護身 用 スタンガン。 TMM ティエムエム 護身用スタンガン マグナム-Xバトン・L 130万ボルト/S

国内最強!TITAN

護身 用 スタンガン

所有と所持の違い 所有:自分のものとして有すること 所持:身につけて持ち歩くこと この通り、所有と所持は明らかに違いますね。 所有はスタンガンを購入すれば、それを家に置いていても店舗に備えても、自分のものとして所有することになります。 所持は、実際にスタンガンを身につけていることです。 ホルスターを利用して腰に下げたり、クルマのトランクに入れていたり、カバンやポケットに入れていたりすると所持していることになります。 スタンガンの所有は合法 スタンガンの所有は合法です。 スタンガンを自分のものとして有することは、法律に一切触れません。 スタンガンそのものが違法であれば当然ながら堂々と販売できるはずもありませんね。 従って、自宅に備える、店舗や事務所に備える、など外で持ち歩かない場合は完全に合法となります。 スタンガンの所持は微妙 スタンガンの所持とは、実際に身につけて外を出歩くことを指します。 このとき、法律に触れる恐れがあります。 それが軽犯罪法です。 軽犯罪法は、私たちの身の回りの生活における様々な細かいルールを規定した法律で、その中に「正当な理由なく武器などを持ち歩いてはならない」という項目があります。 そして、スタンガンの所持に対して「正当な理由もなく武器を持ち歩いているのでは?」という疑いがかけられるわけです。 軽犯罪法とスタンガンの実際問題 軽犯罪法には「正当な理由なく武器などを持ち歩いてはならない」とされてます。 それでは具体的に「正当な理由」と「武器など」について考えてみましょう。 命を守るほど正当な理由はないはずなのに 私たちが自分の命を守るためにスタンガンを所持することは正当な理由ではないのか?自分の命を守るという理由以上に正当な理由などあるのでしょうか?考えればわかることですね。 しかし残念ながら、警察の答えは「NO」です。 警察の立場はあくまで、未来の被害者に自衛の手段を認めることではなく、未来の犯罪者を取り締まることです。 だから答えは当然NOなのです。 警察は信じられないことに「あなたが自分の身を守ることは正当ではない」と言います。 なぜなら犯罪は全て未然に警察が防いでいるから?冗談でしょう?警察によると、私たちはどんなに危険を感じても丸腰でいるべきであり、襲われれば抵抗手段もないまま110番すれば済み、犯罪被害に遭いながら私たちは10分から15分待つべきだと言います。 皆さんはどう思いますか?もし一瞬でも警察の考えに賛成を覚えたなら、あなたは自分の奥さんや娘さんがストーカー被害にあっていても、同じことを言えますか? スタンガンは武器なのか 軽犯罪法でいう武器とは、具体的には「鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具」と記述されています。 スタンガンは果たしてこれに該当するのでしょうか。 スタンガンは相手に電気を流して動けなくさせますが、至って安全な護身具です。 電流は人体に安全であり、相手に怪我させたり後遺症を残したりすることはありません。 この安全であるスタンガンは、果たして重大な害を与える武器なのでしょうか。 これも、実際問題としてスタンガンの安全性などは論じられず、残念ながら警察は「危険な武器である」とみなします。 やはり悪用事例があるから、警察としては取り上げたい、ただそれだけが目的ということです。 2分される考え方 冒頭でも申し上げたとおり、当店のような護身用品専門店では「スタンガンがあったおかげで助かりました」という声が聞かれる一方で、事件としてニュースになるような悪用事件も発生しています。 護身用品を持っていて良かった 助かったという人は、もしスタンガンがなかったらどうなっていたのだろうと恐怖を覚え、スタンガンを持っていて良かったと言います。 スタンガンで救われたのだし、スタンガンがなければ最悪の場合命を落としていた可能性もあるわけですから当然です。 護身用品なんかなくなってしまえばいい 悪用されたというニュースだけを見る人は、スタンガンなんか取り締まってしまえばいい、なくなってしまえばいい、と考えます。 (スタンガンがなくなれば犯罪がなくなるとは到底思えませんが。 )これもニュースだけを見た偏った考えではありますが、わからなくもないですね。 このように、スタンガンの所持については賛否両論です。 そして、スタンガンの所持に関する唯一の法律である軽犯罪法は、犯罪被害者の味方にはなってくれません。 最後は自分の判断 スタンガンの所持(持ち歩き)は軽犯罪法に抵触する可能性があります。 なぜなら「自分の命を守るため」という理由が正当ではないし、「だれにも怪我させない安全なスタンガン」はとても危険な武器だからというわけです。 説明してて頭が混乱してきました。 でもこれが今の社会の現実です。 だから、ひとつだけ自分に問いかけてみてください。 犯人と一対一で対峙して、凶器の餌食になるそのときに、あなたは丸腰でいたことが正しかったと納得できますか?納得できない理由でスタンガンの所持を制限する軽犯罪法を守ってて良かったと、本当に心から思えますか? では質問を変えてみましょう。 しかし、スタンガンがあったから助かったという声を実際にいただくことも事実です。 こういった方々は、スタンガンを所持していなかったらどうなっていたのでしょう。 そう考えると心底恐ろしくなります。 身の危険を感じる、周辺の治安が悪化した、知人が危険な目に遭ったなど、スタンガンを必要と感じるきっかけは人それぞれです。 しかし、そうやって自分の安全について真剣に考えたときこそ、護身用品が必要なタイミングです。 火事なんて一生起きないかもしれないけど、私たちは消火器を備えます。 外出も同じ。 何も起こらなければそれで良いが、何かあったときに対処できるかが一番大切な問題なのです。 さらに、もし警察にスタンガンが発見されても「住所や氏名が不明の場合」や「犯罪の捜査をするために出頭を求められ、正当な理由がなく出頭に応じない場合」や「逃走の恐れがある場合」に該当しなければ警察も逮捕ができません。 もし警察にスタンガンの所持について質問されたら、警察の質問や要請には素直に応じ、逃げるようなことをしなければ逮捕もありませんし、前科も前歴も付きません。 参考: 何よりも大事な命です。 もっと真剣に、現実的に、護身用品の所持の効果とリスクを考えて、後悔のない判断をしてください。 こんにちは 私はあなたと同じ考えをしています 護身用の道具の所持が法に触れるとは思ってもいませんでした。 自分の命を守るための道具の所持が罪にかけられるなんておかしい話です。 誰かに襲われれば呆然と襲われなさいということなのでしょうか?? 護身用の道具は全て身を守るために作られているんですよね、なのに携帯することが出来ないとは本当に真っ向からバカげた話です。 逆に護身用具を持っていない人は何を考えているのでしょうか?もしものために非常食を置いていたり、何かがあった時のための貯金とかもしていないのでしょうか!? 自分のことを誰かが守ってくれるといういかれた理論をしているのでしょうね 誰かに襲われたときに自分を守ってくれるボディーガードが急に出てくるとでも思っているのでしょうか? 相手に近づかないといけないとか防犯ブザーを持っていた方がいいとか言っている人がいますが全く持って意味が分かりません、攻撃が目的ではありませんからそもそも近づこうなんてしません、相手に当てられる程の距離になる場合のことは何も考えていなさそうですね。 田舎という存在を知らないのでしょうか?あたりに人気がないところを歩いたことがないのでしょうか? 防犯ブザーが鳴ったところでどうなるんですか?危険が何かを知らない人ですね。 事件は突発に起きる場合もあります。 酔ったものや薬をしている者、誰かに迷惑をかけるものが殴り掛かってきたときに、そのパンチが顔に届くまでに通報が出来て警察が来るのでしょうか? 護身用のものを持っているのがおかしいなんてもってのほか、持っていない人はどうするおつもりなんでしょうね。 護身用具持ってたぐらいで身の安全は保障されません。 持っていても危険なのです。 店長の白石さんの記事はすごく共感できました。 本当に危険なときに自分を守るのは自分しかいない、そんなときに法なんて気にしていられないというのが正直な感想ですね コメントありがとうございます。 正しくは、護身用品の所持は法に触れるではなく、触れる恐れがあるですね。 当店のお客様は、法に触れる恐れの回避よりも、自分の命を守る事を優先されています。 当然のことだと思っています。 防犯ブザーなどの防犯グッズの価値も否定はしませんが、当店が最も重視しているのは、孤立無援の環境で相手と一対一になった時に、自分だけの力で自分の命を守ることです。 そのためには当店のような護身用品が絶対に必要です。 軽犯罪法は解釈が微妙ではありますが、拉致や連れ去り、強盗などの被害者を減らすため、護身用品はなくてはならないと考えております。 警察への110番が無力という考えではありませんが、警察が到着するまでの孤立無援のとき、自分の命を守るために護身用品をお勧めしております。 コメントありがとうございました。

次の

暴漢から身を守る!護身用スタンガン機能付きiPhoneケース『Yellow Jacket iPhone 6/6s(7&8にも対応) case』登場|株式会社PODのプレスリリース

護身 用 スタンガン

一般的なスタンガンへの疑問• スタンガンは電圧が高ければ威力が強いの?• 威力の強いものを選ぶ時はどうしたらいいの?• 威力が強いと危険なの? 今回は、誤解や思い込みの多いスタンガンの威力について、専門店として正確に説明します。 スタンガンのスパークと感電ショック スタンガンの効果には、相手に見せて威嚇する「スパーク」と、相手に当てて電気ショックを与える「感電」があります。 (感電についてはをご覧ください) (動画はプロも使用する本物の護身用スタンガン130万Vを試す店長の白石) 護身とは失敗の許されない一度きりの反撃です。 万が一の時に自分の身を守るための反撃は、徹底的な威力を持って、確実に行うべきです。 スタンガンを含め、護身用品には「初心者用だから弱めのものを」という理屈はまったく通用しません。 初心者や弱い人ほど、反撃は一度で確実に成功させる必要があり、威力の高いものが必要です。 威力が強過ぎると使用者も危険なのでは?という質問が多く寄せられますが、それは間違いです。 護身用品は可能な限り威力の強いものが良いという事を理解して下さい。 ユーザーを振り回す無知な販売店の極端なPR姿勢 2004年のKSP運営開始当時、スタンガンの性能を表す数値は電圧だけでした。 スタンガンには電圧しか表示がなく、ユーザーは電圧の情報しか得られませんでした。 (現在でもこのようなスタンガンは市場にあふれていますが) 当時、スタンガンの威力の程度は電圧がすべてと思われていました。 人体にとって肝心な電流値が無視されていたのは大問題です。 KSPはスタンガンの電圧至上主義に危機感を感じ、電流値の重要性を訴えた最初の販売店です。 今でこそ「スタンガンは電圧が全てではない」という考え方が主流になっています。 私は電気関係の専門職で様々な電気回路の設計をしていましたので、電圧と電流の密接な関係を知っていましたが、従来の販売店ではそこまで理解できてなかったのは仕方ないと思います。 現在では様々な販売店が「スタンガンは電流値も重要」と説明しています。 電流値の重要性を訴えてきて、それが業界での常識となり、私としても嬉しく思います。 (一部の販売店では「電流が全て」のような極端な説明も見受けられます。 電気の基礎を理解していないのでしょう。 過去の電圧至上主義といい、現在の電流至上主義といい、全く困ったものです。 ) スタンガンの威力の目安は? スタンガンにはその威力と性能を判断するための様々な仕様データがあります。 出力電圧• 出力電流• 出力周波数• 消費電力• 使用時の電池消耗のレベル(電池寿命)• 待機時の電池消耗のレベル(自然放電での消耗) スタンガンは電気回路の塊です。 上記以外にも沢山の電気的データは存在しますが、ユーザーとしてスタンガンの威力を判断し、性能を理解するためには、最低でもこれだけのデータが公開されていなければなりません。 業務用やプロも使うようなハイレベルなスタンガンであればなおさらです。 業務用の場合、逆に上記のような仕様がなければ採用の検討対象にならないばかりでなく、全く論外の(意味のわからない)スタンガンと判断されます。 まあ当然ですよね。 この中で、スタンガンの威力を判断するために特に重要なのが電流と電圧です。 スタンガンの威力を判断できるのは、電圧だけでも電流だけでもありません。 スタンガンの威力は電圧と電流どちらも大事なのです。 同じ電流値であれば電圧の高いほうが威力が強いと判断してください。 電流値の仕様表記は本物のスタンガンとして最低限必須です。 電流値が高いと危険 電流値ははたしてどれくらいが安全なのでしょうか。 綿密に設計されたスタンガンは電流値も緻密にコントロールされています。 それは電流値こそが人体に致命的なダメージを与える可能性を持っているからです。 一般的に人体生命を守るための電流値限界は5mAです。 そのため当店のスタンガンは全て5mA以下に抑えてあります。 もし5mA超えると、万が一の時に最悪の結果を招く恐れがあります。 スタンガンを購入する時は電流値の確認は当然ですが、異常に高い数値でないかも確認が必要です。 いくら正当防衛とはいえ、相手に後遺症を与えたり死亡させるわけにはいきません。 性能を異常に高くPRしているスタンガンを見かけたら、それは相手を殺しかねないとんでもないスタンガンか、誇大表示かのどちらかです。 最近の「電流至上主義」に十分にご注意下さい。 実際に店長が感電した動画 これは私が業務用スタンガン90万Vを脇腹に当てた時の動画です。 (フジテレビで全国放送され、ダウンタウンからいじられて笑われていましたが、真剣な実験でした。 ) この時はスタンガンを自分で持っていたので、電気ショックの直後にスタンガンをはなしてしまいました。 接触時間は0. 5秒か、それ以下でしょう。 それでもこれほどの威力を発揮するのが本物の護身用スタンガンなのです。 スタンガンの威力の判断は、身を守るために最も大切な要素です。 護身用品の業界は、なぜかすぐに偏った見方が主流になり、間違ったPRが溢れてしまいます。 本当に身を守りたい方は、冷静に判断し間違いのない本物の護身用スタンガンを選んで下さい。 信頼できる本物の護身用スタンガンはこちらです。

次の

知らないと損をする スタンガンの真実

護身 用 スタンガン

所有と所持の違い 所有:自分のものとして有すること 所持:身につけて持ち歩くこと この通り、所有と所持は明らかに違いますね。 所有はスタンガンを購入すれば、それを家に置いていても店舗に備えても、自分のものとして所有することになります。 所持は、実際にスタンガンを身につけていることです。 ホルスターを利用して腰に下げたり、クルマのトランクに入れていたり、カバンやポケットに入れていたりすると所持していることになります。 スタンガンの所有は合法 スタンガンの所有は合法です。 スタンガンを自分のものとして有することは、法律に一切触れません。 スタンガンそのものが違法であれば当然ながら堂々と販売できるはずもありませんね。 従って、自宅に備える、店舗や事務所に備える、など外で持ち歩かない場合は完全に合法となります。 スタンガンの所持は微妙 スタンガンの所持とは、実際に身につけて外を出歩くことを指します。 このとき、法律に触れる恐れがあります。 それが軽犯罪法です。 軽犯罪法は、私たちの身の回りの生活における様々な細かいルールを規定した法律で、その中に「正当な理由なく武器などを持ち歩いてはならない」という項目があります。 そして、スタンガンの所持に対して「正当な理由もなく武器を持ち歩いているのでは?」という疑いがかけられるわけです。 軽犯罪法とスタンガンの実際問題 軽犯罪法には「正当な理由なく武器などを持ち歩いてはならない」とされてます。 それでは具体的に「正当な理由」と「武器など」について考えてみましょう。 命を守るほど正当な理由はないはずなのに 私たちが自分の命を守るためにスタンガンを所持することは正当な理由ではないのか?自分の命を守るという理由以上に正当な理由などあるのでしょうか?考えればわかることですね。 しかし残念ながら、警察の答えは「NO」です。 警察の立場はあくまで、未来の被害者に自衛の手段を認めることではなく、未来の犯罪者を取り締まることです。 だから答えは当然NOなのです。 警察は信じられないことに「あなたが自分の身を守ることは正当ではない」と言います。 なぜなら犯罪は全て未然に警察が防いでいるから?冗談でしょう?警察によると、私たちはどんなに危険を感じても丸腰でいるべきであり、襲われれば抵抗手段もないまま110番すれば済み、犯罪被害に遭いながら私たちは10分から15分待つべきだと言います。 皆さんはどう思いますか?もし一瞬でも警察の考えに賛成を覚えたなら、あなたは自分の奥さんや娘さんがストーカー被害にあっていても、同じことを言えますか? スタンガンは武器なのか 軽犯罪法でいう武器とは、具体的には「鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具」と記述されています。 スタンガンは果たしてこれに該当するのでしょうか。 スタンガンは相手に電気を流して動けなくさせますが、至って安全な護身具です。 電流は人体に安全であり、相手に怪我させたり後遺症を残したりすることはありません。 この安全であるスタンガンは、果たして重大な害を与える武器なのでしょうか。 これも、実際問題としてスタンガンの安全性などは論じられず、残念ながら警察は「危険な武器である」とみなします。 やはり悪用事例があるから、警察としては取り上げたい、ただそれだけが目的ということです。 2分される考え方 冒頭でも申し上げたとおり、当店のような護身用品専門店では「スタンガンがあったおかげで助かりました」という声が聞かれる一方で、事件としてニュースになるような悪用事件も発生しています。 護身用品を持っていて良かった 助かったという人は、もしスタンガンがなかったらどうなっていたのだろうと恐怖を覚え、スタンガンを持っていて良かったと言います。 スタンガンで救われたのだし、スタンガンがなければ最悪の場合命を落としていた可能性もあるわけですから当然です。 護身用品なんかなくなってしまえばいい 悪用されたというニュースだけを見る人は、スタンガンなんか取り締まってしまえばいい、なくなってしまえばいい、と考えます。 (スタンガンがなくなれば犯罪がなくなるとは到底思えませんが。 )これもニュースだけを見た偏った考えではありますが、わからなくもないですね。 このように、スタンガンの所持については賛否両論です。 そして、スタンガンの所持に関する唯一の法律である軽犯罪法は、犯罪被害者の味方にはなってくれません。 最後は自分の判断 スタンガンの所持(持ち歩き)は軽犯罪法に抵触する可能性があります。 なぜなら「自分の命を守るため」という理由が正当ではないし、「だれにも怪我させない安全なスタンガン」はとても危険な武器だからというわけです。 説明してて頭が混乱してきました。 でもこれが今の社会の現実です。 だから、ひとつだけ自分に問いかけてみてください。 犯人と一対一で対峙して、凶器の餌食になるそのときに、あなたは丸腰でいたことが正しかったと納得できますか?納得できない理由でスタンガンの所持を制限する軽犯罪法を守ってて良かったと、本当に心から思えますか? では質問を変えてみましょう。 しかし、スタンガンがあったから助かったという声を実際にいただくことも事実です。 こういった方々は、スタンガンを所持していなかったらどうなっていたのでしょう。 そう考えると心底恐ろしくなります。 身の危険を感じる、周辺の治安が悪化した、知人が危険な目に遭ったなど、スタンガンを必要と感じるきっかけは人それぞれです。 しかし、そうやって自分の安全について真剣に考えたときこそ、護身用品が必要なタイミングです。 火事なんて一生起きないかもしれないけど、私たちは消火器を備えます。 外出も同じ。 何も起こらなければそれで良いが、何かあったときに対処できるかが一番大切な問題なのです。 さらに、もし警察にスタンガンが発見されても「住所や氏名が不明の場合」や「犯罪の捜査をするために出頭を求められ、正当な理由がなく出頭に応じない場合」や「逃走の恐れがある場合」に該当しなければ警察も逮捕ができません。 もし警察にスタンガンの所持について質問されたら、警察の質問や要請には素直に応じ、逃げるようなことをしなければ逮捕もありませんし、前科も前歴も付きません。 参考: 何よりも大事な命です。 もっと真剣に、現実的に、護身用品の所持の効果とリスクを考えて、後悔のない判断をしてください。 こんにちは 私はあなたと同じ考えをしています 護身用の道具の所持が法に触れるとは思ってもいませんでした。 自分の命を守るための道具の所持が罪にかけられるなんておかしい話です。 誰かに襲われれば呆然と襲われなさいということなのでしょうか?? 護身用の道具は全て身を守るために作られているんですよね、なのに携帯することが出来ないとは本当に真っ向からバカげた話です。 逆に護身用具を持っていない人は何を考えているのでしょうか?もしものために非常食を置いていたり、何かがあった時のための貯金とかもしていないのでしょうか!? 自分のことを誰かが守ってくれるといういかれた理論をしているのでしょうね 誰かに襲われたときに自分を守ってくれるボディーガードが急に出てくるとでも思っているのでしょうか? 相手に近づかないといけないとか防犯ブザーを持っていた方がいいとか言っている人がいますが全く持って意味が分かりません、攻撃が目的ではありませんからそもそも近づこうなんてしません、相手に当てられる程の距離になる場合のことは何も考えていなさそうですね。 田舎という存在を知らないのでしょうか?あたりに人気がないところを歩いたことがないのでしょうか? 防犯ブザーが鳴ったところでどうなるんですか?危険が何かを知らない人ですね。 事件は突発に起きる場合もあります。 酔ったものや薬をしている者、誰かに迷惑をかけるものが殴り掛かってきたときに、そのパンチが顔に届くまでに通報が出来て警察が来るのでしょうか? 護身用のものを持っているのがおかしいなんてもってのほか、持っていない人はどうするおつもりなんでしょうね。 護身用具持ってたぐらいで身の安全は保障されません。 持っていても危険なのです。 店長の白石さんの記事はすごく共感できました。 本当に危険なときに自分を守るのは自分しかいない、そんなときに法なんて気にしていられないというのが正直な感想ですね コメントありがとうございます。 正しくは、護身用品の所持は法に触れるではなく、触れる恐れがあるですね。 当店のお客様は、法に触れる恐れの回避よりも、自分の命を守る事を優先されています。 当然のことだと思っています。 防犯ブザーなどの防犯グッズの価値も否定はしませんが、当店が最も重視しているのは、孤立無援の環境で相手と一対一になった時に、自分だけの力で自分の命を守ることです。 そのためには当店のような護身用品が絶対に必要です。 軽犯罪法は解釈が微妙ではありますが、拉致や連れ去り、強盗などの被害者を減らすため、護身用品はなくてはならないと考えております。 警察への110番が無力という考えではありませんが、警察が到着するまでの孤立無援のとき、自分の命を守るために護身用品をお勧めしております。 コメントありがとうございました。

次の