麻婆豆腐 日持ち。 麻婆豆腐ってどう保存するの?日持ちはどのくらい?

マルハニチロ「四川風麻婆丼」の賞味期限・消費期限・日持ちについて

麻婆豆腐 日持ち

お味噌汁やサラダ、ハンバーグなど……日々の食卓に大活躍の「豆腐」。 ですが、メニューによっては一度に使いきれない場合もありますよね。 そんな時、みなさんは残った豆腐をどのように保存していますか。 「パックのまま保存しても大丈夫?」 「中に入っていたお水はどうする?」 「冷凍してしまっても良いの?パサパサにならない?」 など、いろいろ気になる点はあるけれど、なんとなく開封するまでは買ってきた状態のまま冷蔵庫に入れているという方も多いのではないかと思います。 パックのまま使うまで冷蔵庫で保存しているという方は、ぜひ今回の保存方法を参考にしてみてください! 安いからとついついたくさん買ってしまう豆腐、せっかくであればおいしさを損なわないよう、きちんと保存していただきましょう。 豆腐を購入する際に必ずと言っていいほどパックに入っている水。 あの正体は一体何なのでしょうか。 開封する際に、勢い余って水をこぼしてしまったという方も多いのではないかと思います。 実は、 あの水には2つの役割があります。 1つ目は、クッションの役割をするためのもの。 輸送時、豆腐のままで包装してしまうと運搬時の衝撃で形が崩れてしまう可能性があるため、パックの中に水を入れることで豆腐の形崩れを防いでいるそうなのです。 いくら味は同じと言われても、やはりぐちゃぐちゃに崩れた豆腐はあまりおいしそうに感じませんよね。 2つ目は、豆腐の水分を外に逃がさないためです。 豆腐はその80%が水分でできており、放っておくとどんどんと水分が抜け、あの豆腐ならではの滑らかな食感が損なわれ、スポンジのようになってしまうのだそうです。 ちなみに、この豆腐の水は料理に使ってもいいのか、栄養はあるのか、などインターネット上では様々な疑問があがっているようです。 メーカーなどによりますが、この水には保存料などの添加物が含まれている場合もあり、あくまでこれは 豆腐を守るための水ですので、そのまま飲んだり、料理に使うことはあまりおすすめできません。 ひとつ目は、 きれいな水に移し替えて保存することです。 先ほども少しご紹介したように、豆腐のパックに入っているあの水は、あくまで豆腐を輸送時などの衝撃から守るためのもの。 一度開封したものは、きれいな水に移し替えてから保存をしましょう。 以下に保存の手順をご紹介します。 豆腐のパックを開封し、水を捨てます。 きっちりと蓋をします。 冷蔵庫で保存します。 また、温度は低すぎても豆腐の食感を損なう原因となってしまいますので、凍るほど冷たい水は避けてくださいね。 水はそのままにしておくとアクがたまりやすく、豆腐が傷む原因となりますので、最低でも1日1回、夏場は1日2回ほど交換するのが理想です。 また、この方法で保存した豆腐は、極力2~3日で食べきるようにしましょう。 食べきれない場合は、一度加熱することをおすすめします。

次の

麻婆豆腐の保存方法と賞味期限まとめ

麻婆豆腐 日持ち

麻婆豆腐は保存方法によってはかなり保存期間が長持ちしないと言うことをご存知でしたか? 塩分が多いとかスパイス、特に唐辛子などの辛いものを使ってある料理と言うのは、保存期間が長持ちしそうなイメージをお持ちの方が多いかと思うのですが、多くの料理は意外とそんなこともなく、たくさん作ってしまい過ぎるとただ美味しくなくなってしまうだけではなく、最悪食べてお腹を壊してしまうなんてことも良くあります。 今回はそんなイメージよりも長持ちしない料理の中でもカレーに続いて意外と言われることが多い麻婆豆腐に注目し、その保存方法ごとそれぞれの保存期間や日持ちしない理由、日持ちさせるためのコツや具体的な方法などについてをご紹介させていただきます 『麻婆豆腐の保存方法と保存期間!日持ちさせる方法とは?』と言う記事を書かせていただきました。 意外と知らない人も多い麻婆豆腐についての保存期間やおすすめの保存方法について興味はございませんでしょうか? Topics• 麻婆豆腐は長持ちしないものなのか? まず最初に麻婆豆腐は長持ちするものではないと言う事実からご紹介させていただきます。 最初にも少し触れたのですが、一般的に辛いもの、特に唐辛子には除菌・殺菌効果や腐敗を遅らせる効果があると言う話もあるようなのですが、これは一種の迷信でして、唐辛子が持つ長持ちさせる効果としてあると言えるのは防虫効果ぐらいのもので実は料理を長持ちさせるような効果があると証明されていません。 その為 唐辛子やそれを主な原料とした豆板醤などの調味料をふんだんに使ってあったとしても、それが理由で長持ちすると言うことはないのです。 ましてや麻婆豆腐のメインの食材である豆腐がそもそも長持ちするような食材ではありませんし、片栗粉などでとろみをつける場合も多いことからしっかりと冷める前に密閉してしまうことも多く、水分が多いことと中途半端な温度で保存してしまいやすいことから腐敗しやすく、更に雑菌が繁殖しやすい料理でもあるのです。 その為「冬で台所が涼しいから大丈夫」、「ラップして冷蔵庫に入れたから大丈夫」などと言った考え方で放置すると半日ほどでダメになることもあるので注意です。 また悪くなったことを感じやすい臭いや味についても使う香辛料や味付け、特に花椒や本場のジャンなどを使い本格的に作ったものであればあるほど分かりにくく、食べた後のお腹の調子の悪さでダメになっていたことに気が付くことが多いことも注意しておきたいポイントです。 麻婆豆腐の保存方法別の保存期間 長持ちしないと言うことをご紹介させていただいたところで続いて、「では麻婆豆腐は具体的に大体どれぐらいの保存期間なら安心して食べられるのか?」と言うことを常温・冷蔵・冷凍それぞれの保存方法で保存した場合ごとにご紹介させていただきます。 常温では最大でも1日• 冷蔵庫では最大で2日• 冷凍庫では「食べられる」という基準では大体1ヶ月 御覧の通り冷蔵庫でも2日が限度であり、2日目以降に安全に食べたいと言うのならば冷凍する以外の選択肢はないと言えますが、冷凍すれば豆腐が凍ってまるで高野豆腐のようになってしまうため、普通の麻婆豆腐としてはとても食べられないものになってしまうため、全くおすすめできません。 また常温で保存する場合はもちろん夏と冬では温度も違うので一概には言えませんが、高温多湿の 梅雨時などに完成して完全に放置しておけば最短は半日持たない場合もありますし、冷蔵庫での保存についてもあくまで 「最大が」2日前後であり、保存方法によっては2日目でも食べない方が良い状態になる場合もあり得ますので、 「冷蔵庫で保存していたから2日は大丈夫」ではないと言うことも覚えておいて欲しいです。 では次はそうした特徴も踏まえ続いて、それぞれの保管方法についてどうしたら一番長持ちさせられるのかについてを御説明します。 常温で保存する場合 出来れば常温で保存する事は避けたほうが望ましいですが、どうしてもしなくてはいけない状況の時はせめて次のポイントを抑えておくことをおすすめします。 鍋やフライパンの状態で保存する• 出来れば1時間に1度、最低2時間に1度ぐらいは中までしっかりと加熱する• 加熱する時は「温かくする」ではなく、「沸騰している」ぐらいまで加熱すること• 蒸気が籠らないように常に蓋はしないこと どれも基本的には細菌が繁殖したり、腐敗しないようにするためのことでして、中途半端な温度にしたり変に水分が多い状態を避けるためのポイントです。 常温保存する時に 最悪なのは作り終えた段階で「ちょっと多いかも」と出来立てをタッパーに入れ蓋をしてしまったり、食べる分とは別の器に盛ってラップで密閉してしまうこと。 数分もすれば「ぬるい水につかった状態と同じ」と言う食べ物が一番ダメになりやすい状態になってしまうので、 後で食べようと思うのならばこれだけは絶対に避けましょう。 とは言えもちろんこれだけ努力して何とか長持ちさせようとしても次の日まで持つかどうかですので、常温保存は全くおすすめできません。 冷蔵庫で保存する場合 常温で保存する場合と注意すべきことはまず 長持ちさせたいのであるなら冷蔵庫に入れる前に湯気が出なくなるまで密閉しないで冷ますことと、出来るだけ中途半端な温度にしないようにすることが重要。 変に温かいまま冷蔵庫に入れてしまうと結局ダメになりやすい状態になってしまうので、冷ましてからもできれば金属製の器に入れるか鍋やフライパンのまま冷蔵庫に入れることをおすすめしますが、これが難しい人の方が多いと思いますので、その場合 せめて水が入らないように鍋やフライパンごと水道水で一気に冷ましてから器に入れるようにすると長持ちしやすいです。 また冷蔵庫の中は思ったよりも乾燥しやすい環境なので、 常温とは異なり冷蔵庫に入れる時はしっかりと密閉してから入れることをおすすめします。 もちろん冷蔵庫で保存する場合もどうしても普通の日本で販売されているタイプの豆腐を使うと数時間もすれば豆腐の水分が染み出してきてしまったり、スパイスの香りや辛みが飛んでしまいやすいので味は格段に落ちますし、豆腐が劣化しやすいことには変わりありませんので、長持ちしても2日。 冷蔵庫で保存したとしても3日前の麻婆豆腐ともなると食べないことをおすすめします。 冷凍庫で保存する場合 長持ちさせる目的だけを見てみれば1番長持ちさせることが出来るのがこの冷凍庫で保存する方法。 冷凍してしまうため多少温かいままでもしっかり密閉してさえいれば保存期間中に悪くなることもありませんし、細菌が繁殖することもありませんが、上記しましたように冷凍する場合は豆腐が全く別物になってしまうため、 製作段階の豆腐を入れる前か、豆腐を取り除いて冷凍する必要があります。 もちろん豆腐が入っていない状態で冷凍して保存する場合でも味や香りの劣化は起こりますし、作りなれていなければ豆腐を入れる前で多いかどうかを判断できないこともあるでしょうし、後から豆腐だけ取り除いてもその豆腐は結局すぐ食べてしまう必要があります。 ですがこの方法ですと豆腐がない状態で冷凍した物を別の調味料やスパイスを足して麻婆豆腐ではない別の料理に使ったりすることもできますし、最悪1か月経過した後も美味しくはなくなっていても食べることが出来る状態ではあることが多いため、よほど多く作ってしまってしばらく食べたくない、または何らかの理由でしばらく手を付けられない理由がある時は冷凍してしまうことも検討してみて欲しいです。 殆どの人がカビか臭い、あるいは粘着きやヌメリではダメだと気がつくのですが、 「表面に白い膜が張っているように見える」段階だと油が分離しているだけだと思い食べてしまったり、変化が見受けられないからと 「作ったものをすぐ密閉して完全放置で12時間以上経過」しているものは食べてしまうことがあるかと思いますが、 既にこの段階でもあまり食べることはおすすめできません。 まず「表面に白い膜が張っているように見える」段階は豆腐の水分や蒸気で麻婆豆腐がぬるい水にそこそこの時間漬かっていた状態であったことを示しています。 その為この状態では食中毒を起こす菌や腐敗菌が繁殖しやすく、臭いや味などで変化を感じ取れなくともお腹を壊す恐れがかなりあります。 同様に冷蔵庫に入れていたから、涼しいところにあったから、ちょっと食べても臭いや味、舌触りなどで変化を感じなかったからと言っても麻婆豆腐はこのぐらいで悪くなってしまうこともかなりあるため「作ったものをすぐ密閉して完全放置で12時間以上経過」している場合もあまりおすすめできません。 もちろんこれら2つの状態では絶対に食べられない状態とはまだ言えないのですが、小さなお子様や胃腸が弱い人にとっては胃腸炎の原因となることもあるため、食べる場合にはダメになっている可能性があることだけは覚えておいて欲しいと思います。

次の

麻婆豆腐を冷凍保存する時の方法やコツ!

麻婆豆腐 日持ち

この記事を流し読み• 麻婆豆腐は冷凍保存可能? 残ってしまった麻婆豆腐が後日食べるために冷凍保存をする事は可能です。 ですが、冷凍保存をする上での注意点がありますので、そのポイントをみていきましょう。 まず、豆腐を冷凍保存した経験はありますか? 豆腐を冷凍すると、豆腐の中の水分が凍って、解凍するときに蒸発してしまいます。 つまり、 豆腐に水分がない状態の高野豆腐のようになるのです。 麻婆豆腐も同様で、豆腐以外は問題ありませんが冷凍保存すると豆腐が高野豆腐のような食感になってしまいます。 こうなってしまうと、麻婆豆腐本来の風味ではなくなってしまうので、これが嫌ならば、豆腐だけ抜いて冷凍保存するか豆腐の形がほとんどなくなるぐらいぐちゃぐちゃにして冷凍保存のどちらかで冷凍保存をしてください。 麻婆豆腐の冷凍保存方法 冷凍保存するときは、タッパーかフリーザーバッグを用意しておきましょう。 そして、粗熱がとれた状態の麻婆豆腐の豆腐を抜くまたはつぶして混ぜたら、タッパーかフリーザーバッグにうつします。 フリーザーバッグの場合には空気を抜いておくのをお忘れなく。 また、解凍して食べる際にはタッパーやフリーザーバッグが耐熱の物ならばそのまま電子レンジでチン。 そうでない場合には、食べたいと思う日の前日から冷蔵庫へうつして自然解凍させておくようにしてくださいね。 おすすめは、自然解凍したものを鍋に移す時に新しいお豆腐を加えるという方法です。 冷凍保存期間 最後に冷凍保存した麻婆豆腐がどれくらいもつのかというお話ですが、 目安としては大体1か月程度です。 もちろん、1か月を超えてしまったから、すぐに食べられなくなるというわけではありません。 ですが、1か月を超えてしまうと、冷凍やけをしてしまうことも多く風味がかなり落ちてしまいます。 冷凍保存だとしても出来るだけ早く食べるにこしたことはありませんが、目安は1か月以内と覚えておいてくださいね。 まとめ 麻婆豆腐は冷凍保存が可能ですが、豆腐は冷凍すると高野豆腐のようになってしまうので、冷凍の際には豆腐を抜くまたはつぶすという作業をしてからフリーザーバックやタッパーで冷凍保存してください。 解凍はレンジでもいいですが、自然解凍した麻婆豆腐を鍋で温めながら新しい豆腐を入れた方がより美味しく食べられますよ。 冷凍保存した麻婆豆腐は1か月ぐらい保存できますが、それを超えると冷凍やけして美味しくなくなるので、1か月以内に食べきるようにしてくださいね。

次の