證安院 御朱印 郵送。 見開き御朱印を頂ける全国の寺社【まとめ】

【京都府】お寺の御朱印帳42冊まとめ!人気の可愛いオリジナル御朱印帳一覧《随時更新》│福福あそび

證安院 御朱印 郵送

門跡とは、皇族の方が代々住職を務めたお寺のこと。 1090年の創建以降、高い格式を誇り、江戸時代には仮皇居にも指定されました! 修験道の儀式では、法螺貝が用いられるそうで、聖護院門跡の御朱印帳にも法螺貝が描かれています。 秋になると、言葉で表せないほど見事な紅葉が見られる庭園は、大正〜昭和の初めにかけて造園されたそうです! 公開期間中は連日たくさんの方が訪れますが、紅葉や青紅葉を前にすると、誰も言葉を発さずに書院にじっと座って、ただただ見入ってしまうほどの美しさ。 幕府軍にとって長円寺は、多数の仲間を助けたお寺であり、後に戦死者の慰霊碑が建立されました。 長円寺の御朱印帳には、新撰組の隊旗にも用いられた「誠」の字が描かれています。 また、表面には「鬼灯えんま」とあります。 長円寺では、お盆のはじめに故人を迎える《夜閻魔》が開かれます。 参拝者は提灯の明かりを頼りに閻魔様に詣で、故人は鬼灯の明かりを頼りにこちらへ帰ってくるとされていました。 御朱印帳を眺めていると、「誠」も「鬼灯えんま」の文字も、夜の闇にぼんやりと浮かぶ明かりのように見えてきます。 2020年6月現在、コロナウイルスの影響で参拝はできませんが、郵送で御朱印をいただけます!() 志納料:2,000円 住所:〒613-0906 京都府京都市伏見区淀新町681 アクセス:京阪電鉄 京阪本線「淀」駅から徒歩約12分、京滋バイパス「久御山淀IC」下車 約5分 授与時間:午前8時30分〜午後5時 サイズ:大判サイズ 三千院の御朱印帳 三千院(さんぜんいん)は、1200年前、最澄が比叡山に建てたお堂から始まりました。 その後、近江や京都洛中への移転を経て、明治4年に現在の大原の地に移ります。 移転の際に名前も度々変わり、「三千院」と称されるようになったのも明治4年からです。 御朱印帳に描かれているのは、三千院の往生極楽院本堂に安置されている国宝・阿弥陀三尊坐像です。 平安時代の作で、信者が亡くなった時に阿弥陀如来が極楽浄土からお迎えにくる様子が表現されているそうです! 志納料:1,500円 住所:〒601-1242 京都府京都市左京区大原来迎院町540 アクセス:JR東海道本線・山陰本線・奈良線、近鉄京都線ほか「京都」駅からバス、国道161号琵琶湖西縦貫道路「真野IC」下車 約20分 授与時間:午前9時〜午後5時、(11月)午前8時30分〜午後5時、(12月〜2月)午前9時〜午後4時30分 サイズ:大判サイズ 寂光院の御朱印帳 寂光院(じゃっこういん)は、聖徳太子が父の菩提寺として建てたと伝えれられています。 御本尊は、最初は聖徳太子が作った六万体地蔵尊が祀られていたそうですが、現存はしていません。 鎌倉時代から祀られていた御本尊は、平成12年に火災で焼損してしまい、現在は新しい御本尊・地蔵菩薩像が安置されています! 壇ノ浦の戦いで平家が敗れた後、平清盛の娘・徳子(建礼門院)は一人助けられ、寂光院で隠棲していました。 大原は紫蘇と茄子が特産で、それらを塩で漬けた漬物を建礼門院様が気に入り「しば漬」と名付けられました。 毘沙門天(太陽の精霊)• 千手観音(月輪の精霊)• 護法魔王尊(大地の精霊) この三尊を、すべての生命を司る三位一体の御本尊として祀っています。 甲乙丙丁4巻のうち、甲乙巻は平安時代、丙丁巻は鎌倉時代の作と言われていて、国宝に指定されています。 動物たちが人間さながらの暮らしをしていて、勝負をしたり楽しそうに遊びまわっている様子が描かれていて、見ているとこちらまで楽しくなってきます。 高台寺では、鳥獣戯画の人場面が描かれた可愛い御朱印帳のほか、ポストカードや手ぬぐいなど鳥獣戯画グッズもいただけます! 御朱印帳は、現在は薄桃色ともえぎ色(緑)の2種類のようです。 私は2年ほど悩んだ挙句、鳥獣戯画の巻物ミニレプリカもお受けしてしまいました。 824年に合併し、「神護寺」と名前が改められてからは、まだ高野山に入る前の空海に、お寺の一切が託され、対外活動も活発になり宝仏も多く抱えるお寺へと発展していきました。 それから200年ほど経った平安時代の頃は、神護寺はすっかり衰退してしまいます。 復興のための資金として、後鳥羽上皇の院庁「法住寺殿」に荘園の寄進を強要したのが後鳥羽上皇の怒りを買い、廃寺寸前になります。 約10年後、後白河上皇にようやく許され、神護寺の文覚上人と信仰のあった源頼朝らの寄進も受けました。 その後も、火災や謀反の疑い、戦、廃仏毀釈による寺領解体など度々の苦難を乗り越えて、今に至ります。 神護寺の御朱印帳は、繁栄当時の境内図が描かれています! 大覚寺の御朱印帳 大覚寺(だいかくじ)は真言宗大覚寺派の大本山です。 1200年ほど前の平安時代、檀林皇后を妻に迎えて新婚ホヤホヤの嵯峨天皇が、離宮として建てた嵯峨院が大覚寺の前身です。 876年、出家して恒寂と号された嵯峨天皇の孫・恒貞親王を開祖に、嵯峨院は大覚寺として開かれました。 嵯峨天皇が空海に勧められて浄書した般若心経は、60年に1度しか開封されない勅封心経として、今も大覚寺に大切に保管されています。 ほかに、正寝殿の野兎図、大沢池の龍頭舟デザインもあります。 (各1800円) 志納料:1,800円 住所:〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4 アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅から徒歩約20分、名神高速道路「京都南IC」下車 約40分 授与時間:午前9時〜午後5時 サイズ:大判サイズ 清凉寺の御朱印帳 『源氏物語』の中で、光源氏が出家して生涯を終えたお寺が、清涼寺(せいりょうじ)ではないかと言われています。 御本尊の釈迦如来は、清涼寺の開祖・奝然が中国から持ち帰ったもの。 如来像の体内からは五臓六腑(を縫製で作ったもの)や誓文などが発見され、如来像ともども国宝に指定されています! 紺地に寺紋が箔押しされたシンプルな御朱印帳は、清涼寺らしさを感じます。 天皇や貴族からの信仰も厚く、明治維新の頃までは京都御所の内仏殿を守る役目も任せられました。 二尊院の御本尊は阿弥陀如来像と釈迦如来像の二尊で、寺名の由来にもなっています。 紅葉の名所で有名ですが、春には桜、冬は雪化粧をまとった木が綺麗で、季節ごとに違った表情を楽しめます。 御朱印帳は、寺紋の背景に花菱の柄が透けるシンプルなデザインで、色は4種類ありました! 志納料:1,200円 住所:〒616-8425 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27 アクセス:京福電鉄 嵐山本線「嵐山」駅から徒歩約15分、名神高速道路「京都南IC」下車 約40分 授与時間:午前9時〜午後4時30分 サイズ:大判サイズ 祇王寺の御朱印帳 『平家物語』で平清盛の寵愛を受けた、白拍子(=舞。 その踊り子も指す)の祇王。 平清盛は祇王から仏御前に心変わりをし、祇王を追放してしまいます。 その祇王が、母と妹を連れて出家した尼寺が、この祇王寺(ぎおうじ)です! ひっそり静かな境内は、竹と苔が本当に美しくて「大人の京都」が楽しめます。 御朱印帳は竹の隙間から光が優しい差し込む、祇王寺の様子を思い出させてくれるデザイン。 化野の地は昔は葬地で、化野の「化」は死者への輪廻転生や極楽浄土への願いが込められているそうです。 化野念仏寺には、何百何千もの石仏や石塔がずらっと並んでいます。 すべてこの地の人々のお墓で、管理する人がいなくなって無縁仏として山に散乱していた石仏を集め、ここに祀っています。 木や花が並んでいると生命力を感じますが、石塔があたり一面に並んでいる様子は、なんとも言えない雰囲気に満ちていて不思議な感じがしました。 御朱印帳には、石塔のシルエットと桜の花が描かれています。 霊感とか特になくて、気にならない方はぜひ行ってみていただきたいお寺です! 愛宕念仏寺の御朱印帳 愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、766年に聖武天皇の娘・称徳天皇によって建てられました。 愛宕の地にあるため、最初は愛宕寺という名前でしたが、僧・千観は念仏を絶やすことがなかったため「愛宕念仏寺」と呼ばれるようになります。 昭和の戦時中に無住職になり、台風で甚大な被害を受けて廃寺になってしまいます。 昭和30年、寺の再興のために仏像彫刻家の西村公朝が住職になり、復興事業として境内には住職や参拝者の手で彫られた羅漢石像1200体が並べられました。 にこやかな子、仏頂面な子、イケメンなど、様々な表情の羅漢像に心がほっこり和む素敵なお寺です。 御朱印帳は、境内の様子が水彩画のように描かれたデザインです! 志納料:1,500円 住所:〒616-8439 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5 アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅から徒歩約40分またはタクシー約10分、名神高速道路「京都南IC」下車 約50分 授与時間:午前8時〜午後5時(12月〜2月は午後4時45分まで) サイズ:大判サイズ 狸谷山不動院の御朱印帳 タヌキが山伏の格好をしてちょこんと正座している様子がたまらなく可愛い、狸段山不動院(たぬきだにさんふどういん)の御朱印帳! 高野山での修行を終えて、新たな修行場を探していた朋厚法師は、狸谷を次の修行の場と定めます。 狸谷に籠って厳しい修行を続けていると、夢に山伏の格好をした熊野権現が現れ、杖・すりがね・鐘木の三宝を朋厚法師に授けたといいます。 以降、狸谷は全国から参籠者が集まる修行の場として栄えますが、勢いは次第に衰え、明治にはすっかり荒廃します。 明治以降は尼寺の修行道場として、女性が修行に励んだ場所です。 庭園は秋の紅葉が特に綺麗で、庭園を歩き回ったり、本堂に座ってゆっくり眺めるのも楽しいです! 御朱印帳に写っているのは、枯山水の庭・奔龍庭の一部で、奔龍庭は龍が天を自在に飛び回る様子が表現されているそうです。 1509年に建てられ、室町時代の建築様式で建てられた本堂の《床の間》と《玄関》は日本最古のものとして国宝に指定されています。 金閣を擁する庭園は、極楽浄土の様子を表現しています。 足利義満の死後、遺言でお寺「鹿苑寺」になりました。 金閣寺は実は通称で、鹿苑寺が正式名称です! 御朱印帳には、まばゆい金閣と雅やかな庭園、金閣寺のてっぺんにいる鳳凰が描かれています。 金閣寺は修学旅行で初めて伺いましたが、拝観の時にいただいたお札が、今も実家に貼ってあります。 志納料:1,200円 住所:〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33 アクセス:京福電鉄 嵐山本線「御室仁和寺」駅から徒歩約5分、名神高速道路「京都南IC」下車 約40分 授与時間:午前9時〜午後4時30分、(12月〜2月)午前9時〜午後4時 サイズ:通常サイズ 銀閣寺の御朱印帳 銀閣寺(ぎんかくじ)は東山慈照寺がは正式名称です。 行ったことがなければ、初めて聞きますよね〜! 金閣寺は足利義満の山荘・北山殿でしたが、銀閣寺は足利義政の山荘・東山殿が元になっています。 小学生の時の歴史の授業では、「銀を張るためのお金が幕府になかった」と習いましたが、義政が自身の思う「簡素枯淡の美」をすべて投影して建てた見事な山荘だったそうです。 銀閣寺の御朱印帳もシンプルで、静かな余韻というか情緒というか余裕というか、そんな良さを感じる素敵な一冊です。 志納料:1,300円(御朱印代込み) 住所:〒606-8402 京都府京都市左京区銀閣寺町2 アクセス:JR東海道本線・山陰本線・奈良線、近鉄京都線ほか「京都」駅からバス、名神高速道路「京都南IC」下車 約30分 授与時間:午前8時30分〜午後5時、(12月〜2月)午前9時〜午後4時30分 サイズ:大判サイズ 永観堂(禅林寺)の御朱印帳 京都の中でも随一の紅葉の名所、永観堂(えいかんどう)は浄土宗西山禅林寺派の総本山です。 平安時代の初めに、空海の弟子・真紹によって建てられました。 御本尊のみかえり阿弥陀像は左肩越しに振り返るように顔を横に向けている、珍しい像です! 元々は東大寺の宝蔵に保管されていましたが、当時東大寺の僧だった永観がその像を見たとき、阿弥陀像から声が聞こえ、像は永観に託されることになりました。 永観は阿弥陀像を背負って京都に向かう途中、阿弥陀像を取り戻そうと東大寺の僧が追いかけてきますが、像は永観の背中にぴったりくっついて離すことができなかったそうです! のちに永観は禅林寺に隠遁し、永観堂と呼ばれるようになりました。 永観堂の御朱印帳は、永観堂を象徴する紅葉のデザインです。 40面にも渡る超大作で、左側の水を飲んでいる虎の絵が特に有名です! 志納料:1,700円 住所:〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町86 アクセス:京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅から徒歩約10分、名神高速道路「京都東IC」下車 約20分 授与時間:午前8時40分〜午後5時、(12月〜2月)午前8時40分〜午後4時30分 サイズ:大判サイズ 誓願寺の御朱印帳 誓願寺(せいがんじ)は、清少納言や和泉式部からの信仰も厚く、両名とも誓願寺で仏門に帰依したことから女人往生のお寺として有名です。 創建は古く667年で元は奈良にありましたが、鎌倉時代に京都に移り、豊臣秀吉が勢威を振るった頃に現在地に移りました。 豊臣秀吉の側室・松の丸殿(大河ドラマ「江」で賑やかだった京極竜子)は、誓願寺移転の際にかなりの援助をし、たくさんのお堂が並ぶ大規模なお寺になったと言います。 御朱印帳には和泉式部が箔押しで描かれています。 若冲や弟子たちの作品も多く保管されており、御朱印帳には若冲の描いた「竹に雄鶏図」と「髑髏図」がデザインされています! 若冲にまつわるイベントや展示も度々行われていて、若冲ファンにとってこの上ない聖地です。 ドクロの描かれた御朱印帳は珍しい、というよりこれしか知らないので、一目見て絶対欲しい!と思いました。 門跡とは、皇室や公家が出家して住職を務める、格式高いお寺のこと。 青蓮院門跡も、明治時代までほぼ皇族が住職を務められました。 御本尊は熾盛光如来曼荼羅(しじょうこうにょらいまんだら)で、「ボロン」という梵字の背景が宇宙を表す青で塗られている、2mほどの掛け軸だそうです。 青蓮院門跡の御朱印帳も、心がすうっと落ち着く青が綺麗な蓮のデザイン。 火の鳥・迦楼羅をイメージした、真っ赤な御朱印帳もありました!(1000円) 志納料:1,000円 住所:〒605-0035 京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1 アクセス:京都市営地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約5分、名神高速道路「京都東IC」下車 約20分 授与時間:午前9時〜午後5時 サイズ:大判サイズ 長楽寺の御朱印帳 「洛中随一の絶景」と言われ、数々の歌や『今昔物語』や『平家物語』の中にも登場する、長楽寺(ちょうらくじ)。 創建は805年で、当時は延暦寺の別院として建てられましたが、現在は時宗のお寺です。 高台寺というと、御朱印帳にも書かれている「夢」の字が有名です! この夢は、高台寺の庫裏にある衝立に書かれた文字で、《dream》や《野望》の意味ではなく、禅の世界では《儚い》を意味するそうです。 北政所が眠る霊屋は、安土桃山時代の蒔絵で彩られ、それらの優美な蒔絵やその様式は「高台寺蒔絵」と呼ばれます。 お寺全体が、どことなく優しい母のような雰囲気に満ちていて、心が安らぐ素敵なお寺です! 志納料:1,000円 住所:〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町526 アクセス:JR東海道本線・山陰本線・奈良線、近鉄京都線ほか「京都」駅からバス、名神高速道路「京都東IC」下車 約20分 授与時間:午前9時〜午後5時30分(拝観受付終了は午後5時) サイズ:大判サイズ 清水寺の御朱印帳 京都観光の大定番!清水寺(きよみずでら)は、今から約1200年前に観音霊場として開かれました。 当時から、たくさんの人が詣でる人気のお寺だったようです。 奈良の僧・賢心の夢に、白衣を着た老人が現れて「清泉を求めて北に行け」と告げます。 賢心は、今の清水寺が建つ音羽山で清らかな滝を見つけ、行叡居士という老仙人から「この霊木で千手観音を作り、この霊場を守って欲しい」と霊木を託されました。 のちに坂野上田村麻呂が音羽の滝で賢心と出会い、賢心が語る観音菩薩の教えに感銘を受けて清水寺を建てたといいます。 御朱印帳に描かれている「清水の舞台」は特に有名! 江戸初期の建物と聞いて、どうやってこんなの作るんだあ〜と、修学旅行で行った時に度肝を抜かれた覚えがあります。 舞台から見る紅葉も最高に綺麗で、人が少ない早朝は本当にスイスイ歩けるので特にオススメです! 志納料:1,500円 住所:〒605-0811 京都府京都市東山区小松町大和大路通四条下る四丁目小松町586 アクセス:阪急電車「河原町」駅から徒歩約7分、名神高速道路「京都南IC」下車 約25分 授与時間:午前10時〜午後5時 サイズ:大判サイズ 建仁寺の御朱印帳 建仁寺(けんにんじ)は、建仁2年(1259年)に建てられことが名前の由来になった、京都最古の禅寺です。 源頼朝より寺領を寄進され、明治時代の廃仏毀釈以前は現在の倍以上の領地を持つ大きなお寺でした! 建仁寺には貴重な美術作品が多く、古いものだと国宝の風神雷神の屏風や、雲龍の襖絵。 最近のものだと開山800年記念で描かれた双龍図や、小書院の襖絵「凪」「船出」など。 いずれも、ダイナミックでため息の出る素敵な作品ばかりです! 御朱印帳は、この龍雲図デザインのほかに、風神雷神、小坊主のこぼんさんデザインもありました!(各1400円) 志納料:1,400円 住所:〒605-0811 京都府京都市東山区小松町584 アクセス:阪急電車「祇園四条」駅から徒歩約7分、名神高速道路「京都南IC」下車 約20分 授与時間:午前10時〜午後5時 サイズ:大判サイズ 壬生寺の御朱印帳 壬生寺(みぶでら)といえば、新撰組が近くに屯所を構え、稽古を行っていたゆかりの寺として有名です。 新撰組隊士の供養塔やお墓があり、今も、歴史から小説からドラマからゲームなどあらゆるジャンルの新撰組ファンが訪れるそうです!(どれも好き) こちらの派手派手で賑やかな地蔵菩薩デザインの御朱印帳は、境内に新撰組隊士がいます! 「誠」の字や刀が描かれた新撰組デザインの御朱印帳は、ピンク(2000円)と浅葱色(1800円)の2種類があります。 元々、智積院は高野山にある大伝法院というお寺の塔頭でしたが、大伝法院が和歌山の根来山に移るのと一緒に、智積院も根来山に移転します。 勢力が大きくなると豊臣秀吉と対立するようになり、根来山は豊臣軍によって焼き滅ぼされてしまいました。 秀吉が亡くなると智積院再興の地を京都に定め、徳川家康より秀吉が建てた寺社領を与えられ、再興を果たします。 。oO 御朱印帳にもプリントされている長谷川等伯の障壁画(国宝)は、秀吉が息子・棄丸の菩提寺として建てた祥雲禅寺の障壁画でもありました。 松や草花がダイナミックに描かれた力強い障壁画は、収蔵庫で見ることができます! 志納料:1,800円 住所:〒605-0951 京都府京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964 アクセス:京阪電鉄「七条」駅から徒歩約10分、名神高速道路「京都南IC」下車 約15分 授与時間:午前9時〜午後4時 サイズ:大判サイズ 三十三間堂の御朱印帳 1000体の千手観音で有名な三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は、後白河上皇が院政を行った院庁内に造られました。 千手観音の中央に座る大きな千手観音座像が御本尊で、腕42本で1000本を表しています。 堂内にずららら〜っと並ぶ千手観音像は、124体が平安時代の作で、残るは鎌倉時代に16年かけて造られていきました。 観音菩薩は33種類の見た目に変身して困っている人を助ける、と言われていて、三十三間堂の内部の柱も33本です! 1000は無限を表し、無限の救いがあることを示しています。 とことん数字にこだわる三十三間堂! また、正式名は蓮華王院で、三十三間堂は本堂の名前だそうです。 御朱印帳は、本堂の三十三間堂が描かれたシンプルなデザインです! 志納料:1,200円 住所:〒605-0981 京都府京都市東山区本町15-778 アクセス:JR奈良線・京阪電鉄「東福寺」駅から徒歩約10分、名神高速道路「京都南IC」下車 約15分 授与時間:午前9時〜午後4時、(11月〜12月第一日曜日)午前8時30〜午後4時、(12月第一日曜日〜3月)午前9時〜午後3時30分 サイズ:大判サイズ 勝林寺の御朱印帳 勝林寺(しょうりんじ)は東福寺の塔頭で、1550年に創建されました。 御本尊の毘沙門天は、145cmほどもある等身大の木造で、長らく東福寺の仏殿の天井裏にしまわれていたものを、江戸時代になって発見し、勝林寺の御本尊として祀ったそうです。 勝林寺は御朱印と御朱印帳に力を入れていて、デザインもカラーバリエーションも種類豊富! 期間限定だったり数量限定のものも多く、ビビッとくるものが頒布開始されたらお見逃しなくです〜! 私は毘沙門天のデザインをいただきましたが、大日如来や不動明王デザインの御朱印帳もあります。 志納料:1,400円 住所:〒605-0981 京都府京都市東山区本町15-795 アクセス:JR奈良線・京阪電鉄「東福寺」駅から徒歩約10分、名神高速道路「京都南IC」下車 約15分 授与時間:午前10時〜午後4時 サイズ:大判サイズ 泉涌寺の御朱印帳 泉涌寺(せんにゅうじ)は、真言宗泉涌寺派の総本山で、鎌倉〜江戸時代にかけての皇族のお墓もあることから、皇室の菩提寺として「御寺(みてら)」とも呼ばれています。 855年に仙遊寺として開かれ、1226年に現在の寺領に移ってからは「泉涌寺」と改められました。 移転のために現在の地に伽藍を建てる際、敷地内の一角から水が湧き出し、その水は今まで枯れることなく湧き出ているそうです! 泉涌寺の御朱印帳は、参道の坂から見た仏殿(重要文化財)と、色づき始めた紅葉、雪見灯籠のデザインです。 都が長岡京から平安京に移ると、平安京鎮護のために東寺と西寺が建てられました。 完成後は空海に東寺が託され、空海は境内の御影堂で生活を始めます。 西寺は守敏という僧に下賜されましたが、西寺は度々の火災に合い次第に勢いが衰え、廃寺になりました。 御本尊は薬師如来で、日光菩薩、月光菩薩といずれも3m近い大きな像が金堂に並ぶ様子は圧巻です! 東寺の御朱印帳はこの桜のほかに、紅葉、亀、市松模様に桜のデザインが各大小サイズありました!(大1600円、小1300円) 鈴虫寺(華厳寺)の御朱印帳 鈴虫寺(すずむしでら)は、正式名称は華厳寺(けごんじ)といい、華厳宗を再興するために1723年に建てられました。 のちに改宗し、現在は臨済宗のお寺です。 お堂の中では、鈴虫の音が「リーン、リーン」と鳴っています。 なんせ飼ってますからね! 昔この周辺には鈴虫がいっぱいいたんじゃよ…とかじゃなく、お堂の中で虫かごいっぱいに鈴虫を飼っていて、住職さんの面白い説法のBGMとして元気よく鳴いています。 先代のご住職が、坐禅の最中に鈴虫の音を聞いて、「限られた命の中で精一杯生きる」という意志を感じたそうです。 開山は874年。 聖宝が5色の雲に誘われて笠取山の山頂にたどり着くと、湧き水を飲んでいる老人と出会います。 この地に寺を開きたいと聖宝が告げると、老人は実は土地神で「寺を長く守ってあげよう」とのお許しを得て、醍醐寺が開かれたそうです。 湧き水は醍醐水と呼ばれ、境内の上醍醐で飲むことができます! 「醍醐」とは仏典の中で「最上級のもの」の例えとして使われる、乳製品です。 今は製法が失われて、目にすることも口にすることもできませんが、濃厚でヨーグルトに近いらしいです。 聖宝と出会った老人は水を飲んで「甘い!醍醐なるかな!」と言い、聖宝もそう思ったことから「醍醐寺」や「醍醐水」の名がつきました。 平安時代と聞いて頭に浮かぶイメージそのもののような、優雅な建築で、鳳凰堂は池の中に建っています! 鳳凰が翼を広げているように見えるので鳳凰堂と呼ばれるようになりました。 御本尊の阿弥陀如来像は、平安時代の仏師・定朝の作で、「仏像彫刻の理想」と言われるほど美しい像だそうです。 京都市左京区 常林寺 聖護院門跡 金戒光明寺 安楽寺 霊鑑寺門跡 大蓮寺 法乗院 瑠璃光院 実相院門跡 京都市北区 光悦寺 大徳寺真珠庵 妙心寺養徳院 京都市右京区 龍安寺 平等寺 妙心寺 妙心寺隣華院 妙心寺大雄院 妙心寺長興院 妙心寺退蔵院 弘源寺 天龍寺 天龍寺宝厳院 證安院 京都市上京区 妙蓮寺 本法寺 妙顕寺 相国寺 教法院 京都市東山区 毘沙門堂門跡 建仁寺両足院 建仁寺久昌院 六波羅蜜寺 六道珍皇寺 日體寺 法住寺 東福寺天得院 京都市中京区 大福寺 本能寺 永福寺(蛸薬師堂)神泉苑 京都市下京区 本光寺 京都市伏見区 石峰寺 長円寺 京都市山科区 随心院 京都市西京区 浄住寺 十輪寺 宇治市 萬福寺 興聖寺 長岡市 楊谷寺 八幡市 泰勝寺 木津川市 岩船寺 宇治田原町 正寿院 南丹市 清源寺 まとめ 京都府のオリジナル御朱印帳がいただけるお寺をまとめました! 何度行っても、またすぐに行きたくなってしまう魔力、いえ魅力!が京都にはありますよね! いつも新しい魅力と驚きがあって、大好きな街です。 毎年京都に行ってますが、寺社はまだ半分も回りきれていません>< まだまだ、まだまだ伺いたい寺社がたくさんあるので、新しい御朱印帳をいただき次第、追加していきます。

次の

京都のかわいい&カッコいい人気の御朱印帳10選。マップ付き!

證安院 御朱印 郵送

京都の神社・お寺で購入したオリジナル御朱印帳を一覧で掲載します。 最近は御朱印が人気のせいか、以前は大きな寺社でしか取り扱いがなかったのですが、このところ取り扱う寺社が増えてきたので再訪して購入したりしています。 新しいものを増えたら順次付け加えていきます。 南禅寺や建仁寺など紙質の良い御朱印帳がおすすめです。 スポンサードリンク 京都市北区 上賀茂神社 王城鎮護の神社として崇敬を受ける。 官幣大社の筆頭。 ご縁があって賀茂競馬にご招待いただいたことがあります。 五月のうららかな日差しの中で1日王朝気分を楽しめました。 関連記事 金閣寺 もとは足利義満の政庁。 京都の代表的な観光地で修学旅行の定番。 色鮮やかなゴージャスな御朱印帳です。 今宮神社 3代将軍家光の側室で5代将軍綱吉の生母「桂昌院」に縁のある神社で、別名「玉の輿神社」の呼ばれる。 創建は古く、平安遷都寺にはすでに当地に社があったとされ、以降、厄神を祀る神社として、朝廷・民衆・武家からの厚く崇敬されている。 大仙院 大徳寺塔頭。 永正6年(1509年)の創建で、大徳寺の22の塔頭中、北派本庵として最も尊重重視される名刹。 本堂の玄関は日本最古の玄関とされ、国宝に指定されている。 京都市北区の御朱印はこちら 京都市上京区 北野天満宮 太宰府天満宮とともに天神信仰の中心。 天暦元年(947)創建。 その後に藤原氏による大規模な造営があった。 正暦4年(993年)正一位・右大臣・太政大臣が追贈。 以降も朝廷から厚い崇敬を受けた。 以前はオリジナル御朱印帳がなかったのですが、昨今の御朱印ブームもあり作成されたようなので購入しました。 大将軍八神社 平安京建設時に、王城鎮護のため都の方除け乾(戌亥・北西)の天門守護として造営されたという。 一条通・大将軍商店街は妖怪ストリートとして有名だそうで、参拝当日は「モノノケ市」という妖怪アートのフリマ・イベントをやっていました。 晴明神社 陰陽師の安倍晴明を祀った神社。 アイススケートの羽生結弦選手ゆかりの神社としても知られ、他の寺社とは参拝客の層が明らかに違います。 護王神社 道鏡事件で知られる和気清麻呂を祀った神社。 もとは神護寺内にあったが明治天皇が御所近くの当地に遷座した。 足腰の神様としても知られる。 京都市上京区の御朱印 スポンサードリンク 京都市左京区 平安神宮 明治28年平安遷都を行った天皇である第50代桓武天皇を祀る神社として創祀された新しい神社。 御朱印帳のデザインは京都を護る四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)がモチーフ。 金戒光明寺 知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の七大本山の一つ。 文久2年(1862年)には、会津藩の京都守護職の本陣となったことでも知られる。 聖護院門跡 本山修験宗総本山。 日本の修験道における本山派の中心寺院。 近くに和菓子の聖護院八ツ橋本店がある。 大蓮寺 洛陽三十三所観音霊場第八番札所。 「走り坊主」の通称で呼ばれた、18世住職の籏玄教(はたげんきょう)がモチーフだそうですが、どういう方か全然知りませんでした。 明治・大正時代の京都市中を勧請のため一日中走ることで知られた方だそうです。 下鴨神社 上賀茂神社とともに賀茂氏の氏神を祀る。 京都の社寺で最も古い神社の一つ。 摂社に女性の守護神河合神社があり、そちらも御朱印をいただける。 銀閣寺 室町幕府八代将軍の足利義政によって造営された山荘東山殿を起原とし、義政の没後、臨済宗の寺院となり義政の法号慈照院にちなんで慈照寺と名付けられた。 拝観入口を入ってすぐに御朱印受付があるので、そこで御朱印をお願いしてから拝観します。 南禅寺 臨済宗南禅寺派大本山。 京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院。 日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。 亀山法皇開基の日本最初の勅願禅寺。 御朱印帳の絵柄は狩野探幽筆「重要文化財 群虎図」。 南禅寺本坊小方丈の障壁画「水呑みの虎」。 永観堂(禅林寺) 京都紅葉名所。 古今集に「モミジの永観堂」と詠まれる。 紅葉の絵柄だったので購入しましたが銘が入っていないのでオリジナルかどうかわかりません。 関連記事 京都市左京区の御朱印 京都市中京区 壬生寺 「壬生大念仏狂言」を伝える寺。 幕末には新選組の屯所となったことで有名。 御朱印帳の質感は今一つです。 新選組の「誠」デザインの新しい御朱印帳が発売されたようで再訪したら購入します。 誓願寺 新京極通りにある。 浄土宗西山深草派の総本山。 女人往生のさきがけとして知られ、絵柄になっている和泉式部や清少納言ゆかりの寺。 芸事の成就の寺としても知られ、落語発祥の地でもある。 御朱印帳は三十三間堂や銀閣寺と同じ質のもので、絵柄は綺麗ですが紙質は普通です。 スポンサードリンク 京都市東山区 創祀は656年とも伝えられ、794年の平安遷都以前から祀られてきた。 京都三大祭りの祇園祭は当社の祭事。 こちらも新しいデザインの御朱印帳が出ているようです。 建仁寺(風神雷神) 臨済宗建仁寺派大本山。 開山は日本に臨済宗を最初に伝えた栄西。 建仁2年(1202年)に鎌倉幕府2代将軍である源頼家の援助により建立された。 絵柄は俵屋宗達の「風神雷神図」。 建仁寺(雲龍) 絵柄は海北友松の建仁寺本坊大方丈障壁画のうち雲龍図襖。 高台寺 豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院。 京都の観光エリアの中心にあり、ライトアップをするなど観光サービスに積極的。 知恩院 浄土宗総本山。 法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた。 徳川幕府の庇護を受け壮大な伽藍が形成され、特に徳川秀忠建立の三門はわが国最大級。 豊国神社 豊臣秀吉を祀った神社。 徳川家の命により廃絶となったが、明治に入り明治天皇の勅命により再興された。 三十三間堂 後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。 平清盛の尽力により1266年に建立。 応仁の乱などでほぼ全焼した洛中にある建物の中で大報恩寺本堂に次いで古い。 泉涌寺 皇室の菩提寺として「御寺(みてら)泉涌寺」と呼ばれている。 絵柄が大変美しく気に入っています。 紙質が普通なのが残念です。 東福寺 摂政九條道家が奈良における最大の寺院である東大寺、藤原氏の氏寺で奈良で最も盛大を極めた興福寺からそれぞれ「東」「福」の一字を取って建長7年(1255年)に建立。 日本最古にして最大級の伽藍を持つ。 紅葉の名所として知られる。 こちらの御朱印帳は紅葉の時期の特別版。 勝林寺 東福寺塔頭。 毘沙門堂に安置される毘沙門天は平安中期の作とされる。 観光客の受け入れに積極的で御朱印も数種類あります。 御朱印帳は紙質が良くページ数も多い素晴らしいもの。 関連記事 京都市東山区の御朱印 スポンサードリンク 京都市右京区 大覚寺 嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院。 後宇多法皇がここで院政を行い「嵯峨御所」と呼ばれた。 両統迭立における亀山法皇(後宇多法皇の父)から続く系統は当寺にちなんで「大覚寺統」と呼ばれている。 仁和寺 888年に光孝天皇の勅願により創建。 出家した宇多法皇が住したことから「御室御所」と称された。 桜の名所として知られる。 シンプルで美しいデザインの御朱印帳。 関連記事 妙心寺 臨済宗妙心寺派大本山。 開基は花園天皇。 絵柄は法堂の天井に描かれた狩野探幽 筆「雲龍図」。 退蔵院 妙心寺の塔頭寺院。 絵柄は国宝「瓢鮎図」で初期水墨画の代表作。 天龍寺 京都五山第一位。 足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立。 開山は夢窓疎石。 寺の建設資金調達のため、天龍寺船という貿易船が出されたことでも知られる。 夢窓疎石作庭の池泉回遊式庭園は特別名勝及び史跡に指定されている。 弘源寺 天龍寺塔頭。 永享元年(1429)室町幕府の管領であった細川持之が創建。 虎嘯の庭や竹内栖鳳とその一門の作品でも知られる。 宝厳院 天龍寺塔頭。 「獅子吼の庭」は嵐山の景観を匠に取り入れた借景式山水回遊庭園。 御朱印帳のデザインにもなっている本堂襖絵「風河燦燦三三自在」は田村能里子画伯の手によるもの。 常寂光寺 安土桃山時代の慶長年間に日蓮宗大本山本圀寺十六世日禎が隠棲の地として開山。 紅葉の名所として知られ、もとは藤原定家の山荘「時雨亭」があったと伝わる。 日蓮宗のお寺ですが御首題はこちらの御朱印帳に記入済みのものだけでした。 紅葉の時期だったからなのかはわかりません。 二尊院 二尊院というの名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像に由来する。 平安初期に円仁により建立されたとされるが荒廃。 鎌倉時代に再興された。 総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は紅葉の名所として知られる。 祇王寺 平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王と仏御前が出家のため入寺した寺として知られる。 明治時代に一時廃寺になるほど衰退したが1905年富岡鉄斎らの尽力もあって復興した。 この一帯は壇林寺と滝口寺とともに一時廃絶したお寺が並びます。 どこも歴史的な重みを感じません。 證安院 さつきの寺として知られる、嵯峨野路にある小さなお寺。 御朱印に力を入れておりかわいい絵柄の御朱印を書いていただける。 御朱印帳にもこだわっていて紙質の良いすばらしい御朱印帳。 御朱印の種類も多いがたくさん書いていただくとかなりお金が必要になるので注意。 化野念仏寺 嵯峨野路の一番奥にあるお寺。 空海が建立し法然が念仏道場を開いた。 境内に約8000体ある石仏・石塔は明治36年に一帯の無縁仏を集めたもの。 独特の雰囲気がありますが、私はどうもここは苦手のようです。 清涼寺(嵯峨釈迦堂) 御本尊はインド - 中国 - 日本と伝来した「三国伝来の釈迦像」で国宝。 中世以来「融通念仏の道場」としても知られている。 関連記事 京都市右京区の御朱印 スポンサードリンク 京都市山科区 毘沙門堂 天台宗京都五門跡の一つ。 代々、法親王が住持する。 前身の出雲寺は荒廃していたが江戸時代に天海により復興した。 春は桜、秋は紅葉が美しいことでも知られる。 京都市山科区の御朱印 京都市西京区 松尾大社 大宝元年(701年)創建。 お酒の神様として知られる。 秦氏の氏神として奉斎され、東の賀茂神社に対し、西の王城鎮護社に位置づけられた。 小ぶりのサイズですが質感の良い御朱印帳です。 京都市西京区の御朱印 京都府八幡市 石清水八幡宮 平安時代の初期(860年)に宇佐八幡から勧請。 京都の裏鬼門(南西)を守護する王城守護鎮護の神社であり、源氏からは武神として崇敬された。 ゴージャスな絵柄の御朱印帳。 八幡市の御朱印 京都府宇治市 宇治平等院(鳳凰) 藤原氏ゆかりの寺院で関白・藤原頼通が開基。 西方浄土を現した阿弥陀堂(現・鳳凰堂)が建立した。 宇治平等院(鳳凰堂) こちらは鳳凰堂をデザインしたもの。 両方とも紙質の良い御朱印帳でおすすめ。 宇治市の御朱印 京都府長岡京市 長岡天満宮 当地に菅原道真の所領があり、在原業平らと共にしばしば詩歌管弦まどを楽しんだとされている。 道真が大宰府へ左遷された時、長岡に立ち寄り、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだという。 汎用の御朱印帳とあまり変わらない気がします。 京都府亀山市 出雲大神宮 丹波国一宮、創建の年代は不詳。 社殿は和銅2年(709年)に創建されたと伝える。 社殿によれば出雲大社が出雲大神宮からの分霊という。

次の

見開き御朱印を頂ける全国の寺社【まとめ】

證安院 御朱印 郵送

どこの神社やお寺が郵送対応が可能なの? 季節限定の特別な御朱印も郵送可能? 御朱印帳も郵送可能? 郵送の依頼申込方法は? など、 関東~関西を中心に新型コロナウイルス感染拡大の影響で、 「御朱印の郵送対応」が可能になった寺社仏閣のを調査しましたのでお役立てください。 (2020. (2020. (2020. まとめ 各エリアの郵送可能な御朱印は随時更新予定です。 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、参拝できない参拝希望者のために、特別に 「遥拝」として御朱印や御朱印帳を郵送対応してくださる神社やお寺を調査しました。 申込の方法は神社やお寺によって様々です。 メールでお問い合わせの後、郵送方法を指示してくださるところ、 現金書留で必要な初穂料をすべて送金する方法、専用の 注文フォームにて対応するところ、など公式サイトを覗くと多種多様なのがうかがい知れます。 本来ならば、「参拝の証」である御朱印が、緊急な状況教に対応したり、人々のニーズに合わせたりと、時代の移り変わりを感じます。 ただし、こういった状況でも、一人一人の 「平和を願う気持ち」が大切です。 御朱印集めではなく、お参りしたい神社やお寺の神様や仏さまに気持ちを寄せ、「平和への祈り」「コロナ収束への祈り」を届けましょう。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の