放射性 セシウム 基準 値。 タケノコ(農産物)

県産特用林産物の放射性物質検査結果について(第669報)/千葉県

放射性 セシウム 基準 値

放射能とは、原子の中心をなす原子核が崩壊する際に発生する放射線を出す能力のことを指しておる。 放射線とは、原子核が安定する中性子数及び陽子数になるために放射性元素が崩壊する際に放出される粒子線や電磁波のことを指しておる。 原子核の構造は陽子と中性子によって構成されておるが、原子の中には同じ元素でありながら異なる質量数を保持する同位体が存在しておる。 この異なる質量を示す同位体は安定した質量数 中性子と陽子の数 になろうと移行するが、この際に放出される粒子線が放射線であり、放射線を放出する同位体が放射線同位体と言う訳じゃ。 尚、放射線は大きく分類すると「粒子線」と「電磁波」の2種類の放射線に分類することが可能じゃ。 但し、前述したように放射線には幾つかの種類が存在しておるため、測定を行いたい種別に適した放射線測定器を選択することが大切じゃ。 2011年に発生した福島原発事故の直後からは、全国各地で放射能汚染の影響を個人が測定するケースも増えており地表の表面汚染を測定するガイガーカウンターが全国的に品切れ状態となったこともあるのじゃよ。 ガイガー=ミュラー計数管の名前は1928年にドイツのハンス・ガイガーとヴァルター・ミュラーが計数管を開発したことから来ており、この2人の開発者の名前がそのまま名称として残っておるのじゃ。 ガイガーカウンターは、円筒形の管の中心に電極棒を添えアルゴンなどの不活性ガスを封入し高電圧をかけることで測定を行う仕組みとなっておる。 この管内に放射能が入ると菅の中にある不活性ガスが電離し電子が陽極である中心の電極棒方向へ飛びかいパルス電流を発する。 ガイガーカウンターではこのパルス電流の通電回数を計測することで放射線汚染量を測定しておるのじゃよ。 そこで、当時の政府は食品の被ばく線量の基準値として放射性セシウムの暫定規制値を発表しておる。 尚、当時は原発事故が起きた為に、放射線被ばく線量の規制値を高くすることに対して「何のための基準値指標であったのか?」と当然のように大きな反発を受ける事となった。 しかし現在はが新たに掲げた放射性セシウムの暫定基準値が発表され、現実的な基準値の範囲が示されるようになっておる。 以下は、現在の放射性セシウムの基準値一覧じゃ。

次の

タケノコ(農産物)

放射性 セシウム 基準 値

農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新) 更新日:令和2年6月25日 担当:生産局総務課 厚生労働省が令和2年6月17日~6月25日に公表した「食品中の放射性物質検査結果について」の概要 食品中の放射性セシウム濃度について都道府県などが実施している検査の結果については、厚生労働省が週毎にとりまとめ、公表しています。 食品中の放射性物質の検査結果について(東京電力福島原子力発電所事故関連) 〇• 検査自治体: 小樽市、岩手県、盛岡市、宮城県、仙台市、秋田県、山形県、福島県、群馬県、さいたま市、東京都、文京区、新潟県、山梨県、長野県、東大阪市、徳島県• 検査点数:606点• 基準値以下:604点• 基準値超過:2点(宮城県産コシアブラ(2)) 厚生労働省が過去に公表した検査結果(月別)については、 品目別、都県別の検査結果 令和元年度の検査結果• 平成30年度の検査結果• 平成29年度の検査結果• 平成28年度の検査結果• 平成27年度の検査結果• 平成26年度の検査結果• 平成25年度の検査結果• 平成24年度末までの検査結果• 畜産物の検査結果は、水産物の検査結果はをご覧下さい。 参考資料 平成28年3月28日時点の検査結果、生産現場における放射性セシウム低減のための対応等を品目毎に紹介しています。 <分割版> ( 1 野菜果実茶等の農産物) ( 2 米、 3 畜産物) ( 4 特用林産物(きのこ等)、 5 水産物).

次の

放射能・放射線の測定方法・基準値

放射性 セシウム 基準 値

スポンサード リンク 放射性セシウムによる食品への影響 原発事故後、様々な食品のセシウム汚染が明らかとなっており、モニタリング調査によって魚介類や野菜・米をはじめ、粉ミルク・牛乳・牛肉・緑茶・原木しいたけなどのセシウム汚染の実態が明らかになり報道されている。 国や自治体の放射能検査に使用されるのは主にゲルマニウム半導体検出器と呼ばれるものでガイガーカウンターとは違い食品中の放射性物質も測定できる。 以下はその一部である。 2011年3月20日 茨城県産のほうれん草から1キロあたり690ベクレルの放射性セシウムが検出。 2011年5月9日 福島県いわき市沖で取れたしらすから1キロあたり850ベクレルの放射性セシウムが検出。 2011年7月17日 福島県産の牛肉から1キロあたり2400ベクレルの放射性セシウムが検出。 2011年11月16日 福島市産の米から1キロあたり630ベクレルの放射性セシウムが検出。 2011年12月6日 明治乳業の粉ミルク「明治ステップ」から、1キロあたり30. 8ベクレルの放射性セシウムが検出。 2012年1月9日 伊藤園の緑茶『農家の自家出し茶』から1キロあたり68. 6ベクレルのセシウムが検出。 2012年1月11日 南相馬市産の切干大根から1キロあたり800ベクレルの放射性セシウムが検出。 放射性セシウムの基準値 日本の新基準値 2012年4月1日より、食品に含まれる放射性セシウムの新基準値が採用されました。 一般食品(牛製品を含む)が100ベクレル、乳児用食品・牛乳が50ベクレル、飲料水が10ベクレル(いずれも1kgあたり)。 日本の暫定基準値 低線量被曝による症状が現れるのは早くとも数年後と見られるが、原発事故後に食品に対する暫定基準値が設定された。 穀類・野菜類・肉・卵・魚が500ベクレル、飲料水・牛乳が200ベクレルである。 海外の基準値 チェルノブイリ事故で被害にあったウクライナの基準値は、飲料水2ベクレル・野菜40ベクレル・牛乳100ベクレルと総じて日本の暫定規制値よりも厳しくなっている。

次の