キャンプ レシピ。 キャンプレシピおすすめ16選!おしゃれで簡単!人気のアウトドア料理はこれ!

【缶詰レシピ】キャンプやおうちでも缶詰アレンジレシピがおすすめ

キャンプ レシピ

スキレットは鉄でできたフライパンです。 鉄製なので、 ・熱伝導がゆっくりなこと ・蓄熱性が高いこと の2つが家庭用のフライパンと比較した時の大きな特徴です。 つまり、調理している具材の中まで火をしっかりと通したり、そのまま食卓に並べて食事をすることが可能です。 キャンプ飯でスキレットが頻繁に利用される理由 1,スキレットは直火で調理できる また鉄製のスキレットは家庭用のフライパンと比較して、 直火にも耐えることが可能です。 焚き火を利用して直火にかけて高温調理している画像を見た経験がある方も多いのではないでしょうか? 直火で高温調理ができることが、キャンプ飯でスキレットが多く利用される理由です。 2,薪ストーブの上でもスキレットで調理できる 薪ストーブの上では、スキレットでの料理も可能です。 冬キャンプで使うキャンパーの方も多い薪ストーブですが、暖房としてだけではなくキャンプ飯での利用用途もあります。 簡単に作れるキャンプ飯「アヒージョ」について みなさんもアヒージョをスペイン料理屋さんなどで食べたことがあると思います。 アヒージョは、オリーブオイルとにんにくで具材を煮込んだ料理のことです。 味はもちろんのことながら、具材をお好みで選ぶことが出来たり、最後にバケットを浸して食べることができるので、とても人気なスペイン料理の1つです。 まずはベーシックなアヒージョの材料、調理方法やレシピなどについてご紹介します。 簡単に作れるキャンプ飯「アヒージョ」の材料(2人前) アヒージョに入れる具材は様々。 正直何を入れても味付けは簡単で、 料理やキャンプ初心者の方で美味しく料理することができます。 以下に代表的な具材を記載しますが、色々調べながら食べたい材料をお好みで入れるのが一番です。 ・お好きな具材 ・オリーブオイル 100cc(具材の半分以上が沈む量) ・鷹の爪 1本 ・にんにく2片 ・塩少々 ・バケット 簡単に作れるキャンプ飯「アヒージョ」の調理方法や手順(レシピ) 下準備 にんにくはみじん切り、鷹の爪は中の種をとっておきます。 1,オリーブオイルを弱火で温め、にんにくで香りづけします。 2,材料を入れて、引き続き弱火で煮込んでいきます。 (焚き火でやる場合は、温めすぎないように注意してください!たまに火から離しても冷めにくいので大丈夫です!) 3,最後に塩と鷹の爪で味を整えて完成です。 お好きな具材と入れましたが、個人的にはカマンベールチーズがオススメです! バケットや他の具材と絡ませて食べると絶品ですよ! 簡単に作れるキャンプ飯「アヒージョ」の調理方法や映えるためのコツ あくまで弱火でじっくり料理することがオススメです。 焚き火の強い火力でにんにくを焦がしてしまうなんてことがないように、、、 また、映えるためのコツとしては、具材の彩りを気にするといいですね。 特に ・ブロッコリー ・プチトマト ・エビ ・パプリカ あたりはアヒージョに彩を加えるのにおすすめですよ! キャンプ料理の鉄板調理器具「スキレット」のデメリットは? インスタ映えもして、料理も美味しく作ることが可能なスキレットですが、 どんなデメリットがあるのでしょうか? それは、メンテナンスが大変なことです。 スキレットは鉄製ですので、濡らしたまま置いておくと一瞬で錆びてしまいます。 スキレットが錆びるのを防ぐためにシーズニングというお手入れが重要になります。 一般的なスキレットのシーズニング方法に関しては、以下の記事をご覧ください。 様々な方の映えるアヒージョinstagram投稿を一挙紹介 お好みの具材と言ってもキャンプ初心者の方だと、どんな具材で料理すればいいのか簡単にはわからないですよね? Instagram(インスタグラム)で人気のアヒージョに関する投稿をこちらで一挙ご紹介していきます。

次の

ローストビーフの作り方!キャンプでできる簡単レシピ|マウンテンシティメディア

キャンプ レシピ

道具も限られたり、火加減が難しかったり、材料も制限されたり。 特に初心者キャンパーさんにはハードルが高いと思います。 5 ・カットトマト:1箱 ・塩:少々 ・オリーブオイル:適量 詳しいレシピはこちら: ビーフストロガノフ 出典: 初めてのキャンプでは、いろんなところに気が散って、普段ならしないような失敗をしてしまうこともあります。 ホットドッグ 出典: キャンプではさっぱりしたサラダも食べたくなりますが、野菜だけでは味気ない料理になってしまいます。 ホットサンド 出典: キャンプでもあったかいご飯が食べたいですよね。 玉ねぎとにんにくをみじん切りにしたものをいれた器にラップをして、レンジで1分30秒加熱し、しばらく置いて冷ましておきましょう。 その間にベーコンを切り、表面がカリカリになるまで炒めます。 2つが冷めたら、フリーザーバックなどに入れて、下準備は完了です! 当日は、鍋に材料を入れ軽く炒めながら水を入れ、水が煮立ったらご飯を加えます。 ご飯をほぐしながらコンソメ等の万能調味料を加えます。 クスクスピラフ 出典: キャンプ場での主食と言ったら、飯ごうで炊くご飯やバーベキュー後の焼きそばが定番ですが、hinata編集部では変わり種を紹介します!なんとパスタで作るピラフ! クスクスというパスタは世界一小さなパスタで、お米そっくり。 焼きおにぎり キャンプらしく豪快に!肉のキャンプ料理おすすめ3選 10. 火加減に自信がないという方は、温度計付きの調理器具をおすすめします! 材料 4人分 : ・牛もも肉 かたまり :500g ・塩こしょう:少々 ・すりおろしにんにく:少々 詳しいレシピはこちら: 12. 焼豚 こちらもhinata編集部おすすめ料理!下準備は材料と調味料をアルミホイルで包むだけ。 カレー鍋 キャンプのど定番といえばカレー!そして、冬といえば鍋!そんな、2つを組み合わせた変わり種料理です。 エビのアヒージョ オリーブオイルとニンニクと一緒に具材をじっくり弱火で煮込むアヒージョ。 簡単に作れるのに、見た目も華やかなおしゃれな料理。 味つけは塩コショウなどシンプルなものが多く、ご飯と数種類の野菜で作ります。 スタッフドチキン キャンプ料理の動画が盛りだくさん! キャンプ料理で注意するポイントは? 初めてのキャンプでは張り切って手の凝ったキャンプ料理をつくろうとするものの何かとうまくいかないもの。 そういった経験ありませんか?キャンプ場でも料理は料理。 最初から難しい料理は作れません!初心忘るべからずです!経験を積んで慣れてきてから難しい料理にチャレンジしていくようにしましょう。 自前の調理器具で調理可能か把握しておけば、キャンプ場で道具がなくて困る事もありません。 そんな中、料理の準備もしていたらせっかくのキャンプも慌ただしいものに。 キャンプ場から帰るとき、撤収がうまくできないと来る時よりも帰る時の方が荷物がかさばってトランクがパンパンなんてこともしばしば。 そんな時にゴミが多いと大変ですよね?そうならないためにも準備の段階でゴミを少なくしちゃいましょう!例えばお肉のトレーを外して、ポリ袋に入れるだけでかさばるゴミは少なくなりますよ! コツ3 保冷剤は焼肉のタレ!? The Camp Blog このブログでは、すぐに真似できる簡単なキャンプ料理が紹介されています。

次の

キャンプで作る簡単料理!大人も子供も喜ぶおすすめレシピ16選

キャンプ レシピ

豚豚肩ロース 1kg• 玉ねぎ 1個• 人参 1本• 水煮大豆 1袋• トマト缶 1缶• キャンプ場ではオーブンがないのでフライパン調理になります。 具材は火の通りやすい具材、もしくは火が通っているハムやトウモロコシ、トマトなどがおすすめです。 この作り方なら家庭でも手軽にピザが作れます。 出典:• りんご 1個• 砂糖 大さじ1• バター 大さじ1• シナモン 適量 意外と使える食材 冷凍枝豆 自宅から凍ったまま持って行けば保冷剤にもなります。 解けたら大人のおつまみにも子供のおやつにもなり、なにかと便利な食材です。 非常食 災害時の非常食で知られているアルファ米や缶詰など、調理がいらない食事をしてみるのもおすすめです。 自宅に常備している非常食の味見や、賞味期限の確認・入れ替えにもなりますし、調理に時間をかけたくない時や、荷物を少しでも軽くしたい時に重宝します。 クーラーボックスの保冷力を高める工夫 保冷剤は底と上部に食材を挟むように入れる 保冷力を高めたいときは、食材の下に保冷剤を敷き詰め、その上に食材を置いてさらに保冷剤でフタをするように入れることがポイントです。 保冷剤や食材を入れる前にクーラーボックスを冷やしておくと、さらに保冷効果を長持ちさせることができます。 クーラーボックスを冷やすための保冷剤や氷を別に用意しておきましょう。 一度に使う食材はチャック付きポリ袋などでまとめておく 調理の下ごしらえは自宅で全て済ませ、一度に使う野菜はチャック付きポリ袋などでまとめておくと便利です。 無駄な隙間もできにくくなるので保冷効果が高まります。 肉や魚もパックから出して下処理をし、チャック付きポリ袋などに入れて冷凍しておくと良いですね。 食材は冷やしてから入れる 食材はクーラーボックスに入れる前に冷やしておきましょう。 すぐに使わないものは冷凍しておくと鮮度を保つこともできます。 保冷材の代わりに凍らせた飲み物(ペットボトル)を使う ペットボトルを凍らせて入れると保冷剤の代わりになるので便利です。 溶けたペットボトルは飲み物になるので帰りの荷物も軽くなります。 内側から頑張って冷やしても、夏の日差しは強いので保冷効果を落としてしまいます。 まとめ いかがでしたか? チャック付きポリ袋があれば「こねる」「混ぜる」「ゆでる」の3つの調理ができてしまうので、あるととても便利です。 汚れ物無しで調理できるのも嬉しいですね。

次の