婦人 科 検診 生理 中。 生理中の健康診断はどうする?尿検査や婦人科検診を受けるときの対処法

生理中でも子宮頸がん検診は受けられる?|アスクドクターズトピックス

婦人 科 検診 生理 中

監修 落合病院 副院長 近藤 恒正 先生 この記事の目安時間は3分です 子宮頸がん検診とは? 子宮頸部は、子宮の下部から腟につながるやや細くなったところで、子宮頸がんはその子宮頸部にできるがんのことをいいます。 原因は性交渉によってヒトパピローマウイルスに感染することで発症すると考えられています。 そのため、性経験が多い人や性経験の早い人は発症リスクが高いと言われています。 子宮頸がんは婦人科のがんの中で一番多く発生します。 女性の76人に1人が子宮頸がんに罹患し、毎年2000人以上の方が亡くなっています。 子宮頸がんは一般的に緩やかに進行し、がんの前の状態(異形成)である前がん状態から進行がん(浸潤がん)に進行するまでに2~3年かかるといわれています。 検診では前がん状態で発見することが可能なので、早期発見、早期治療することが可能です。 したがいまして、子宮頸がんに罹患する人や死亡する人を減少させるために、各自治体が検診をおこなっています。 20歳以上になれば、2年に1回は検診を受けるよう推奨されています。 検診日に生理になってしまったら 検診日に生理が重なった場合、腟内や子宮頸部についた出血をぬぐってから細胞を取るようにしますけれど、血液が邪魔をしてきちんと細胞が取れないと正しい結果が出ないことがあります。 基本的には、生理中に検診を受けることは避けたほうがよいといわれています。 生理日が検診に重なることが分かったら、早めに病院に連絡をして変更されるか、あるいはそのまま受診可能なのかを問い合わせてみましょう。 検診が受けられないケースとは? 自治体や病院によっては生理の日には検査ができないことがあるので、事前に確認しておくようにしましょう。 基本的に、月経血が多い日は避けるようにしましょう。 また、妊娠している場合には妊婦健診で子宮頸がん検診が組み込まれているので、通院している産婦人科で確認を取りましょう。 子宮全摘術を受けている方は子宮頸がんにはならないので検診は不要ですが、卵巣が残っている場合は卵巣疾患の検診が必要です。 性行為の経験がない場合は、子宮頸がんのリスクは低いため検診の必要がないという意見もありますが、検診を受けることは可能です。 ただし、性交未経験の場合には検診のためにクスコ(腟内を広げる器械)を挿入するとき非常に痛みを伴うことがあるので、事前に医師に伝えて配慮してもらいましょう。 検診を受ける前のその他の注意事項 検診に行く前には妊娠している可能性がないか、生理日と重ならないかをチェックします。 妊娠の疑いがあったり生理日と重なりそうな場合には、自治体や病院に確認してから受診するとよいでしょう。 また、検診では内診があるので、腹痛や下痢などお腹の調子が悪い日は変更してもらう方がよいでしょう。 検診の前日はセックスや腟内洗浄は避け、アルコールをたくさん飲んだり、お腹を下すような暴飲暴食も避けます。 当日は、問診で前回の月経日や月経周期、月経痛の有無、妊娠歴などを聞かれるので、あらかじめそれらをメモしておくとよろしいでしょう。 服装はスカートかお尻まで隠れる長めのシャツだとショーツを取っても見えないので便利です。 検査は特に痛いものではありませんので、当日はあまり緊張せずリラックスして検査を受けましょう。 今回は生理中の子宮頸がん検診について紹介しました。 自治体や病院によっては受け入れてくれるところもありますので、事前に確認の上、検査を受けることをおすすめします。 疑問が解決されない場合は、医師に相談してみませんか?.

次の

婦人科の内診は初めて!出血中でも可能?受診の仕方や体験談も

婦人 科 検診 生理 中

20~30代女性の場合、子宮頸がん検査が中心。 前日の性行為は控えよう 検査内容は、病院や検診プランによってさまざま。 20・30代の女性であれば、この年代に多い「子宮頸がん検査」を中心に、子宮や卵巣の様子を見る検診が一般的です。 通常は、問診を行った後に、医師が膣内に指を入れて触診する「内診」、子宮の入り口 子宮頸部 の細胞を採取する「子宮頸部細胞診」、膣内に超音波の器具を入れて子宮や卵巣の様子をモニターに映して詳しく見る「超音波検査」という流れで行われます。 プランによっては、子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんの有無を調べる「腫瘍マーカー」と呼ばれる血液検査が付くこともあります。 前述の基本的な検診に加えて、30歳からは「乳がん検査」、40歳からは「子宮体がん検査」を受けることをおすすめします。 乳がん検査では主に、X線で乳房を撮影する「マンモグラフィー検査」や、乳房に超音波をあてて異常がないかを見る「乳腺超音波検査」を行います。 一方、子宮体がんの検査では、子宮の内部から細胞を採取して調べる「子宮体部細胞診」を行います。 検診前の注意点とNG行為 婦人科検診をできるだけ苦痛なく受診し、より正確な検査結果を得るためには、いくつか注意したいことがあります。 検診を受ける前には、次のポイントに気をつけましょう。 ・生理中の受診は避ける 生理中でも婦人科検診を受けることはできますが、細胞診で採取した細胞を医師が顕微鏡で見る際に、血液が混ざって見にくくなることがあります。 生理が終わったタイミングで受けるのがベストです。 ・前日の性行為は控える 検診の前日にセックスをすると、膣内に精液が残っていたり、一時的に細菌が増えたりして、検査の妨げになることがあります。 前日にはセックスを控えるか、コンドームを使いましょう。 ・ビデで膣内を洗わない 清潔を心がけようと検診前にビデ 温水洗浄便座に付いている膣を洗浄する機能 で膣内を洗浄すると、細菌が洗い流されてしまい、検査のときに感染を見逃すことがあります。 前日にお風呂に入って、外側をいつも通りに洗う程度にしましょう。 予めご了承ください。

次の

生理中の健康診断はどうする?尿検査や婦人科検診を受けるときの対処法

婦人 科 検診 生理 中

クリニックや検診センターによっては、婦人科検診の冒頭で問診があるところも お住まいの自治体からがん検診のクーポンが届いた、もしくは会社の健康診断などで婦人科検診を受ける方に向けて、事前に知っておくといいことを解説します。 婦人科検診の中でも、とくに内診は「怖い」「痛そう」というイメージが強いかもしれません。 しかし、重大な病気を予防したり早期発見したりするには大事な検査。 なるべくストレスなく検診を受けるコツをお伝えしたいと思います。 婦人科で受けられるのは主に「がん検診」 婦人科で受けられる検診は、女性特有のがん検診が中心です。 具体的には次の3つが挙げられます。 触診による「乳がん」の検診が含まれていることもありますが、触診のみの検診はあまり意味がありません。 乳がん検診は、または超音波検査が必要です。 会社の健康診断など、検診センターで行う場合は、婦人科検診と乳がん検診を合わせたメニューで「女性検診」として行っている場合もあります。 婦人科検診では内診やエコー検査などを行う 一般的に「婦人科検診」と呼ばれるものは、「」「クスコ診」「細胞診」を行う検診です。 検診のメニューによっては、経膣エコー検査 超音波検査 がセットになっていたりオプションで選べるようになっていたりします。 子宮の出口にポリープなどがないか、膣の壁に異常がないか、を目で見て確認します。 子宮頸がんや子宮体がんの有無を調べます。 通常の検診メニューに含まれている「子宮がん検診」は、子宮頸部の細胞診のみのことがほとんどです。 子宮の形や大きさ、卵巣の腫れの有無などを確認します。 ・・・・・・など、超音波検査でチェックできる病気は多くあります。 できれば検診時に一緒に受けておくことをおすすめします。 処女でも婦人科検診は受けられる?内診は痛い? 婦人科検診の内容で不安や疑問があれば、検査が始まる前に確認しておくと安心 いずれの検査も、性行為の経験がないと行うのは困難です。 性行為の経験がない方は、子宮頸がんの検診は必要ないため、通常、内診は行いません。 性行為の経験があれば、内診は問題なく行えることがほとんどです。 まれに、緊張が強すぎたり膣の壁が固くなっていたりして、痛みを感じる方がいらっしゃいます。 緊張してお尻を持ち上げてしまうと、内診が難しくなり、返って痛みを伴いやすくなってしまいます。 できるだけお腹とお尻の力を抜いて、ため息をつくように口から「ふ~」っと息を吐くのが、内診時の痛みを軽減するコツです。 また、検査に用いるクスコにはサイズがあるので、痛みが心配な場合はあらかじめ医師に「小さめのクスコで検査をお願いします」と伝えるのもよいでしょう。 生理中は婦人科検診を避けるべき? 月経中に検診が行えないわけではありませんが、特に細胞診は出血がある時期は避けた方がベターです。 細胞をこすり取る時に血液もたくさん混ざってしまうと、顕微鏡で見ても正確な検査が行えず、「再検査をしてください」という結果が返ってくることがあります。 二度手間にならないためにも、検診はできるだけ月経の時期を避けて受けるようにしましょう。 また月経中だと、も正確に見ることができません。 月経不順で検診の時期に月経が当たるかどうかが読みにくいなら、 月経が来たらその10日後くらい、つまり月経直後に当たる時期に検診を入れておくと、出血中に当たるリスクが少なくなります。 婦人科検診にはどんな服装で行くといいか よく、検診時の服装について聞かれますが、検診センターなどで受ける場合は専用の検診着に着替えるので何を着て行っても問題ありません。 婦人科クリニックなどで検診を受ける場合は、ショーツの脱ぎ着がしやすいと楽なので、オーバーオールなどつなぎの服は避けたほうがいいでしょう。 スカートなら、裾をたくし上げるだけでいいので、ショーツを脱いだ時の恥ずかしさが気になるという人は あまりタイトすぎないスカートにしておくと無難です。 検診後に出血することもある? 入浴は可能? 細胞診を受けた後は多少、出血する場合があります。 たいていは1~2日で止まりますのであまり心配はありません。 入浴については、子宮頸がんの検査だけなら検査当日でも可能です。 子宮体がんの検査をした場合は、検査当日はシャワーのみにしておく必要があります。 なお、婦人科検診を受ける頻度は、基本的には年1回です。 何も症状がなくても、1年に1回は検診を受けるようにしましょう。 【関連記事】 更新日:2016年06月19日.

次の