トヨタ ロッキー。 ダイハツ ロッキー 実燃費レポート│ライバル不在で1人勝ち状態の小型SUVの実燃費は!?

ダイハツ・ロッキー新型/トヨタ・ライズに試乗 新型CVT「D

トヨタ ロッキー

コンパクトSUVのダイハツ『ロッキー』とトヨタ『ライズ』は兄弟車であるが、開発に関しては主にダイハツで行われた。 そこでデザイン上ではどのようなやり取りがトヨタと行われたのか。 担当デザイナーに話を聞いてみた。 トヨタと意見交換をしながら 「ある程度ダイハツ側のボディデザインができてからトヨタの開発に入った」とは、ダイハツDNGAユニット開発コネクト本部デザイン部第1デザイン室国内スタジオ主担当員の奥野純久さんの弁。 「トヨタの考え方とラインナップとしての位置付けがあるので、トヨタデザインとも意見交換しながら進めた」という。 具体的には、「フロントのハの字に構えているところを中心に作ってほしいということだった」とのこと。 因みにデザインは全てダイハツで行われた。 これは、「OEMなので基本は全てダイハツ側で作り、考え方を提示。 実物を見せて承認をしてもらうのではなく、アドバイスをもらうような形で進めた。 承認形態はダイハツの中で行うイメージ」という。 ロッキーの発売前にトヨタからは同じくSUVの『RAV-4』が発売された。 「我々は開発中にRAV-4は全く見たこともなかった。 ロッキー発売後、似ているとよくいわれるが、我々デザインとしては立ち入るところでないので、出てきてから初めて結構似ていると思った」と奥野さん。 そして、「トヨタのデザイン部門はもちろん知っているので、このクルマを見ている時はその関係を知った上で我々の提案を選んで合意をしていると思う」と語る。 SUVらしく、トヨタらしく さて、ロッキーとライズの作りわけのポイントとして、ロッキーはSUVのど真ん中を狙い、ライズはトヨタらしさを強調したという。 これはどういうことなのだろう。 奥野さんは、「SUVのど真ん中というのはいい過ぎかもしれない」としながらも、「佇まいとして、小さいハッチバックが背を高くしてSUVに見せるのではなく、しっかりとSUVに見えるようにしよう」。 一方のトヨタについては、「我々が考えたトヨタのイメージは、もう少し都会寄りでスポーティーさを加味したもの。 そこでもう少し街に似合うイメージで作ろうとした」と奥野さん。 顔つきは、「(ロッキーは)面の幅を少し太めに作っているのに対し、ライズは少し細め。 ラインも流れるような線使いにするなど少し考え方を変えている」と述べる。 そういったことを「トヨタに説明にしたところ、トヨタのラインナップの考え方も一緒に入っており、考え方も非常にわかりやすく、文句なく良いとなった」とのことだった。 ユーザーの声を咀嚼して ここまで読まれた方は、最初にロッキーのデザインがスタートしたことがわかってもらえただろう。 奥野さんは、「もちろん初めはダイハツのものから始めているが、トヨタの顔を作るのは決まっていたので、形がおぼろげになった時からトヨタの雰囲気の顔も作り始めた」という。 その際には、「トヨタ車の顔のラインナップを海外も含めて全部集めて、かつ、トヨタからもレクチャーを受けた。 それを我々が解釈・咀嚼した上でコンセプトを作っていった」と奥野さん。 その点は常にすごく気にしている」と述べる。 これはクルマ全体にも言えることで、「初期の調査ではユーザーの声をダイレクトに聞きながら、そのまま(鵜呑みにするの)ではなく、その背景を聞いている。 シャープさが求められたとしても、どの範囲のシャープさなのか、すごく怖いくらいなのか、ほんの少しなのか。 これによって最終の商品が変わってくる」と話す。 例えば、「力強くしたいとしても、これはユーザーがどのように思ってその要望が出ているのかが重要。 女性が周りに大きなクルマばかりだから守ってくれそうなクルマがいいのか。 あるいは、強くて格好が良いのがいいのかで、形の作り方が変わってくる」と説明。 そういった点を踏まえながら、「(ライズに関しては)トヨタの意図と範囲を把握し、形に表していった」。 また奥野さんによるとユーザー調査のポイントは、「骨格に関わるところ、大きな形、性格に関わるようなところ」であり、「ディテールの部分は我々で判断する」と話す。 その結果を、「デザイナー皆でユーザーのこの意見はどういう心の根っこがあったのか、それをもう一度議論している」。 これは、「ただ単に聞いてそのまま作っていくと薄っぺらになってしまうからだ。 ここが一番時間のかかるところであり、また最も重要なことだ」と改めて強調した。 生き残りをかけて再びコンパクトSUV市場へ ダイハツは、このコンパクトSUVセグメントに2006年に『ビーゴ』(とトヨタ『ラッシュ』)を投入したが、それらは2016年に販売が終了していた。 そこから時を経てロッキーとライズが登場した。 関係者によると、元々ダイハツはコンパクトセグメントから撤退し、軽自動車だけで事業を成り立たる方向に向かった時期があったという。 しかし、今後、軽自動車の規格がいつまで存続するか、また海外が主戦場になることが想定されることから、軽自動車とともにコンパクトカーセグメントに力を入れていく必要があると判断され、新たなにプラットフォームから作り上げられた。 つまり、この開発をしないと生き残れないという考えが社内にあったことから、軽自動車と海外専用になるかもしれないコンパクトカーにも含めて力を入れていくことになったそうだ。 因みにビーゴ等の生産終了前からライズの企画は始まっていたという。 奥野さんによると、「正直にいうと常にこういう話は出ては消えてだった」と述べる。 これは、「その時々の会社の状況等によって、どれを優先して作るかが決まっていたからだ。 そういった際に、このクルマの優先順位が低く、軽自動車の優先度が高かった」と述べる。 しかし、「トヨタとの関係が強くなり、トヨタのグループ全体として我々は裾野という立ち位置であるとともに、SUVがブームになってきていることから、我々が生き残る術としていまがそのタイミングだったということだ」と投入の背景を説明した。 「使えるSUV」であること コンパクトSUV市場への投入タイミングはかなり後発だ。 そこで、「デザインをシンプルでクリーンにしたのはそこにも理由がある」と奥野さん。 「色々なクルマの種類があり、特に中国車は安くて様々なクルマの要素が混ざったクルマが20も30もある。 その中で存在感を出すためには、そしてダイハツとしてのポジショニングも踏まえると、このクルマにたどり着くのだ。 この使えるとはどういうことか。 関係者は、『ヴェゼル』が年次を経ても販売台数はそれほど落ちないことを挙げ、その理由は特にトヨタ『C-HR』やマツダ『CX-3』と比較し荷室などが使いやすいことがポイントだった。 そこで、ヴェゼルをベンチマークに、ダイハツとしても使えることが重要という見解に至ったのだ。 奥野さんは、「スポーティーな小さなC-HR方向という話もなくはなかった。 しかし、精査していくうちに、格好だけではなく、安く長くちゃんと使えるクルマ、実用をベースとした生活の中で使えるSUVを目指したのだ」と話す。 格好良いのはデザイン部としては当たり前だからだ。 格好悪くもしないし、古くもしない。 そしてみんなのコンパクトSUV。 この考え方がクルマ全体に生きていると思う。 この企画を最後まで変えずに行けたのがこのクルマの良かったところだ」と語った。 《内田俊一》.

次の

ダイハツ ロッキー 実燃費レポート│ライバル不在で1人勝ち状態の小型SUVの実燃費は!?

トヨタ ロッキー

発売後即、SUV販売首位奪取!! 大人気トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー、独走とライバル不在の理由は? 2019年11月5日に発売されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズの売れ行きが好調だ。 トヨタが扱うライズは、2019年11月の登録車販売台数ランキングで早くも4位。 カローラシリーズ、シエンタ、プリウスに次いで売れており、瞬く間に身内のRAV4を上回るSUVトップセラーに躍り出た。 ダイハツ ロッキーと台数を合わせれば計1万1778台に達し、これは1位のカローラシリーズをも凌ぐ驚異のバカ売れっぷり。 「5ナンバーサイズで、価格も100万円台からと手ごろなSUV」と、明らかに売れそうなロッキー/ライズだが、実はガチンコの競合SUVは今のところ他社から出ていない。 なぜ、競合激しいSUVで早くもトップセラーに輝くことができたのか? そして第2のロッキー&ライズが出てこない理由とは? その背景に迫る。 文:渡辺陽一郎 写真:編集部 ロッキー/ライズ 人気の秘訣と絶妙なポジショニング 写真はダイハツ版のロッキー。 全長4m未満、全幅1. 7m未満の5ナンバーサイズSUVは、今まで「あるようでなかった」絶妙なサイズ感 人気の秘訣は、前輪駆動をベースにしたシティ派SUVながら外観はオフロードSUV風で、ボディが5ナンバーサイズに収まることだ。 最近のSUVはカッコ良くなったが、C-HRやCX-30など、外観はいずれも都会的に仕上げている。 そこで原点回帰というか、RAV4のような悪路の走破を意識させるSUVが注目され、ロッキー&ライズは5ナンバーボディでそれを実現させた。 そして、登録車販売台数ランキングを見ると、上位には5ナンバー車が多く並ぶ。 カローラシリーズとプリウスは3ナンバー車だが、シエンタ、ノート、ルーミー&タンク、フリード、アクアといったランキング上位の常連はすべて5ナンバーサイズに収まる。 ロッキー&ライズが売れ行きを伸ばした背景には、人気のSUVで、なおかつ使いやすく馴染みやすい5ナンバーサイズに収まることがある。 トヨタ版のライズ。 フロントマスクはロッキーと異なるものの、基本は同一。 2019年11月は7484台を販売し、早くもSUVトップセラーに 不思議に思えるのは、ロッキー&ライズのライバル車になるような、5ナンバーサイズのSUVがほとんど存在しないことだ。 5ナンバー車をカテゴリー別に見ると、フィットやノートのような5ドアハッチバックのコンパクトカーが圧倒的に多い。 そのほかはシエンタとフリード、ヴォクシー系3姉妹車やセレナの標準ボディといったミニバンで占められる。 セダンはグレイス、ワゴンはシャトル程度だ。 このような事情もあり、先代カローラは、ベーシックなグレードを継続販売している。 5ナンバーサイズのセダン&ワゴンがほとんどないためだ。 SUVの5ナンバー車については、スズキがクロスビー、ジムニーの拡大版となるジムニーシエラ、コンパクトカーとの中間的な存在のイグニスを用意するが、ほかのメーカーでは見当たらない。 堅調に売れるコンパクトSUVのヴェゼル、C-HR、CX-30は、全長は短いものの全幅は1700mmを超えて3ナンバー車になる。 日本では5ナンバー車の人気が高く、3ナンバー車ではSUVの売れ行きが伸びているから、ロッキー&ライズのような「5ナンバーサイズのSUV」が豊富にあって良いだろう。 ロッキー&ライズの対抗車種が登場しない一番の理由は、SUVというカテゴリーが、もともと海外市場をターゲットにしているからだ。 SUVには全高が1600mm前後に達する車種が多く、なおかつ走りの良さも求められる。 背の高い車で走行安定性を向上させるには、全幅を広げるのが効果的だ。 そうなると5ナンバー規格のない海外では、コンパクトなSUVでも全幅を1700~1800mmに設定する。 1800mmを超えると、欧州でもコンパクトとは呼べなくなるから1700mm台には収めるが、5ナンバーサイズには入らない。 背景には5ナンバー車の小回り性能もある。 ボディ底面に配置された骨格の配置とタイヤサイズによっては、全幅を5ナンバーサイズに抑えると、前輪の最大舵角が小さくなって小回りの利きが悪化することだ。 写真は新型カローラの最小回転半径を示した図。 カローラの場合も、15インチ車の最小回転半径は5. 0mとなるが、16、17インチ車は同5. 3mとなる 例えばノートの場合、14インチタイヤ装着車の最小回転半径は4. 7mだが、15インチになると5. 2mへ一気に拡大する。 全幅を抑えることで、取りまわし性が悪化する場合もあるわけだ。 このほか充分な室内幅を確保しながら、側面衝突時の乗員安全性も高めようとすれば、5ナンバーサイズの商品開発には困難が伴う。 SUVに限らず、車両を開発する上では、3ナンバー車の方が都合の良いことが多い。 ユーザーニーズもある。 コンパクトカーやミニバンは、日常的な買い物などで便利に使えることを目的に購入するから、裏道や駐車場での取りまわし性、乗降性などの優れた5ナンバー車を求める。 しかし、SUVは格好良さや走る楽しさなど、趣味性を重視して選ばれるから、5ナンバーサイズの全幅にはあまりこだわらない。 ハリアーは国内向けのSUVとして企画されたが、全幅は1800mmを超えている。 第2のロッキー/ライズは今後現れるのか? 2020年に日本でも発売予定の日産 キックス。 小型ではあるものの、海外仕様は3ナンバー幅 このような事情から日本メーカーもSUVについては5ナンバーサイズに消極的だったが、ライズのヒットで売れ行きを伸ばせることがわかった。 今後はほかのメーカーからも、コンパクトカーと共通のプラットフォームを使う5ナンバーサイズのSUVが登場してくるかもしれない。 直近で発売が予定されるコンパクトSUVには、ジュークの後継となる日産キックスが挙げられるが、これはほかのコンパクトSUVと同じく全幅が1800mm弱の3ナンバー車になりそうだ。 ブラジルなどで売られるホンダ WR-Vは、全長が4000mmのコンパクトSUVで、全幅は1734mmとされる。 キックスとWR-Vは、日本で販売することを考えて開発されたSUVではないから、いずれも5ナンバーサイズには収まらない。 ホンダの海外専売車、WR-V。 こちらは全長も4mちょうどで、全幅も1. 7mをやや上回るものの、ロッキー/ライズに近い車格 それでも1. 5Lエンジンを搭載する2WD仕様の価格を170~200万円に設定するなど、ロッキー&ライズやコンパクトカーの上級グレードと同等の値付けにすれば、好調に売れる余地は充分にある。 SUVはコンパクトからLサイズまで、ボディやエンジンの排気量が多岐にわたり、クルマの性格もシティ派からオフロード派まで幅広い。 海外には5ドアクーペ風のSUVもある。 大径サイズのタイヤを履かせてボディの下側を力強いデザインに仕上げると、どのようなクルマでもSUVになるから、メーカーもラインナップを充実させやすい。 そして、SUVの流行が廃れると、もはや次はなく(ほかのカテゴリーはブームを一度経験している)、実用重視の軽自動車とコンパクトカーだけが売れる乾いた市場になってしまう。 メーカーは付加価値を伴うSUVの人気をなるべく長く保つ必要があるから、今後もいろいろな車種が登場する。 特にSUVは、電気自動車と相性が良い。 背が高いため、床下に電池を搭載しやすいからだ。 SUVは将来的にも有望なカテゴリーだから、今後のカーライフを豊かにしてくれるだろう。

次の

【ダイハツ ロッキー 新型】ロッキーはSUVらしく、ライズはトヨタらしく[デザイナーインタビュー]

トヨタ ロッキー

2019年11月5日に発売されたダイハツとトヨタの新型コンパクトSUV、ダイハツロッキーとトヨタライズ。 前評判が高く、早くもヒットの予感がするが、もともとこのコンパクトSUVクラス市場では、トヨタC-HRとホンダヴェゼルが熾烈な販売争いと繰り広げてきてきた。 2016年12月の発売以来、2017年、2018年とSUV販売ナンバー1を獲得したのはC-HRだが、2019年4月に登場した新型RAV4にSUV販売ナンバーの座を奪われている。 ちなみにヴェゼルは、2015年、2016年にSUV販売ナンバー1だった。 C-HRは、2019年10月18日にマイナーチェンジし、再びSUVナンバー1の座をつこうかとしている矢先に、ロッキー&ライズがデビューしたという状況だ。 はたして、ロッキー&ライズはC-HR、ヴェゼルを抜いて、SUVナンバー1の座につくことができるのか? 最新の受注状況やC-HR、ヴェゼルとの販売争い、営業マンの生の声など、流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートする。 文/遠藤徹 写真/ベストカーWEB編集部 トヨタ ダイハツ ヘッドライトはフルLEDで、ロッキーのPremiumとGグレード、ライズのZグレードはLEDシーケンシャルターンランプ付きフォグランプはライズではZグレードがLEDフォグランプ+LEDイルミネーションランプ付き。 ロッキーではPremiumとGグレードがLEDフォグランプ+LEDイルミネーションランプ付きになる エクステリアデザインはフロントグリルがロッキーだと横長の6角形大型格子状グリルなのに対して、ライズはほかのトヨタ車によく使われている大型台形ハニカムグリルと、その下のブラックメッキ、バンパー組み込みのエアダムの組み合わせとなっており、ロッキーとライズでは顔つきがかなり違う。 両サイドのフォグランプもロッキーが角型、ライズは丸型を配している。 横長のヘッドランプは同じデザインを採用。 アルミホイールのデザインも違いを持たせ、ライズは回転式スポークで動きを持たせ、ロッキーは左右均等なスポークですっきり感を持たせている。 室内は同じ黒基調のフロントシート回りを赤線で囲み、コンソール部分はメタルメッキ板デザインでまとめている。 価格はライズの方が2万6000~14万円安い 車両本体価格はロッキーが170万5000~242万2200円に対して、ライズは167万9000~228万2200円で、ライズの方が2万6000~14万円安い。 これは装備内容の違いによるもので、ロッキーの方が多少ワイルド感を強調し、ライズはシンプルでおとなしめの仕立てとしている。 両車のカタログを見ると差別化を図っているのがよくわかる。 ロッキーは若いカップルがレジャーに出かける雰囲気。 ライズは家族連れが遊びに出かけるようなコンセプトを強調。 装備内容の一例はロッキーだと2トーンカラーや車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニター」を標準装備した最上級グレードの「プレミアム」を独自に設定。 ライズは「スマートアシスト」を搭載しないエントリーグレード「X」をラインアップしているなどの違いがある。 ボディのカラーリングはロッキーがモノトーン8色、2トーン3色でテーマカラーは、コンパーノレッド、ライズはモノトーン8色、2トーン3色でテーマカラーはレーザーブルークリスタルシャインとなっている。 1Lターボによる軽快なは走りが楽しめそうなロッキー&ライズ 月販目標台数はロッキーが2000台、ライズが4100台。 トヨタは4系列全店扱いでダイハツの3倍以上のセールスパワーを持っているのを考慮している。 先行予約開始後約1カ月の受注台数は、ロッキーが3500台、ライズが6500台、合わせて1万台と好調なスタートを切っている。 販売力から比較するとだいぶロッキーの方が健闘しているのではないだろうか。 これまでコンパクトSUVは、トヨタC-HRとホンダヴェゼルが月販5000~7000台規模で、ナンバー1争いをしてきたが、これにコンパクトSUVのロッキー&ライズが参戦してくる。 このスタートダッシュぶりだと一挙にトップを奪還しそうな勢いだ。 これに対してC-HRは2019年10月18日にマイナーチェンジし、オーディオディスプレイの標準装備、GRスポーツを設定するなどして反転攻勢を開始し、11月5日から発売されるロッキー&ライズ両モデルに対し、引き離しを目指している。 C-HRの価格帯は240万~309万5000円。 マイナーチェンジ前の同グレードと比べると、STが6万7593円のアップ、G-T、S、Gが1万1556円のアップとなっているが、装備の充実を考えるとほぼ横ばいだろう。 注目の6速iMTは1. GR SPORTSは、1. 2LターボのS-T GR SPORTSは273万2000円。 エンジンは1. 2Lターボ(116ps/18. 9kgm)と、1. 8L(98ps/14. 5kgm)とモーター(72ps/16. 6kgm)を組み合わせるハイブリッドの2種類。 ロッキー&ライズと、C-HR、ヴェゼルのサイズを比べてみると、コンパクトSUVといえどもロッキー&ライズがC-HR、ヴェゼルに比べ、ひと回り小さいことがわかる。 ロッキー&ライズの全長は、新型ヤリス(全長3940mm)よりもひと回り大きく、ほぼ現行フィット(全長4005mm)よりも少し小さい、といえばわかりやすいかもしれない。 2013年12月に発売されたヴェゼル。 5Lガソリン車がロッキー&ライズのライバルとなりそうだ いっぽう、ホンダヴェゼルは2013年12月にデビューし、2015年、2016年にはSUV販売ナンバー1に輝いている人気のコンパクトSUVだ。 パワートレインは1. 5Lガソリン(131ps/15. 8kgm)、1. 5Lハイブリッド(エンジン:132ps/15. 9kgm、モーター:29. 5ps/16. 3kgm)、そして2019年1月に追加された1. 5L、VTECターボ(172ps/22. 4kgm)の3種類。 価格は1. 5Lガソリンが211万3426~242万5093円。 5Lハイブリッドが250万5555~298万186円。 5Lガソリンエンジンがロッキー&ライズのライバルとなりそうだ。 C-HRの車両本体価格は236万7000~309万5000円だから68万8000~81万2800円も差があり、クラスも異なります。 デザインもC-HRは尖ったスタイリッシュな仕立てですから、最初からユーザーは分けて選ぶのではないでしょうか。 販売台数はC-HRの方が終始先行し続けると予想しています」(首都圏トヨタ店営業担当者)とC-HRの優位性を強調する。 今年初めには1. 5Lターボ搭載のスポーツバージョン、ツーリングセレクションを発売し、一旦販売が回復しましたが、最近になって需要一巡したせいでしょうか、また勢いがなくなってきています。 ヴェゼルは2020年末には7年ぶりのフルモデルチェンジを控えているので、これによって巻き返してくるのではと期待しています」(首都圏ホンダカーズ店営業担当者)と次期型の登場に期待を寄せる。 これまでだとほとんどがトヨタにOEM供給するモデルと内容が同じでした。 このためトヨタブランドと競合し、販売力で負け、リセールバリューにも大差をつけられ売れ行きが伸び悩んだクルマもありました。 今回の新型ロッキーは、ライズとかなり大きなコンセプト分けをして、違いを強調していますので期待しています。 お客さんの反応もいいです。 ライズとの競争よりもスズキのクロスビーとの対抗で、クロスビーとの競争を意識して販売を強化していきたいと思っています」(首都圏ダイハツ店営業担当者)と増販に意欲を見せる。 納期はロッキーが2020年1月中旬、ライズは2020年1月上旬 2019年11月中旬現在の納期は、ロッキーが2020年1月中旬、ライズは2020年1月上旬、C-HRはハイブリッドが2019年12月下旬、ガソリンが2020年2月上旬、ヴェゼルは2019年12月中旬となっている。 ロッキー&ライズだと人気の高さでロッキーの方が引き合いは多い傾向がある。 C-HRのガソリンの方が待たされるのは、販売が少ないので生産を絞り、ハイブリッド優先の組み立てにしているため。 値引き額はナビ、ETC付きでロックーとライズが同程度の15万円、C-HRは25万円、ヴェゼルは27万円あたりを一応の限度としている。 ライズ、C-HR、ヴェゼルは取り扱うディーラーが、同じ地区に複数あるので、同一車種同士の競合も組み合わせる。 さて、最後にロッキーとライズではどちらが買い得か? ロッキーの方が最終的には5万~10万円程度の買い得になりやすい。 また残価設定クレジットを利用すると、ロッキーを扱うダイハツ店は年末までのセールで1. 9%の低金利で10万円分のサービスパックが受けられる。 ライズを扱うトヨタ系列店だと残価設定クレジットの金利は4. 3%と高いケースが多いので、金利分の出費は15万円以上、余計に支払うことになるからだ。

次の