デス スリンガー パーク 構成。 【dbdアプデ情報】新キラーデススリンガーや新マップ死んだ犬の酒場「Chains of Hate」

[DbD]デススリンガー おすすめパーク15選!

デス スリンガー パーク 構成

Dead by Daylight デッドバイデイライト、DbD のキラー側のデススリンガーの贖い(あがない)主を上手く使った立ち回りに最適なパーク構成を考えました。 これまでのキラーとは、全く別物の銃を使ったキラーであり、ハントレスの曲線を描く手斧とは、また異なった直線的なエイム力がモノをいうキラーなので、銃アクションゲームが得意な方であれば、容易く使える点も人気の1つ。 キラー専門の人にすれば、銃を使うキラーは待ち望んでいたのではないかなと思うところはあります、残念ながら私はキラー専門ではないので、何ともよく分からない部分ではありますが、昨今のフォートナイトやPUBG、最近で言えばAPEXなどがとても人気ですので、DBDを最近やめていた人が戻ってくるモチベーションとなるキラーですね。 今回の記事はデススリンガーにおすすめのパーク構成を紹介します。 Contents• デススリンガーの現環境の最適パークとアドオンを紹介 もちろん、贖い主をメインに生かすため、有効的に使用するためには、板を倒す前にサバイバーに向かって射撃、窓枠からの狙撃も可能なので、チェイス中に射撃するのも有効です。 唯一、サバイバーとの距離が離れすぎていると届かなかったり、ジグザグに逃げられてなかなか当てられなかったりすることが多いため、上手くサバイバーを追い詰めていく立ち回りが重要になっていきます。 そして、銛(モリ)を発射し命中し、通常攻撃することで深手状態にさせることが出来るため、サバイバーは必ず治療をしなければなりません。 深手ステータスを付与することが出来るため、それを生かしたパーク構成もありですが、命中するまで恩恵を得る事が出来ないため、最強というパーク構成では却下します。 観察&虐待• 呪術:破滅• 選択は君次第だ(天秤) バーベキュー&チリ カニバルのティーチャブルパークでLv35になったらブラッドウェブ上に出現します。 デススリンガーは徒歩キラーですし、足の速さも通常のキラーなので付けておくことに越したことないですね。 サバイバーを攻撃して負傷状態にしておけば、特定の範囲内で血が見えるようになるので、バベチリを付けない人は囁きを付けるといいかも。 サバイバーを索敵しつつ、ゲージも溜める時間も必要なので、バベチリに写った人を追うか、負傷している血を追うかで、それなりの判断は必要かもですね。 バベチリ範囲内に映ったサバイバーで、さらに負傷しているサバイバーを追うのが全滅の可能性を上げることが出来るでしょう。 リロード時間もあるデススリンガーにとっては、索敵時間の手間を省けるという点では最高の相性ではないでしょうか。 バーベキュー&チリ カニバルLv35でブラッドウェブに出現• サバイバーをフックに吊るしてから4秒間、フックから40m以上離れた全てのサバイバーを見ることが出来る。 サバイバーが初めてフックに吊るされる度、 全ての獲得ブラッドポイントが25%増加する。 Lv1で50%、Lv2で75%、Lv3で最大の100%まで。 効果は重複する。 デススリンガーは元々の心音範囲が24mと狭く、このパークをつけることによりさらに16mまでに狭まります。 銃を構えて狙い撃ちするため、視界がLvに応じて広くなる効果も抜群によく外す理由がないくらい必須級。 相性もぴったりですし、視野も拡大される効果もあるため、付近の索敵も出来るため優れた組み合わせでしょう。 観察&虐待 ドクターLv35でブラッドウェブに出現• サバイバーを追いかけている時、 脅威範囲が8m増加する• サバイバーを追いかけていない時、 脅威範囲が8m減少し、 視界がLv1で3度、Lv2で5度、Lv3で10度増加する• 元々の話ですが、このパークはキラーに必ず入れた方がいいパークNo1でした。 仕様変更後はバランスの取れた能力となっており、デススリンガーとの相性に関しては徒歩キラーという点で、相性は良い方。 壊されたとしても銃を撃って遠距離から狙う特性を持つキラーなので、サバイバーも早めに発電機を離して逃げる態勢を取る為、まあまあっていうところ。 アドオンで 看守の鍵(レア)などを使い、スピアガンのリロード速度がそこそこ上昇するものを使えば、いざ壊れてしまってからも、立て直しが可能になるかと。 サバイバーが発電機を触っていなければ自動的に修理した発電機を後退させることが出来るものなので、このパークは状況に応じて最有力になり得ます。 「イタチが飛び出した」とは正反対ですが、好みでイタチにしても良いかもです。 呪術:破滅 ハグLv35でブラッドウェブに出現• 生存者が修理中ではない発電機すべてに影響を与える。 ちょっと癖のあるパークですが、デススリンガーとの相性は抜群でして、元々の心音範囲が24mと普通よりも狭く、銃で攻撃するという点で遠距離攻撃が出来る点、そして引き寄せて通常攻撃を当てられる点、それらの要素でデススリンガーとの相性が格段に上がってます。 デススリンガーが使えば不利な戦況をいつでもひっくり返すことが出来る非常に強いパークになるのでおすすめ。

次の

DbD|生存者解説【ビル】背景、パーク、スキン一覧

デス スリンガー パーク 構成

・攻撃ボタンを押すと銛を発射し、銛が刺さった生存者は意思に反してデススリンガーのもとへとたぐり寄せられる。 生存者は鎖と格闘したり、周囲の物で鎖を圧迫して壊そうと試みたりする。 これらが実行されるとデススリンガーは少しの間怯み、生存者は負傷状態に陥って深手のステータス効果が付与される。 銛が刺さった生存者に通常攻撃を使うと、鎖は壊れるが、その際にデススリンガーと生存者にペナルティは付与されない。 銛が刺さった無傷の生存者に通常攻撃が命中した場合も深手のステータス効果が付与される。 アビリティ発動のボタンを長押しすると贖い主をリロードする。 デススリンガーの立ち回り方 スピアガンは速射が基本 スピアガンの照準を覗いている間、移動速度がかなり落ちる。 もたつくとそのまま逃げられてしまうので、照準合わせから射撃までを素早く行おう。 スピアガンの弾速はかなり速く、距離が遠くなければ狙った場所まで即座に着弾する。 サバイバーを視界の中心に捉えたら即座に撃つのがコツだ。 射程距離は約20m スピアガンの射程距離は約20mで脅威範囲より少し狭い。 画像のサバイバーの位置が、銛が届くギリギリの距離だ。 遠距離狙撃にこだわる必要はない 対象までの距離が遠いと命中精度が落ちるだけでなく、当たっても巻き取り切れず逃げられる危険性がある。 慣れないうちは、 確実に当てられる距離まで近づいてから撃つのがおすすめだ。 巻き取る時は後退推奨 スピアガンは、 後ろに下がりながら巻き取ると素早く相手を引き寄せられる。 攻撃までの時間を短縮できるので活用しよう。 サバイバーが板に近づく前に撃とう サバイバーは、スピアガンを当てられてもほんの一瞬だけなら動ける。 命中させても、板が近すぎると乗り越えられて攻撃を防がれてしまう。 サバイバーが板に向かったら、近づく前に狙撃しよう。 時には撃たない判断も必要 近くに障害物がない時、サバイバーはジグザグに動いて狙撃を回避しようとする。 ジグザグ移動するサバイバーの場合は、無理に狙わずそのまま歩いて近づこう。 無駄な動きをしている分、直線的に逃げるサバイバーよりはるかに追い詰めやすい。 相手が直線移動に切り替えたら、スピアガンで狙い撃とう。 デススリンガーのおすすめ装備 パーク パーク おすすめポイント 攻撃後の硬直が減少するため、攻撃ヒット後すぐに狙撃に映りやすい 元々狭い心音を更に減少させ、初撃を当てやすくできる トークンを溜めれば、スピアガンのヒットで一撃瀕死が可能になる 無防備効果でゲート通電後からの巻き返しが可能になる トーテムが防衛しやすくなるため、「呪術・貪られる希望」や「呪術・誰も死から逃れられない」と相性が良い 移動速度の遅いデススリンガーの索敵を補助できる 発電機修理を遅延できる最強パーク アドオン スピアガン強化 アドオン リロード速度強化 巻取り速度上昇 得られる効果 リロード時間短縮で取り回しやすく 命中後の巻き取り速度アップで次の行動までの時間を短縮 デススリンガーの特定方法と対策 特定方法 銃の発砲音が聞こえる 板などの障害物が多い場所を中心に逃げる デススリンガーは贖い主によって遠方からでも強制的に引き寄せから攻撃を加えてくるため、銛をかわすためにも周囲に板やオブジェクトなど障害物で身を隠せる場所を中心に逃げよう。 窓枠近辺での逃走はNG デススリンガーの発射する銛は、窓枠越しにあたっても引き寄せられてしまうため、小屋周辺でのチェイスは危険。 小屋内の発電機を修理する場合は必ずデススリンガーが近くに居ないのを確認してからにしよう。 脱出ゲートが開いたら速やかに逃げる デススリンガーの銛は脱出ゲート入り口から脱出判定ポイントまでの距離程度であれば余裕で届くため、脱出ゲート前でキラーを待つ行為は非常に危険。 脱出ゲートが開放されたら速やかに逃走し、銛からにげるようにしよう。 発電機は生存者が修理する間のスキルチェックでグッドを出すたびに、修理が進行しているかぎり、黄色のオーラで表示される。 発動中、生存者が発電機の修理を完了する前に中断すると、発電機は死人のスイッチの効果が終わるまでエンティティによってブロックされる。 ブロックされた発電機は白いオーラでハイライトされる。 殺人鬼が一度に執着できる生存者は1人のみ。 これを含む呪いのトーテムが浄化されると、すべての生存者のオーラが10秒間視えるようになる。 辺境の地では病気、飢餓、そして死が当たり前の光景で、符号たちが宴に明け暮れる一方で、開拓者たちはどんなくず鉄でさえ手に入れようと争っていた。 彼部の父親はかつてエンジニアだったが、どこも「アイルランド人はお断り」と門前払いされ、働き口を選ぶことなどできなかった。 ある日、カレブは何年も使われていなかった父親の古い道具を見つけた。 息子が商売に興味を持っていることを知った父は古いレンチを彼にあげたのだった。 父親の教えを受けながら、カレブはユニークな応用を生かした装置を作ったが、父親が居ない時にかれはそれを残忍な道具に変えていた。 有刺鉄線の針で人間の眼をえぐり、眼窩から引き裂くマスクを密かに作ろうとしていたのだ。 マスクの図案には、自分をいじめた少年たちが装着した様子が描かれていた。 成長するにつれカリブのエンジニアとしての能力は市場に通用するレベルに達し、雇用者側も差別を忘れ注目した。 そして、彼はユナイテッドウエスト鉄道のオーナー、ヘンリー・ベイジョアに雇われた。 カレブはまず、線路の犬釘を地面に打ち込む銃を開発し、その次に蒸気駆動のトンネル掘削機を作った。 ところがベイジョアが無関心だったせいで、それらの機械は他の会社から発売されてしまう。 カレブから特許が盗まれ売り渡されていたのだ。 覚えのある感覚が蘇ってカレブの血の中を駆け巡り、心臓に鋭い痛みを与えた。 今でも自分はクズ鉄を手に入れるために必死なのに。 金持ちは自分のち的労働から利益を搾取している。 怒りに圧倒され、彼はベイジョアのオフィスに飛び込み、顔が血まみれになるまで殴りつけた。 引き離された彼は上司の腹に特殊な銃を押し付け、引き金を絞った。 線路の犬釘が皮膚と内臓を突き抜け、ベイジョアはデスクに釘付けになった。 カレブが絞首刑にならずに済んだのは、意外にもベイジョアが一命を取りとめたからだ。 15年間、カレブは全国で第一号の私設刑務所であるヘルシャーヘイム書に収監された。 教養のない囚人だらけの要塞で、彼は学のある刑務所長と親しい関係になった。 普通ならありえないことだ。 カレブは刑務所長のために拷問装置を設計し、見返りに他の囚人より多くの食事を与えられた。 しばらくすると、刑務所長は彼の減刑を提案してきた。 所長は金銭的富よりも大きなもの、つまり政治的資本について語り、自分のコネクションを使えばベイジョアを陥れて一生檻の中に入れることができると言った。 彼の要求はただ、彼を金持ちにし、監獄を満員にすること。 独創性を発揮して無法者たちを生きて監獄に連れてくることだった。 自分の仕事場に戻ったカレブは、少しばかりの改良を加えて新しいスピアガンを作った。 最初に試したのは中国人のクリーニング屋が襲われた時だった。 チャンスとばかりにカレブはそのプロトタイプを持ち出した。 金属のジョイントが甲高い音を立てると、ターゲットの腹を犬釘がえぐった。 そして犬釘を引くと泥棒の腸が引っかかり、とんでもない音を立てながら埃だらけの道に引っ張り出された。 数回繰り返した後、取り出すはらわたは減っていった。 刑務所長が裏で画策し、アイルランド人の囚人を釈放してカレブの元に送った。 ヘルシャーギャングの誕生である。 刑務所長との約束を果たすため、一味は6年間全国を渡り歩いて、刑務所にブチ込む指名手配犯を追い続けた。 グレンベールでの血みどろの戦いの後、或る新聞の見出しがカレブの目に留まった。 そこには、「ヘンリー・ベイジョア、ヘルシャー刑務所を買収」と書かれていた。 写真の中では、醜い顔になったベイジョアが誇らしげに刑務所長と握手をしていた。 カレブの心臓は怒りで打ち震え、静脈が破れんばかりに憤怒の地が駆け巡った。 彼は、金持ちのゲームの駒に過ぎなかったのだ。 ヘルシャーギャングはカレブへの忠誠を誓い、刑務所長の首を取ろうとした。 彼らはものすごい勢いで刑務所の入り口を突破し、血に飢えた略奪者のように叫んだ。 看守がピストルを向けたが、躊躇した隙にスピアガンが彼の胸を撃ち抜いた。 カレブは男の頭をつかみ、独房の椅子が貫通するまで叩きつけた。 刑務所長室のドアを蹴って開けると、カレブを待っていたのは都合のいい光景だった。 隅で怯えていたのは刑務所長だけでなく、ヘンリー・ベイジョアもそこにいたのだ。 怒りに突き動かされたカレブは、ベイジョアに突進して殴り、こん棒で殴打し肉を引き裂いた。 男は顔から血を滴らせ、足元を真紅の海で染めた。 ヘルシャーギャングのメンバーたちは刑務所長に群がり、骨を砕くほど蹴り倒した。 崩れ落ちて命乞いをする二人の男をギャングたちは食堂にひきずっていき、続々と集まる囚人の群れの中に放り出した。 血と汗にまみれたカリブは、ベイショアの悲鳴をほとんど気にも留めず、自分がかつて収監されていた独房に足を踏み入れた。 彼は指先から血を滴らせながらベッドの端に座った。 格子窓から濃い不自然な霧が漂ってくる。 彼はひび割れて錆びた古いレンチを取り出し、かすむ目でそれを見つめながら金属に親指を滑らせた。 いつそれが自分のものになったのか、カレブは思い出せなかった。 思い出せなくてもどうでも良かった。 彼の足元には埃っぽい道があり、その果てには、彼を不当に扱ったあらゆる人物のシルエットが見えた。

次の

デススリンガーの固有パーク解説・おすすめパーク・アドオン

デス スリンガー パーク 構成

カレブ・クインは、裕福でないアイルランド移 民の息子としてアメリカ中西部のほこりだらけ の荒れ地で生まれた。 辺境の地では病気、飢 餓、そして死が当たり前の光景で、富豪たちが 宴に明け暮れる一方で、開拓者たちはどんなく ず鉄でさえ手に入れようと争っていた。 カレブ の父親はかつてエンジニアだったが、どこも 「アイルランド人はお断り」と門前払いされ、 働き口を選ぶことなどできなかった。 ある日、カレブは何年も使われていなかった父 親の古い道具を見つけた。 息子が商売に興味を 持っていることを知った父は、古いレンチを彼 にあげたのだった。 父親の教えを受けながら、 カレブはユニークな応用を生かした装置を作ったが、父親がいない時に彼はそれを残忍な道具に変えていた。 有刺鉄線の針で人間の目をえぐり、眼窩から引き裂くマスクを密かに作ろうとしていたのだ。 マスクの図案には、自分をいじめた少年たちが装着した様子が描かれていた。 成長するにつれカレブのエンジニアとしての能力は市場に通用するレベルに達し、雇用主側も差別を忘れ注目した。 そして、彼はユナイテッドウエスト鉄道のオーナー、ヘンリー・ベイショアに雇われた。 カレブはまず、線路の犬釘を地面に打ち込む銃を開発し、その次に蒸気駆動のトンネル掘削機を作った。 ところがベイショアが無関心だったせいで、それらの機械は他の会社から発売されてしまう。 カレブから特許が 盗まれ売り渡されていたのだ。 覚えのある感覚が蘇ってカレブの血の中を駆け巡り、心臓に鋭い痛みを与えた。 今でも自分はクズ鉄を手に入れるために必死なのに。 金持ちは自分の知的労働から利益を搾取している。 怒りに圧倒され、 彼はベイショアのオフィスに飛び込み、顔が血まみれになるまで殴りつけた。 引き離された彼は上司の腹に特殊な銃を押し付け、引き金を絞った。 線路の犬釘が皮膚と内臓を突き抜け、ベ イショアはデスクに釘付けになった。 カレブが絞首刑にならずに済んだのは、意外にもベイショアが一命を取りとめたからだ。 15年間、カレブは全国で第一号の私設刑務所であるヘルシャー刑務所に収監された。 教養のない囚人だらけの要塞で、彼は学のある刑務所長と親しい関係になった。 普通ならあり得ないことだ。 カレブは刑務所長のために拷問装置を設計し、見返りに他の囚人より多くの食事を与えられた。 しばらくすると、刑務所長は彼の減刑を提案してきた。 所長は金銭的富よりも大きなもの、つまり政治的資本について語り、自分のコネクシ ョンを使えばベイショアを陥れて一生檻の中に入れることができると言った。 彼の要求はただ、彼を金持ちにし、監獄を満員にすること。 独創性を発揮して無法者たちを生きて監獄に連 れてくることだった。 自分の仕事場に戻ったカレブは、少しばかりの改良を加えて新しいスピアガンを作った。 最初に試したのは中国人のクリーニング屋が襲われた時だった。 チャンスとばかりにカレブはそのプロトタイプを持ち出した。 金属のジョイントが甲高い音を立てると、 ターゲットの腹を犬釘がえぐった。 そして犬釘を引くと泥棒の腸が引っかかり、とんでもない 音を立てながら埃だらけの道に引っ張り出された。 数回繰り返した後、取り出すはらわたは減っていった。 刑務所長が裏で画策し、アイルランド人の囚人を釈放してカレブの元に送った。 ヘルシャーギャングの誕生である。 刑務所長との約束を果たすため、一味は6年間全国を渡り歩いて、刑務所にブチ込む指名手配犯を追い続けた。 グレンベールでの血みどろの戦いの後、ある新聞の見出しがカレブの目に留まった。 そこには、「ヘ ンリー・ベイショア、ヘルシャー刑務所を買収」と書かれていた。 写真の中では、醜い顔になったベイショアが誇らしげに刑務所長と握手をしていた。 カレブの心臓は怒りで打ち震え、 静脈が破れんばかりに憤怒の血が駆け巡った。 彼は、金持ちのゲームの駒に過ぎなかったのだ。 ヘルシャーギャングはカレブへの忠誠を誓い、刑務所長の首を取ろうとした。 彼らはものすごい勢いで刑務所の入り口を突破し、血に飢えた略奪者のように叫んだ。 看守がピストルを向けたが、躊躇した隙にスピアガンが彼の胸を撃ち抜いた。 カレブは男の頭をつかみ、独房の格子が貫通するまで叩きつけた。 刑務所長室のドアを蹴って開けると、カレブを待っていたのは都合のいい光景だった。 隅で怯えていたのは刑務所長だけでなく、ヘンリー・ ベイショアもそこにいたのだ。 怒りに突き動かされたカレブは、ベイショアに突進して殴り、 こん棒で殴打し肉を引き裂いた。 男は顔から血を滴らせ、足元を真紅の海で染めた。 ヘルシャーギャングのメンバーたちは刑務所長に群がり、骨を砕くほど蹴り倒した。 崩れ落ちて命乞いをする二人の男をギャングたちは食堂に引きずっていき、続々と集まる囚人の群れの中に放りだした。 血と汗にまみれたカレブは、ベイショアの悲鳴をほとんど気にも留めず、自分がかつて収監さ れていた独房に足を踏み入れた。 彼は指先から血を滴らせながらベッドの端に座った。 格子窓 から濃い不自然な霧が漂ってくる。 彼はひび割れて錆びた古いレンチを取り出し、かすむ目でそれを見つめながら金属に親指を滑らせた。 いつそれが自分のものになったのか、カレブは思い出せなかった。 思い出せなくてもどうでもよ かった。 彼の足元には埃っぽい道があり、その果てには、彼を不当に扱ったあらゆる人物のシ ルエットが見えた。 彼をいじめた少年たち、彼を利用した重役たち、そして再び…ヘンリー・ベイショアの影がそこにあった。 霧の中から、 彼らを始末するための道具が現れる。 容赦ない鋼製のフックは、そのシンプルさゆえに輝かしく美しい。 立ち上がると痛みで足が引き裂かれ るようだったが、彼はそれに耐えて埃っぽい道を進んだ。 彼の後ろには流れる血の跡が続いていた。 カテゴリー• 本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。 記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。 All rights reserved. All other trademarks are properties of their respective owners.

次の