株式 会社 ナプラ。 前田製作所が急伸、前田建出資のエムナプラがパワー半導体接合材量産と報じられる

ラクスルの減資の時期からエムナプラの上場時期の推測をする

株式 会社 ナプラ

前田建設工業系。 主力は各種建設機械販売、整備、レンタルで、コマツ総代理店として最大手級。 かにクレーン、クローラークレーンなど好採算の自社機器を強化。 鉄構、環境機器などの製造販売も手掛ける。 公共土木工事の長期逓減を見込み、高所作業車、クレーン、工場生産設備など民間需要取り込みに注力中。 液晶検査装置やミニショベルなど受託生産も開始、もの作り企業への転換を加速中。 中国、南米等新興国に代理店営業強化。 11月9日後場に決算を発表。 18年3月期第2四半期累計 4-9月 の連結経常利益は前年同期比41. 9%増の7. 5億円に拡大し、通期計画の14. 5億円に対する進捗率は51. 9%に達し、5年平均の27. 8%も上回った。 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期 下期 の連結経常利益は前年同期比44. 2%減の6. 9億円に落ち込む計算になる。 直近3ヵ月の実績である7-9月期 2Q の連結経常利益は前年同期比7. 1%増の4. 5億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の4. 6%とほぼ横ばいだった。 [出典:株探] 今期堅調に推移する業績を基に、出資先であるナプラが、パワー半導体の性能を発揮するために必要不可欠な関連材料である高温対応の接合材を量産体制。 パワー半導体関連として、注目を集め一時は2000円台までありました。 12月以降に調整は進み、1200円前後でのもみ合いから、26日急動意。 1400円処はひとつの節目であり、29日は寄りから1400円に乗せてきましたが、売り先行。 足元はミニゴールデンクロスが示現し、基準線をサポートに反発し再度1400円超えに向かいたいところ。 【買い】前田製作所(6281)パワー半導体関連材料で注目のナプラに出資。 かぶせ陰線から反発期待。 かぶせ陰線から反発期待。 」(本田隆一郎) 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

会社概要

株式 会社 ナプラ

前田建設工業系。 主力は各種建設機械販売、整備、レンタルで、コマツ総代理店として最大手級。 かにクレーン、クローラークレーンなど好採算の自社機器を強化。 鉄構、環境機器などの製造販売も手掛ける。 公共土木工事の長期逓減を見込み、高所作業車、クレーン、工場生産設備など民間需要取り込みに注力中。 液晶検査装置やミニショベルなど受託生産も開始、もの作り企業への転換を加速中。 中国、南米等新興国に代理店営業強化。 11月9日後場に決算を発表。 18年3月期第2四半期累計 4-9月 の連結経常利益は前年同期比41. 9%増の7. 5億円に拡大し、通期計画の14. 5億円に対する進捗率は51. 9%に達し、5年平均の27. 8%も上回った。 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期 下期 の連結経常利益は前年同期比44. 2%減の6. 9億円に落ち込む計算になる。 直近3ヵ月の実績である7-9月期 2Q の連結経常利益は前年同期比7. 1%増の4. 5億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の4. 6%とほぼ横ばいだった。 [出典:株探] 今期堅調に推移する業績を基に、出資先であるナプラが、パワー半導体の性能を発揮するために必要不可欠な関連材料である高温対応の接合材を量産体制。 パワー半導体関連として、注目を集め一時は2000円台までありました。 12月以降に調整は進み、1200円前後でのもみ合いから、26日急動意。 1400円処はひとつの節目であり、29日は寄りから1400円に乗せてきましたが、売り先行。 足元はミニゴールデンクロスが示現し、基準線をサポートに反発し再度1400円超えに向かいたいところ。 【買い】前田製作所(6281)パワー半導体関連材料で注目のナプラに出資。 かぶせ陰線から反発期待。 かぶせ陰線から反発期待。 」(本田隆一郎) 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【買い】前田製作所(6281)パワー半導体関連材料で注目のナプラに出資。かぶせ陰線から反発期待。 投稿日時: 2018/01/30 08:43[本田隆一郎]

株式 会社 ナプラ

前田建設工業系。 主力は各種建設機械販売、整備、レンタルで、コマツ総代理店として最大手級。 かにクレーン、クローラークレーンなど好採算の自社機器を強化。 鉄構、環境機器などの製造販売も手掛ける。 公共土木工事の長期逓減を見込み、高所作業車、クレーン、工場生産設備など民間需要取り込みに注力中。 液晶検査装置やミニショベルなど受託生産も開始、もの作り企業への転換を加速中。 中国、南米等新興国に代理店営業強化。 11月9日後場に決算を発表。 18年3月期第2四半期累計 4-9月 の連結経常利益は前年同期比41. 9%増の7. 5億円に拡大し、通期計画の14. 5億円に対する進捗率は51. 9%に達し、5年平均の27. 8%も上回った。 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期 下期 の連結経常利益は前年同期比44. 2%減の6. 9億円に落ち込む計算になる。 直近3ヵ月の実績である7-9月期 2Q の連結経常利益は前年同期比7. 1%増の4. 5億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の4. 6%とほぼ横ばいだった。 [出典:株探] 今期堅調に推移する業績を基に、出資先であるナプラが、パワー半導体の性能を発揮するために必要不可欠な関連材料である高温対応の接合材を量産体制。 パワー半導体関連として、注目を集め一時は2000円台までありました。 12月以降に調整は進み、1200円前後でのもみ合いから、26日急動意。 1400円処はひとつの節目であり、29日は寄りから1400円に乗せてきましたが、売り先行。 足元はミニゴールデンクロスが示現し、基準線をサポートに反発し再度1400円超えに向かいたいところ。 【買い】前田製作所(6281)パワー半導体関連材料で注目のナプラに出資。 かぶせ陰線から反発期待。 かぶせ陰線から反発期待。 」(本田隆一郎) 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の