腹部 コンパートメント 症候群。 コンパートメント症候群の予防とケア【いまさら聞けない看護技術】

コンパートメント症候群の原因と症状。急性期と慢性期の治療と手術について

腹部 コンパートメント 症候群

不可逆的な機能障害や壊死であるため、一度起こってしまうと機能改善は望めない• 前腕のコンパートメント症候群の後遺症としてフォルクマン拘縮がよく知られている 好発部位• 上肢:前腕(拳側・橈側・背側コンパートメント)• 下肢:下腿(前方・深後方・浅後方・外側コンパートメント) 発生原因• 前腕:外傷(上腕骨顆上骨折・前腕骨骨折・肘関節脱臼) 不自然な肢位での長時間圧迫など• 下腿:下腿骨折・打撲・強い捻挫・腓骨筋断裂など 術後のコンパートメント症候群• 整形外科領域での術後に、コンパートメント内への術後出血などが原因でコンパートメント症候群をきたすことがある• 過度の手術操作• 骨髄内のリーミング操作(掘る、削るなどの手技のこと)• 筋膜や皮膚に無理な緊張のかかる創閉鎖• 術後早期の患肢下垂は血液やリンパ液の循環を阻害しコンパートメント症候群をきたす誘因となる 臨床症状• 患部の著明な腫脹、水疱• 疼痛の増強• 圧が上昇して障害された筋肉を他動的に伸展すると疼痛が誘発される• 当該神経の知覚・運動障害• コンパートメント内圧計測値が30mmHg以上という状態が持続する(50mmHg以上は緊急手術適応)• 症状が進行した場合、障害されたコンパートメントより末梢での動脈拍動が低下する 治療 経過観察• 神経症状や機能障害がなく、疼痛・腫脹が軽度であれば、慎重な経過観察を行う• 細動脈循環が保たれるように患肢を挙上し、局所の冷却を行う 手術• 障害が起きているコンパートメントを覆う部位の、筋膜切開術を施行し、除圧を図る• 前腕では、屈筋群の筋膜切開と同時に手根管開放を行う• 下腿では、前方・深後方・浅後方・外側コンパートメントの筋膜切開を行う• 開放創のまま減圧をはかる場合、頻回のガーゼ交換や感染予防への配慮が必要となる.

次の

コンパートメント症候群の原因と症状。急性期と慢性期の治療と手術について

腹部 コンパートメント 症候群

概要 下腿コンパートメント症候群とは、下腿の筋肉や血管、神経などが含まれるコンパートメントと呼ばれる一つの空間内の圧力が異常に上昇した状態です。 下腿コンパートメント症候群を発症すると、下肢の痛みや腫脹、麻痺や感覚異常などを呈するようになります。 下腿コンパートメント症候群は、下腿の、のほか大動脈内バルーンパンピングなどの医療行為に関連して発症することがあります。 また長距離ランナーなどは下肢に慢性的な負担をかけているため、比較的緩やかに発症することもあります。 下腿コンパートメント症候群を急に発症した場合、神経障害や血流障害を来たして筋肉が壊死してしまうことがあり、最悪の場合には下腿切断することもあります。 下腿切断に至らなかったとしても、永続的な麻痺を残すこともあります。 また下腿コンパートメント症候群はを併発するケースがあり、腎機能障害を来すこともあります。 こうした重篤な合併症を引き起こしうる下腿コンパートメント症候群では、早期に病態を把握して、適切な治療介入が必要不可欠とされます。 原因 下肢には、足を動かす筋肉、血管、神経などが多く存在しています。 筋肉は筋膜と呼ばれる固い膜で囲まれており、この内部空間のことをコンパートメントと呼びます。 下腿を輪切りにして断面を観察したとき大きく4つのコンパートメントが存在しており、前脛骨筋、腓骨筋群、下腿三頭筋、後脛骨筋の筋肉と付随する血管・神経をそれぞれ含まれています。 コンパートメント内の圧力は一定レベル以下を保っています。 何かしらの原因でコンパートメント内の圧力が過度に上昇することがありますが、筋膜は比較的柔軟性に乏しいため、この力をうまく調節できません。 そのためコンパートメント内で圧力が高まることにより血流障害をおこしてしまい、筋肉や神経などが障害を受けることになります。 コンパートメント内の筋肉が影響を受けるとを発症することがあり、や腎機能障害など致死的な病気や障害を起こしやすくなります。 筋肉や神経の障害の程度が強いと、コンパートメント内の圧力が元に戻った後も、筋肉壊死や拘縮、麻痺や感覚障害などの後遺症を残すことになります。 下腿コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が上がる原因に応じて急性型と慢性型に分けることができます。 急性型 急性型として代表的なものは、やなどのです。 また心臓の手術などに際して大動脈内バルーンパンピングといった処置をとったときに生じることもあります。 また、一部の精神疾患がある方が長時間あぐらをかくことで下肢の血流障害が生じた結果、下腿コンパートメント症候群を発症した例も報告されています 慢性型 慢性的な下腿コンパートメント症候群としては、長距離ランナーなど長期間にわたる下腿使用などがあります。 症状 下腿コンパートメント症候群では、下腿筋肉の痛みや腫れなどが生じるようになります。 この痛みは特に下腿を動かしたときに生じやすいです。 また下腿コンパートメント症候群では神経障害を来すことから、障害部位にピリピリとした痛みなど感覚異常が生じることがあります。 血流障害や組織障害を反映して、皮膚が紫色に変化します。 また下腿コンパートメント症候群では、と呼ばれる筋肉の病気を併発することがあります。 横紋筋融解症を発症すると筋肉内の電解質(主にカリウム)やタンパク質が血液中に放出されてしまうため、致死的なや腎機能障害などを発症する原因になることもあります。 下腿コンパートメント症候群は比較的ゆっくり進行することがあります。 この症候群は、学童期の子どもが体育の時間に無理に走ったことがきっかけで発症することがあります。 下腿コンパートメント症候群では、下腿の腫脹が強くなり痛みも伴うことから、あまり積極的に動きたがらなくなります。 こうした様子が周囲から見ると、怠けていると見なされてしまうこともあります。 下腿コンパートメント症候群を早期の段階で発見・改善しなかった場合、筋肉の 拘縮 こわばり や下腿壊死、麻痺などの後遺症を残すことがあるため、治療後にも車いす生活や杖の使用などを余儀なくされることもあります。 検査・診断 下腿コンパートメント症候群を疑った場合、needle manometer法を実施します。 この方法では検査用の針をコンパートメント内に差し込んで、空間内に異常な圧力がかかっていないか調べます。 下腿コンパートメント症候群では筋肉など組織の壊死の状態や血流障害の程度などを評価するため、レントゲン写真やCT、MRIなど画像検査が行われます。 また、下腿コンパートメント症候群ではを併発していないか調べるため、血液検査にて 電解質 カリウム 、CPKなどの物質を測定して筋肉内の物質が大量に血液中に入り込んでいないか、クレアチニン測定や尿検査などにより腎機能障害を起こしていないかなども、一緒に調べることがあります。 治療 下腿コンパートメント症候群では、急性と慢性とで治療方法が異なります。 急性の下腿コンパートメント症候群 急に下腿コンパートメント症候群が生じたときには、筋膜を切開してコンパートメント内の圧力の逃げ場所を作ります。 下腿コンパートメント症候群が進行して組織が壊死していればその部分の除去、を防ぐために輸液など、それぞれ処置を行います。 慢性の下腿コンパートメント症候群 スポーツなどの繰り返し運動などによる慢性の下腿コンパートメント症候群に対しては、靴を変える、走り方を工夫する、痛み止めを使用する、一時的な休養など、保存的な治療方法が選択されることもあります。 スポーツ選手や学校など環境によっては痛みを訴えることが難しいこともあります。 しかし下腿コンパートメント症候群では休息を取ることも重要な治療となるため、痛みを共有できるような環境整備も必要です。

次の

コンパートメント症候群の原因と症状。急性期と慢性期の治療と手術について

腹部 コンパートメント 症候群

不可逆的な機能障害や壊死であるため、一度起こってしまうと機能改善は望めない• 前腕のコンパートメント症候群の後遺症としてフォルクマン拘縮がよく知られている 好発部位• 上肢:前腕(拳側・橈側・背側コンパートメント)• 下肢:下腿(前方・深後方・浅後方・外側コンパートメント) 発生原因• 前腕:外傷(上腕骨顆上骨折・前腕骨骨折・肘関節脱臼) 不自然な肢位での長時間圧迫など• 下腿:下腿骨折・打撲・強い捻挫・腓骨筋断裂など 術後のコンパートメント症候群• 整形外科領域での術後に、コンパートメント内への術後出血などが原因でコンパートメント症候群をきたすことがある• 過度の手術操作• 骨髄内のリーミング操作(掘る、削るなどの手技のこと)• 筋膜や皮膚に無理な緊張のかかる創閉鎖• 術後早期の患肢下垂は血液やリンパ液の循環を阻害しコンパートメント症候群をきたす誘因となる 臨床症状• 患部の著明な腫脹、水疱• 疼痛の増強• 圧が上昇して障害された筋肉を他動的に伸展すると疼痛が誘発される• 当該神経の知覚・運動障害• コンパートメント内圧計測値が30mmHg以上という状態が持続する(50mmHg以上は緊急手術適応)• 症状が進行した場合、障害されたコンパートメントより末梢での動脈拍動が低下する 治療 経過観察• 神経症状や機能障害がなく、疼痛・腫脹が軽度であれば、慎重な経過観察を行う• 細動脈循環が保たれるように患肢を挙上し、局所の冷却を行う 手術• 障害が起きているコンパートメントを覆う部位の、筋膜切開術を施行し、除圧を図る• 前腕では、屈筋群の筋膜切開と同時に手根管開放を行う• 下腿では、前方・深後方・浅後方・外側コンパートメントの筋膜切開を行う• 開放創のまま減圧をはかる場合、頻回のガーゼ交換や感染予防への配慮が必要となる.

次の