悟空伝 孫悟空の系譜。 【ドッカンバトル】「熱闘悟空伝」の攻略とおすすめキャラ・パーティー

【ドッカンバトル】「熱闘悟空伝」の攻略とおすすめキャラ・パーティー

悟空伝 孫悟空の系譜

月孛星は月が最も地球から離れた位置に移動し、月が小さく見える天体現象で、古代中国の易経や占術、後代の道教では凶兆を司る、尾の無いほうき星とされ、その神格の風貌・容姿・性質は荒ぶる女だったが、時代が下ると道教の雷公(中国の雷神の最高神格)信仰と混同して稲妻の閃光を司る神格の眷属として、主に雷公の眷属、或いは眷属の娘に転じた。 また、月孛星は古代パルティア地方のカナン神話やウガリット神話、シュメール文化圏の古代メソポタミアではリリスの化身とされ、後にユダヤ教やキリスト教においても災禍を招く夜の女王としての神格の系譜を継いでいる。 このため、月孛星は洋の東西を問わず、凶兆の女神とする共通認識が古い時代から脈々と人類に受け継がれていたことが推測され、有史以前のアミニズムにおいては凶兆と災禍を招く自然神、あらぶる女神の神格の一人だったらしい。 『西遊記』の後日譚とされる『南遊記』や『北遊記』では、孫月孛は月孛星の神格伝承に則って雷鳴のような凶暴な性質とされ、凶兆を象徴する得物の髑髏を月孛星のアイコンとして描写し、月孛星=髑髏のセットは明代以降、中華圏に定着した。 『南遊記』第十七回では、父孫悟空と共に天軍を率いて、父を打ち負かして離婁山にこもった『南遊記』の主人公である少年神・華光(馬霊官)を、得物の髑髏の法宝で鎮圧し、天宮の天帝や諸将から賞賛された。 また『北遊記』第十八回では、主人公・真武君と戦う雷公(雷神)の配下で月孛天君の娘・朱孛娘(月孛星)の名で登場し、白い装束に身を包み、雷撃と髑髏を以って敵を打ち負かす雷公の眷属として描写されている。 この作品の朱孛娘(月孛星)は、同じく雷部電母(女雷神)の娘・朱佩娘(赤い装束に身を包み、一把の扇を得物とする、紅鸞という霊鳥の神格)と義兄弟の契りを結んだ姉妹(朱佩娘を姉、朱孛娘を妹とする)で、真武君率いる天軍と戦ったが、第二十三回において天軍の計略によって味方の五雷公の放った雷があやまって二人を誤射し、死滅している。 この朱孛娘の転生を『南遊記』の孫月孛とする考察もある。 『南遊記』中の孫月孛の形容 即説大聖有一女 名叫月孛星 但看他生得目大腰寛 口活手粗 脚長斗歪 脚声似打雷 遇了不死亦七八 孫悟空的女児 手中有一法宝髑髏頭 人被他叫名拷了 三日内自死 さて、斉天大聖(孫悟空)には一人の娘がおりました。 名を月孛星といいます。 その姿といえば、目は大きく腰たくましく、 大きな口に荒々しい手(腕)、足は長く異様な頭(髪) 声を上げれば雷鳴の如く(孫月孛に)遇えばたちまち七、八回は命を落とすというものすごさ。 この孫悟空の娘、一つの髑髏の法宝(神器、宝貝)を得物とし、 (髑髏をかざして傷を入れ)相手の名を呼べば、 その者に苦しみをあたえ、(相手は)三日の内に死んでしまいます。 【孫月孛の妄想設定】 (これは、いろんな神魔小説や怪異小説の原典をタネ本とした創作です) 孫月孛、東勝神洲傲来国洞天福地水簾洞花果山洞主。 孫悟空の娘。 父・悟空とその息子・孫履真(『西遊記』の続編『後西遊記』の主人公、通称・斉天小聖)や花果山のほかの兄弟姉妹と同じく、天地の精脈を宿した霊石から誕生した石猿の娘で父や兄以上に粗暴な性質。 かつて自分を焼き殺した天宮に無意識で反目し、父や兄の忠告や諌めもむなしく、天宮に並々ならぬ憎悪を抱いていた。 はじめ花果山の老猴(孫悟空の弟である通天大聖や要要三郎など)や母猴(孫悟空の姉の亀山水母や妹の鉄色獼猴など)たちから猴三娘と命名され小さい頃から父や兄、一族の猴たちから槍棒や武術の手ほどきを受けたが、飲み込みがはやく、同世代の石猿兄弟姉妹の中では最も腕力が強かったために、早くから花果山の次期首領候補となって美猴公主(おさるのお姫様)を名乗った。 また、白虎嶺白骨城の白骨精(白骨夫人)の秘宝である髑髏に目をつけ、白骨夫人の娘である一升金とその部下で蛇蠱の化身・大青と小青を撃退してこれを盗み出し、花果山になにかと縁のある、花果山のすぐ隣にある坎源山水臓洞の混世魔王の娘・樊蝶を叩きのめしたりして、ますます増長する。 孫月孛は須菩提祖師の並々ならぬ力を恐れてしばらくは大人しく修行に明け暮れていたが、やがて觔斗の法(觔斗雲)を祖師から盗み出したことが発覚し、結局破門される。 孫月孛の暴れっぷりは天界にも知れ渡り、天宮の天帝(玉帝)も、孫月孛の勢いを恐れつつも、しぶしぶ追討軍の編成をはじめる。 孫月孛は宿願である天宮との対決に意欲を燃やし、七大娘聖や東勝神洲の八十八の大王たちはやむなく孫月孛に付き従い、花果山の老猴たちは戦々恐々として天に昇った孫悟空に助けを求め、須菩提祖師は元弟子の不祥に落胆し、迫り来る大鬧天宮(だいどうてんぐう、天界で大暴れの意味)の動乱に須弥山は大山鳴動するといった次第。 別名に四遊全伝や四遊合伝。 明の万歴年間(1573~1620)頃、呉承恩によってまとめられた『西遊記』をタネ本とし、四方の紀行伝や冒険を体裁とする神魔小説群。 それぞれ『西遊記』の成立過程と同じく北宋や南宋、元時代の元曲や戯曲、説話を基にした小説で、多くの種類の版本、簡本がある。 内訳は次の通り。 『西遊記』(別名:西遊記傳、唐三藏西遊傳) 作・呉承恩/万歴年間(1573~1620)頃成立/全百回 唐代の玄奘三蔵の旅の記録を表した『大唐西域記』や『大慈恩寺三蔵法師伝』をタネ本とし、旅のお供に孫悟空、猪八戒、沙悟浄を引きつれ、天竺へ向けて西天取経の旅を続ける伝奇小説。 明末に大流行し、現在では世界で最も有名な中国のおとぎ話として、聖書、コーランに次ぐ読者層があるといわれる。 今も多くの創作がなされる神魔小説の決定版的人気作。 『東遊記』(別名:八仙東遊記、洞八仙伝、八仙出処東遊記、上洞八仙伝、) 作・呉政泰、呉元泰/万歴年間(1573~1620)頃成立?/全五十六回 元代の戯曲『八仙過海』などをタネ本とした八人の仙人を主人公に据える神魔小説で、李鉄拐、漢鍾離、呂洞賓、藍采和、韓湘子、何仙姑、張果老、曹国舅の八人からなる八仙が東海龍王を筆頭とする四方の竜王と戦い『西遊記』の孫悟空も登場する。 後に爆発的な八仙信仰につながり、現在でも縁起物や功夫映画の題材として人気がある。 日本ではジャッキー・チェンの酔拳の酔八仙などで有名。 中華圏においては日本における七福神の概念に近い。 『南遊記』(別名:五顕霊官大帝華光天王伝) 作・余象斗/成立は隆慶五年〈1571〉と崇禎四年〈1631〉の二説アリ/全十八回 主人公は三つ目の少年神・華光。 元は天界の馬霊官で、火の神格とされ、中華圏においては『封神演義』の哪タク三太子と並んで人気のある少年神。 母親を探しながら何度も転生しつつ神仙妖怪たちと戦い、最後は孫悟空の娘・孫月孛に敗れて改心し、ついに母を見つけて仏門に帰依するという神魔小説。 『西遊記』の三行者(孫悟空、猪八戒、沙悟浄)、『東遊記』の八仙、『北遊記』の真武君や天宮の諸将のほとんどが登場する、四遊記の集大成的作品。 四遊記中では『西遊記』に次ぐ人気で、中国ではアニメも存在し、『水滸伝』百二十回本ではパロディとして小華光・馬霊という魔人も登場、神魔の如き活躍で、梁山泊の好漢たちを次々と倒す強豪として描写されている。 『北遊記』(別名:北方真武祖師玄天上帝出身志伝) 作・余象斗/万歴年間(1573~1620)頃成立?/全二十四回 主人公は天宮の天帝(玉帝)の化身・真武君で、隋の煬帝の時代に幾度も転生を繰り返し、多くの妖怪や神格と戦って、天宮を支える三十六の神将の集結を描いた神魔小説。 同時代に刊行された『封神演義』の影響を受けたようで、いわゆる封神物の体裁を成す。 神としての関帝(関羽)をはじめて大々的に扱かった小説との説もある。 孫月孛の前身と考えられる月孛星の娘・朱孛娘が登場し『南遊記』の主人公・華光も登場する。 また、日本においても江戸時代の儒家・橘南谿が各地を旅して見聞した奇事異聞の紀行本に『西遊記(せいゆうき』や『東遊記(とうゆうき)』などがある。 中国のものとは別物だが、時代背景や成立過程においては、ある程度影響を受けてたと考察され、日本の民俗史、妖怪史としては重要な作品。 原則的に猿は類人猿を省いた猿全般を指し、その中でもっともポピュラーなものは猴(こう)で、テナガザルやオナガザルと同義とされたが、時代が下るとテナガザル類の生息範囲は南方に後退したため、猻、蜼、戎、狖などと混同され、また、通臂、長臂、猿臂などの想像上の猿の怪異とも混同された。 『西遊記』や道教、各地の武術の伝承では孫氏とされ、孫姓の猿の化身は猻(そん、アカゲザル)が転じて猴の眷属と考えられ、孫悟空のモデルとされるアカゲザルやキンシコウの名にも付されている。 戎(じゅう、本来は獣偏が付く)は尾の長いむく毛の小型サル類で猿を食べる猿という凶暴な性質も兼ね備えられていたが、現在では小型のマーモセットなどの小型の猿とされ、時代によってその定義が最も変化したサル類とされる。 ほかに知られているものでは猩猩(しょうじょう)で、獼(び)と同義とされる大型の猿を指し、日本でも古猿や猿の妖怪として古くから知られる。 現在ではゴリラやオランウータン、チンパンジーなどの類人猿の当て字とされ、オカルト分野では神農架の野人、上古のギガントピテクスの当て字にも使用される場合がある。 猨(えん)は北方や深山の住まい吹雪を操る白猿を指したものと推測され、猱蝯と同義。 山怪の性質が強く、後代には発音に準じて袁氏とされ、ヒマラヤの雪男を指すこともある。 狒狒(ひひ)はバブーンなどのヒヒとされるが、日本ではヒヒが存在しなかったために山の怪異や妖怪変化の類とされた。 貜父(かくふ)は南方の大型のテナガザル類を指し、後に発音に準じて獲氏とされる。 猓然(かぜん)はカニクイザルやリーフモンキーなどの海辺や河川の小型の猿を指す。 春秋時代の頃、越国を助けるために下向した九天玄女に打ち負かされて弟子入りし、剣術を師事して弾丸に変化する雌雄一対の剣を授かる。 その後九天玄女の推挙で天宮の書物庫の管理人に任命されたが、生来のやんちゃな性格が禍いして、禁忌の秘儀である如意宝冊を盗みだし、故郷の雲夢山白雲洞へ逃げて如意宝冊一〇八の秘術を石壁に記し、一族の猿たちに披露していたが、天宮の天帝の勅令で天軍を率いた雷公に討伐されて捕えられた。 本来ならば死罪とされるが、袁公は九天玄女の弟子でもあったために死罪は免除され罰として如意宝冊の秘儀が記された雲夢山白雲洞を未来永劫に守衛する任務を付され一族は離散し、袁公はたった一人で白雲洞に繋がれることになった。 その後、時代は下って北宋の真宗の御代に、蛋子和尚(たんしおしょう)という卵から生まれた妖人に如意宝冊の秘儀を盗み見されてしまい、これがきっかけで蛋子和尚と結託した雁門山の聖姑姑という白狐の妖精(妖怪)やその息子・左黜児(さちゅつじ)娘で美貌の白狐・胡媚児(こびじ)、その胡媚児と結ばれる王則(実は唐の則天武后の生まれ変わり)などが、多くの妖精(妖怪)や妖人を集めて貝州で反乱を起こし、三遂将軍(諸葛遂智、馬遂、李遂)率いる官軍と戦う。 題名の三遂はこの三人の名を模している。 実際の王則の乱は貝州卒乱、貝州の乱とも呼ばれ、1047年に貝州の兵卒で弥勒教徒だった軍吏の王則が、張鸞、卜吉といった妖術師を率いて、自らの背中に彫った「福徳」の思想を掲げ北宋の仁宗皇帝の時代に起こした宗教蜂起で、国号を安陽国、王号を東平王と僭称し、宗教国家を設立したが、翌1048年に河北宣撫使・文彦博の征討を受け処刑された。 この反乱は1120年に江南で起こった喫菜事魔(マニ教)の方臘の乱(水滸伝の梁山泊勢が最後に戦った反乱軍)や、群発した回教徒(イスラム教)の小規模反乱など、北宋時代に多く起こった宗教反乱の一つに数えられ、この時代特有の道術や妖術(実際は目くらましの戦闘方法や洗脳、錬金術を駆使した爆薬製作といわれる)を駆使した反乱としても知られ、1990年代の日本のオウム真理教の一連の事件と比較する研究もある。 平妖伝は、この1047年の王則による貝州の乱を題材としている。 釈迦十大弟子の一人で、サンスクリット語ではシュブーティ。 紀元前六世紀頃ドラヴィタ北部(今のパキスタン)にあったコーサラ国(十六大国)の出身で、ゴーダマ・シッダールタ(釈迦)の最初期の弟子となったが『西遊記』の描写では仏門よりも道教の色合いが強い。 東勝神州・花果山の石猿、美猴王に嘆願されてこれを弟子とし、不老不死の仙術、觔斗の法(觔斗雲)、七十二般の地煞小変法などを授け、美猴王に「孫悟空」の法名を与えた。 姓の「孫」は猴の別名である猻から起こった孫氏で、名の「悟」は「広大智慧」「真如性海」「頴悟円覧」のいずれかから一字を授けるという須菩提祖師の門弟の習慣から。 悟空は十番目の弟子なので、悟の字を賜った。 「空」は須菩提祖師の最も得意とする空の法術(觔斗の法など)から。 これを並べて「孫悟空」といい、この名は、『西遊記』第一回の物語の締めに語られる、天地開闢の理を表す「鴻蒙初辟原無姓 打破頑空須悟空」(鴻蒙(天地の始まり)初めて開くとき、もとの姓無し、頑空を打破して須らく空を悟るべし)という、易学や道教の宇宙観にも通じる名前でもある。 重量一万三千五百斤。 神代の夏の禹王の御世に、黄河や四海を鎮め天を支えた十本の巨大な棒の一本で、神珍鉄という天の川で取れた砂鉄を打って作られた。 上古の中国では、一説によると猛氏がこれを鍛え、後に四川の猛氏(ジャイアント・パンダ)がその神格にされたという。 如意金箍棒は如意棒とも呼ばれ、かつて孫悟空が、東海龍王敖広の竜宮に乗り込んで、封印されていた一本の神珍鉄を簒奪して法力を以って伸縮自在の金箍棒(鉄製の棒で両端に金の止め具が装飾されている)として鍛えこれを得物として大鬧天宮、玄奘三蔵の西天取経で大いに活躍した。 年齢の順に次席が配されており、牛魔王を第一位、美猴王(孫悟空)を第二位とする席順は、『西遊記』成立時の明代においても、古代の牛頭信仰が未だに尊ばれていた名残として大変興味深い。 七天大聖の席順とリストは次の通り。 第一位 平天大聖 牛魔王(牛の妖精) 第ニ位 斉天大聖 美猴王(石猿の妖精)孫悟空 第三位 覆海大聖 蛟魔王(蛟の妖精) 第四位 混天大聖 鵬魔王(鵬の妖精) 第五位 移山大聖 獅駝王(獅子の妖精) 第六位 通風大聖 獼猴王(大猿の妖精) 第七位 駆神大聖 禺戎王(小猿の妖精) このうち、蛟(みずち、こう)は水を司る水竜の一種、鵬(おおとり、ほう)は風を司る巨鳥でイスラム世界のロック鳥に類似する。 牛魔王は後に西域にある「火頭飛ぶこと高さ千丈」と謳われた炎の山・火焔山に拠点を移し、義兄弟である孫悟空と戦い、後に和解して西域の羅刹鬼国の国王となった。 実際の火焔山は現在の新疆ウイグル自治区にあり、首都のトルファン市西方、天山山脈の南、タクラマカン砂漠北方タリム盆地の間にある風雨の侵食激しい500m級の丘陵地帯で、日中の山腹の表面温度は70度を超えるといわれており、紙や枯れ木を置くと自然発火することから、ウイグルの伝承では竜のすむ山として恐れられていた。 また、シルクロードを行きかう人々の重要な中継地点としても古くから機能し、ロプノール近郊の竜宮故城と並び、妖怪が住まう西域の天然の大要害、道しるべとして知られた。 七天娘聖はこれのパロディとして考案。 特に七天大聖の娘というわけではなく、それぞれの一族や眷属の女魔王たちと考えております。 その内訳は 第一位 平天娘聖 牛魔公主(牛のお姫様)白二娘(牛魔王の妾、玉面公主の娘。 紅孩児の異母妹) 第ニ位 斉天娘聖 美猴公主(おさるのお姫様)孫月孛(孫三娘) 第三位 覆海娘聖 蛟魔公主(蛟のお姫様)蜃四娘 第四位 混天娘聖 鵬魔公主(鵬のお姫様)欧五娘 第五位 移山娘聖 獅駝公主(獅子のお姫様)黄六娘 第六位 通風娘聖 獼猴公主(大猿のお姫様)猩七娘 第七位 駆神娘聖 禺戎公主(小猿のお姫様)孫八娘 …と非常に単純にw 牛魔王の娘とする白ニ娘は、牛魔王の妾、或いは第二夫人の玉面公主(第一夫人は有名な鉄扇公主・羅刹女)の娘という設定で、母の玉面公主は積雪山摩雲洞の万年狐王の一人娘だったが、父・万年狐王の死後、家財を投じて牛魔王の妾となり、一族の系譜を守ったが、猪八戒に打ち殺されている。 しかし、西遊記の続編『後西遊記』では、普通に生きていて、牛魔王の第一夫人に昇格し、羅刹鬼国の女王になっている(鉄扇公主は、孫悟空との戦いの後、出家した)玉面公主の正体は玉面狸、いわゆるハクビシンで、玉面=銀の顔の意味があり、娘の白姓は、銀に共通するために付けてみました。 というわけで、平天娘聖・牛魔公主・白ニ娘は、牛とハクビシンのハーフということになります。 サンスクリット語ではスメール山、ヒンディーのメルーやメルと同義。 元々は仏教の極楽や別天地を指す言葉だったが、中国では早くから道教の宇宙観と同調し、中華圏の外界や、化外の常世や天界と下界の狭間に位置する一種のパラレルワールドとして解釈され、『西遊記』をはじめとした神魔小説や怪異小説が流行した明代以降には平行世界の概念も取り入れられるようになった。 その世界構築は中央に須弥山が鎮座し、その周りに四州の大陸がある。 その内訳は 東に東勝神洲(とうしょうしんしゅう)四天王は持国天 南に南瞻部洲(なんせんぶしゅう)四天王は増長天 西に西牛貨洲(せいごけしゅう)四天王は広目天 北に北倶廬洲(ほっくるしゅう)四天王は多聞天(毘沙門天) で、この世界の人々の寿命は平均500歳、その一昼夜は人間界の50年に相当するという。 それぞれの州に仏教概念の四天王が配されているが、神魔小説ではその解釈は省かれることが多い。 また、四州はそれぞれ大海に隔たれ、八つの海と山があるが、特に東西南北の四方の海には方角に準じた竜王が鎮座している。 その竜王は特に四竜と呼ばれ、以下の通りに解釈されている。 東方蒼龍(東海龍王): 敖廣(ごうこう)廣徳王 南方赤龍(南海龍王): 敖欽(ごうきん)廣利王 西方白龍(西海龍王): 敖閏(ごうじゅん)廣順王 北方黒龍(北海龍王): 敖順(ごうじゅん)廣澤王 孫悟空やその娘・孫月孛は東勝神洲・傲来国・洞天福地・水簾洞の花果山の出自とされ、東海龍王敖廣(敖広)から珍神鉄(如意棒)を簒奪して竜宮を崩壊させ、大いに迷惑をかけている。

次の

【ドッカンバトル】「孫悟空の系譜」カテゴリのリーダーキャラと所属キャラ一覧

悟空伝 孫悟空の系譜

でもATKはコスト58フェス限の中ではかなり高いです。 ほぼ12000ですから。 DFも悪くはないですし、バランスは比較的良いほうです。 気力ボーナス 1. 5倍 コスト58フェス限の中では標準レベルです! 必殺技評価 かめはめ波 ATKとDFが上昇し、相手に超絶特大ダメージを与える パッシブスキルでDFが下がっていってしまうので、ここの撃ち漏らしは避けたいところ。 無解放でこのくらいの火力を出せるキャラクターもいるのでやっぱり微妙。 基本は防御専用です。 変身条件 バトル開始から3ターン目以降に変身する 熱く震える力 超サイヤ人2孫悟空 必殺技評価 超かめはめ波 ATKとDFが上昇し、相手に超絶特大ダメージを与える 変身前と同じです。 DFは下がってしまいましたが、必殺技追加効果で上がっているので問題ありません。 超3が孫一族リンクを持っていないのでリンクスキル孫一族は発動させてません 基本的には同等のDFで2段階と3段階が1番DFが高いです。 孫一族を絡めると、2段階がDFにおいては最強ですね。 リンクスキルは超1と同じです。 変身条件 次の攻撃参加ターンになると変身する 熱く震える力 超サイヤ人3孫悟空 必殺技評価 恨みっこなしの一発 超絶特大ダメージを与え、超高確率で気絶させる 9ターン後に超高確率で気絶させてもなぁという感じです。 それに変身まで時間が掛かりすぎます。 継続でATKとDF無限上昇のほうが良かったですね。 熱闘悟空伝とかもありますし。 1ターンだけ ATK早見表です。 防御性能はどの形態も僅差なので、火力からしてやはり最終が1番強いです。 リンクスキル評価 超サイヤ人ゴッドと同じです。 カテゴリ評価 「純粋サイヤ人」「超サイヤ人3」「神次元」 「フルパワー」「変身強化」「孫悟空の系譜」「超サイヤ人」 相変わらずカテゴリモンスターですな! 自身が所属しているカテゴリは強力な超系キャラクターが多いので、この悟空のリーダースキルを代替に立てることができます。 7カテゴリで代替リーダーを務められる上に超速属性リーダーとして大乱戦なんかでも使えますし、柔軟なキャラクターだなと感じますね。 潜在スキルの振り方 連撃20 会心6 このキャラクターの防御性能は連撃にかかっています。 ですから、必殺技を連発できるように連撃は多めに。 確定会心も連撃分も抽選されるので。 技上げ こいつら(覚醒前がノーマル).

次の

[ドッカンバトル]『悟飯・悟空・悟天の日』特別ミッション! ミッション&報酬まとめ

悟空伝 孫悟空の系譜

開催期間 2019年5月9日~無期限 報酬 クリア• 龍石1個(初回のみ) ミッション• 龍石5個• 確率もそれなりに高いです。 技カリフラの回避も効かない! なお、「純粋サイヤ人」カテゴリの敵がいる場合、全ての攻撃を回避できる技属性・カリフラ【新たな力への興味】ですが、 最終ラウンドだけ回避できないので注意。 カリフラだけではなく、そもそも回避不可のラウンドなので覚えておきましょう。 カテゴリ毎の攻略デッキ アンドロックはこのデッキで攻略しました!! 「混血サイヤ人」カテゴリ リーダー、フレンドはATKとDEF無限上昇タイプのトランクス(青年期)(未来)。 ぶっちゃけこの2体がいればかなりクリアは楽。 サブとして体属性でリンクスキルの相性も良いLR超サイヤ人トランクス、未来悟飯を編成するのがおすすめ。 また、DEFが異常に高い超サイヤ人3トランクスもおすすめですね。 「純粋サイヤ人」カテゴリ ATKとDEF無限上昇タイプの極限Zの覚醒伝説の超サイヤ人ブロリーが大活躍。 もはや無敵。 さらに劇場版ブロリー2体もここでは必須となるキャラだ。 界王拳孫悟空も弱いように見えてATKとDEF無限上昇タイプなのでここでは結構使えます。 「ポタラ」カテゴリ リーダー、フレンドはもちろんLR悟空&ベジータ(超ベジット)。 変身時にHP全回復できるのはかなりデカイ。 LRザマス&ロゼ、神次元ザマスも毎ターンHP回復できるのでかなり優秀。 極限Z覚醒ゴクウブラックは大幅DEF低下があるのでこちらもおすすめ。 「劇場版HERO」カテゴリ リーダー、フレンドは超サイヤ人ゴジータ。 ここで注目なのが超サイヤ人孫悟天と超サイヤ人トランクス。 どちらもDEF性能が優秀なのだが、超サイヤ人トランクスはイベントで入手できるお手頃キャラ。 しかもDEFは無限上昇。 かなり使える。 「劇場版BOSS」カテゴリ リーダー、フレンドは劇場版超サイヤ人ブロリー。 「劇場版BOSS」カテゴリはDEFに優れたキャラばかりのため、HP管理さえ怠らなければそこまで苦労せず勝利することができる。 ただし、各キャラの極限Z覚醒は必須だ。 「変身強化」カテゴリ リーダー、フレンドは未来トランクス。 「変身強化」カテゴリリーダーの魔人ブウではちょっとクリアは厳しい。 ザマス、ゴクウブラックは「未来編」カテゴリリーダースキルの対象、その他は超属性リーダースキルの対象。 「超サイヤ人」カテゴリリーダーの孫悟空とゴクウブラックはDEF無限上昇なので早く変身しておきたい。 「フルパワー」カテゴリ リーダー、フレンドは劇場版超サイヤ人ブロリー。 界王拳孫悟空はATK、DEF無限上昇タイプ。 「神次元」カテゴリ リーダー、フレンドはザマスと身勝手孫悟空で分けた。 どちらかが2体いるとバトルがキツイためだ。 ATK、DEFタイプ無限上昇がLR超サイヤ人ゴッドSSベジットしかいないので、サポートアイテムをどう使うかがポイント。 DEFもかなり気にしないとクリアはキツイ。 「フュージョン」カテゴリ 超難関「フュージョン」カテゴリ。 リーダーとフレンドにはLR悟空&ベジータ(超ゴジータ)を採用したい。 この2体がいかに良いタイミングで変身してHPを全回復できるかがかなり重要。 2体同時のタイミングで変身すると厳しい。 また、基本的にDEFが低いキャラばかりなので、いかに攻撃を防ぐかもポイントになってくる。 超サイヤ人4ゴジータは別のキャラに変えてもOK。 全くと言っていいほど役に立たず足手まといだった。 「ベジータの系譜」カテゴリ リーダーにはカテゴリリーダーのLR超サイヤ人4ベジータ。 そして、フレンドには「未来編」カテゴリと超系カテゴリリーダーのトランクスを採用。 このトランクスはATKとDEF無限上昇なのでデッキに2体いるとかなりバトルが楽になる。 アタッカーはLR超サイヤ人トランクス。 あとはDEFを意識した構成。 チビグレートサイヤマンはイベント産でDEF無限上昇タイプ。 しかも追加攻撃を持っているので終盤はかなりDEFが高くなる。 変身ベジータもかなりDEF高め。 極限Z覚醒した速ベジータもかなりDEFが高いので、これはかなり盤石な布陣。 「時空を超えし者」カテゴリ リーダーとフレンドには「未来編」カテゴリリーダーのトランクス。 ATKとDEF無限上昇タイプ。 「時空を超えし者」リーダーのLRトランクス&マイはここでは使いたくない。 アタッカーはLR超サイヤ人トランクス。 そして、こちらもATKとDEF無限上昇タイプの超サイヤ人ゴッドSSベジット。 LRベジットは攻守ともに優秀で、3番目に置けば回避も発動する。 ゴクウブラックはDEF無限上昇タイプなので入れておきたい。 なるべく早く変身できると終盤のバトルで楽になる。 変身ザマスはパッシブスキルでダメージ40%軽減。 力属性の身勝手悟空戦でも有利属性。 「かめはめ波」&「孫悟空の系譜」カテゴリ リーダーとフレンドは「かめはめ波」カテゴリリーダーのLR孫悟飯。 このキャラが居ればもはやクリアは余裕と言っていい。 無凸でも十分。 変身悟空は敵からのダメージを軽減し、力属性の身勝手悟空に有利な属性。 LR悟飯&悟天は攻守ともに優秀。 少年悟空は長期戦には滅法強いタイプ。 アクティブスキルの攻撃も回避してくる悟空にはかなり使える。 極限Z覚醒した超サイヤ人悟天はDEFが超優秀。 スキル玉も積極的に回避を習得すれば相当強いサブキャラ。 最後の枠は誰でもいいけど、今回は超サイヤ人3に変身できる悟空(天使)を採用。 ここは極限Z覚醒した回復悟空あたりでもOKでしょう。 なお、このデッキは「孫悟空の系譜」カテゴリも同時にクリアできるのでおすすめ。 むしろ一緒にクリアしてしまった方が楽。 「未来編」カテゴリ リーダーとフレンドには「未来編」カテゴリリーダーのトランクス。 ATKとDEF無限上昇タイプ。 LRベジットは通常必殺技がATKとDEF無限上昇タイプなので、ひたすら必殺技を撃ちましょう。 超必殺技はここでは撃たないほうが結果的に強いです。 極限Z覚醒したベジータブルーは必殺技を撃てばATKとDEF50%上昇。 潜在スキルは回避多めが理想。 未来悟飯は長期戦になれば強いタイプ。 ダメージを最大40%軽減してくれる。 最終ラウンドの得意属性。 LRロゼはアタッカー。 ややDEFが弱点なのでサポートアイテムでカバーしましょう。 「最後の切り札」カテゴリ 「最後の切り札」カテゴリのミッションをクリアするには、LRベジットもしくはLRゴジータがリーダー、フレンドには必須ですね。 超サイヤ人ゴッドSSベジットはATKとDEF無限上昇タイプ。 LR悟空&ベジータは変身時にHP全回復。 攻守ともに最強レベルなので絶対に入れたいキャラ。 超サイヤ人ベジットは敵の通常攻撃20%軽減、そしてカウンター持ち。 変身ゴジータブルーは全属性に有利攻撃、力属性の身勝手悟空に有利な属性。 回避もなかなか優秀。 このデッキはリンクスキルも抜群に相性が良いのでかなり強いです。 ドラゴンボールZ ドッカンバトル攻略TOPページ•

次の