カンパーニュ 食べ 方。 カンパーニュの簡単レシピ捏ねない作り方 焼き方のポイント

カンパーニュのオススメ食べ方レシピ!

カンパーニュ 食べ 方

映画『しあわせのパン』はご存知でしょうか? 2012年に公開された原田知世、大泉洋主演で、北海道の洞爺湖町を舞台した映画。 夫婦が経営するパンカフェにやってくるお客さんとのさまざまな人間模様が描かれていました。 映画の名シーン(自分が勝手に言っている)で大泉洋が「カンパーニュが焼けました!」とカンパーニュを運んでくるシーンが強く印象に残っています。 現に自分も映画を見たあとに急にカンパーニュを夢中になって、試作し始めたものです。 上記の画像が映画に影響されて試作したカンパーニュです!カンパーニュなどのハード系をいっぱい焼いて並べるだけでうれしくなってしまいます。 田舎という意味でもこんな素敵なパンは、さすがフランスだと思います。 天然酵母のパンを売りにきたおばあちゃんが田舎からやってきたということに由来するんだそうです。 カンパーニュの特徴はクラストが厚めで香ばしくて、クラムは大小さまざまな気泡が入って、もっちりとした味わいです。 基本的には丸型となっていて、バヌトンと呼ばれる丸いかごに手粉をふりかけて焼き上げているので円状の模様ができているのです。 丸型以外にもお店によってはラグビー型などもあります。 カンパーニュの基本配合 使用する原材料は、基本的にはリーンな配合で小麦粉、ライ麦粉、塩、イースト、モルトですが、ルヴァンや天然酵母などを使用してこだわりを表現しているパン屋さんが多いです。 ルヴァンや天然酵母を入れることで、長時間発酵させて熟成させ、酸味のある味わいを出すのです。 カンパーニュの食べ方 カンパーニュはスープとの相性が抜群です。 シチューなどのクリームソース系よりもポトフなどの野菜がたっぷり入ったスープ系がカンパーニュには合います。 カンパーニュにはライ麦も入っているため、ずっしりしていてパサつく食感のため、薄くスライスしてパンとパンの間に具材を挟めて食べたり、ジャムやパテなどを塗って食べることをオススメします。 パンは日持ちしない食べ物ですし、カンパーニュのように劣化は特に早い物は、思い切って具材をたっぷり乗せて焼き上げたタルティーヌなんてのもいいんじゃないでしょうか? 翌日以降のカンパーニュを美味しく食べるには、霧吹きをしてから温まったオーブントースターで2~3分焼き上げると美味しく食べることができます。 保管に関しては、過去記事『 』を参照してください。 最後に カンパーニュを焼く時に使用しているかごは、 バヌトンと言います。 1,000~2,000円代といい値段はしますが、カンパーニュ作りには必要な道具です。 家庭でパン作りを楽しんでいる方は、100均でザルやかごなど使っているようですが、用途が違いますので壊れやすかったり、湿度を含むことでカビの原因になったりしますので、取扱には十分に注意してください。 専門的な道具バヌトンの方が発酵後のかごからも取りやすいし、手入れをすれば間違いなく長く使用できます。

次の

カンパーニュの簡単レシピ捏ねない作り方 焼き方のポイント

カンパーニュ 食べ 方

【材料】• スライスベーコン(長いもの) 6枚ぐらい• 鶏レバー 100g• A豚ひき肉 300g• A塩胡椒 適量• Aオールスパイス 大1~2• ブランデー 大さじ1• ピスタチオ(粗みじん切り) 適量• 熱湯 適量 【作り方】• 玉ねぎと血抜きした鶏レバ-を粗みじん切りにして炒め、粗熱をとる• テリーヌ型を縦に置き、ベーコンを型の両側に垂れるように敷き込む• 1に材料Aを加えよく混ぜる• ピスタチオと香りづけのブランデーも混ぜこむ• ベーコンを敷いた型に肉生地を入れ、ベーコンを折り返し成型する• ローリエを乗せアルミホイルで包む• バットに型をおき熱湯を張り、160度のオーブンで60分湯煎焼きする• 粗熱が取れたらアルミホイルの上に重石を乗せ、冷蔵庫でひと晩冷やす 【材料】• スパム 1缶340g• 豚ひき肉 360g• ゼラチン 7g• ホワイトペッパー 少々• 卵 1個• ピクルス 適量• マスタード 適量• 好みのハーブ 適量 【作り方】• スパム1缶を開け、中身を取り出し手で握り潰すようにほぐす• 豚ひき肉を加えてよく混ぜる• 2 にゼラチン・ホワイトペッパー・卵も加えてさらに混ぜ込む• 出来上がった生地を隙間なく型に敷き詰め、表面を平らに整える• クッキングシートとアルミホイルをかぶせて蓋をする• 水を張った天板に乗せ220度のオーブンで40分、中心温度が65度以上になるまで焼く• 焼きあがったら取り出し天板に氷を入れて粗熱を取る• 冷蔵庫で3時間ほど冷やして生地をなじませる• 薄く切って、ピクルス・マスタード・ハーブなどを添えて盛り付ける.

次の

『美郷町の老舗フレンチ…『ラ カンパーニュ』』by anima80 : ラ・カンパーニュ

カンパーニュ 食べ 方

シンプルなバゲットもおいしいけれど、フランスパン熱が高まるにつれ、パン・ド・カンパーニュ(pain de campagne)の魅力にとりつかれる方が多いようです。 カンパーニュとは「田舎」のことなので、パン・ド・カンパーニュとは「田舎パン」のこと。 フランスの中でも都会であるパリで生まれたバゲットと違い、各地方で古くから愛されてきた日常のパンがパン・ド・カンパーニュです。 パン・ド・カンパーニュは、ライ麦粉や全粒粉が入っていたり自家製の発酵種を用いていたり、素朴な味わいが特徴です。 決まりがないので、パン職人のこだわりや技の見せどころでもあります。 パリで食事をしていて気がついたのですが、人気のビストロで出てくるパンは、バゲットではなくパン・ド・カンパーニュであることが多いです。 茶色かったり酸味があったり、そのままだとちょっとクセがあるパンですが、料理と合わせると味わい深く、料理の印象を強めてくれます。 繊細な料理にはプレーンなバゲットを、ガツンとした力強い味わいの料理にはパン・ド・カンパーニュを、と使い分けてみるのも良いでしょう。 家庭で気軽にたのしむなら、まずはタルティーヌがおすすめです。 ワインが進む大人のタルティーヌは、おもてなしにもいいですね。 チーズと具材の組み合わせについて ハムやサラミ、チーズとフルーツをカッティングボードに盛り合わせて、スライスしたパン・ド・カンパーニュを添えるだけ。 ホームパーティーではタルティーヌとして完成させなくてもいいのです。 タルティーヌが握り寿司だとすれば、このおつまみプラトーは手巻き寿司です。 フレッシュなチェリーの味わいにさらにチェリージャムを合わせることで、カマンベールとの味わいが調和します。 パンにはたっぷり無塩バターを塗って、ももハムにはディジョンマスタードをアクセントに添えるのがおすすめ。 仕上げに黒こしょうをかけると、大人っぽい味わいにまとまります。 初夏によく冷えたスパークリングワインや白ワインとたのしみたい組み合わせです。 <おすすめセットB>(写真下) ブルーチーズと生ハムとぶどうとナッツのはちみつ漬け しっかりした塩味と特有の深い味わいが魅力的なブルーチーズをメインに、生ハム、生サラミ、ぶどうとレーズン、ナッツのはちみつ漬けを組み合わせます。 ブルーチーズとはちみつは甘塩っぱさのコントラストがクセになる鉄板の組み合わせ。 ここにナッツの香ばしさが合わさることで、深みが出ます。 生ハムとぶどうにはブルーチーズをアクセントとして少量合わせるのが良いでしょう。 フレッシュなぶどうのジューシー感と、レーズンの凝縮した甘みを同時に合わせても美味。 秋の夜長に赤ワインとたのしみたい組み合わせです。

次の