遊戯王ブログあんてな。 しゅがーの(遊戯王)ブログ

遊戯王ブログは稼げるのか?体験して分かった理想と現実

遊戯王ブログあんてな

TVアニメ「」を見た。 、そこそこ付き合いの長いフォロワーがかなり前から推している作品ではあったけど、実は僕自身は一度も見ていなかった。 持ってる知識はがZの全滅周回に使えることと、第二次Zで描かれた劇場版「ポケットに虹がいっぱい」のストーリー概要くらい。 ところが今回、そのフォロワーが僕の最推しアニメ「」全話を全部見て感想まで残してくれたので、こちらも見ねば失礼という物…ということで重い腰を上げて見るに至った。 結論から言うと、 僕と同じようにまだ見てない人にはぜひ見て欲しい作品だと感じた。 ただ、その一言に収めてしまうのも何か違うな、という気がしたのでこうして記事の形にまとめてみようと思う。 では、オタクの語りは続きから。 karakuri-napori 前回の更新から1か月サボってたんですって。 時間の流れってのは早いですね。 (いないとは思いますが)世の中が世の中ですし、ウィルス関連で僕の身に何かあったんじゃ、なんて思った方がいたらごめんなさい。 ただのサボりです。 マブダチの ミソのデュエルのミソの出演者のドリルフィールドにも「更新はよ」と弄られてしまったので 久しぶりに記事を書いてます。 ちなみに該当の動画はこちら。 彼のデッキは採用理由も非常にしっかり組まれているので、僕もデッキを組む際にいつも参考にしています。 いつもは盛った。 たまに参考にしています。 たまにね。 いきなりめちゃくちゃ脱線しましたね。 今回の記事で書きたいのは主にサボりの理由(言い訳)です。 ふわっとした内容で行くと「モチベーションの低下」の一言です。 細かい内容は続きからに書いておくので見たい人だけどうぞ。 そんなに興味ねーや、って人は「今後ブログ更新期にするってよ」ってことだけ覚えてもらえればと思います。 karakuri-napori オススメの小説なんかを紹介したいよね、とだけ言って実際に記事を書きだすまでかなり間が空いてしまったが、ようやく第1回。 記念すべき1回目の題材は何にしようかを迷い、候補を絞った後にどんな感じに紹介しようか迷いながら読み返してしまい時間がダラダラと過ぎて気づけば半月以上。 どうせ外出自粛なGWに読んでもらおう、と企画時に意気込んでいたのはどこへやら… 迷いに迷った第1回に紹介するのは「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」。 のリンクを貼っておくので、気になったら買ってくれると嬉しい。 かなり嬉しい。 あらすじ アウトドアが趣味の公務員・沖らは、仮面の男・黒沼が所有する孤島での、夏休み恒例のオフ会へ。 の女子高生が初参加するなか、孤島に着いた翌日、メンバーの二人が失踪、続いて殺人事件が。 さらには意図不明の密室が連続し……。 フィールドの、レベルが一番高いモンスター以外のモンスターを全て除外する。 この効果で除外されなかったフィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで、自身以外のカードの効果を受けない。 このカードを手札に加える。 その上自身効果で回収可能と至れり尽くせり。 使っててちょっと引くくらい強かったです…… 今回のデッキは 「 《スカーレッド・レイン》を毎ターン発動可能状態にして盤面をコンする」ことをコンセプトとしています! それでは、早速内容の紹介です! 今回の記事ではメインコンセプトと基本のサイクルパターンを紹介! karakuri-napori.

次の

遊戯王のおすすめアンテナサイトまとめ!ブログアンテナ・デッキアンテナ・リンクスも

遊戯王ブログあんてな

TVアニメ「」を見た。 、そこそこ付き合いの長いフォロワーがかなり前から推している作品ではあったけど、実は僕自身は一度も見ていなかった。 持ってる知識はがZの全滅周回に使えることと、第二次Zで描かれた劇場版「ポケットに虹がいっぱい」のストーリー概要くらい。 ところが今回、そのフォロワーが僕の最推しアニメ「」全話を全部見て感想まで残してくれたので、こちらも見ねば失礼という物…ということで重い腰を上げて見るに至った。 結論から言うと、 僕と同じようにまだ見てない人にはぜひ見て欲しい作品だと感じた。 ただ、その一言に収めてしまうのも何か違うな、という気がしたのでこうして記事の形にまとめてみようと思う。 では、オタクの語りは続きから。 karakuri-napori 前回の更新から1か月サボってたんですって。 時間の流れってのは早いですね。 (いないとは思いますが)世の中が世の中ですし、ウィルス関連で僕の身に何かあったんじゃ、なんて思った方がいたらごめんなさい。 ただのサボりです。 マブダチの ミソのデュエルのミソの出演者のドリルフィールドにも「更新はよ」と弄られてしまったので 久しぶりに記事を書いてます。 ちなみに該当の動画はこちら。 彼のデッキは採用理由も非常にしっかり組まれているので、僕もデッキを組む際にいつも参考にしています。 いつもは盛った。 たまに参考にしています。 たまにね。 いきなりめちゃくちゃ脱線しましたね。 今回の記事で書きたいのは主にサボりの理由(言い訳)です。 ふわっとした内容で行くと「モチベーションの低下」の一言です。 細かい内容は続きからに書いておくので見たい人だけどうぞ。 そんなに興味ねーや、って人は「今後ブログ更新期にするってよ」ってことだけ覚えてもらえればと思います。 karakuri-napori オススメの小説なんかを紹介したいよね、とだけ言って実際に記事を書きだすまでかなり間が空いてしまったが、ようやく第1回。 記念すべき1回目の題材は何にしようかを迷い、候補を絞った後にどんな感じに紹介しようか迷いながら読み返してしまい時間がダラダラと過ぎて気づけば半月以上。 どうせ外出自粛なGWに読んでもらおう、と企画時に意気込んでいたのはどこへやら… 迷いに迷った第1回に紹介するのは「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」。 のリンクを貼っておくので、気になったら買ってくれると嬉しい。 かなり嬉しい。 あらすじ アウトドアが趣味の公務員・沖らは、仮面の男・黒沼が所有する孤島での、夏休み恒例のオフ会へ。 の女子高生が初参加するなか、孤島に着いた翌日、メンバーの二人が失踪、続いて殺人事件が。 さらには意図不明の密室が連続し……。 フィールドの、レベルが一番高いモンスター以外のモンスターを全て除外する。 この効果で除外されなかったフィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで、自身以外のカードの効果を受けない。 このカードを手札に加える。 その上自身効果で回収可能と至れり尽くせり。 使っててちょっと引くくらい強かったです…… 今回のデッキは 「 《スカーレッド・レイン》を毎ターン発動可能状態にして盤面をコンする」ことをコンセプトとしています! それでは、早速内容の紹介です! 今回の記事ではメインコンセプトと基本のサイクルパターンを紹介! karakuri-napori.

次の

遊戯王のYOUTUBER・ブログの最新情報を1サイトで確認できるポータルサイトを制作完了しました【ベータ版】

遊戯王ブログあんてな

おねがい。 今回の記事は比較的辛辣な表現及び個人的な意見が多量に含まれます。 気分を悪くする場合もあるのでそういうのが苦手な人はブラウザバックよろしくお願いします。 という訳で最近遊戯王ブロガーさんがものすごく増えた&遊戯王のブログを始めたいという人が非常に増えてきた感じがしたのでここでは 遊戯王ブログ・・・もといブログを始めて良かった事と悪い点について色々と書いていく事にします。 もちろん色々な人が現在遊戯王ブログに関して書いている方がいられるのでここでは独自の目線であるブログをやりましょうという事を書きたいのですが、それだときっと非常に全て似通ったものになってしまう。 という意味で隠れてこの名誉ある3月25日の近い日。 つまり遊戯王とデュエルマスターズが新しく原点回帰するという点で1つ書いていきたいと思ってたんですよね~。 もちろん巷ではスターターデッキ2017 ST17 の発売とかに躍起になっている所でしょうけど、実際はその中で自分がやってきたよーという喜びを書きたいと言う人も中にはどんどん出てくる頃だと思います。 一応私はブログをメイン ここはメインじゃないです 含めて10年以上は続けている人で、ブログ黎明期から様々なところで日記や、ブログと言う形で日記を書き続けてきました。 最近はリハビリ中心の為更新もあまり出来ず、ブログもそこまで更新は出来ていませんが、月間100万PV達成と共に個人的に一区切りが出来たなぁと実感。 現在はブログランキングも上位にいつもいさせて頂いてますが少々休憩中でもあったりして。 なのでお返しとして様々な考察をしていきたいのですが、結構リハビリの反動がキツクてですね・・・あまり集中が出来てないわけです。 最近やっぱり考察しているという印象のブログも増えてきましたが自分の考えとかはグダグダと、発信し続けていきたいと思っているので今後は少し考察記事を増やしていきたいですね。 ブログを書いていて良かったなぁと思ったのは確実に様々なSNS上で、遊戯王プレイヤーを知る事が出来た&声をかけてきてくれる人が増えたというのはありました。 これは後で後述しますが・・・デメリットもあります。 一応このブログに関してのツイッターを製作していましたが、当時の自分は結構病院通っててあまりTCGを楽しめなかったんですよね。 また自分は近畿地方在住の人で、近畿はある程度回っているので恐らく何処かであっている遊戯王プレイヤーさんだと思って間違いはありません。 なので大会等では見学でチラッと見ている人とかいるはずなんですけどね・・・。 また遊戯王ブログを通じて思ったのは製作社側の意図を感じる事が出来た・・・つまり商売としてのTCGの波を感じることが出来るようになった事です。 これに関しては遊戯王の1つのインフレを感じたときや商売としてのセコさと言えば怒られえますけども何が優位に立たせたいのかという商売としての側面を感じることが出来るという事です。 これが強いとか、ニーズに合わせているとか。 多分他のブロガーさんとは違った視線で色々書いている時はたいていこういう事を考えています。 例えば遊戯王のサイクルが1年で回るスタン環境のように・・・実は結構面白い回り方をしているのが遊戯王の良いところなんですよね。 しかしそれゆえに遊戯王もとい他のTCGもユーザーのためにどうすれば良いのかという誠意というか気持ちをゲームデザインの中で感じれるようにはなりました。 これはある意味ではブログやってて良かった点だと思います。 忘れてはいけないのは、情報に対する考察が出来るようになった事です。 元々このブログでは他のサイトではありえないくらいグダグダと考察することが多いですが、これも毎日様々なカードを見続けて話しているからだと思えます。 1枚の考察で4000字とか5000字とか一時期書いていましたが体力が持てば数万字も書きたいなぁと思えるときもあり、やっぱり楽しいもんだなぁと。 だって他のサイトだと1つの考察しか無いですからそれを見て全部感じた感想も書けますし、意見交換も出来ます。 さて、もうひとつ遊戯王等のブログをやっていて悪かったという事というかまずい事についても色々と書いておく必要があるというか責任があるなぁと思ったのでこれも記事にしていこうと思います。 まず、ブログをやってて悪い事は内容が全てではないという事で左右される。 つまり検索結果等に縛られてしまうと言うことでしょう。 これは遊戯王の検索結果を見ているとなんとなく分かってきているという人もいると思いますが、現在のブログもといインターネットに関しての情報は実績というよりも全て検索順位に関して強い人でないと人気サイトになれないという特質があります。 翻訳サイトのような記事を乱立し、数行程度で書かれているサイトに負けるというのが絶対にありますが、こういった面は認めなければならない部分でしょう。 元々 筆者のサイトはオワコンだよ!とつぶやくことが多いのはわざとで、広告等を多くして出来るかぎり上位表示させなかったり逆の意味での検索順位を下げる施術をしています。 今までアンテナサイトに登録しないでいた中堅ブログ 月間100万pv突破したので一応中堅と言います汗 もある意味では私くらいしかいなかったと自負したいですがその中で見えていたのはそういった遊戯王とは関係ないところでの努力の方が遊戯王の努力よりも勝っているという事実でした。 がそんな中でもやっぱり見て行くと、SEO・・・つまり検索サイトに特化しているサイトを作っている方が、アクセスも多いという結果につながっているのが現状でした。 これを悪いと見るか良いと見るか。 恐らくアクセスがこないで「何故来ないんだろう」と検索順位を調べている人がいるはずです。 そうすると必ず見るものが「君の書いている内容の価値が無いからだ」と言い張るサイトが多かったことでした。 検索サイトのほとんどなんてそういった言葉で埋め尽くされてますからね。 果たして反面教師ですが、考察を見ていて私以上に考察を重ねているサイトがただ少し考察している私よりも価値が低い記事なのでしょうか? それは多分違うと思いますし、恐らく 自分で体験して書き続けている記事が一番価値があると思います。 なので気にせずに書いて行けば良いんじゃないかな?と思っています。 もういいよ!分かってるよ!コンボはしってるんだ!だからその先を・・・って色々と書くと検索結果に響きますから数行で終わらせる。 そんなサイトばかりになりました。 これは筆者の意見ですが某最速で更新情報を載せるなんとか速さんのコメントの方が役に立つと何度思ったことか。 もうそういった意見すらブログを数年書いていると思える事態になってます。 あと人気になりたい人へ さてそんな中でブログを始めるにはどうすれば良いのかという意見を頂くこともありました。 という分けで結論を書きます。 個人ドメインを取り、 ワードプレスで作り、 ひたすら薄くても良いから記事を量産して ドアウェイページを量産しツイッターで拡散させ 実績を作る。 ・・・自分のサイトはあまりこういう事をしませんでしたが、これが一番の近道です。 これに関しては『個人以外で企業サイトや大手もそうするのであれば同じようにすると思います』企業ですらそうするのであればって話ですからね。 そしてこれが筆者が沢山のブログを見続けて、一番正しい人気になるための方法です。 でも遊戯王ブログとして少しずつ意見を発信していけば理解してくれる人や分かってくれる人はどんどん増えていきます。 それが多分今後一番の遊戯王プレイヤー同士の理解者ではないか。 とも感じましたねー。 遊戯王ブログを作っても、恐らくですが今のグーグルさんや様々な情報を見て行く中でこういった意見は結構聞かないだろうなぁと思ったので別途作る事にしました。 もし遊戯王ブログでこういったショックを受けるのはある程度コメントやアクセスが来てる人だと思います。 何かあれば相談はしますので何時でも来ていただければ相談に乗るようにしようと思いました。 まぁさすがにこれで炎上はしないと思いますが多分遊戯王ブログをやってて、この意見は何か突き刺さるものがあるかもしれません。 そして筆者のブログをその反面教師にしていただければと思います。

次の