ガトー 専用 リックドム。 “ソロモンの悪夢”現る!HGUC「ガトー専用リック・ドム」予約受付開始|株式会社バンダイ ネット戦略室のプレスリリース

ガトー専用ゲルググとは (ガトーセンヨウゲルググとは) [単語記事]

ガトー 専用 リックドム

アナベル・ガトー(Anavel Gato) [ ]• 登場作品:• 声優:大塚明夫• 年齢:25歳• 役職・称号など:• 主な搭乗機:、、、• キャラクターデザイン:川元利浩 概要 [ ] ジオンのエースパイロット。 ソロモン攻防戦の獅子奮迅の働きから「ソロモンの悪夢」という異名で呼ばれるようになり、連邦の現代戦史にも出てくる。 一年戦争時における撃墜数はMS200機(正式スコアは100機程度)。 その実力は異名に違ず、ブランクがあってもベテラン揃いの不死身の第四小隊ですら畏怖し、性能差と機体の不調があってもでフルバーニアンを圧倒し、で相性の悪いデンドロビウムに勝利するなど終始主人公のは彼に勝つことができなかったほどである。 の中で、表舞台で大暴れする。 とにかく頭の固い硬派な武人。 試作2号機奪取の際にに軍人としての心構えを説いたりもする。 パーソナルカラーは紺に近い青だが、奪取した試作2号機は時間的余裕も無く設計色のままである。 登場作品と役柄 [ ] 人間関係 [ ] 上司。 で死兵となろうとしていた彼を拾い上げてくれた理解者。 時の同僚。 ガトーとは親しかったが、『星の屑』には参加する事無く乗機の『ヴァル・ヴァロ』と共に落命した。 『REBELLION』ではフォン・ブラウンへのコロニー落としを止めるため、ガトーと敵対する道を選んでしまう。 トリントン、ソロモンで二度にわたって戦い、その末に彼を『敵』と認めた。 しかし、彼もまた、ガトーの元恋人であるニナを好きになってしまっていたのは皮肉と言わざるを得ない。 元恋人。 戦いの間はと行動を共にしていたが、戦いが進むにつれてコウとガトーとの間で揺れ動き続けていく。 名台詞 [ ] 「私を敵に回すには君はまだ……未熟!」 コウと初めて交戦した時の台詞。 「所詮は、連邦という看板がなければ何もできんやつらめ。 」 トリントン退却時に口にした台詞。 皮肉なことに、この台詞の『連邦』の部分を『ジオン』と入れ替えてみると、『ジオンの武人』であることをただ一つの存在意義として生きる道しかなかったガトー自身に対する裏返しのようにも見える。 「再びジオンの理想を掲げるために……星の屑成就のために…… ソロモンよ、私は帰ってきた!」 コンペイトウ(旧ソロモン)で行われた観艦式に試作2号機で突入した時の台詞。 この直後に艦隊に向けて核バズーカを発射した。 「しかし、怨恨のみで戦いを支える者にこの私は倒せん! 私には義によって立っているからな!!」 観艦式直後のコウとの決戦中のセリフ。 上述の看板発言同様に、結局はガトー自身も連邦に対する怨恨が行動の原動力であった点では皮肉な裏返しとも言える。 「確か、ウラキと言ったな………二度と忘れん!!!」 観艦式直後のコウとの決戦で、互いの機体が大破して脱出。 その際に再び対面した彼に言い放った言葉。 当初は歯牙にもかけなかったコウを『敵』と認めた証でもある。 「素晴らしい…まるでジオンの精神が形になったようだ!」 アクシズ艦隊からノイエ・ジール受領時に、機体を見て。 「いいか。 一人でも突破し、アクシズ艦隊へ辿り着くのだ!我々の真実の戦いを、後の世に伝えるために!」 必死の特攻を仕掛けたが中破した機体ではもはや余力すら残っておらず、アクシズ艦隊に合流できた者は一人としていなかった。 また、連邦軍の降伏勧告を無視した形となったため、残りの将兵達も全員戦場で処刑された。 生き残ったのは先にアクシズ艦隊に合流していたカリウス以下ほんのわずかの生き残りだけである。 搭乗機体・関連機体 [ ] ソロモンの第302哨戒中隊を指揮していた時の愛機。 カラーリングは青と緑のツートーンカラーであり、当時からこのカラーリングは畏怖されていた。 ソロモン攻防戦時に搭乗していた機体。 この機体で部隊を全滅させ、艦船8隻を沈める活躍を見せ、ソロモンの悪夢と呼ばれるようになった。 一年戦争のア・バオア・クー攻防戦時の搭乗機。 カラーリングはやと同じ、青と緑のツートーンカラー。 トリントン基地から強奪した機体。 「ソロモンよ!私は帰ってきた!」と言い放ち、核を発射するシーンはガンダムシリーズ屈指の名シーン ガトー曰く、ジオンの精神が形となった機体。 大型ながら機動性と運動性は非常に高く、火力も当時では最高クラス。 それゆえにガトーのようなトップクラスの技量のパイロットでなければ使いこなすのは難しい。 商品情報 [ ] リンク [ ]•

次の

【ガンプラ】HGUC「アナベル・ガトー専用リック・ドム」プレバンで受注開始 | fig速

ガトー 専用 リックドム

このタイプのリックドムは、小説版「機動戦士ガンダム」に登場するシャア専用リックドムと同型機で大型のビームバズーカを装備しています。 機体の配色は、あまりかっこ良くないですが、PS2の「めぐりあい宇宙」やGCの「戦士達の軌跡」等のゲームをプレイして気に入ったので制作しました。 製作コメント このMGドムは、私の知っているドムのイメージを完璧に再現した非常に良いキットです。 発売当時にも制作しましたが、今回は、ガトードムと言う事でシャアドムのキットから作りました。 基本的には、ストレートです。 (ほとんど欠点が無いので)ただモノアイが品祖だったのでバーニアパーツとHアイズで作り直しています。 コックピットには、ちゃんとガトーが乗っています。 (写真では、分かりませんが)MGザクF2のパイロットを少し削りガトーにしています。 色は、GCの「戦士達の軌跡」を参考に塗っています。 後は、基本工作のつなぎ目消し・ヒケ処理 400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)の後、サフ吹き(1200)で黒立ち上げ塗装・エナメル塗料(ブラック+ブラウン)でスミ入れ・トップコート(ツヤ消し)です。 302哨戒中隊の番号も忘れずに!ガトーフィギュアは、筆塗りです。

次の

ガトー専用ゲルググとは (ガトーセンヨウゲルググとは) [単語記事]

ガトー 専用 リックドム

ドム・グロウスバイル ゲーム『SDガンダム GGENERATION ギャザービート』が初登場。 グロウスバイルはドイツ語で大ナタの意。 ドム本体に匹敵するほど巨大なスラスター付きヒートサーベルと小型のヒートナイフのみを装備し、射撃武器は一切搭載していない漢らしい機体。 画像: ドワス 『一年戦争末期に開発されたドムの最終生産型』と言われているが、いかんせん資料がないため設定上ふわふわした立ち位置のドム。 その後、公式WEB企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』にドワス改が登場したことでドワスとしての存在も確率された。 画像はドワス改です。 画像: プラモデル『フルカラーモデル リック・ドム』の組立説明書の挿絵に(背面のみ)描かれた、リック・ドムの最終生産型。 少数が生産されたが、実戦をほとんど経験せずに終戦を迎えた。 残存機はアクシズへの移送後、ドワス改に改修された。 元々リック・ディアスの開発母体として扱われていたが、サンライズ発の公式企画で下記のドワス改が設定されたことで、開発母体が通常のドワスからドワス改に変更された。 雑誌「MJ(模型情報)」で連載されたメカニックデザイン企画『F. S』では、ドワス・デザートという同名の系列機が登場している。 引用: ドム・フュンフ 『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』で設定上存在する機体。 「ドム・トローペン」、ベースとなった機体に「ドム・フュンフ」というのが存在したという設定があるらしい。 『ガンダム0083』に一瞬登場している機体がフュンフらしいが、詳細は不明となっている。 画像:機動戦士ガンダム0083 第1話冒頭でアナベル・ガトーがエギーユ・デラーズから借りようとしたグワデン配備の赤いドムこそがドム・フュンフであるという見解があり、これはドム・トローペンのプラモデル付属の解説書で「フュンフがグワデンに配備されていた」という旨の記述によるものである。 しかし、小説版では「09R(リック・ドム)」との描写があり、さらにカードゲームなどで「試作型リック・ドム(エギーユ・デラーズ専用機)」という機体が設定されたため、今日では別機体との見方もある。 引用: ドム・トロピカルテストタイプ 『MSV(モビルスーツバリエーション)』に登場。 プロトタイプドム2号機を基にして開発した熱帯・砂漠戦用機。 アリゾナでのスカラベ部隊によるテストの後、正式採用された。 画像: amazonリンクは、プレモデルではなく『FIX FIGURATION』シリーズのトロピカルテストタイプです。 デザート・ドム ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』に登場。 OMS-09RF RFドムの熱帯仕様。 砂漠という過酷な自然環境での戦闘を目的に開発されたオールズモビルの機体。 脚部の出力の向上により高速移動が可能となった。 胸部拡散メガ粒子砲は1基になっている。 ドム・バインニヒツ ゲーム『SDガンダムGジェネレーションギャザービート WS(ワンダースワン)』に登場した機体。 ジオン本国防衛のために試作されたという設定。 ジオン公国軍の量産型陸戦用重MS。 後にネオ・ジオンやアフリカ解放戦線でも運用された。 なお、劇中では後述のドワッジ改も含め、一括して「ドム」と呼称される。 ドライセン 一年戦争時の重モビルスーツ「ドム」の設計思想を受け継ぎ、ネオ・ジオンが開発した後継機。 ドム系列の最終発展型に位置する機体であり、多機能・高性能化を推し進めた他のネオ・ジオン製モビルスーツと比較してオーソドックスな機体仕様を持ち、高い耐久性と機動性を両立しており、その特性からパイロットから篤い信頼を得た為、第一次ネオ・ジオン抗争中盤以降は同軍の主力機としてのポジションを確実なものとした。 画像: 『ガンダムUC』でも登場しており、袖付きによって機体の一部に改修を加え戦線で運用された。 画像:機動戦士ガンダムユニコーン 主なパイロットはオウギュスト・ギダン、ラカン・ダカラン、グレミー・トト、サミュ、テルス、バーン・フィクゼス等。 なお、バーン機はドムに倣ったカラーリングを施された上で運用されている。 ドズル・ザビ専用リック・ドム メカニックデザイン企画『MSV-R』に登場。 ドズル・ザビ中将のためにリック・ドムの初期生産型通算100号機をカスタマイズした機体。 エングレービングはドズルの趣味ではなくある技術士官の発案であるとされる(ザクIIのエングレービングも同士官の発案であった)。 宇宙世紀0079年末に行なわれた観兵式に参加している。

次の