラッキング

8月某日。 本当はそろそろ南紀へ行きたいけどこの日は夕方には用事があったので南紀はNG!! 神戸界隈?近場のムコイチ? どーしよーと場所選びに悩み、閃いたのが明石!!! 前回のオフショアで可愛いサイズがたくさん釣れたので ショアからでもイケんじゃね? さらに前回のオフショアから少し日が経っているので サイズもちょっとイイ感じになってんじゃね? 的な浅はかな思いで明石へ突撃してきたにの様です。 ブログランキングに参加中です。 そんで軽いジグは完全に捨てて にのさまのジグBOXにある重量級のジグのみをチョイス。 ロッドはMCのみで ジグは軽いのはソルティガリーフ120gから始まり、上はマドリーの185g 後は引き抵抗がクソほど重い200gの太刀魚船用ジグ 今の状態のにのさまでは1時間しゃくったら しんどすぎて嘔吐するであろうことが容易に想像できちゃいます。 笑 1発目のジグは取りあえず準備運動ということで120gをチョイスするも 本日は激流な模様で潮が早すぎて120gじゃ無理!! 仕方ないので太刀魚用ジグをセット。 とりあえず投げてみるも完全にどっこいしょって状態になってる。 コツン。 っとジグが着底。 1発目のジャークを入れる。 笑 気合でフガフガ言いながら少しワンピッチをしてみるも まじでアカン!!! にのさまの体が致命的なダメージを追う前にこのジグを封印。 封印された太刀魚ジグの次に重いのがマドリーの185g 太刀ジグが封印された今は実質ナンバーワンの重量なので こいつをセット。 開始数投で俺の右腕が乳酸に侵されてきている。。。 しんどすぎて投げては休憩を繰り返す。 デカそうなので追い合わせを2回ほど入れファイトスタート。 ほぼフルロック状態のドラグが時折ジジッ!と出され 腕が死にそうなのを耐えながらポンピング。 ただクソしんどい!!! ドラグ出された段階である程度でかいのは分かるけど クッソしんどいのは単純にメーター越えの大物なのか、それとも俺の腕が既に乳酸に侵されているからなのか どっちなのか完全に不明。 笑 まぁ結果は 85センチの小太りなブリでした。 ご褒美くれてありがとうございます。 何がMAXかって? もちろん脂肪さ。 ブログランキングに参加中です。 デブなので足腰に気を使いながら! そして膝への配慮も欠かさずに。 てなことで、前置きはこのくらいにして そろそろ 【青物ショアプラッキング】 はーーじめーーるよーーーー!!! 今回は超久々のオフショアでっせ。 6時ごろから出船。 サイズは小さいけど爆釣してるで!とのことなので朝っぱらからやる気満々なにの氏とH氏 スポンサーリンク 期待に胸を躍らせながら着いた朝一発目のポイント。 『ハイ。 』のアナウンスと共に 船中のみんなが思い思いのジグを投下。 この後もどこのポイントに行っても船中あっちこっちで ツバス!ツバス!ツバス!たまにハマチ小!! 時折50センチ台のもいましたが基本は40センチから45センチくらいまでのミニマムサイズが爆裂しました。 ブログサボりすぎてて死亡説が流れ始めてるにのさまです。 もう2. 3か月前のことなんで記憶があいまいなんですが 覚えてる範囲でささっと書いていきますね! あと今回はめんどいので写真も割愛しまーす。 笑 次のブログからは8月の釣行記事も溜まってるので8月の事を書きます!! 次回からは今まで通りちゃんと書くんで今回は適当ブログで勘弁してください。 ブログランキングに参加中です。 2017年 南紀での青物対戦記録 12戦4勝8敗 そして6月!! 6月は武庫川一文字がブリ祭りを開催していたのでせっせと足を運びました。 色んな人と一緒に頑張ってみたもののあきまへん。 神戸のポーアイ沖も行きました。 にのさまは勿論、同行者たちも完全なまでのボーズでした。 そして知らない人がブリを掛けながら横歩きして寄ってきたので ギャフを打ってあげランディングをお手伝いしました。 にのさまにギャフを打ち込まれた魚は メーター越えのブリで、なんでも武庫川一文字史上最大のブリだそうです!! 釣りをやめようか真剣に悩まされる1ヶ月になりました(笑) スポンサーリンク ラストに7月!! 7月はキハダを追いかけまわした1ヶ月でした。 男の夢!ショアキハダ!! 南紀の中の南紀。 本州最南端へ!! まぁショアマグロの結果は・・・・(笑) 磯際から100メートルあるかないかのラインでキハダが跳ねたり 届かないところでクソ大ナブラが発生したりなどチャンスはあったものの 釣れたのは ダツ!ダツ!!ペンペン!ダツ!!ペンペン!!ダツ!! こんな感じでしたね。 シイラも大きいのは全くでペンペンサイズばかりのダメダメでした。 磯に着くと先行者が3名。 こんな感じが永遠に繰り返される地獄絵図。 ストレス溜まるぜ。 そして、なぜかメガネはチェイスも何もなくもがき苦しんでる。 笑 そんな中メガネのお連れさんにようやくヒット! 上がってきたのはハマチ大ぐらいのサイズ。 ようやく魚もやる気出してきたんか?と思い、ひたすら投げるも 魚に遊ばれているパーマ兄さんとにのさま。 そして1人だけ全く無反応なメガネ。 笑 多分、魚達はこんな感じやったんやと思う。 魚A『へいへ〜い。 必死にルアー投げてるぜあいつ』 魚B『こんな色の魚いるかよ!あいつらバカじゃね?』 魚C『てかなんだよこのサイズ。 おれらが今メインで食ってるのキビナゴだせ? こんなキビナゴの何倍もあるルアーなんか間違って食うはずねえじゃん。 』 魚A『まぁいいじゃねーか。 楽しそうな事してるじゃん!俺たちもやらせろよ〜。 テイッ!テイテイッ〜!!』 こんな感じで魚に弄ばれてたんやと思います。 結果、チェイス、ショートバイト数えきれんくらいあるのにノーフィッシュ!! ただ魚ではないですがビッグファイトがありました。 笑 釣り上げたのはメーター80ぐらいある モンスターならぬ藻ンスター!! この日は魚にはずかしめられ、藻ンスターと戯れ終了。 笑笑 この日はメガネミノーが当たりらしく、なぜか俺らのトップ、ミノーにはじゃれつくだけで メガネミノーには食いつく。 メガネミノーは12センチの金ピカミノー。 サイズなのか、金ピカが良かったのかは謎ですが メガネ金ピカミノーが神格化された瞬間でした。 スポンサーリンク その約1週間後 またまた南紀へ突撃。 と声をかけられる。 使えねえ下僕を前に脳天チョップをかまそうか悩むも先を急ぐことに。 たまーにこの誤算あるけど、1台に3人以上乗ってる時は人数お知らせの張り紙しやん?笑 仕方なく先端から離れたところへ入るも、なーんもなし。 しかも、その5人組はなんとお祭りキャストマンで ガンガンまつる。。。 こんなに離れてるのになんでやねん!勘弁してくれよ〜と思いながら頑張るも、6回目?7回目?ぐらいのお祭りでやる気が完全にシャットダウン。 釣れる雰囲気もないし磯上がり。 お昼寝後からの第2ラウンド。 ルアーマンはにのさまを入れて3人。 朝の分を取り返すべく頑張るもこの前のデジャブが。 何度も まてまて〜!と魚が追いかけてくるも全く食わん!!! 何回投げても追いかけてくる。 まるでルパンを追いかけてるとっつぁん。 サイズを一気に下げてヘッドディップ140にするも 待て〜!ルパ〜〜ン!! と追いかけてくるだけで 結局はルパンを逃す。 ダメダメなクソとっつぁん。 結局リベンジマッチはおちょくられるだけおちょくられて終了。 多分この日と前の日で俺の去年のトータルチェイス数抜いたん違うかな?って思うほどのチェイスの嵐でした。 これブログ村の管理画面なんですけど ふと思ったのが毎回1記事を書くごとにアウトポイント?1000超えるって事は頑張って毎日更新したら近畿釣行記1位になれるんじゃね?と調子にのったことを思いだしたにのさまです。 笑 ブログランキングに参加中です。 久々に2人で南紀突撃。 地味に荒れ模様で久々に釣れるかな?と思いきや KYボーイはおにゅーのアキュラ100Hを見事ボラで入魂。 笑 くっそわろたけどその後ちゃっかりハマチを釣り上げる。 ここがアカンかったら一気に北上しようか?などと考えながら 一生懸命おにゅーのポップクイーン160を操作。 しばらく投げてると なんか水面に違和感を感じるも出ない!乗らない! まず青物なんかどうかも不明。 色々試すも出ないしハッキリ姿も見えない。 ドラグ一気に緩めて弱らせてから抜く? 移動してずり上げ? どうする!? なんて悩んでいたらフッ。 ポロリ覚悟で抜きあげたらよかったやん。 スポンサーリンク 後悔しながらも、まだ他のおるかもと期待を込めてキャスト。 2、30分後に再びガガ!! フッキング出来てるか不安なんでゴリ巻きで速攻寄せるも瀬際でフッ。 もうやだ。 結果この日は3バイト2バラシ。 スランプ脱出したのか してないのかようわからん結果になりました。

次の