西条 市 コロナ。 西条市が補正予算 112億2301万円 専決処分|愛媛新聞ONLINE

【新型コロナウイルス感染症関連】頑張ろう!小規模事業者・農林水産事業者応援給付金のお知らせ

西条 市 コロナ

役員(法人の場合)• 個人事業主本人とその家族(個人事業主の場合)• 規定により育児休業中、介護休業中等の者• 日々雇い入れられる者等の期間を定めて雇用される者(ただし、所定の期間を超えて引き続き雇用されるものは常時使用する従業員に含まれます。 ) 2019年以前から事業を実施している事業者 2020年1月1日以降引き続き、市内に住所および事業所を有する個人または市内に本社もしくは事業所を有する法人のうち、以下のすべての要件を満たす小規模事業者と農林水産事業者が対象になります。 今後も西条市内で事業を継続する意思がある者• 2019年または2019年度の事業収入が120万円以上(2019年の月平均の事業収入が10万円以上)の者• 2019年または2019年度 の確定申告等を済まされている個人または法人• 2020年1月~7月までの間でひと月の売上が新型コロナウイルス感染症の影響により前年同月比20%以上減少した者• 2019年度中に納期を迎えた市税の滞納がない者 2020年1月から5月の間に事業を開始した事業者 2020年1月1日から同年5月31日の間に事業を開始した市内に住所および事業所を有する個人または市内に本社もしくは事業所を有する法人のうち、以下のすべての要件を満たす小規模事業者と農林水産事業者が対象になります。 事業開始月(事業開始日にかかわらずひと月とみなす)から申請日まで3カ月以上引き続き事業を実施している者• 今後も西条市内で事業を継続する意思がある者• 事業開始月から申請月の前月までの事業収入の平均が月10万円以上の者• 対象月と任意に選択した月(事業開始月、対象月を除く)を比較し、新型コロナウイルス感染症の影響により事業収入が20%以上減少した者• 2019年度中に納期を迎えた市税の滞納がない者 その他• 医療法人、農業法人、NPO法人などの法人も対象になります。 政治団体、宗教上の組織や団体、暴力団関係者、公務員等は支給対象外です。 給付対象者や申請方法の詳細に関しては、申請の手引きでご確認ください。 2019年1月以降に事業を開始した事業者の方、法人化や事業承継をした 事業者の方、公益法人の方等は要件や添付書類が異なる場合がありますので、詳細は申 請の手引きでご確認ください。 給付金の額 申請書兼請求書等(共通)• 申請書兼請求書(様式第1号)• 別紙(様式第2号)• 宣誓書兼委任状(様式第3号) 添付書類 2019年以前から事業を実施している事業者• 確定申告書類等の控えの写し• 2020年1月から同年7月の間の収入が分かる書類(一覧表、任意の様式、実績が確定している月までの収入を記載、相違ないことの証明が必要)• 従業員数を確認できる書類(既存の名簿、任意の様式、相違ないことの証明が必要(従業員がいない場合は、いない旨の証明が必要))• 申請者本人または法人名義の通帳の写し(オモテ面、通帳を開いた1、2ページ、既に市に口座を登録している場合は省略可)• 2020年1月から5月の間に事業を開始した事業者• 【個人事業主のみ提出】個人事業の開業・廃業等届出書または行政庁からの営業許可証等• 【法人のみ提出】履歴事項全部証明書および法人設立届出書• 2020年1月から同年7月の間の収入が分かる書類(一覧表、任意の様式、実績が確定している月までの収入を記載、相違ないことの証明が必要)• 従業員数を確認できる書類(既存の名簿、任意の様式、相違ないことの証明が必要(従業員がいない場合は、いない旨の証明が必要))• 事業の実施状況が分かる書類(契約書、出荷伝票等)• 申請者本人または法人名義の通帳の写し(オモテ面、通帳を開いた1、2ページ、既に市に口座を登録している場合は省略可)• 様式(申請書兼請求書等)• その他• 提出書類の詳細は申請様式記載例や申請の手引きでご確認ください。 2019年1月以降に事業を開始した事業者の方、法人化や事業承継をした 事業者の方、公益法人の方等は要件や添付書類が異なる場合がありますので、詳細は申 請の手引きでご確認ください。 よくあるご質問.

次の

フォレストアドベンチャー・西条

西条 市 コロナ

役員(法人の場合)• 個人事業主本人とその家族(個人事業主の場合)• 規定により育児休業中、介護休業中等の者• 日々雇い入れられる者等の期間を定めて雇用される者(ただし、所定の期間を超えて引き続き雇用されるものは常時使用する従業員に含まれます。 ) 2019年以前から事業を実施している事業者 2020年1月1日以降引き続き、市内に住所および事業所を有する個人または市内に本社もしくは事業所を有する法人のうち、以下のすべての要件を満たす小規模事業者と農林水産事業者が対象になります。 今後も西条市内で事業を継続する意思がある者• 2019年または2019年度の事業収入が120万円以上(2019年の月平均の事業収入が10万円以上)の者• 2019年または2019年度 の確定申告等を済まされている個人または法人• 2020年1月~7月までの間でひと月の売上が新型コロナウイルス感染症の影響により前年同月比20%以上減少した者• 2019年度中に納期を迎えた市税の滞納がない者 2020年1月から5月の間に事業を開始した事業者 2020年1月1日から同年5月31日の間に事業を開始した市内に住所および事業所を有する個人または市内に本社もしくは事業所を有する法人のうち、以下のすべての要件を満たす小規模事業者と農林水産事業者が対象になります。 事業開始月(事業開始日にかかわらずひと月とみなす)から申請日まで3カ月以上引き続き事業を実施している者• 今後も西条市内で事業を継続する意思がある者• 事業開始月から申請月の前月までの事業収入の平均が月10万円以上の者• 対象月と任意に選択した月(事業開始月、対象月を除く)を比較し、新型コロナウイルス感染症の影響により事業収入が20%以上減少した者• 2019年度中に納期を迎えた市税の滞納がない者 その他• 医療法人、農業法人、NPO法人などの法人も対象になります。 政治団体、宗教上の組織や団体、暴力団関係者、公務員等は支給対象外です。 給付対象者や申請方法の詳細に関しては、申請の手引きでご確認ください。 2019年1月以降に事業を開始した事業者の方、法人化や事業承継をした 事業者の方、公益法人の方等は要件や添付書類が異なる場合がありますので、詳細は申 請の手引きでご確認ください。 給付金の額 申請書兼請求書等(共通)• 申請書兼請求書(様式第1号)• 別紙(様式第2号)• 宣誓書兼委任状(様式第3号) 添付書類 2019年以前から事業を実施している事業者• 確定申告書類等の控えの写し• 2020年1月から同年7月の間の収入が分かる書類(一覧表、任意の様式、実績が確定している月までの収入を記載、相違ないことの証明が必要)• 従業員数を確認できる書類(既存の名簿、任意の様式、相違ないことの証明が必要(従業員がいない場合は、いない旨の証明が必要))• 申請者本人または法人名義の通帳の写し(オモテ面、通帳を開いた1、2ページ、既に市に口座を登録している場合は省略可)• 2020年1月から5月の間に事業を開始した事業者• 【個人事業主のみ提出】個人事業の開業・廃業等届出書または行政庁からの営業許可証等• 【法人のみ提出】履歴事項全部証明書および法人設立届出書• 2020年1月から同年7月の間の収入が分かる書類(一覧表、任意の様式、実績が確定している月までの収入を記載、相違ないことの証明が必要)• 従業員数を確認できる書類(既存の名簿、任意の様式、相違ないことの証明が必要(従業員がいない場合は、いない旨の証明が必要))• 事業の実施状況が分かる書類(契約書、出荷伝票等)• 申請者本人または法人名義の通帳の写し(オモテ面、通帳を開いた1、2ページ、既に市に口座を登録している場合は省略可)• 様式(申請書兼請求書等)• その他• 提出書類の詳細は申請様式記載例や申請の手引きでご確認ください。 2019年1月以降に事業を開始した事業者の方、法人化や事業承継をした 事業者の方、公益法人の方等は要件や添付書類が異なる場合がありますので、詳細は申 請の手引きでご確認ください。 よくあるご質問.

次の

西条市が補正予算 112億2301万円 専決処分|愛媛新聞ONLINE

西条 市 コロナ

概要 西条市では、新型コロナウイルス感染症による地域経済の減速に対応するため、これまでの中小企業振興資金融資制度に加え、新たに中小企業経営安定化資金融資制度を創設するとともに、両制度の合計融資枠を36億円から54億円に拡充することで、経営環境の変化に伴う地域中小事業者の資金繰りを力強く支援します。 対象となる方へは個別にご案内いたします。 西条市中小企業振興資金融資保証料補助金 市税に滞納がない事業者で、西条市中小企業経営安定化資金による融資金を期日に遅れることなく完済した事業者に対して、信用保証料を全額補助します。 添付書類• 申込者および連帯保証人の所得・資産の評価の閲覧承諾書 (市外在住の連帯保証人の場合,所得証明書・固定資産評価証明書)• 納税証明書(市税)• 申込者および連帯保証人の調査票• 個人情報の提供に関する同意書(個人事業主・保証人)• 法人および協同組合は、謄本および定款(写)を各1部• 決算書・確定申告書(法人の場合3期分、個人は2期分) また決算後6ヶ月以上経過している場合、残高試算表または参考資料が必要• 中小企業信用保険法第2条第5項第1~8号の規定による認定書• 許認可等を必要とする業種は、その写し• 建設業・設計事務所等の場合は,手持工事一覧表• 飲食業の場合は風俗営業に関する宣誓書が必要 5. 取扱金融機関 伊予銀行、愛媛銀行、香川銀行、百十四銀行、広島銀行 愛媛信用金庫、東予信用金庫の市内各支店 6. 相談窓口 西条商工会議所・周桑商工会並びに上記金融機関.

次の