お聞かせ願います。 私は喫煙者なのですが、最近、自室換気扇からの排気タバコ臭が原因で、隣の方から苦情を受けました。素直になれませんでしたので、みなさんの御意見をお聞かせ願います。私の状況と意見を書かせて頂きます。

【お聞かせ願い】の例文集・使い方辞典

お聞かせ願います

だいたい、一家族に一人と言う感じですね。 「HSP」この言葉を聞いた人はあまりいないのではないでしょうか。 簡単に言うと、超繊細という気質です。 例えば、人一倍音や光、匂いに敏感であったり、共感力が高いなどが代表的です。 このHSPはあまり気づきにくいものなのです。 なぜなら、「気にしすぎ」の一言で終わってしまうから。 私はそんな鈍感な世の中が嫌いです。 その一言で本人が「気にしすぎなんだ。 私ってだめな人なんだ。 」と考え、どんどん自分を追い込んでいってしまいます。 なんの責任も持ってない軽く放った言葉で人は簡単に気づついてしまうのです。 私も音や光、匂いなどに過剰に反応してしまいます。 音なら、信号や会話、クラクションなどの音が一気に入ってきて、耳が痛くなります。 光は、タブレットやスマホの明るい画面で、目を潰されているような感覚に陥ります。 また、匂いは香水や混ざった匂い 給食の匂い などが吐き気を催すレベルの匂いです。 このように、鈍感な世界に生きているHSPの人たちは非HSPの人たちよりも日常生活などで悩んでいます。 また、HSPの人ではなくても何らかの障がいを持っている方たちも同じでしょう。 HSPを始め、いろいろな気質や障がいなどを理解し、その人たちにもよりよい生活ができるようになる社会が作られるといいなとおもいます。 この主張文は、大勢の前で読むもの、又は雑誌とかへの投稿文でしょうか? タイトルが「鈍感な世界」とありますが、この文で言いたいことは「(HSPの住む繊細な世界)と(非HSPの住む鈍感な世界)間の軋轢」だと感じるので、少し言いたいことがズレる(伝わりにくい)かなと感じました。 最後の一文は、他人任せのように聞こえます。 ひねくれた感想を言うと「文句しか主張してない」と言われかねません。 私なりに推敲してみたので、参考程度に読んでみてください。 (大勢の人の前で読む用です) 鈍感な社会 「HSP」、皆さんはこの言葉をご存じですか? おそらく聞いたことがある人ですらあまりいないでしょう。 日本語に言い換えると、超繊細という気質になります。 簡単に言うと、音や光、匂いに人一倍敏感であったり、共感力が高い人たちです。 「5人に1人」、これはHSPの人の割合です。 だいたい、一家族に一人は居る位の割合でしょうか。 HSPを知っている人の割合より高いですね。 私もHSPの一人です(又は『HSPの人たちほどではありませんが、音や光、匂いなどに過剰に反応してしまいます』)。 音なら、信号や会話、クラクションなどの音がごちゃ混ぜに響いてくるので、耳が痛くなります。 光なら、タブレットやスマホの画面でも、まぶしくて目を潰されているような感覚に陥ります。 匂いなら、香水の匂いや、給食のように様々な匂いが混じった匂いに対して、吐き気を催してしまいます。 この敏感さは、非HSPには理解してもらいにくいものです。 理解してもらえないが故に「気にしすぎ」の一言で終わってしまいます。 その一言で本人は「気にしすぎなんだ。 私ってだめな人なんだ。 」と考え、どんどん自分を追い込んでいってしまいます。 軽く言い放った無責任な一言で、人は簡単に傷ついてしまうのです。 繊細な世界に住むHSPの人たちにとって、私たちの住む世界を、鈍感な社会だと感じているでしょう。 鈍感な社会に生きているHSPの人たちは非HSPの人たちよりも日常生活などで悩んでいます。 それは、HSPの人たちだけではなく、何らかの障がいを持っている方たちも同じでしょう。 私はそんな鈍感な世の中が嫌いです。 HSPを始め、いろいろな気質や障がいなどを理解し、その人たちの悩みが解消される社会を作っていきたいです。。

次の

面接で、あなたの強みをどう活かすかについて聞かれたとき 短くしてみ

お聞かせ願います

「お聞かせください」は、敬語表現としてやや失礼になる場合があります。 「お聞かせください」自体は、間違いではありません。 しかし、「お聞かせください」の「ください」という部分には、やや命令的な印象があります。 このような印象の言葉であるため、使われると失礼に感じる人もいるのです。 そのため、別の言い方をした方が無難でしょう。 目上の人に対しては失礼になる可能性が高い 特に目上の人に関しては、「お聞かせください」という敬語は使わない方が正しいでしょう。 目上の人は、特に敬意を表さないとならない存在になります。 そのため、このような失礼に聞こえる可能性がある言葉を使うのは、やはり良くありません。 きちんと敬意が伝わる敬語で、「お聞かせください」と表現していきましょう。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現が適切 では、「お聞かせください」がやや失礼になってしまうであろう人達への敬語表現としては、どのような形が適切になるのでしょうか。 その正解のひとつが、「お聞かせ願えませんか」になります。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現あれば、「ください」という命令的な表現も入っていないため、目上の人に対しても失礼ではありません。 お願いの印象が強く出るため失礼にならない また、「お聞かせ願えませんか」は、「お聞かせください」と比べると、お願いの形になっています。 言葉の中に「願う」が入っているため、よりお願いの印象が強く出るのです。 このような敬語であれば、まず失礼になることはありません。 そのため、「お聞かせください」と目上の人に述べる際は、「お聞かせ願えませんか」と言い換えるといいでしょう。 「お聞かせいただけませんか」も目上の人にふさわしい敬語 「お聞かせください」を目上の人に使っても失礼のない敬語にするには、「お聞かせいただけませんか」にする方法もあります。 「お聞かせいただけませんか」でも、命令ともとれる失礼に聞こえがちな言葉遣いではなくなります。 そのため、適切な敬語表現と言えるのです。 「いただく」は謙譲語になる さらに、「お聞かせいただけませんか」には、「いただく」という謙譲表現が入っています。 自分を下げて相手を上げるため、失礼な敬語表現にならなくなるのです。 謙譲語の言葉の作りになっているため、何かを聞きたいときには「お聞かせいただけませんか」という表現をしていくのも正解です。 「お聞かせください」は失礼に感じられる場合があるため他の敬語に言い換えるのが適切 「お聞かせください」は、敬語として正しい表現かどうかを見てきました。 結論としては、「お聞かせください」の敬語は、必ずしも失礼になる言葉遣いではありません。 しかし、失礼に感じられる場合もあるため、「お聞かせください」ではなく、「お聞かせ願えませんか」や「お聞かせいただけませんか」に言い換えるのがおすすめです。

次の

「お聞かせください」の意味と使い方・敬語での注意点

お聞かせ願います

「お聞かせください」は、敬語表現としてやや失礼になる場合があります。 「お聞かせください」自体は、間違いではありません。 しかし、「お聞かせください」の「ください」という部分には、やや命令的な印象があります。 このような印象の言葉であるため、使われると失礼に感じる人もいるのです。 そのため、別の言い方をした方が無難でしょう。 目上の人に対しては失礼になる可能性が高い 特に目上の人に関しては、「お聞かせください」という敬語は使わない方が正しいでしょう。 目上の人は、特に敬意を表さないとならない存在になります。 そのため、このような失礼に聞こえる可能性がある言葉を使うのは、やはり良くありません。 きちんと敬意が伝わる敬語で、「お聞かせください」と表現していきましょう。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現が適切 では、「お聞かせください」がやや失礼になってしまうであろう人達への敬語表現としては、どのような形が適切になるのでしょうか。 その正解のひとつが、「お聞かせ願えませんか」になります。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現あれば、「ください」という命令的な表現も入っていないため、目上の人に対しても失礼ではありません。 お願いの印象が強く出るため失礼にならない また、「お聞かせ願えませんか」は、「お聞かせください」と比べると、お願いの形になっています。 言葉の中に「願う」が入っているため、よりお願いの印象が強く出るのです。 このような敬語であれば、まず失礼になることはありません。 そのため、「お聞かせください」と目上の人に述べる際は、「お聞かせ願えませんか」と言い換えるといいでしょう。 「お聞かせいただけませんか」も目上の人にふさわしい敬語 「お聞かせください」を目上の人に使っても失礼のない敬語にするには、「お聞かせいただけませんか」にする方法もあります。 「お聞かせいただけませんか」でも、命令ともとれる失礼に聞こえがちな言葉遣いではなくなります。 そのため、適切な敬語表現と言えるのです。 「いただく」は謙譲語になる さらに、「お聞かせいただけませんか」には、「いただく」という謙譲表現が入っています。 自分を下げて相手を上げるため、失礼な敬語表現にならなくなるのです。 謙譲語の言葉の作りになっているため、何かを聞きたいときには「お聞かせいただけませんか」という表現をしていくのも正解です。 「お聞かせください」は失礼に感じられる場合があるため他の敬語に言い換えるのが適切 「お聞かせください」は、敬語として正しい表現かどうかを見てきました。 結論としては、「お聞かせください」の敬語は、必ずしも失礼になる言葉遣いではありません。 しかし、失礼に感じられる場合もあるため、「お聞かせください」ではなく、「お聞かせ願えませんか」や「お聞かせいただけませんか」に言い換えるのがおすすめです。

次の