隣 の ヤング ジャンプ ワン パンマン。 ワンパンマン

ワンパンマン【170話】最新話(村田版)のネタバレ!タツマキvsサイコス

隣 の ヤング ジャンプ ワン パンマン

タツマキは地下深くにいるサイコスを 超能力で引き上げようとする。 だがサイコスは抵抗し、 逆にタツマキを地下深くに引き込む。 怪人協会の地下で、 ついに相まみえたタツマキとサイコス。 タツマキは、 もう1人の人質となった子供の行方を聞く。 そのころ、 人質となっていた子供は 逃げ出してキングと遭遇していた。 キングは子供の近くで姿を消していた怪人を見抜き(?) 一喝する。 キングに恐れをなした怪人は逃げていき、 キングはアジトを脱出するため 子供と一緒に行動する。 このアメーバ状の怪人は、 サイタマが倒したはずの オロチの心臓部だった! かろうじて生きているオロチは、 無差別にアジトにいる怪人を襲い 血を吸収して体の再生をはかる。 そして、 タツマキとサイコスの力を感じ取り 2人の元へと動く。 タツマキとサイコスの超能力対決は、 タツマキに軍配が上がった。 サイコスから、 アジトにいるはずの子供の行方を聞くタツマキ。 通信機を使ってその情報を 仲間のヒーローたちに伝えるが、 聞いていたのはアイマスクだけだった。 しかし、アイマスクも怪人と闘っていて苦戦している。 アイマスクとタツマキは、 戦闘中にも関わらず言い争いを始めてしまう。 そのスキをオロチが襲う。 オロチの攻撃によって、 タツマキから逃れたサイコスは オロチとの融合をはかる。 スポンサーリンク ワンパンマン【170話】最新話の感想! ついに始まった、 タツマキ対サイコス。 圧倒的な超能力によって、 他の追随を許さないタツマキに サイコスは捕らえられてしまう。 子供の行方を聞くタツマキだが、 その余裕が油断を招き サイコスを逃してしまう。 そのタツマキを襲ったのが、 サイタマに倒されたはずのオロチ。 まさかオロチがまだ生きていたとはビックリですね! あのままサイタマにやられていては、 確かに物足りなかったので オロチの復活は楽しみでもあります。 サイコスと融合したオロチは、 どんな力を見せるのか? 次回も楽しみですね! ワンパンマンを全巻お得に読む方法はこちら!.

次の

ワンパンマン

隣 の ヤング ジャンプ ワン パンマン

怪人協会幹部ニャーンにお腹を切られていながらも必死で走っていますが、傷とカロリー不足のせいで早く走れずワガンマ君に「もっと頑張って走ってよ」と急かされています。 怪人幹部ニャーンからワガンマ君を守るために逃げてきた様子。 そして相変わらずわがままで自分勝手なワガンマ君。 そんな中S級ヒーロージェノスが登場! セキンガルや怪人幹部のニャーンに倒されたヒーロー達を全員抱えて猛スピードで現れます。 そして巻き込まれるようにワガンマ君達二人も抱え込んでさらに先に進むジェノス。 スピードはもの凄く、振り落とされないように必死でしがみつくヒーロー達一向。 途中C級ヒーローが踏切の遮断機にぶつかりそうになりますがセキンガルが助けてなんとか落ちずに済みます。 そして進み続けていると上から怪人が襲ってきます! ですがこれをジェノスが瞬殺! パワーアップしたジェノスの強さは凄まじいです! そしてこれを切り抜けた後にやっと危険区域より脱出成功します。 傷の手当を受け始めるセキンガルですが、ヒーロー協会シッチより着信。 ジェノスと話したいとのことでジェノスへ替わります。 シッチよりヒーロー達やワガンマ君を救出してくれたことへの感謝と作戦より外してしまったことへの謝罪などを伝えられます。 そして「できれば今から力をかりたい、、、、」と最後に伝えられます。 ここで一旦場面が変わり、一緒に来なかったS級ヒーロー駆動騎士との場面に。 ジェノス「お前は運ばなくて本当にいいのか?」 駆動騎士「あぁ 私は自力で帰還する」 駆動騎士「負傷した彼らを頼む」 ニャーン「、、、がはっ」 ジェノス「その怪人、、まだ息がある」 ジェノス「離れろ!トドメを刺す」 駆動騎士「手を出すな これは私が責任を持って駆除する」 ジェノス「そいつをどうする気だ?」 駆動騎士「解剖研究し生物模倣兵器の参考にする」 駆動騎士「お前にもわかるだろう 我々が更に強くなるには未知の生態えお研究し取り入れる必要があると」 ニャーン「、、、なんてことだ、、こんなやつらと戦かわなきゃよかった、、」 ニャーン「パンチ一発で簡単に幹部を倒すやつがいれば 幹部を解剖して道具にしようって奴までいるのか、、」 、、、サイタマ先生は既に参戦している!!! ニャーンの言葉で気づいたジェノス! そして場面はシッチとの電話へ戻る。 ジェノス「言われるまでもなく俺は現場に戻る」「そして勘違いするな 俺が判断を仰ぐのはお前達じゃない」 この一言を最後に電話を切るジェノス。 そして一向はジェノスに残ってほしいと言うが、そこでワガンマ君を連れて逃げていたC級ヒーローが「この子は僕に任せて下さい」「アナタは現場にいる皆の助けになってあげてください!」 とワガンマ君を引き受け現場に向かうようジェノスへ思いを託します。 そしてセキンガルより駆動騎士が収集した敵主力のデータを受け取るジェノス! いよいよジェノスも参戦か!? ワンパンマン162話はここで終わっています。

次の

チェンソーマンのマキマさん、とんでもない悪魔だった : ジャンプ速報

隣 の ヤング ジャンプ ワン パンマン

【たくさんの人に知ってほしい】人間がやってきた事のツケ。 ちゃんとみてほしい。 命に値段をつけて、物として扱ってきた過去からの今。 自分には娘がいる。 娘を産む前に読んでたらきっと立ち直れないレベルの話。 だけど、知らないで済ませられない、悲しい現実がこの漫画の中には沢山あります。 知る事で守れる命があるのなら、悲しくて辛くても知ってほしい。 実家にも自宅にも保護猫が多数います。 野良猫の譲渡も数え切れないくらいしてきました。 個人レベルでは限界がある。 人間だけが生きやすい世界はきっと、終わりに向かうしかないと思う。 日本が、ペットとして命を売る時代が終りますように。 出来る事ならこの世界全てで。 この漫画を見て、心からそう思います。 まんが王国のオリジナル漫画.

次の