河原町 映画。 MOVIX京都(河原町)上映スケジュール・上映時間:映画館

河原町の映画館情報

河原町 映画

河原町で公開中作品• 風の谷のナウシカ• もののけ姫• 千と千尋の神隠し• ゲド戦記• リトル・ミス・サンシャイン• 美女と野獣• 《シネマ歌舞伎》東海道中膝栗毛〈やじきた〉• ベイビー・ドライバー• ドクター・ドリトル• レイニーデイ・イン・ニューヨーク• Fukushima 50(フクシマフィフティ)• ソニック・ザ・ムービー• デッド・ドント・ダイ• 《METライブビューイング2019-20/ワーグナー『さまよえるオランダ人』》• ランボー ラスト・ブラッド• ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語• 悪人伝• 透明人間• 地獄の黙示録 ファイナル・カット• 今日から俺は!! 劇場版• チア・アップ!• ワイルド・ローズ• 私がモテてどうすんだ• ブリット=マリーの幸せなひとりだち• パブリック 図書館の奇跡• エレファント・マン〈4K修復版〉.

次の

サービス・料金案内|MOVIX京都

河原町 映画

地図 情報 正式名称 京都八千代館 完成 開館 閉館 収容人員 129人 用途 映画上映 旧用途 運営 八千代キネマ株式会社 所在地 〒604-8042 上ル仲之町580番地 最寄駅 最寄バス停 「四条河原町」停留所 特記事項 略歴 1910年10月 八千代館開館 1911年1月1日 に業態変更(京都初の映画館) 2007年12月29日 閉館 2008年3月29日 跡地にWEGO京都店がオープン 京都八千代館(きょうとやちよかん)は、かつて存在した日本のである。 1910年(43年)10月、(現在は)のに、松竹合名(現在の)が 八千代館(やちよかん)として開館 、1911年(明治44年)5月、 第一八千代館(だいいちやちよかん)と改称、1928年(3年)前後に八千代館に名称が戻った。 1940年(昭和15年)前後に一時、 松日劇場(しょうじつげきじょう)と改称したが、すぐに八千代館に名称が戻っている。 1970年代にに業態を転換、2007年(19年)12月29日に閉館した。 京都府における初の常設活動写真館(映画館)として知られる。 沿革 [ ]• 1910年10月 - 八千代館として開館• 1911年1月1日 - に賃貸し常設活動写真館()に業態を変更、京都初の映画館になる• 同年5月 - 第一八千代館と改称• 1928年前後 - 再度、八千代館と改称• 1940年前後 - 松日劇場と改称、1941年には八千代館に戻す• 1944年11月2日 - 戦時体制により以降休館• 1970年代 - に業態を転換• 2007年12月29日 - 閉館 データ [ ]• 所在地 : 上ル仲之町580番地• 現在は同一の建物にが入居• 経営 :• 松竹合名 (1910年 )• (1911年 - 1912年)• (1912年 - 1915年 )• 松竹合名 (1915年 - 1926年)• 八千代キネマ株式会社 (藤田嘉市、1926年 - 1929年 )• 寺田キネマ (、藤田嘉市、1929年 - 1937年)• (1937年 )• 馬淵興行 (1937年 )• 松竹 (、1940年代 )• 八千代キネマ株式会社 (1993年 - 2007年)• 新京極界隈を古くから所有していたがへ移転(その後、に移転)したため、その跡地に建設された。 同社は同館を開館した2か月後の翌1911年(明治44年)1月1日付で、の前身の一社である・のに賃貸に出し、これを映画常設館とした。 映画の常設上映は、京都府内では初のことであった。 同年5月には、の國華座も吉沢商店に賃貸し、これを第二八千代館、同館を 第一八千代館と改称している。 第二京極の狭い地区には、同年1月にが中央電気館(のちの大正座あるいは)を角力常設館として新設したほか、三友倶楽部(のちの)、新富座(のちの京極大映、合併して京極東宝)等の芝居小屋・映画館がひしめき合っていた。 1912年(元年)9月10日、吉沢商店が他の3社と合併し日活を形成、その後は日活が引き続き賃借していたが、1915年(大正4年)、同様に日活が松竹から賃借していた京都歌舞伎座(のちの、新京極四条上ル)、みかど館(のちの、新京極北入ル)、第二八千代館(のちの、西陣京極)とともに、松竹へ返還された。 返還後の同館は、(天活)の作品を興行した。 松竹がを設立し、映画を製作・配給し始めるのは1920年(大正9年)であり、当時は映画については興行のみの会社であったからである。 1925年(大正14年)に発行された『日本映画年鑑 大正十三・四年』によれば、大正末期の同館は、1923年(大正12年)12月に設立されたの作品を興行する映画館になっていた。 当時の新京極には、同館を含めてすでに8館の映画館が営業しており、マキノキネマ(のちの)が同館同様に東亜キネマ、同館の正面に位置した中央館および松竹座(のちの、新京極下ル)、歌舞伎座が松竹キネマ、富士館(新京極四条上ル)が、帝國館(のちの、新京極上ル)が日活、京都キネマ倶楽部(のちの菊水映画劇場)が自由興行として輸入映画を上映していた。 昭和に入り、1927年(昭和2年)に発行された『日本映画事業総覧 昭和二年版』によれば、当時の同館の経営は八千代キネマ株式会社、支配人は藤田嘉市、興行系統は帝国キネマ演芸および、観客定員数は780名であった。 当時の同館では、『』(: The Flaming Frontier, 監督 ()、1926年 )、『』の前篇・後篇(監督、製作配給帝国キネマ演芸 )、『』(監督、製作配給帝国キネマ演芸 )が公開された記録が残っている。 同資料によれば、同館は、第二八千代館、伏見大手座(のちの)とともに、のの系統を意味する「小林系」に分類された。 第二八千代館が西陣八千代館と館名を変更した1928年(昭和3年)前後には、八千代館に館名を戻している 1929年(昭和4年)4月1日には、同館の所在する地域が下京区から分区して、中京区を形成している。 同年の情報が掲載され1930年(昭和5年)に発行された『日本映画事業総覧 昭和五年版』によれば、同館の支配人は藤田嘉市のままであるが、経営が寺田キネマに変わり、興行系統は「洋画」、観客定員数は850名と記載されている。 のを代表とする寺田キネマは、同資料によれば、京都市内外に同館のほか、第二京極とに2つの中央館(のちの中央映画劇場、および)、壬生館(のちの、西入ル)、寶座()、昭和館(のちの、千本通上ル)、()、葵館(出町)、伏見松竹館(のちの、伏見風呂屋町)の合計9館を経営した旨の記載がある。 1937年(昭和12年)2月1日、同館がが経営するの直営封切館になる。 、ら所属俳優による記念披露アトラクションが、同館で連日行われた。 同月14日 - 16日の間には、製作のアメリカ映画『』(監督デイヴィッド・セルマン)の上映とともに、マキノトーキー所属の女優・の男装主演による『勤王の志士半平太』(作演出・)の実演を行っている。 同年4月には同社は解散しており、同年8月8日付の『』によれば、同月1日からは馬淵興行(代表・馬淵弘)に経営が移り、同館では水田雅晴演出によるの実演を上演している。 戦中から戦後へ [ ] が始まり、戦時統制が敷かれ、1942年(昭和17年)、日本におけるすべての映画が同年2月1日に設立されたの配給になり、映画館の経営母体にかかわらずすべての映画館が紅系・白系の2系統に組み入れられるが、『映画年鑑 昭和十七年版』には同館の興行系統については記述されていない。 同資料によれば、当時の同館の経営は松竹( )、支配人は林三郎、観客定員数473名である。 1944年(昭和19年)11月2日付の『』によれば、同日、大日本興行協会京都府支部の決定により、京都市内の映画館のうち11館が同日付で休館に入り、倉庫・雑炊食堂に転換することになった。 このとき同館は、同市面で同じ新京極に分類された京極日活館(のちの新京極シネラリーベ)、河原町映画劇場、あるいは西陣地区の長久座(のちの)、西陣大映劇場(のちの)等とともに休館対象となり、同日付で休館した。 戦後は早くに復興しており、1950年(昭和25年)9月1日には中京区内で営業する18館に数えられている。 当時の同館の経営は千日土地建物(のちの)、支配人はのちの同社取締役の長谷川渉、観客定員数は573名、興行系統はセントラルモーションピクチュアエクスチェンジ(, 内、1952年解体)系列の二番館であり、を封切りから1-2週遅れで公開する映画館であった。 長谷川渉は、当時、同社が経営する京極大映(のちに合併して)の支配人も兼務していた。 1954年(昭和29年)12月15日には、千土地労働組合が越年資金支給をめぐってに突入し、同館および(河原町三条下ル)、(1961年4月閉館、河原町蛸薬師上ル)、(1970年閉館、新京極東入ル)の4館で激しい闘争が行われたという記録が残っている。 1970年代からはに業態を変更した。 1977年(昭和52年)6月24日には、当時、八千代キネマ株式会社の代表取締役社長であった元松竹取締役で白井和夫(の長男)が満50歳で死去している。 1984年(昭和59年)6月23日に公開された『』(監督、配給 )では、同館でロケーション撮影が行われ、その時に制作された『』(監督、日本公開1946年6月20日 )の劇用看板は、末年まで同館で掲示された。 1988年(昭和63年)のの終焉以降は、・が製作・配給するを三本立てで週替わり、連日オールナイト興行を行っていた。 同館の経営は、1993年(平成5年)に日本ドリーム観光がダイエー傘下に入った後に同社から離脱した。 2002年(平成14年)秋からは、日本のピンク映画に並行し、輸入映画の、いわゆる「洋ピン」を番組に取り入れていた。 このころの同社の経営は八千代キネマ株式会社、同社代表は白井松太郎、支配人は岡本正義、観客定員数は2階席も含めて129名であった。 前日からのオールナイト興行の最終回終了をもって、2007年(平成19年)12月29日未明、閉館した。 同館の最後の支配人は岡本正義であった。 同館の建物は現存しており、現在、「」が入居している。 脚注 [ ] []• 437. 473. 679, 302. 283. 585. 、中原行夫の部屋(原典『』1932年1月1日号)、2013年11月1日閲覧。 10-69. 472. 181, p. 392-393. 246. 123. 137, 140, 187. 174. 738. キネマ[1915], p. - (英語), 2013年11月1日閲覧。 、、2013年11月1日閲覧。 、日本映画データベース、2013年11月1日閲覧。 - , 2013年11月1日閲覧。 - , 2013年11月1日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』第4巻通巻第30号、、1915年12月• 『日本映画年鑑 大正十三・四年』、、、1925年発行• 『日本映画事業総覧 昭和二年版』、、1927年発行• 『日本映画事業総覧 昭和三・四年版』、国際映画通信社、1929年発行• 『日本映画事業総覧 昭和五年版』、国際映画通信社、1930年発行• 『映画年鑑 昭和十七年版』、、1942年発行• 『映画年鑑 昭和十八年版』、日本映画協会、1943年発行• 『映画年鑑 1951』、、1951年発行• 『松竹七十年史』、、1964年発行• 『京都府百年の年表 9 芸能編』、、、1971年• 『映画年鑑 2001 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、2001年発行• 『近代歌舞伎年表 京都篇 第10巻 昭和十一年-昭和十七年』、調査養成部調査資料課近代歌舞伎年表編纂室、、2004年5月• 『近代歌舞伎年表 京都篇 別巻 昭和十八年-昭和二十二年補遺・索引』、国立劇場近代歌舞伎年表編纂室、八木書店、2005年4月• 『松竹百十年史』、松竹、2006年2月発行 関連項目 [ ]• (WEGO)• - 八千代館でロケ撮影が行われている。 外部リンク [ ] 画像外部リンク 2005年11月撮影 2008年1月撮影 2008年5月撮影• - 港町キネマ通り(2003年10月取材)• - 新京極商店街振興組合.

次の

歴史あふれる!京都「河原町」でおすすめの観光スポット

河原町 映画

外せない河原町の定番スポット15選 1. 先斗町 昔ながらの京都の町という雰囲気が残るのが「先斗町」です。 古くは花街として栄えたこともあり、舞子さんや芸妓さんをよく見かけるといったイメージのある先斗町ですが、現在はグルメスポットとしても有名です。 昔ながらの雰囲気を楽しみながらグルメも楽しみたい方におすすめです。 先斗町から一歩裏路地に入るとそこはグルメスポットの宝庫です。 京料理やお寿司を食べることのできる定番の料亭はもちろんですが、鉄板焼きや洋食のお店、Barに至るまで一通りのお店が揃っているだけでなく、すべての店が味も雰囲気も抜群です。 ぜひ一度足を運んでみてください。 名称 先斗町 住所 京都市中京区先斗町 サイト 2. 花見小路通 「花見小路通」は京都市を南北に延びる通りの一つ。 外国人をはじめ多くの観光客でにぎわう祇園のメインストリートです。 高級料亭が立ち並び、これぞ京都というイメージですので京都の雰囲気を味わいたい方は外すことのできない場所です。 花見小路通りの南側は伝統的な由緒のあるお茶屋街や料亭が立ち並び京都の雰囲気を醸し出しています。 しかし一方で北側はバーやスナック街といった現代風な通りです。 京都という雰囲気を楽しみたい方は花見小路通りの南側を観光されることをお勧めします。 名称 花見小路通 住所 京都市東山区 サイト 3. 八坂神社 「八坂神社」は厄除けや縁結びの神様で、祇園さんという名で呼ばれており全国の祇園社の総本山です。 毎年7月に八坂神社の祭礼である祇園祭が執り行われますが、祇園祭は日本三大祭として数えられるほど有名なお祭りですので、その時期に合わせて足を運ぶのもおすすめです。 祇園祭は7月1日~31日までの1か月の間で神事や行事が行われます。 その中でも17日(前祭)と24日(後祭)での山鉾巡行と、山鉾を飾って祇園囃子を奏でる宵山(14日~16日、21日~23日)にはたくさんの観光客でにぎわいます。 一度八坂神社で祭りの熱気を味わってみてはいかがですか? 名称 八坂神社 住所 京都市東山区祇園町北側625番地 営業時間 9:00~17:00 サイト 4. 錦市場 京の台所として有名なのが「錦市場」です。 400メートル程の通りに魚や京野菜などの生鮮食品から漬物やおばんざい(京言葉で惣菜のこと)といった加工食品までさまざまな店が軒を連ねています。 ご当地食材の京野菜を使った漬物などはお土産にぴったりです。 錦市場は食べ歩きにもおすすめです。 魚介、惣菜、スイーツなど色々なジャンルの店が、その場で食べられるような商品を安い値段で提供しています。 ゆっくりと時間をかけて錦市場を進みながら、気になる商品を味わってみるのはいかがですか? 名称 錦市場 住所 京都府京都市中京区 サイト 5. 建仁寺 「建仁寺」は京都最古の禅寺で、枯山水の庭や風神雷神図など国宝級の絵画の展示が見どころです。 また建仁寺は禅寺体験として、坐禅体験や写経体験ができますので集中力を高めたい方や心を落ち着かせたい方などにおすすめです。 建仁寺での坐禅体験は、坐禅の座り方の指導を受けたあとで実際に20分間の坐禅や法話を聞くことができます。 個人客は誰でも予約なしで参加可能であり、無料で体験することができます。 忙しない日常から離れて静寂の中で心を落ち着かせてみるのも良いのでは。 名称 建仁寺 住所 京都市東山区大和大路通四条下ル小松町 営業時間 3月1日~10月31日 10:00~16:30(17:00閉門) 11月1日~2月28日 10:00~16:00(16:30閉門) サイト 6. 四条大橋 「四条大橋」は河原町から祇園に向かう道中の鴨川にかかる橋です。 京都の繁華街を結ぶ橋で、終日人でごったがえしていますが、四条大橋から望む鴨川の景色は素晴らしく、観光客を魅了しています。 混雑を差し引いてもおすすめのスポットです。 四条大橋のたもとから鴨川に降りる橋があり、川沿いはデートコースの定番。 カップルが等間隔で座っている描写もメディアに良く取り上げられています。 鴨川沿いをゆっくり歩くのも良いですし、鴨川のきれいな景色を眺めながら腰かけて話しをするのもおすすめです。 名称 四条大橋 住所 京都府京都市東山区川端町 サイト 7. 本能寺 歴史好きの方におすすめなのが「本能寺」です。 歴史の教科書にも出てきますが、織田信長が明智光秀の軍勢によって襲われたとても有名な本能寺の変の舞台となった場所です。 本能寺は日蓮を宗祖とする法華宗本門流の大本山です。 教科書では有名な本能寺の変ですが、概要はなんとなく知っているが詳しくは知らないといった人が大半だと思います。 その舞台は京都の町中にぽつんと存在しており、一人でゆっくり参拝するのもおすすめです。 一度本能寺を訪れてみて歴史に触れてみてはいかがですか? 名称 本能寺 住所 京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522 営業時間 9:00~17:00 サイト 8. 円山公園 「円山公園」は1886年(明治19)に開設された京都市で最も古い公園です。 自然の丘陵を利用して作られた回遊式の日本庭園や四季の花をはじめ、八坂神社の境内などとも隣接しており、自然を満喫するのにおすすめのスポットです。 円山公園は京都随一の桜の名所としても知られています。 特に祇園の夜桜と呼ばれるシダレザクラが公園の中央にあり、その姿は圧巻の一言です。 夜にライトアップされたその姿は見るものすべてを魅了します。 是非一度円山公園に足を運んでみてください。 名称 円山公園 住所 京都市東山区円山町他 サイト 9. 錦天満宮 学問の神である菅原道真公を祀っている「錦天満宮」は合格祈願や学力向上のために大勢の方に参拝されています。 入口は観光客の絶えない活気のある新京極通り沿いにあるのですが、店と店の間にあるため見落とされがちなので提灯を目印にしてください。 錦天満宮の鳥居ですが、パッと見はわかりませんが実は鳥居の端が建物の中まで突き抜けているんです。 色々なテレビでも取り上げられているのでご存知の方も多いかもしれませんが、一度自分の目で確かめるのもきっとおもしろいですよ。 名称 錦天満宮 住所 京都市中京区新京極通り四条上ル中之町537 営業時間 8:00~20:30 サイト 10. 高瀬川 「高瀬川」は鴨川と並行して流れている運河で、かつては物流用として使用されていました。 現在では、高瀬川は川沿いに桜が咲き誇っており桜の名所としても有名。 今や京都らしい風情や趣のある情景になくてはならない存在です。 桜の季節になると、高瀬川周辺はライトアップされ幻想的な雰囲気になります。 約200本もの桜が約1キロメートルもの距離に立ち並んでおり、ライトアップされた桜並木を散策してみれば感動すること間違いなしです。 もちろんデートにもおすすめのスポットですが、家族連れや友達同士でも間違いなく満足できる場所です。 名称 高瀬川 住所 京都府京都市中京区木屋町通沿い サイト 11. 漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム) — 2018年12月月13日午前6時51分PST 旬の素材に対して京料理の伝統と技をふんだんに駆使することで、素材の味を最大限に引き出し最高の料理に仕上げます。 敷地内には庭園もあり、京の街並みも一望できる立地であり、京都の上品な雰囲気を楽しめるお店です。 名称 料亭 左阿彌 住所 京都府京都市東山区円山公園 営業時間 11:30~14:30 16:00~20:00 サイト 15. 六角堂 「六角堂」は聖徳太子が創建した、いけばな発祥の地です。 その名の通り、六角形の屋根が特徴です。 境内には京都の中心とされているへそ石や縁結びの六角柳などの穴場スポットもあり気品を感じることのできる観光スポットです。 六角堂は聖徳太子に関係のあるお寺ということで参拝される方も多いそうです。 境内の中には太子堂があり、そこで六角堂を創建した聖徳太子が祀られています。 歴史好きな方にとっては一度訪れてみる価値はあるかもしれません。 名称 六角堂 住所 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町 営業時間 6:00~17:00 サイト.

次の