五 等 分 の 花嫁 セックス。 【ネタバレ】五等分の花嫁 39話 『七つのさよなら①』の感想

五等分のやり直し

五 等 分 の 花嫁 セックス

まず 1番人気から順に説明していきます。 三玖は『五等分の花嫁』で1番人気のキャラクター ー『五等分の花嫁』コミックスより 前回の人気投票では、三玖が ダントツの1位です。 そして、『五等分の花嫁』の作者 春場ねぎさんは、インタビューで 「みんなが納得する形で終わらせる」と言っていました。 関連動画: ということは、1番人気の三玖が風太郎と結ばれるとファンは喜ぶだろうと考え、 「三玖エンドになるのかな?」と思っていました。 しかし、伏線を度外視して人気のあるキャラクターと結ばれることをみんなが望んでいるのでしょうか? 僕は違うのではないかと考えています。 風太郎と結婚するとなれば、ファンからの人気よりも 結婚することになる経緯の方が大事です。 なので、 人気がある=結婚相手ということにはなりませんね。 続いて、三玖エンドになると思っていた理由2つ目、 1番最初について! 三玖は転校後1番最初に風太郎を好きになった ー『五等分の花嫁』コミックスより 三玖は、転校後では 1番最初に風太郎を好きになったキャラクターです。 初期の頃は、誰が写真の子なのかが分かっていなかったことに加えて、三玖しか風太郎のことが好きではありませんでした。 なので、推しとしては 「このまま三玖エンドでいいのでは?」と勝手に思っていました。 笑 もし、写真の子が三玖だとすれば、5年前に風太郎に恋をして、そして5年後にまた風太郎を好きになってそのままハッピーエンドという可能性もあったかもしれません。 しかし、実際は写真の子が四葉だったため、三玖にとってはかなり不利な状況であると言えます。 そして、三玖エンドになると思っていた理由3つ目、 1番真剣について! 三玖は1番真剣に風太郎と向き合っている ー『五等分の花嫁』コミックスより 三玖は、5人の中で1番真剣に風太郎と向き合っているように見えます。 しかし、残念ながらその中に 三玖エンドを裏づける伏線がありません。 『五等分の花嫁』は 伏線が緻密という点で他のラブコメとは一線を画しており、その伏線を全て無視して三玖エンドにするとは考えづらいです。 関連記事: ー『五等分の花嫁』コミックスより この告白は「好きです 付き合ってください」という直接的な感じではなかったので、風太郎はその場で返事をする必要はありませんでした。 「私は伝えたよ じゃあ次フータローの番ね」と三玖は言いましたが、風太郎にはいまいちピンときていません。 そして、この時に三玖は 「料理の専門学校に行く」と風太郎に伝えました。 つまり、大学には行かないということです。 風太郎に告白し、さらに大学にも行かないとなると、これは三玖の脱落を示唆していると捉えることもできます。 では、その相手は誰なのかというと 五月です。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 僕は伏線が1番多い四葉エンドになると考えており、五月エンドになる可能性はゼロだと考えていました。 関連記事: しかし、最近は 模試の結果が伏線になっているのではないかと考えています。 ちなみに、模試の判定結果は次のとおりです。 二乃:B判定• 三玖:A判定• 五月:D判定 この結果だけ見ると、食べることにしか興味のない五月が1番頭悪そうに見えます。 二乃が 「受けるとこ選んでるから」と言っているので、受験先が同じではないことが分かります。 ー『五等分の花嫁』コミックスより そして、五月の受験先というのが、 風太郎と同じ大学という可能性も否めません。 なので、風太郎が五月に付きっきりで勉強を教えて、さらに風太郎と同じ大学に行くとなれば、五月の大逆転となります。 では、三玖が花嫁候補として復活する可能性はないのでしょうか? 三玖が花嫁候補復活の可能性はない!? 僕はまだまだ挽回できると考えています。 『五等分の花嫁』作者へのインタビューで、単行本8巻の時点で 「すでに折り返しが過ぎている」と言っていました。 しかし、最近『五等分の花嫁』の編集者が 「2019年では終わらない」というコメントを残しています。 関連記事: 僕は2019年で終わると思っていたので、 伏線が1番多い四葉で決定だと思っていました。 しかし、まだまだ続くとすれば恐らく 大学生編も描かれることになるはずです。 ここで一度リセットされると正直、もうどうなるのかが分かりません。 笑 逆に言うと、四葉ではなく三玖を含めて他のキャラと結ばれる可能性も出てきます。 完全に脱落したと思っていた一花と結ばれる展開が描かれる可能性も否定できません。 笑 『五等分の花嫁』の連載が続くことは嬉しいですが、その結果ストーリーが薄くならないことだけを祈っています。 キャラクター別の可愛いシーン・名セリフランキングも併せてご覧ください。 もしアニメ1期を観たくなったという方は、是非第2期が放送される前にご覧ください! アニメも先程紹介したで視聴できます。 の 特徴は次のとおりです。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! なら登録してから 31日間無料で楽しむことができます! あまり大きい声では言えませんが、目当てのアニメなどを観た後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。 『五等分の花嫁』の マンガを無料で読む方法を知りたい方は、関連記事をご覧ください。

次の

【ネタバレ】五等分の花嫁 38話 『リビングルームの告白』の感想

五 等 分 の 花嫁 セックス

五等分の花嫁の結婚相手が五月で決定!? 上杉風太郎の結婚相手は五月であることがおそらく決定していましました…。 根拠は五等分の彼女の原作漫画第77話です。 9巻に収録されています。 第77話では、零奈が五月であることを証明する描写がされました。 『零奈=五月』であることが確定したわけです。 正確には大人になってから会った零奈が樹であることが確定しました。 仮に、零奈が結婚相手だとするならば、五等分の花嫁の結婚相手は五月で決まりです。 ただ、どうやらもう少し謎がありそうです。 77話では、「こんなことどう説明すれば」と五月がつぶやいていたことから、単に大人になってからであった風太郎と零奈が子供の頃に出会った「零奈」と同一人物とは限りません。 ともすれば、まだ五月とも考えられないんじゃないか?というのが私見です。 ただ、かなりの確率で最終回の結婚相手は五月になるでしょう。 五等分の花嫁の結婚相手が五月以外の可能性は? まず、漫画の描写としては、結婚式に参加している五つ子のメンバーの中で唯一敬語で話している人がいません。 五月は敬語で話しますから、少なからず五月のセリフはなかったと考えられます。 また、アニメの描写としては、結婚式で描かれている髪の毛の色がピンクであったことからも四葉は除外されそうです。 というのも、アニメの変装の描写はすべて髪の色が変わっていないからです。 四葉は五つ子の中でも唯一ピンクがかってない髪の毛ですので、四葉でないことが確定してしまいました。 ただ、一方で四葉が最後の結婚相手なんじゃないかという予想も数多くされています。 実際私は、小さい頃に風太郎を変えるきっかけとなった零奈は四葉だと思っています。 それは四葉だけが風太郎に対する恋心を持った描写がされておらず、「上杉さんの味方」「上杉さんがすごい人だってみんなに知って欲しかっただけなのに」などと以前から風太郎を知っていたかのようなコメントが描写されていることから、小さい頃の零奈は四葉なのではないかと予想できることからです。 ちなみに、77話では五月が風太郎に対して自分の秘密を打ち明けようとした際に邪魔をする(邪魔とは捉えられていませんが)描写もされています。 そういった理由から四葉は除外できます。 また、二乃と三玖は既に風太郎に告白をしており、ラブコメの王道から考えると先に告白した方が負けるという可能性が高いです。 また、二乃は風太郎の過去の姿(金髪悪ガキ)を知らないため、間違いなく零奈ではありません。 三玖は五等分の花嫁の中でも一番人気なので、繰り上げ当選!もあるかもしれませんが作者コメントで、誰にするかは決めてあるという発言があったことからも途中で結婚相手を変更することはなさそうです。 五等分の花嫁の結婚相手はやはり五月? 仮に最初から決めているとすると、やはり五月の可能性が高いです。 というのも、一巻の表紙では五月がメインで書かれています。 漫画というものは水物で人気作にならなければすぐに打ち切られてしまうものです。 そのような傾向から、ラブコメ漫画は最終ヒロインが誰かを一巻の表紙で出してしまうことが多いんです。 その方がインパクトを与えられるからです。 もちろん途中で結婚相手を変更するいちご100%のようなケースもなきにしもあらずですが、基本的にはラブコメの王道をいく漫画のように思えます。 以上のような考え方で行くと、やはり五月が最後の結婚相手になりそうですね。 ちなみに、一花については、現在完全闇落ち中です。 いろいろ卑怯な方法でライバルである五つ子たちを蹴落してしまっています。 それだけ風太郎のことを独占したいという想いの強さを意図しているのでしょうが、最後に結婚相手になる人をここまで悪い面を見せることは通常であればしないでしょう。 噛ませ犬感がスゴイ出ています。 以上、『五等分の花嫁の結婚相手が五月で決定! 根拠は原作第77話 9巻参照。 』の記事を紹介させていただきました! さいごまでお読みいただきありがとうございました。

次の

五等分のやり直し

五 等 分 の 花嫁 セックス

五等分の花嫁 『 五等分の花嫁』( ごとうぶんのはなよめ)は、 春場ねぎによる日本の 少年漫画。 『 週刊少年マガジン』2017年8号に読み切りとして掲載。 後に読者アンケートの結果を受け、『 週刊少年マガジン』にて2017年36・37合併号より連載開始[2]。 1人の男子高校生が五つ子の女子高生の家庭教師を務めるというラブコメディで[3]、五つ子のうちの1人との結婚を控えた主人公が高校時代を回想する形で描かれる。 単行本の累計発行部数は2019年1月時点で200万部を突破している[4]。 結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。 当時、高校2年生の 風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。 ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。 しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。 その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。 風太郎の仕事は、五月を含む五つ子姉妹に勉強を教え、全員を高校卒業まで導くというものだった。 落第寸前の成績であるにもかかわらず勉強する意欲すら見せない5人に頭を抱える風太郎だったが、夏祭りなどを通して五つ子と交流する中で、はじめから比較的協力的だった四女・ 四葉に加え、三女・ 三玖と長女・ 一花の信頼を勝ち取ることに成功する。 だが、次女・ 二乃と五女・ 五月の協力は得られないまま、風太郎が家庭教師に就いて初となる中間試験を迎える。 テストの結果は前回より上昇していたものの、赤点は避けられなかったため、家庭教師を続ける条件として5人全員が赤点を回避することを課されていた風太郎は、5人にアドバイスを残し去ろうとする。 しかし、それまでは非協力的だった二乃が風太郎を庇って嘘の報告を父親にしたことで、ひとまず家庭教師を続けられることになる。

次の