ふき 料理。 ふきを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

大原千鶴さんのふきみそのレシピ。NHKきょうの料理で紹介。

ふき 料理

茶色い部分が多い物は避けてください。 愛知早生の場合、柄の部分が太すぎず、なるべく空洞が無い物の方が柔らかいです。 そして根もとから上まで太さに極端な差が無い物を選びましょう。 ヤマブキの場合は、ある程度太い物の方が柔らかいです。 細すぎるものは筋っぽい物が多いです。 手に持った時に、柄に張りがあり、グンニャりとだれないものを選びます。 また、切り口を見て、茶色く干からびていないか鮮度チェックをしてください。 収穫後時間と共にアクが強くなってきます。 なるべく早く下処理をしてください。 どうしても時間がない場合は、葉の部分と柄を切り離し、柄の部分を鍋の幅に合わせて切りそろえ、どちらもラップでくるむか袋に入れて冷蔵庫に入れておきましょう。 2日位までと考えてください。 茹でてアク抜きした物は、水に浸してタッパーなどに入れて冷蔵庫に入れておきます。 水を時々交換すれば1週間ほどは美味しく食べられます。 また、クリームチーズと和えたり、彩りの良いパプリカなどとドレッシングなどで和えても美味しいです。 色よく仕上げましょう。 また、きゃらぶきのうようにしっかりと濃い味付けで佃煮のように炊き上げるものも美味しいです。 油との相性も悪くはありません。 また、パスタの具材や肉や魚で撒いて焼いても美味しいです。 食べやすい長さに切って、それを太さによって何本かに割るように切り、細い棒状にして衣を付けて揚げます。 また、フキを斜めにスライスしてかき揚げのようにしても良いでしょう。 シャキシャキした食感と、フキの清々しい香りが楽しめます。 また、シンプルに味噌汁や澄まし汁の実にしても美味しいです。 参考にされると良いでしょう。

次の

フキ(蕗/ふき)の選び方と保存方法と主な料理:旬の野菜百科

ふき 料理

ふきみそ 調理時間 20分 調理器具 鍋・フライパン・バット カロリー 全量 640kcal 塩分 全量 9. 茎は3等分程度に、フライパンに入る長さに切る。 塩をして、板ずりをする。 そうするとアクも抜けやすく、色もきれいに仕上がります。 2、フライパンにお湯を沸かし、アク抜きの為に重曹を加えて中火にする。 さっと混ぜ、茎を加えてゆでる。 塩はついたままで大丈夫です。 3、2分ゆでてから葉を加えてさらに1分間ゆでる。 しっかりゆでることでアクが抜けます。 4、茹で上がったら水に取る。 茎は皮を手でむく。 その後水に10分間さらす。 5、茎は5㎜幅に刻む。 葉は細かく刻み、水けを固く絞る。 6、フライパンにごま油を中火で熱し、ふきを加えて炒める。 油が全体に回ったら合わせ調味料を加えて炒め合わせる。 約3分間煮詰める。 7、仕上げに削り節を加えてさっと混ぜ合わせたら完成です。 保存期間 冷蔵庫で2週間保存可能です。 活用レシピ このふきみそはそのままでも美味しく食べることができますが、お料理に活用することもできます。 例えば ・ポークソテー ・焼きおにぎり ・新じゃがのふきみそ和え などです。 ポークソテーふきみそソース 調理時間 15分 費用目安 400円 調理器具 フライパン カロリー 全量 660kcal(1人分 330kcal) 塩分 全量 221. 8kcal(1人分 110. 9kcal) 材料 2人分 厚切りの豚肩ロース肉 2枚(220~250g) 塩・こしょう 各少々 ふきみそ 50g ミニトマト・ブロッコリー 適量 作り方 1、豚肩ロース肉に塩こしょうをする。 2、フライパンを熱し、並べ入れて中火で両面をこんがりと焼く。 3、肉汁が残るので、そこにふき味噌を加える。 味噌が温まったらソースの完成です。 4、豚肉を食べやすく切り、器に盛り付ける。 ソースをかける。 ミニトマト、火を通したブロッコリーなどを添えて完成です。 是非作ってみてくださいね。 是非色々と作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 こちらもおすすめです。

次の

【ふき】の種類と選び方!旬や特産地、美味しい食べ方も解説

ふき 料理

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の