赤ちゃん 名前 辞典。 発表!2019年赤ちゃんの名前ランキング[赤ちゃんの名づけ・命名]|たまひよ

発表!2019年赤ちゃんの名前ランキング[赤ちゃんの名づけ・命名]|たまひよ

赤ちゃん 名前 辞典

古風でかわいらしい女の子の名前26選 近年では個性的な名前が話題になっていますが、古風で日本的な美しさを連想させる女の子の名前も人気です。 こちらでは古風でかわいらしい名前を26選ご紹介していきます。 漢字の組み合わせや音の響きも大切ですが、それぞれの漢字にどのような意味があるか考えながら、名付けを考えてみましょう。 「いろは」色葉、彩羽 「いろは」と聞くと、「いろはにほへとちりぬるを…」という「いろは歌」を連想する方が多いでしょう。 「色」という漢字にはやわらかさ、「彩」という漢字には色彩豊かなイメージがありますね。 平仮名のままでも、女の子らしくやわらかい印象の名前になるでしょう。 「うた」詩 東貴博さん・安めぐみさん夫妻のもとに生まれた女の子が、「詩歌」と書いて「うた」ちゃんという名前を付けられたことが記憶に新しいですね。 「詩」という漢字には文学的なイメージがあり、ロマンチックな雰囲気が好まれることが多いようです。 「かなで」奏 「奏でる」という言葉から、管弦楽器を演奏するイメージを持つ方も多いと思います。 古風でも現代風でもある名前の一つで、女の子だけでなく男の子にも人気があるといわれています。 音楽的な才能や人との調和を願って名付けに用いられることが多い漢字です。 「とうか」藤花、桃花 藤の花は古くから親しまれている日本の花木で、万葉集にも詠まれています。 薄紅や紫、白、黄色などさまざまな色をもち、4~5月にかけて満開を迎えます。 気品のある花なので、上品なイメージが持たれます。 一方で桃の花は、3~4月にかけてころんとした丸い花を咲かせます。 「桃の節句」ともいわれるように、ひな祭りで使われる代表的な花です。 どちらも春生まれの女の子にぴったりの名前でしょう。 「ひより」日和 「日和」は、晴れたよい天気のことを指します。 「小春日和」という言葉は、晩秋から初冬のポカポカした晴天の日を指します。 生まれた季節にとらわれず、あたたかい晴天の日に生まれた女の子の名付けにぴったりですね。 「ほたる」蛍 俳句や和歌でもよく使われている「蛍」という言葉。 やわらかいほのかな光は、日本人の奥ゆかしさをイメージできるため、女の子の名付けにふさわしいのではないでしょうか。 「みこと」美琴 「琴音」の名前でも触れましたが、昔から伝わる琴の美しい音色を連想します。 琴は日本の伝統楽器で、とても上品な音色であることから、古風でおしとやかな女の子のイメージの名付けにぴったりです。 「みやび」雅 「雅」という漢字は、洗練されている美しさや風流な意味があります。 古風ながらも気品のある印象で、華やかさのある名前です。 「ゆかり」紫 「ゆかり」という名前はよく聞きますが、「紫」という漢字を名付けに使うことによって、ぐっと古風な雰囲気が出ますね。 漢字でも平仮名でも自然な印象を与えてくれる名前ですね。 「るり」瑠璃 七宝の一つの宝石でラピスラズリの和名です。 天然石意味辞典によると幸運のお守り石として古くから人々に愛されてきたとされています。 瑠璃色は深く美しい紺色で、自然や宝石を連想させるため、凛 りん とした女の子のイメージの名付けにぴったりですね。 「わか」和歌、和華 漢字の通り日本に伝わる和歌をイメージし、昔ながらの印象を受けます。 「和華」はさらに華やかな印象を与えますね。 「和」という漢字は周囲をなごませ、穏やかな子に育つように、という思いを込めて名付ける人が多いようです。 「こはる」小春 「春」という漢字は四季を表す漢字の中で、夏とともに人気の高い字です。 冬から春にかけて、自然が息を吹き返す生き生きとしたイメージの名前ですね。 「あおい」葵 いつの時代も、変わらず人気のある名前です。 フユアオイやタチアオイなど、アオイ科の植物のことを指す漢字で、特にタチアオイは夏に大きくて優美な花を咲かせます。 明るいイメージの名前ですね。 「ちほり」千穂理 漢字の組み合わせは古風ですが、少し変わった名前をつけたいときにおすすめです。 ありそうでない珍しい響きですが、読み方が易しく、誰でも読むことができる字であることも高ポイントです。 「さと」 平仮名の名前というのも、粋でよいものですね。 響きは古風ですが、親しみやすい名前を付けると、周囲から覚えてもらいやすいのも魅力です。 「ももこ」桃子 「子」がつく昔ながらの名前も人気です。 女の子といえば、桃の節句。 桃の花を連想させる名前で、とてもかわいらしいです。 「りつ」 昔の名前のような響きですが、呼びやすく、覚えやすい名前です。 「律」や「利津」など好きな漢字をあてはめてみても、平仮名のままでもよいでしょう。 「はな」花、華 昔からある名前ですが、なじみやすく覚えてもらいやすいです。 赤ちゃんのころからおばあさんになるまで、違和感なく名乗れる素敵な女の子の名前です。 最近では「葉奈」「葉菜」など、名付けに二文字使うパターンも人気のようです。 「あいこ」愛子 昔ながらの親しみのある名前でありながら、歌手のaikoさんを連想させるおしゃれな雰囲気もあります。 愛情深く優しい女の子に育ってほしい、という思いがこもった素敵な名前です。 「みと」美都 名前の響きは今風ですが、漢字が古風で素敵な名前です。 「都」という字にはにぎやかで洗練された印象があるとされています。 「都」の字は「美都」以外の名前にも、女の子の名付けの止め字として使用されていますよ。 出典元一覧• 西東社編集部(編)「赤ちゃんの名前ハッピー漢字辞典」50-455(西東社,2014)• 栗原里央子「赤ちゃんのしあわせ名前辞典」327-422(ベネッセコーポレーション,2016)• 小川環樹「新字源改訂版」1-1176(角川書店,1994)• 山田忠雄「新明解国語辞典」1-1642(三省堂,2015)• 星の種「天然石パワーストーン意味辞典」(,2019年6月24日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

‎「赤ちゃん名づけ No.1 400万人の妊婦さん命名の子供名前」をApp Storeで

赤ちゃん 名前 辞典

Contents• 名付けや命名の方法 名前を考える方法は、人によって様々です。 主にどんな方法があるかというと、 ・名前辞典や名付け本、姓名判断の本などの書籍を利用する ・インターネット上の、赤ちゃんの名前に関する情報サイトを利用する ・インターネットの上の、無料の姓名判断サイトを利用する ・漢和辞典や国語辞典などの辞典を利用する ・既に付けたい名前を決めていたので、書籍もインターネットも参考にしなかった ・お金を払って命名の専門家に依頼し、縁起の良い名前を考えてもらう ・赤ちゃんの両親でなく、祖父母や親戚など第三者に名付け親になってもらう など。 多くの人は、この中でのどれか1つの方法だけで決めるわけではありません。 ・名前辞典とインターネットの両方を利用したり ・無料の姓名判断サイトでは物足りなかったので、専門家に有料で依頼することにした、 など複数の方法で総合的に名前を考える人が多いのです。 また、あなたが 名付けのステップのどの段階にいるか、ということでも、それぞれの活用方法が変わってきます。 (参考:) 名前の発想には様々な段階があります。 さらに人によって何を重視して決めるか、という優先順位が違います。 つまり、「名前を考えている人」といっても以下のように様々なタイプ、状態があるのです。 あなたはどの状態にあるでしょうか? ・まだ何も名前のアイディアがない。 どうやって名前を決めたらいいか、わからない ・名前の音(読み方)だけは決まっているので、漢字をこれから決めようとしている ・使いたい漢字が決まっているので、そこからたくさんの候補をあげたい ・姓名判断を重視するので、名前に使う文字の画数だけは決まっている ・こんな子に育ってほしい、という願いや名前に込める想いはなんとなく決まっている ・海のイメージ、太陽のイメージなど、名前のイメージの候補がある ・兄弟や双子、多胎児で関連性のある名前にしたい ・気に入った名前候補が複数あるので、この中から一つに絞りたい ・ほぼ、名前は決まったが、本当にこの名前で後悔しないか、変な名前でないかを知りたい 名前辞典や名づけ本を利用するメリット スポンサーリンク 上述のように、様々な段階のある名付け方ですが、名前辞典を使用するメリットはたくさんあります。 名前辞典は、いろいろな名前の決め方に合わせて赤ちゃんの名前を提案をしてくれています。 辞書のように、ただ名前の候補をリストアップするのではないのです。 詳しい分類は以下で紹介しますが、 イメージや願いから連想する名前一欄があったり、 画数別に漢字の意味や、その漢字を使った名前候補を載せていたり、 姓名判断の方法や、読者の姓の画数に合わせて、オススメの名前を提案したり。 いろいろな切り口で、膨大な量の名前が掲載されています。 実際に名付け本を参考にして命名された方に多いのは、 「パラパラとページをめくっていたら、ピンとくる名前に出会った」 という方です。 インターネットの情報と違って、本だからこそページをめくるうちにパッと名前を閃く、ということも多いです。 また、名付けの基礎知識やチェックポイントから、出生届の書き方や赤ちゃんのお祝い事の行事まで、一冊にまとまっている、というのは便利なものです。 必ず必要なものではないかもしれませんが、一度は手にとってみることをオススメします。 名前辞典や名づけ本を利用するデメリット 一方、名前辞典を使うことのデメリットもあります。 一番のデメリットは、「実際にこんな名前をつける人がいるんだろうか?」と思うような名前例もたくさん掲載されていることです。 キラキラネームと呼ばれる、超個性的な名前を付けられた子供が増えていると言われます。 幼稚園・保育園・学校の先生方は、読みにくい名前にとても苦労していると聞きます。 その一端を担ったのが名前辞典と考えてよいでしょう。 二つ目のデメリットは、姓名判断の方法の違いです。 多くの名前辞典には、画数を用いた姓名判断の方法についても解説があります。 「五格」や「五運」と呼ばれるものが、最も一般的です。 姓と名の文字それぞれの画数を、5通りの方法で計算し、計算結果の画数によって運勢の吉凶を占う方法です。 無料の姓名判断サイトの多くも、この方法を用いています。 しかし、この画数の計算方法や、結果の画数が表している運勢が書籍(流派・著者)によって変わってきます。 なので、画数を重視したい方はどの書籍を参考にするか、1つに決めてしまうことをオススメします。 また、辞典というだけあり、どの名前辞典も分厚くかさばりがちです。 赤ちゃんが生まれ、出生届も提出が終わってしまえば、後は下の子ができない限り出番のない本となります。 購入を考えている場合は、このことも考慮しておきましょう。 名前辞典のオススメの探し方 名前辞典をこれから買おうと思っている方。 買うかどうかは決めていないが、どんなものがあるか見てみたいという方 そんな方向けに、名前辞典の探し方についてまとめます。 本屋で探す場合 少し大きめの本屋に行けば、代表的な名前辞典がずらりと並んでいます。 出産や育児のコーナーにあることが多いです。 出版年が新しく、種類も豊富なので、一冊一冊手に取って気に入ったものを選ぶことができます。 中身を見比べて、あなたに合ったものを選んでください。 具体的な内容の比較方法は後ほど解説します。 インターネットで探す場合 インターネットで名前辞典を探す場合、amazonか楽天ブックスを利用する方が多いでしょう。 商品が充実していること、レビューなど口コミの量も他サイトに比べ豊富だからです。 あなたに合わせた関連商品を表示してくれるのも便利です。 それぞれのサイトの検索バーに ・名前事典 ・名付け事典 ・赤ちゃんの名前 ・赤ちゃんの名付け などのキーワードで検索すると、多くの商品がヒットします。 「事典」でなく「辞典」でも大丈夫です。 また、「名付け」でなく「名づけ」で検索してもちゃんと商品が表示されます。 ちなみに、多くの書籍は「名前事典」というように「じてん」の「じ」は「事」としています。 本来の意味からすると「辞典」ではなく「事典」が正しい用法なのですが、このサイトでは「名前辞典」と表記しています。 中には、「字典」とタイトルをつけている本もあります。 amazonで探す場合 amazonでは、「赤ちゃんの名付け」というカテゴリーが用意されています。 このカテゴリー内での売れ筋ランキングなども、ページが用意されているので参考になるでしょう。 楽天ブックスで探す場合 楽天ブックスには、「名づけ・姓名判断」のカテゴリーが用意されています。 名付け辞典はこのカテゴリー内にたくさんあります。 図書館で探す場合 名前辞典を参考にしてみたいけれど、できればお金をかけたくない方。 自分に合う名前辞典がよくわからないので、とりあえず何冊か比べて使ってみたい方。 そんな方にオススメなのが、図書館の本を借りる方法です。 図書館の本の背表紙の下の部分に、数字や文字が書かれたラベルが貼ってあります。 これは本を分類し探しやすくしたり、管理しやすくするためのものです。 これを日本十進分類表(NDC)というのですが、この数字を目当てに探すと良いでしょう。 名付けに関する本は 148. 3、姓名判断に関する本は 148. 6の棚にあるはずです。 出産や育児に関するコーナーから離れた場所にあることが多いので、図書館で借りられることを知らない人も多いようです。 図書館の本なら、名前が決まったら返却すれば良いですし、無料でいろいろな本を比較できます。 デメリットは、出版年が古いものがあることでしょう。 最近の人気の名付け方や、よく使われてる漢字の情報が古いことがあります。 名前辞典を選ぶときのチェックポイント あなたに合った名前辞典を選ぶために、チェックすると良いポイントを紹介します。 姓名判断の方法が載っているか、どの程度詳細に解説しているか 多くの名前辞典は、姓名判断の方法が書いてあります。 まったく触れていない本もたまにあります。 しかし、その内容の濃さは様々です。 最もポピュラーな「五格」を使った姓名判断だけでなく、「五行」という占い方法まで解説したもの。 同じ画数でも女の子と男の子で運勢が異なることを指摘する本や、向いている職業別の字画を提案しているものもあります。 漢字の画数や名前の総画数が調べやすいか 姓名判断と画数を重視して名付けたい場合、名前の候補を思いつく度に画数の計算をしなくてはなりません。 これはかなり面倒な作業です。 辞典によっては、名前の漢字の横に、すべて画数をルビで併記してくれているものがあります。 例えば、「太郎」だったら「4+9」というように、全ての名前・漢字ですぐに画数がわかるようになっています。 また、名字の画数によって、最適な名前の画数の組み合わせを提案しているものもあります。 例えば「村田」姓なら「7+5」画なので、名前は「6+8」画か「15+4」画の名前がいいですよ、ということが書いてあります。 漢字の意味や由来を重視しているか 名付けに使える代表的な漢字は、どの書籍でも紹介しています。 しかし、そのボリュームや解説の詳しさは様々です。 画数や読み方は必ず書いてありますが、 ・それぞれの漢字が持つ意味 ・連想するイメージや名付けに使った時の由来 ・その漢字を使った名前の例が載っているか、またはその数 などが違います。 赤ちゃんが男の子か、女の子か 1冊の書籍で男の子の名前も、女の子の名前も両方載っているものがあります。 それとは逆に、男の子の名前専門の辞典、女の子の名前専門の辞典というように、性別ごとに本がわかれているものもあります。 男女両方の名前が掲載されている辞典のメリットは ・性別が確定していない段階から参考にできる ・弟や妹が生まれたときにも使い回せる ということです。 掲載されている名前の雰囲気はどうか でも書きましたが、 名前例としてあげられているものの中にも、無理な読み方や当て字を使った名前が結構あったりします。 しかし、その程度は、本によって違い、カラーがあります。 比較的普通の名前が多いのか、あえて個性的な名前を多く取り上げているのか。 並べられている名前の雰囲気からも、合う合わないを感じ取ることができるでしょう。 名付けの方法や、ページ数はどうか 名前の発想方法には ・イメージから名前を考える方法 ・願いから名前を考える方法 ・名前の音や響きから名前を考える方法 ・誕生月や生まれた季節にちなんだ名前を考える方法 などがあります。 これらの方法での名前例が載っているか、またそのボリュームもチェックしてみましょう。 当サイトでも、これらの名付けの方法についての記事を充実させていく予定です。 ・イメージを使った名付け ・赤ちゃんの誕生月に由来する名付け ・生まれる季節にちなんだ名付け ・最近人気の高い、古風な名前やハワイ語由来の名前 コラムやその他の情報が充実しているか 読み物としてのコラムの量も本によって違います。 名前の流行の歴史や、名前に関する雑学など、読んでいて面白いと思えるコラム。 止め字の一覧や人気のある漢字の紹介など、役に立ちそうな情報。 こういったものがあるかもチェックポイントの1つです。 このサイト内でも、役立ちそうな情報ページを用意しています。 あなたに合った名前辞典の選び方 以上のチェックポイントを参考に、名前辞典を選んでみてください。 姓名判断・画数を重視する方なら、名前例と画数がセットで記載されているものが便利です。 それほど画数は気にしないで考えたい、という方なら漢字の意味や使用例が充実しているものがオススメです。 既に赤ちゃんの性別がわかっていて、たくさんの名前候補を見てみたい、というのであれば男女別の辞典を選ぶと良いでしょう。 これから名前の候補をいろいろ考えよう、という段階の方なら、様々な名付けの方法が網羅された総合的な辞典を選ぶと良いでしょう。

次の

赤ちゃん命名・名前辞典

赤ちゃん 名前 辞典

辞典と言うだけあって結構分厚いです。 読み・漢字・画数ごとにまとめられていて、それに応じた名前の候補が書いてあります。 僕の感想です。 あくまでも僕個人の感想なのですが・・・。 ギラッギラな名前が盛りだくさん! な印象でした。 本名でホストとかキャバ嬢にでも成れそうなものが頻出しています。 時代なんでしょうか? 「赤ちゃん名づけ辞典」の一例 「最新版 赤ちゃんの幸せ名づけ事典」に記載されているものの一部を抜粋します。 たくさんの名前が記載されているので、ここでは「あ行」の目立つもののみを抜粋しました。 男の子の名前 愛生(あいき) 愛門(あいと) 吾依仁(あいと) 亜和維(あおい) 春飛来(あつひこ) 愛聞(あもん) 海音(あまね) 文城(あやき) 吾有夢(あゆむ) 愛瑠(ある) 女の子の名前 娃羅(あいら) 安瑞沙(あずさ) 愛沙(あすな) 明月湖(あつこ) 愛暖(あのん) 逢心(あみ) 礼埜(あやの) 歩虹(あゆこ) 朱梨沙(ありさ) 亜璃朱(ありす) ここに挙げた名前、理系の僕には読めませんでした。 文系の人なら読めるのでしょうか・・・? 次第に感覚が麻痺してきます 上記の様な名前ばかり目にしていると、 それが普通で有る様な錯覚に陥ります。 もちろん「赤ちゃん名づけ辞典」の中にはよく目にする名前も掲載されています。 しかし、次第に物足りなくなってしまうのです。 完全に感覚が麻痺します。 「うちの子は特別なんだ!特別な名前を付けるんだ!」 と言う押し売り精神が芽生えてきます。 そして付けられるキラキラネーム。 感覚が麻痺してきたら自分の力で立ち直るのは経験上無理です。 キラキラ感覚が麻痺したらネットで診断を! 感覚麻痺を感じたら ネットでの診断をオススメします! 勿論、これでセーフだからOK!とはならないと思いますが、現実の世界に戻ってくる事は出来るのではないでしょうか。 以下のサイトで名前の候補のキラキラ診断が可能です。 DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ) パパママいい名前つけてね あなたの名前は世間で言うキラキラネームか診断します。 — 診断メーカー 変わった名前を付けられた人の意見 実際に読めない名前を付けられた方の貴重なご意見です!• 私自身、小さい頃からよく読み間違えられて嫌だった。 いちいち読みを訂正するのも面倒だし。 小学校の卒業式で、名前を間違えて呼ばれたのは、今でも忘れられない。 今テレビに「秋登(しゅーと)」くん…(両親はサッカー大好き)「自分の名前、好き?」「…あんまり」「好きなスポーツ選手は?」「…イチロー」• 私の名前は、漢字の読み方が微妙に難しい(名前自体は普通)。 学生時代、正確に私の名前を読めたのは唯一高校の生物の先生だけだった。 今でこそあきらめがついたが、よく親を恨んだ。 名前を間違えられて恥ずかしかったし、いちいち自分で名乗るのも本当に苦痛だった。 とにかく目立つのが嫌だった。 読みが激しく当て字だったり、性別が逆にとられるような名前だったりすると、子供の頃、何度も、何度も、何度も、何度も、名前や性別を間違えられて、正直卑屈になるんよ。 ・・・マジで・・・・・・お父さん、お母さん、たのんます。 出典: 悲痛な叫びですね。 自分の子供にだけは恨まれたくないです。 分かっていてもやっちゃうよね 頑張って産まれてきた大好きな赤ちゃんに世界でたった一つの名前を付けたい! 思っちゃうんですよね。 本当に。 本当に。 何をかくそう、僕もちょっと変な名前付けてしまいましたから・・・。 一生自分の名前の漢字の説明に苦労すると言う十字架を背負わせてしまいました。 恨まれるだろうなー。 改名したいと言われたら何も言えないだろうなー。 ちなみに「」やってみたら「『キラキラ・・・を超えたシャイニングネーム』です。 」と診断されました! まずいな・・・。 まとめ 本当に気を付けてください!考えるのに夢中で大事な事を見失います! 周りの友達に子供を何回も紹介しているうちに「ありゃ?」と気づくレベルです! そのぐらい分からないもんです! ましてや産まれてから出生届出すまでの2週間なんて外部との接触はほぼ無いので麻痺したまんまですよ! 「赤ちゃん名づけ辞典」の読み過ぎには注意。 くれぐれも気を付けてください!.

次の