ゼノブレイド メリア。 ゼノブレイド キャラ考察

ゼノブレイドDE攻略|ディフィニティブエディション

ゼノブレイド メリア

正直言うと僕はオリジナル版ではめんどくさくて復興イベントは放置していたんです(汗) メニュー画面で確認できるようになったのなら復興に協力しようと思います! 戦闘時のUIもスッキリしたデザインに変更されました! 敵のHP表示や崩しの効果時間の表示などが2寄りのデザインになってます。 位置によって威力が上昇する技は、威力が上昇する位置にいる時に技アイコンに「!」マークが表示されるようになりました。 しかしWii版をプレイしていた頃は、性能は良いけど見た目がイマイチな装備に悩まされたことがありました。 その名の通り、なるべく短い時間でモンスターを倒すのが目的です。 良い評価を貰えれば、それに応じた「ノポンクリスタル」が貰えます。 好きなパーティで挑めるフリーモードとレベルやパーティが制限されるリミテッドモードが存在します。 おそらくリミテッドモードのほうがより多くのノポンクリスタルを貰えるでしょう。 制限された条件で戦うのは自分のバトルの腕を試すチャンスですよ! ノポンクリスタルは装備やジェムと交換することができます。 新装備は個性的な見た目のものが多そうなので楽しみです! イベントシアターの追加 ゼノブレイドDEではイベントシアターが追加されました。 一度見たイベントシーンをもう一度見ることができるんです! 本作はストーリーの出来が非常に良く、名ゼリフ・名シーンがたくさんあり、アクションシーンはとても迫力があるのでこれは嬉しい! ゼノブレイド2のイベントシアターのように時間帯と天候を選択でき、好きな装備で見ることが可能です。 Yボタンを押せば初期装備で再生することもできます。 さらに一度見た キズナトークも見ることが可能! これは2にも無かった機能です。 どのキャラも魅力的なので見返せるのは嬉しいですよね! レベルを下げる機能など、上級者設定の追加 新たに上級者設定も追加されました! 上級者設定をONにするとクエストやランドマーク発見時に得た経験値がストックされます。 ストックした経験値を使ってレベルアップが可能です。 さらにレベルを下げることもでき、下げた分の経験値はストックされます。 この機能によって 難易度を自分好みに調節できるようになりました! 初代ゼノブレイドはレベル差による命中率の補正があり、5以上差があると低い方の攻撃がほとんど当たらなくなります。 僕はWii版をプレイしていた頃はレベルを上げすぎてラスボスが雑魚同然になってしまいました(汗) しかし DEではレベルを下げることができるようになったのでこの問題点は解決! ボス戦で緊張感を味わうためには、ボスと同じか少し低めのレベルにすると楽しめますよ! 2周目をプレイする際もレベルを下げれば1周目と同じようにバトルを楽しめるでしょう。 しかし、やや複雑な本作の戦闘システムが苦手な方や壮大なストーリーだけを楽しみたい方もいるかもしれません。 しかし何者かの砲撃を受け、巨神肩だった浮島に墜落してしまいます。 本編では何かと報われなかったメリアでしたが、『つながる未来』では中心人物となるようです。 これは メリアファン感涙の追加要素なのでは!? 巨神肩では新たな強敵「 霧乃獣 きりのけもの」や時空の歪みの発生など、新たな試練が待ち受けています。 シュルクは「未来視」を使えなくなっているので、本編のボス以上に苦戦を強いられそうです! 新たな仲間のノポン達との協力が鍵となるでしょう! 特に時空の歪みは気になる要素です! 『つながる未来』というタイトルを考えると、「あの世界」と繋がるのではないかと考えてしまいますが…。 『つながる未来』は本編をクリアしていなくても最初からプレイ可能です。 キノはエーテル銃を操る遠距離タイプで、ネネは近接攻撃が得意なパワータイプだそうです。 大勢のノポンたちが攻撃してくれますよ! ただでさえ騒がしかった戦闘がさらに騒がしくなってしまいました(笑) 追加ストーリーでは チェインアタックの代わりにノポンジャーの必殺技を発動可能です。 仲間にしたノポンジャーの数が多いほど強力な必殺技になるので、サブクエストも積極的に行ったほうがいいでしょう! 『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ』ではサブクエストを強制されるところが難点だと感じました。 しかし『つながる未来』ではサブクエストを行えば戦闘が有利になるものの、必ずしも行う必要はありません。 強制するのではなく、プレイヤーが自分からサブクエストを行いたくなるようなシステムにしたことは素晴らしいと思います! リマスター?リメイクじゃないの? ゲームのリマスター作品は数多く発売されてますが、ここまで気合が入ったリマスター作品は今まで見たことがありません! リメイクと言っても良いくらいです! なのに何故リマスターを名乗っているのでしょうか? おそらく 基本的なシステムやシナリオ、ムービーの演出、マップの構成自体はオリジナル版のままだからでしょう。 オリジナル版をクリアした方のみ開いて下さい。 ゼノブレイドは巨神界と機神界が存在しますが、ストーリー終盤になると機神界への行き来ができなくなります。 機神界のメカメカしい雰囲気も好きですし、通常戦闘BGMとフィールドBGMが超カッコいいので行けなくなるのは残念でした。 終盤でも回想みたいな形で行けるようにして頂きたいです! 強敵だらけのエリアや新ユニークモンスターが追加されているとなお良いです! まとめ 『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』はリメイクと言っても良いほど変更・追加された要素があります。

次の

ゼノブレイド キャラ考察

ゼノブレイド メリア

ゼノブレイド・ザ・シークレットファイル・モナドアーカイブスを参考にして、補足を加えたもの。 数万年前? 地球の衛星軌道上で、クラウスという名の人物により、宇宙の創世にかかわる相転移実験が行われる 相転移実験の影響により、他の宇宙と隔絶された閉じられた世界が誕生。 広大な海に巨神と機神が生まれる。 クラウスは巨神の魂ザンザとして、クラウスを阻止しようとした 女性研究員 ガラテアは機神の魂メイナスとして新世界の神となる。 相転移実験施設を管理するコンピューターから 意識体 アルヴィースが生まれ、自己を世界の摂理の監視役に定める。 巨神ザンザ、自らの細胞の一部から有機生命体テレシアを創造。 さらにテレシアの一部に知性を与え、巨人族やハイエンターをはじめとした原初生命を創造。 ハイエンターにはテレシアに戻る因子が埋め込まれた 機神メイナス、無機物に生命と知性を与え、 機神界人 マシーナを創造。 9999年前? ノポン・センニンが誕生する。 約6000年前 ミゴールが誕生する。 アガレスやエギル、ヴァネアなどが誕生。 巨神界の巨人族やハイエンターらと機神界のマシーナとの交流が始まる。 医療分野でも様々な研究が共同で行われた。 また、このころ占星術が生まれる。 アガレスとエギルが知己となり、巨神肩で世界の外にあるものを語る。 機神界人 マシーナは高度な文明を持つようになり、機神体内に帝都アグニラータを築く。 ハイエンターがエルト海に皇都アカモートを築く。 ハイエンターの始祖、形だけだが、燐光の地ザトールで成人をむかえた皇位継承者が行う成人の儀の仕組みを定める。 二神戦争 巨人族のアガレス、巨神肩の街のはずれでモナドを発見。 モナドを握った際にザンザが宿り、身体を支配される。 アガレスの身体を得て自由に動けるようになったザンザは、機神を滅するため、巨神を操って争いを挑む。 ザンザ、ディクソンに強靭な肉体を与え、使徒とする。 ザンザ、ロウランに永遠の生命を与え、使徒とする。 アルヴィースがザンザの使徒になる。 エギルが監獄島でザンザとその使徒に接触。 帝都アグニラータが、巨神やテレシアの攻撃により滅亡。 機神界人 マシーナのほとんどが死に絶えるも、 ミゴールやエギル、ヴァネアなどの少数は生き残る。 機神の攻撃により、巨神に深手を与えることに成功。 ハイエンターの始祖、隙を突いてザンザを封印。 肉体は監獄島に、魂はモナドと共にオセの塔に封じられた。 一連の大戦争は太古の伝承としてハイエンターに受け継がれ、多くの碑文が残される。 巨神と機神の戦争により、当時の遺物や記録のほとんどが消失。 巨神が動いたことによって気候が変わり、ヴァラク山からヴァラク雪山に。 そこにいたハイエンターは他の地域へ移住。 ザンザの監視を 機神界人 マシーナに託し、傷を癒すためにメイナスが眠りにつく。 生き残った少数の 機神界人 マシーナが、落ちた腕や機神界フィールドの隠れ家などに移り住む。 巨人族が何らかの原因でザンザとなったアガレスを残して絶滅する。 なお、ディクソンはホムスを装って生存。 数千年前? ハイエンターの皇祖、テレシア化の因子を究明。 ホムスとの交配理論を構築する。 皇祖人の格を記録するための墓所を建造し、ホムスとの交差比率を確認するためのシステムなどを残す。 また、二神戦争の伝承もここに記される。 エギル、機神界盟主を名乗り、巨神界への侵攻を決定。 反対した 機神界人 マシーナはエギルによって殺害される。 エギルにより機神兵が大量に生産される。 将来想定される機神の攻撃から皇都アカモートを守るため、ハイエンターが防衛システムを建造。 エギルが 反モナド場 アポクリファ発生器を開発する。 機神兵団が巨神界への侵攻を開始。 以後何百年にもわたり侵攻が繰り返される。 ハイエンターの47代皇主ルミオン、巨神教を解体。 ただしこれ以降も歴史の影で暗躍。 ハイエンターによる巨神界の統治が終わる。 新たに生まれた種族・ホムスが繁殖。 巨神界の各所にコロニーを作る。 エーテルシリンダーを輸送するためのアカモートの船が脹脛に墜落する。 巨神の股間部でエーテル結晶の採掘場が造られる。 その上に造られた居住区が発展してコロニー6になる。 ホムスが巨神脚にラグエル大橋を建設。 これによりコロニー9への入植が始まる。 320年前 ソレアンが誕生する。 151年前 ソレアンと光妃の間にカリアンが誕生。 88年前 ソレアンと影妃の間にメリアが誕生。 メリアの母である影妃が行方不明となる。 70〜80年前 ノポン族のドンガ、サイハテ村にノポンタワーを建てる。 60年前 オダマが誕生する 40年前 リキが誕生する。 30年前 ダンバン、ムムカが誕生する。 26年前 ガドが誕生する。 21〜29年前 ソレアンがハイエンターの皇主として即位。 21年前 カルナが誕生する。 19〜20年前? 機神兵に対抗できるという神剣「モナド」を探す、モナド探索隊が結成される。 シュルクの父母もこれに加わる。 コロニー9、遺跡のシリンダーに規格をあわせた兵器「自走砲」を建造、運用を開始する。 18年前 シュルクの母親、モナド探索隊の探索の途中でシュルクを出産。 シュルクが誕生する。 フィオルン、ラインが誕生。 15〜17年前? ダンバンとフィオルンの父が機神兵により殺害される。 ラインの両親が機神兵により殺害される。 ダンバン〜シュルクらの時代 14年前 モナド探索隊、ヴァラク雪山でモナドを発見。 しかしモナドに宿っていたザンザが一時的に覚醒。 探索隊はエーテルエネルギーを吸い取られ、シュルクの両親も含め全員死亡する。 この際4歳だったシュルクも死亡するが、ザンザが依代に定めたことで復活。 ディクソンが、モナドとザンザの宿ったシュルクを連れてコロニー9へ向かう。 13年前 ジュジュが誕生。 12年前 コロニー9が機神兵に襲撃される。 ダンバンとフィオルンがコロニーから逃げ出し、初めて巨神脚を訪れる。 その後、1週間かけて家に帰る。 10〜20年前? テフラ洞窟、かつて利用していた隊商のルートが土砂が崩れ、閉鎖される。 閉鎖された洞窟の中でスパイドやゴゴールといったモンスターたちが活発になる。 1〜3年前? ラインがコロニー9の防衛隊に入隊。 ムムカのコロニーが滅ぼされる。 機神兵の攻撃により6、9以外のコロニーが壊滅。 1年前 ガラハド壕に要塞を建造。 機神の動力として使用できるエーテルを、巨神から吸い取る装置を設置。 機神兵団、大剣の渓谷に侵攻を開始。 ホムス、ハイエンターに機神兵団との防衛戦の参加を呼びかけるが拒否。 ハイエンターらは防衛戦に備えて監獄島の防衛機構を起動し、皇都の防備を固める。 大剣の渓谷へ侵攻してきた機神兵とホムスの間で戦闘が開始される。 このころ、オダマやヴァンダムらもこの戦いに参加する。 モナドにもっとも適合する者としてダンバンが選抜される。 ムムカを含めたほかの候補者達はその護衛部隊とされた。 カラルらが防衛戦の途中で渓谷から落下。 落ちた腕にいた 機神界人 マシーナらに救出される。 夜10時。 前線をコロニー6に後退させ、最終防衛戦を張る撤退命令が出る。 機神兵団、第二陣が侵攻を開始。 ダンバンらは撤退命令を無視し第二陣、本隊ともに機神兵団を撃退。 ムムカを含めた以後20000万人以上のホムス軍の兵士が機神兵に回収される。 ダンバン、モナドの影響で右腕の機能を失う。 エギルは、モナドの力に対抗するため、ホムスを中枢ユニットとする新たな機神兵「フェイス」の開発に着手。 現在 リキがサイハテ村の「今年の」勇者に選ばれる。 ディクソンの研究資料をベースに、シュルクがモナドの解析を開始。 モナドの力を無力化するために、機械化したホムスをコアとして組み込んだ新型機神兵が完成。 同型の機神兵をフェイスと称す。 「褐のゾード」が率いる機神兵の部隊がコロニー6に侵攻。 「黒いフェイス」が率いる機神兵の部隊がコロニー9に侵攻。 コロニー6、機神兵に占領される。 住民のほとんどは捕食または回収される。 カルナやジュジュなどの一部住民は脱出し、巨神脚に避難する。 1章ストーリー開始 午前8時。 防衛隊の休憩時間にシュルクがコロニーの外でガラクタ漁り。 コロニー9、機神兵の急襲を受ける。 「顔つき」の攻撃によってフィオルンらが生死不明となる。 午後13時。 「黒いフェイス」率いる機神兵の部隊が撤退する。 シュルクとライン、モナドと共にコロニー9を出立。 コロニー6での防衛戦、オダマとガドが捕らわれた人を解放するために地下坑道にて機神兵に奇襲を仕掛けるが、手酷く失敗。 ガドが機神兵に回収される。 シュルクが夢の中でアルヴィースと接触。 シュルクとライン、テフラ洞窟を抜けて巨神の膝小僧に到着する。 この頃、「褐のゾード」がコロニー6で回収した人達を捕食する。 巨神脚でシュルクたちが「褐のゾード」と接触。 ジュジュが取りさらわれる。 ジュジュがさらわれて4時間後、シュルク達がコロニー6に向けて出発する。 コロニー6を占領していたフェイス「褐のゾード」と機神兵達をシュルク達が撃退。 機神兵による占領から1ヶ月、コロニー6を奪還する。 ジュジュを中心としてコロニー6の復興が開始される。 メリアがテレシア討伐のため、アイゼル、ホグト、ガラン、ダミルとともにアカモートを発つ。 ソレアン、「先読みの儀式」によってアルヴィースから未来視を見せられる。 機械化したフィオルンをコアとする「フェイス・ネメシス」が完成。 ヴァネアによってメイナスの魂が転送される。 メリア、シュルク達の協力を得てテレシア討伐に成功。 眠りについていたメイナス、フィオルンの身体を得て復活。 次期皇太子の資格を得るため、メリアが2512周期ぶりの墓所詣での儀に臨む。 メリアが暗殺者タルコの襲撃を受ける。 エギルが新たに巨神界侵攻作戦を開始。 墓所詣でを成功させたメリアが皇太子となり、アカモートで立太子の儀が行われる。 兄カリアンは摂政となる。 「黒いフェイス」「フェイス・ネメシス」が率いる機神兵の部隊がエルト海に侵攻。 ソレアン、監獄島の封印を解除。 そこに封じられていたザンザと会う。 ザンザの力を利用した防衛装置を発動させ、機神兵を撃退。 ザンザにより、モナドの枷が解き放たれる。 直後にエギルによって造られた槍の攻撃でザンザの身体が消滅。 ザンザは意識体のみの存在となる。 「黒いフェイス」の攻撃によりソレアンが死亡。 「黒いフェイス」と「フェイス・ネメシス」、「ヤルダバオト」に搭乗したエギルがヴァラク雪山へ進発。 シュルクらが大剣の渓谷で「黒いフェイス」と戦闘。 「黒いフェイス」、自滅し大破。 「ヤルダバオト」が 反モナド場 アポクリファ発生器を展開し、モナドを無力化する。 シュルクらがガラハド要塞において、エギルが登場する「ヤルダバオト」と、 これに操られている「フェイス・ネメシス」と戦闘。 フィオルンの中に宿るメイナスが放った力により、ガラハド要塞が崩落。 シュルクらとフィオルンが再会を遂げる。 シュルクらが隠れ里に住むリナーダ、ミゴールらと会い、エギルの討伐を依頼される。 機械化したガドを内部に組み込んだ「緑のフェイス」が完成。 シュルクらが「緑のフェイス」と戦闘。 シュルクが未来をかいま見る能力を得る。 カリアンが陣頭に立ち、ホムス、ハイエンター、ノポンの3種族からなる 巨神界連合軍が結成される。 大剣の要塞攻略戦を開始。 巨神から吸い出したエーテルエネルギーを糧に、エギルが機神の起動に成功。 機神が動作したことにより、帝都アグニラータの建設物などが崩壊。 ガドが帝都の崩壊からシュルクたちを庇い、死亡。 太古の戦い以来疲弊していたメイナスの魂が完全に覚醒。 シュルクらが 反モナド場 アポクリファ発生器を破壊し、モナドの無力化が解放される。 シュルクがディクソンに胸を銃弾で貫かれる。 エギルが再びディクソンと接触。 シュルクの身体に宿っていたザンザが覚醒。 敵対するメイナスを滅ぼし、機神のモナドを得る。 監獄島が巨神体内に収まったことを契機に、大量のエーテルエネルギーが放出される。 純血のハイエンターはすべてテレシア化。 旧世界の破壊 エギルが機神を操ってザンザに対抗。 巨神のモナドによる攻撃で、機神と機神界が壊滅。 巨神が動いたことにより、巨神が生体機能を取り戻す。 また、塞がれていたテフラ洞窟の道も開き、かつての隊商のルートも通行可能に。 バーンがシュルクたちに敗れ、花粉工場で働かされる。 ザンザの使徒であるロウランとディクソン、モナドを持たないシュルク達によって撃破される。 テレシアに生命が持つエーテルを食い尽くさせ、その力で世界を新生させようとするザンザの計画をシュルクたちが阻止。 シュルクのモナドが具現化する。 モナドに新たに生まれた文字「神」によってシュルクがザンザを斬る。 新世界の創世 シュルクたちの世界は神の定めた運命、因果律から解放され、 無限の広がりを持つ新たな世界が誕生した。 1ヵ月後、フィオルンの身体を元に戻すことに成功。 他のフェイスユニットにされた機械化ホムスたちも全てホムスに戻った。

次の

ゼノブレイド時系列順

ゼノブレイド メリア

メリアの特徴と立ち回り エーテル攻撃のスペシャリスト メリアは「 サモン・ボルト」などでエレメントを召喚した後、タレントアーツの「 エレメント発射」で召喚したエレメントに応じてエーテルダメージを与えられます。 タレントゲージが溜まるほどダメージも伸びるため、エーテル攻撃に関しては全キャラ中トップクラスの性能を誇ります。 物理耐性が高い敵や格上の敵と戦うときに活躍できるキャラです。 優秀なバッファー メリアは様々なバフ効果を持つアーツを習得できるため、ボス戦でも攻守両方の面において役立ちます。 エレメントは同時に3種類まで召喚できるため、状況に応じて使い分けましょう。 敵のオーラを解除できる メリアは「 マインドブラスト」を習得できるため、シュルク以外で敵のオーラを解除できる唯一のキャラです。 「 思考読み」で攻撃を回避してくるテレシア系の敵に対して有利に立ち回ることができます。 6秒 タレントゲージMAX時に使用可能。 リキやフィオルンなど、優秀なエーテル攻撃を持つキャラをパーティに入れるとより効果を生かせます。 サモン・フレア 「 サモン・フレア」は筋力アップの効果を持つアーツなので、シュルクやライン、ダンバンをメンバーに入れている場合は優先的に強化しましょう。 エーテル主体のパーティであれば強化する必要はありません。 サモン・アイス 「 サモン・アイス」は敵のエーテル攻撃を軽減できる貴重なアーツで、強化すればリキャストも大幅に短縮できるため、優先度は高いです。 サモニングコピー 「 サモニングコピー」は直前に召喚したエレメントを再召喚できるため、汎用性の高いアーツです。 リキャストタイムを短くするためにこちらもある程度強化しておきましょう。

次の