オーキン 博士。 インデペンデンス・デイ: リサージェンス の レビュー・評価・クチコミ・感想 page 2

インデペンデンス・デイ:リサージェンスの日本語吹き替え声優一覧まとめ

オーキン 博士

セーラ・ウォード:山口由里子 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」あらすじとネタバレ 20年前の1996年、宇宙からの侵略者を撃退した人類は廃墟から立ち上がり、それからの20年は戦争やつまらぬ諍いが地球上から消え去った。 人類は都市を復興させて暮らしを甦らせ、エイリアンが残した技術は人類を「重力」から解放した。 2016年の独立記念日(インデペンデンス・デイ)が迫る中、前作の主要人物スティーヴン・ヒラー大尉の息子・ディランが記念式典のためホワイトハウスに招待され、 20年前に 人類の 『独立宣言』をしたホイットモア前大統領の娘で大統領補佐官・パトリシアと再会した。 一方、パトリシアの恋人で若きパイロット・ジェイクは月面での任務にあたっていた。 ジェイクは「退屈な任務だ」とボヤいていたが、突然建造中のアンテナが崩壊しそうになる事故に直面する。 するとジェイクは避難命令を無視してアンテナを支え、操縦していた機体を壊したが月面基地の危機を救った。 そんな中、エリア51のエイリアン監房に呼び出されたアダムズ将軍は、20年硬直状態だったエイリアンが異常な動きをしていることを確認した。 アダムズ将軍はすぐに ESD(宇宙防衛軍)部長・デイビッドを呼ぶよう部下に命じたが、連絡がつかないデイビッドはアフリカにいた。 スポンサーリンク デイビッドは1996年にアフリカに墜落した宇宙船の調査をしており、10年間エイリアンと戦った現地の部族長に協力を求めた。 2日前に突然起動した宇宙船には明かりがついており、デイビッドたちはエイアリンが掘った巨大な穴を発見した。 また、宇宙船の内部にたどり着くと 宇宙に向けて 「信号」が放たれていたことを突き止め、デイビッドは『全く同じ信号だ』と言った。 20年前、母船を破壊した時宇宙に向けて発信されたマイクロ波だ。 SOS信号だ。 誰かがそれに答えたわけね。 一方、ジェイクは地球のパトリシアと連絡を取り、2人の将来や確執のあるディランについて話し合った。 ジェイク、パトリシア、ディランの3人は共に戦闘機パイロットを目指していたが、ジェイクは飛行訓練でディランを死なせかけており、戦闘機パイロットから外されて月面での任務に就いていた。 その後、ディランが隊長を務める「レガシー飛行隊」は月面基地に向かい、ディランはジェイクを見つけるといきなり殴った。 上官に見つかってすぐにその場はおさまったが、殴られたジェイクは飛行訓練を思い出しながら改めて反省した。 そんな中、20年間昏睡状態だったエリア51の変人科学者・オーキン博士が突然目を覚まし、月面基地の近くに球体の宇宙船が現れた。 ランフォード大統領はすぐに先制攻撃を提案し、各国首脳も大統領の意見に賛成した。 やがて月面基地からのレーザー攻撃を受けた宇宙船は墜落したが、その映像を見たホイットモア前大統領は 『20年前と 違う種族だ』と言った。 また、アフリカで宇宙船を調査していたデイビッドもホイットモア前大統領と同じ意見で、デイビッドは無断借用機でジェイクに迎えに来させて月に向かった。 墜落現場に到着したデイビッドたちは宇宙船の残骸から「核(コア)」を回収するが、 そこに 『直径4800キロ』の超巨大宇宙船が姿を現した。 危険を察知した月面基地はすぐに攻撃を開始したが、レーザー攻撃はシールドに阻まれて無効化され、宇宙船からの一撃を受けた基地は消滅した。 するとディランたちレガシー飛行隊はなんとか脱出してエリア51に向かい、デイビッドたちもジェイクの華麗な操縦で地球に帰還した。 一方、ランフォード大統領はこの日のために準備していた「軌道防衛システム」を発動させたが、宇宙船の先制攻撃を受けてあっけなく破壊された。 また、ボートで釣りに出かけていたデイビッドの父・ジュリアスは、すぐ後ろに迫った宇宙船から全速力で逃走した。 やがて宇宙船はニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポールといった各国の主要都市を次々に破壊し、防衛システムを無力化された人類は再び滅亡の危機に瀕していった…。 その後、ホイットモア前大統領はエリア51のエイリアン監房に向かい、そこでアダムズ将軍、デイビッド、オーキン博士たちと再会した。 エイリアンは異常な動きをしながら叫んでいたが、その様子を見たオーキン博士は『歓声をあげてる』と言った。 するとホイットモア前大統領はエイリアンの隔離室に1人で侵入し、自らの命をかけて情報を聞き出そうとした。 やがてホイットモア前大統領が首を絞められて拘束されると、エイリアンは デイビッドたちに 「全てを司る彼女がやってきた」と言った。 護衛官はホイットモア前大統領を守るため銃で攻撃したが、エイリアンは攻撃を回避して隔離室から飛び出した。 すると刀を抜いた部族長がエイリアンの背後から突き刺し、体内から飛び出したエイリアンの本体にとどめを刺した。 その後、デイビッドは敵の赤外線情報から『女王』を発見し、敵はプラズマドリルで地底の「コア」を狙っていることが分かった。 コアを失うと磁場は消え、地球の大気はなくなり生命は死滅する。 アフリカでは母船が爆破して奴らは採掘をやめた。 女王がいるなら、蜂の巣の仮説に従い…女王を殺せばチャンスがある。 その話を聞いたランフォード大統領は報復攻撃をアダムズ将軍に命じ、ディランはパイロットたちを招集して作戦を伝えた。 内容はジェイクたちが核融合弾頭を装備した爆撃機を援護し、母船に最初に到着した機が爆弾を投下する作戦だった。 やがて女王のいる母船への総攻撃が開始されるが、圧倒的な技術力と軍事力により部隊は壊滅し、母船内に侵入したジェイクとディランたちも「女王の罠」にはまって母船内に取り残されてしまう。 ジェイクとディランたちは墜落しながらも爆弾を起爆したが、シールドに阻まれて効果はなかった。 そしてエイリアンたちは政府のシェルターに侵入し、ランフォード大統領をはじめとする政府の閣僚たちが全員殺されてしまった。 大統領継承者が亡くなったアメリカはアダムズ将軍が宣誓することになり、ここからはアダムズ大統領が指揮を執ることになった。 一方、オーキン博士が宇宙船のコアを調べていると、中からもう一つの球体が現れた。 その球体はエイリアンの侵略を受けて滅ぼされた 『他の種族』が送ったもので、エイリアンと戦う人類に向けてのメッセージが込められていた。 この任務に一番適しているのは私だ。 君らの仕事は未来の復興だ。 私が行く。 そんな中、襲撃に巻き込まれたデイビッドの父・ジュリアスは、避難する子供たちに救出されて一命をとりとめていた。 ジュリアスたちはガス欠寸前の車で移動していたが、途中でスクールバスの前で待機していた子供たちを発見する。 するとそのバスにはガソリンが残っており、ジュリアスたちは笑顔でスクールバスに乗り込んだ。 スポンサーリンク 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」結末 船内に取り残されていたジェイクとディランたちは、エイリアンたちを挑発して油断させ、その隙に敵の戦闘機を奪って無事に脱出した。 やがて女王船の到着まで9分、コア到達まで22分となり、大統領はデイビッドたちに作戦開始を告げて世界にメッセージを発信した。 そして地上と空で激しい戦闘が始まり、デイビッドは爆弾の衝撃を封じ込めるため、砂漠の真ん中にシールドの罠を設置した。 すると父・ジュリアスが運転するスクールバスが罠に近づき、ジュリアスはなかなか会えなかった多忙な息子と再会する。 その直後、おとり機に乗ったホイットモア前大統領が女王船をシールドの罠にかけ、追いかけてきた娘・パトリシアを爆発空域から退避させて船内に突っ込んだ。 そしてホイットモア前大統領は女王の前で「人類を代表して、独立記念日おめでとう!」と言って起爆し、女王船はシールド内で粉々に砕け散った。 爆発を確認したデイビッドは大統領に作戦の成功を報告したが、敵は女王が死んでも攻撃の手を緩めなかった。 すると、瓦礫の中からシールドで守られていた巨大な女王が現れ、デイビッドとジュリアスたちは急いでバスに乗り込んだ。 コア到着まで残り6分、デイビッドが運転するバスは女王に追い詰められ、エリア51の監房からエイリアンが脱走した。 しかし、パトリシアが捨て身の攻撃で女王のシールドを破壊すると、そこにエイリアンの戦闘機をハイジャックしたジェイクとディランたちが駆けつけた。 すると無数の敵戦闘機は 女王を守るように 「竜巻」のように動き、女王はオーキン博士と部族長たちが守っていた『球体』を奪った。 コア到着まで残り2分、ジェイクとディランたちは女王を守る「竜巻」の中に入り、スピードと高度を上げて「竜巻の目」から抜け出した。 そして急降下しながら女王に総攻撃し、弱点の触手を撃ち落として女王を倒した。 すると女王を失ったエイリアンの戦闘機は次々と墜落し、コアは無事守られた。 やがて超巨大宇宙船は地球から撤退し、人類は再び勝利を収めた…。 スポンサーリンク.

次の

映画『インデペンデンス・デイ』ネタバレあらすじと感想。SF大作に必要なスケール感が発揮された90年代を代表する作品

オーキン 博士

配給は。 の『』の続編。 監督は前作と同じが担当し、、、など、前作に出演した俳優陣の多くが出演する が、前作の主人公ヒラー大尉(演:)は、戦闘機のテスト飛行中に事故死したという設定で、本作には登場しない (理由はを参照)。 あらすじ [ ] に起こったエイリアンの侵略から約20年、勝利した人類は撃墜したエイリアンの船の残骸から彼らの技術の一部を吸収し、それを元にして人類文明は大幅な進歩を遂げた。 新大統領の指揮の下、世界各国は団結して再度のエイリアンの攻撃に備えるための軍備編成にも着手、をはじめとする太陽系の各惑星に前線基地を設営し、さらに反重力制御の戦闘機などの次世代兵器の開発と量産を推し進めた。 その最中、月で謎の出力異常が検知され、設置作業中の砲台が基地に落下しそうになるという事故が発生するが、新兵である ジェイクの活躍で事なきを得る。 一方、地球でも異変が起こっていた。 20年前、アフリカ大陸に唯一完全な状態で着陸していたシティ・デストロイヤーが突然起動したことを受け、前大戦でエイリアンのテクノロジーの一端を解明して勝利に貢献した デイヴィッド・レヴィンソンらは、船から宇宙に向けてある信号が放たれていたことを突き止める。 宇宙に存在するエイリアン軍の本隊へのSOS信号であり、その本隊が地球に接近していたのである。 やがて付近に設営されていた基地からの交信が途絶え、間もなく月の上空に謎の巨大球体が出現し、大統領の命令により球体は破壊される。 来るのアメリカ独立記念日、現大統領の演説が行われている中、デイヴィッドはジェイクと共に月面で破壊された球体の残骸を調査し、そのコアと思しき部位を発見するが、そこへ遂にエイリアン本隊の母船が地球圏に襲来する。 母船は迎撃に出る月面基地を一瞬で破壊し、さらに衛星軌道上に設置されていた防衛システムも容易く突破して地球に降下、強力な反重力波を用いてをはじめとする沿岸の都市を次々と壊滅状態に追いやっていった。 やがて母船は大西洋上に着水する。 一方、エイリアンらは母船から放つプラズマドリルで地球の核を貫くことで、彼らが利用するエネルギーを得ると共に、今度は地球そのものを滅ぼそうと目論んでいた。 女王を倒せば侵略者の侵攻を止められると考えた人類は奇しくも20年前と同じこの日に反撃作戦を実施し、ジェイクおよび スティーヴン・ヒラー大尉の息子である ディランらレガシー隊を含めた攻撃部隊が編成され、女王のいる母船への総攻撃が始められた。 しかし、敵の技術力と軍事力は地球側の予想を遥かに上回っており、圧倒的な戦力差により攻撃部隊は壊滅、母船内に潜入したジェイクらも敵の罠に嵌って自機を失い母船に取り残されてしまう。 エイリアンの攻撃は遂にアメリカ政府シェルターにまで及び、現大統領をはじめとする政府の主要閣僚も全員殺害されてしまった。 一方、かつての前線基地だったエリア51でデイヴィッドと オーキンがコアの解体を進めると中にはもう一つ小さな球体があり、さらにこの球体には、人類に向けてのメッセージが込められていた。 この球体は以前にエイリアンの侵略を受けて文明を滅ぼされた他の異星人が送ったもので、球体は人類にレジスタンスの先頭に立つよう求める。 球体のメッセージにはエイリアン側もこれを狙っているとあったが、デイヴィッドはこれを利用すればエイリアンの軍をうまく誘導できると考え、あえてその信号を敵母船に向けて発信する。 母船内ではジェイクとディランがエイリアンの歩兵に包囲され追い詰められていたが、エイリアン側がその信号をキャッチし、女王を含め歩兵達がその信号の発信源である防衛軍本部に向かって出撃したことで両者は難を逃れ、艦の警備が手薄になった隙に敵の戦闘機を奪って脱出する。 デイヴィッドの読み通り防衛軍本部にはエイリアン軍の主力部隊が集結し、女王のいる司令船もまた前線に現れる。 このチャンスにホイットモア自ら核弾頭搭載機に乗り込んで司令船に特攻をかけ、船を破壊したと思われたが、バリアで守られた女王は生きており自ら戦闘に立つ。 女王の猛攻に基地は追い込まれて行き、球体も奪われそうになるが、パトリシアの活躍で女王のバリアシステムは破壊され、そこにジェイクらの乗った戦闘機が駆けつけて女王を攻撃し、遂に女王を撃破する。 女王が倒されたことでエイリアン軍は統制を失って機能不全に陥り、そのまま母船は地球を離れて撤退、人類は再び勝利した。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] ジェイク・モリソン 月面基地の輸送機『ムーンタグ』の操縦士。 パトリシアの婚約者。 の戦いで両親を失い孤児となった過去を持ち、相棒のチャーリーとは家族同然に育った。 かつてはパトリシア、ディランと共に戦闘機パイロットを志していたが、演習中にディラン機に接触、危うく死なせかけてしまったため、戦闘機パイロットへの道を断たれ、現在の任務に就いた。 そのため、今日に至るまでディランとの仲は拗れてしまっている。 また、パイロットとしての腕は確かであるが、先述の接触事故と普段の不真面目といえる言動や物腰故に、上官のジャンからは快く思われていない。 しかし、物語中盤での反撃作戦にて、再び戦闘機の操縦桿を握ることとなる。 デイヴィッド・レヴィンソン ESD(地球防衛司令部)部長として登場。 前作、エイリアンの信号を解読し戦いに勝利するきっかけを作った。 相変わらず飛ぶ事は苦手である様子。 アフリカにて、20年前の戦いで地上に着陸した唯一のシティ・デストロイヤーが突如起動したことを受け、調査に向かう。 その結果、前作で母船が破壊された直後、宇宙に向けて救難信号が発せられていたことを突き止める。 前作の物語開始時点では優秀だが出世欲や野心とは無縁の人物であったが、今作ではエイリアンの脅威から地球を守るのに熱心な人物となっており、月で撃墜された謎の巨大球体の調査を大統領に要請するも、それを後回しにして7月4日の式典に出席するよう命じられたのにそれをすっぽかして、ジェイクの協力を得て月へと向かう程であったが、エイリアンの襲来によって式典の件で処罰されることは無くなり、自由に動けるようになった。 小説版にて、前作に登場したコニーとは一度復縁したものの死別してしまったことが語られている。 トーマス・ホイットモア 元合衆国大統領。 現在はパトリシアの介護を受けながら自宅で療養している。 20年前にエイリアンのテレパシーを受けた影響で悪夢や幻覚に悩まされており、今回の襲撃をいち早く予知していた。 ディラン・ヒラー大尉 前作の主要人物スティーヴン・ヒラーの息子。 戦闘機のエースパイロットでレガシー飛行部隊の隊長を務める。 パトリシアとは現在も交友関係を結んでいるが、ジェイクとの確執は未だ続いている。 パトリシア・ホイットモア中尉 トーマス・ホイットモアの娘であり、現在は大統領補佐官を務める。 かつてはジェイク、ディランと共に戦闘機パイロットを目指していたが、父親の体調の悪化によりパイロットの道を断念した。 物語後半に父から「ホイットモア中尉」と呼ばれていることから、軍での最終階級は中尉である模様。 主要人物の仲間・家族 [ ] チャーリー・ミラー ムーンタグの操縦士で、ジェイクとは家族同然に育った相棒。 彼もまた戦闘機パイロットを志していたが、ジェイクと共にいることを望み、月面基地での任務に就く。 月面基地を訪れたレガシー飛行部隊のレインに一目惚れする。 レイン・ラオ大尉 レガシー飛行部隊に所属する中国人パイロットで、月面基地司令官のジャンの姪。 ジュリアス・レヴィンソン デイヴィッド・レヴィンソンの父親。 多忙な息子になかなか会えないことを愚痴っている。 前作の戦いに関する自伝を執筆したが、ほとんど売れていない模様。 ボートで釣りに出かけていた矢先、今回の襲撃に巻き込まれる。 前作では車を安全運転する主義である様子が描かれたが、今作ではサムの車の運転を替わった後、「燃料の節約」という理由でゆっくりと走っていた。 ジャスミン・ダブロウ・ヒラー 亡きスティーヴン・ヒラーの妻でディランの実母。 ストリッパーから医師に転身し、現在は病院の幹部を務める。 キャサリン・マルソー フランス人の精神科医。 前作以降、エイリアンのテレパシーを受けた人々の後遺症について調査している。 デイヴィッドとは浅からぬ縁があるが詳細は不明。 ただ、互いの専門分野の違い故に意見が衝突する場面がある。 ディケンベ・ウンブトゥ デイヴィッドが調査に訪れたアフリカの武装集団の長。 二振りのマチェーテを武器に持つ。 父親の跡を継いでまだ日が浅いが、20年前に母船が破壊された後も、その後10年に渡りエイリアンの残存部隊と地上戦を繰り広げたため、エイリアンとの戦い方を熟知している。 彼もまたエイリアンのテレパシーを受けた人間であり、彼らの影響を受けて幻覚を垣間見るようになった。 また、それらのエイリアンの記号や言語を独自に解読、翻訳することができる。 フロイド・ローゼンバーグ デイヴィッドの下に派遣された会計官。 アフリカに調査に向かったデイヴィッドに同行し、そのままなし崩し的に事件に巻き込まれてしまう。 その他の登場人物 [ ] エリザベス・ランフォード大統領 現合衆国女性大統領。 7月4日の式典の最中、エイリアンの20年ぶりの襲撃に直面することとなり、以降はシャイアンマウンテンのシェルターより指揮を執る。 ジョシュア・アダムズ将軍 今作において、エリア51より対エイリアン作戦の指揮を執るアメリカ軍の将軍。 ランフォード大統領をはじめ主要閣僚が全員殉職した為、後半は大統領に就任し指揮を執る。 ブラキッシュ・オーキン博士 20年前はエリア51の研究チーフであった。 前作においてエイリアンのテレパシーを受けた影響で意識不明に陥っていたが、20年に及ぶ昏睡状態から覚醒する。 テレパシーの後遺症で、エイリアンの持つ感情をある程度理解できる。 ミルトン・アイザックス博士 前作でオーキンの助手を務め、マリリン・ホイットモアの手術も執刀した。 興奮すると周囲が見えなくなるオーキンのストッパー役でもある。 小説版では同性愛者であることが明かされており、20年間オーキンの回復を祈って彼の治療を続けていた。 ジャン・ラオ司令官 月面基地の司令官。 規則違反を繰り返すジェイクたちに頭を痛めており、彼らを目の敵にしている。 その一方、姪のレインには優しい叔父としての顔を見せる他、エイリアンの襲撃時には自分以外の職員を避難させる一面もある。 ウィリアム・グレイ元将軍 前作においてトーマスやデイヴィッドらと共に戦った、当時の合衆国統合参謀本部議長を務めていた海兵隊大将。 7月4日の式典に妻と共に出席した。 かなりの高齢であるため若干耄碌しているが、それでもかつての盟友であるトーマスとは目礼を交わした。 サム エイリアンの襲撃後、車で生存者を救出しながら安全な場所を探していた少女。 襲撃によってボーイフレンドを失っている。 気絶していたジュリアスを救出し、彼の案内でエリア51へと向かう。 なお、無免許運転である。 地球外生命体 [ ] エイリアン 種族名が分からないため便宜上この名前で呼称。 前作から登場しているエイリアンで、他の惑星への侵略行為で糧を得ている。 今作において、彼らは支配種である女王を群れの頂点とした真社会性動物のような体系を持つことが明らかになった。 また、女王エイリアンを倒した場合、残りの従属種エイリアンは他の女王エイリアンの群れに統合されるため、前作で破壊したマザーシップ内にも女王が存在したのではないかとデイヴィッドは推測していた。 本体は小柄で脆弱だが、大型の地球外生物の体を加工したバイオ・メカニカルスーツに入り込んでいる。 弱点は背中で、そこを攻撃されると活動が停止する。 残党エイリアン 20年前の戦いで現れたエイリアンで、エリア51で生き残りの数十体が捕虜となっている。 前作でマザーシップが破壊されてからは、全員が直立不動の体勢のまま微動だにしていなかったが、今作の数日前から突如として興奮状態に陥り始めた。 また、20年前に唯一シティ・デストロイヤーが着陸し、掘削作業を行っていたアフリカでは、マザーシップ破壊後10年に渡り、ディケンベ・ウンブトゥの父親が率いる部族と地上戦を繰り広げていた。 また、前作でマザーシップが破壊された直後、この部隊が宇宙に向けて救難信号を発していた。 最終的にアフリカのエイリアンは全滅し、使用していた武器は父親の跡を継いだディケンベらに鹵獲された。 エイリアン(従属種) 今作において新たに地球に襲来してきたエイリアン。 20年前のエイリアンに比べ、バイオ・メカニカルスーツが若干大型化している。 使用している武器装備、戦闘機等、技術面においても進歩している。 スーツを脱いだ本体の姿は前作の個体と同様。 女王エイリアン 今作で初登場したエイリアンの支配種。 従属種とは比較にならないほどの巨体と複数の脚を持つ。 専用のバイオ・メカニカルスーツも存在し、個人用のシールド発生装置も装備されている。 テレパシーも強力で、作中では無数の戦闘機の操縦系統を操り自分の盾として利用したほか、トーマス・ホイットモアやオーキンら、エイリアンのテレパシーの後遺症を持つ人間にも影響を及ぼしている。 アフリカのシティ・デストロイヤーから発せられたSOSを受信、前作の群れの敗北を知る。 さらに、敵視している球体型エイリアンが人類に干渉しようとしていることを知り、地球侵略に向けて動き出す。 こちらも背中が弱点である。 球体 種族名が分からないため便宜上この名前で呼称。 今作で初登場した種族。 かつては肉体を持っていたが、意識を球体型のマシンにアップロードし種族全体がバーチャルな存在に進化したと自ら語った。 エイリアンの襲撃を受け母星を失い、この個体だけが生き延びた。 同じようにエイリアンの襲撃を受けた種族たちを秘密裏に集めたレジスタンスを結成しており、エイリアン達からは存在を危険視されている。 唯一エイリアンを撃退した地球人に興味を示すと同時に今回の女王の襲撃を察知、人類に警告するために月面基地に現れるが、襲撃と誤解され撃墜されてしまう。 その後、デイヴィッドらによってエリア51で再起動、これまでの経緯を説明した。 地球人の言語を瞬時に理解する知能の高さを持つが、やや地球人を見下しているような言動をする。 ジェイク・モリソン中尉 - ( )• デイヴィッド・レヴィンソンESD部長 - ()• ディラン・ヒラー大尉 - ()()• トーマス・J・ホイットモア元合衆国大統領 - ()• パトリシア・ホイットモア - ()• ランフォード合衆国大統領 - ()• ジョシュア・T・アダムズ将軍 大統領 - ()• ジュリアス・レヴィンソン - ( )• ブラキッシュ・オーキン博士 - ()• タナー国防長官 - ()()• ジャスミン・ヒラー - ()• レイン・ラオ中尉 - ()• キャサリン・マルソー - ()• ディケンベ・ウンブトゥ - ()()• フロイド・ローゼンバーグ - ()• チャーリー・ミラー - ()()• ジャン司令官 - ()• トラヴィス護衛官 - ()• グレイ将軍 -• アイザックス博士 - ジョン・ストーレー()• サム - ()• 球体の声 - ジェナ・パーディ()• デイヴィッドのアシスタント - 日本語版スタッフ [ ]• 翻訳 - 前田美由紀• 演出 - 打越領一• 調整 - 菊池悟史• 録音 - 板垣良美• 録音スタジオ - ACスタジオ• 日本語版制作 - ACクリエイト株式会社• ダビングスタジオ - 東京テレビセンター• ダビングミキサー - 菊池悟史 製作 [ ] 企画は2011年にから発表された。 この時点では監督のや前作主演のの参加については未定だった が、2012年にはエメリッヒの参加が決定した。 2013年にはホイットモア元合衆国大統領役のが撮影に2014年から入る予定である ことや、エメリッヒが前作から20年後の世界が舞台であることをそれぞれ告白している。 前述したようにスミスは出演しないが、これについてエメリッヒは「彼は有名すぎるし、ギャラが高すぎる」との理由を挙げており 、スミスも「(続編が)公開されたら、泣きながら観ると思う。 僕のキャラクターの死を知ったときは、とてもつらかったよ」との感想を述べているほか、エメリッヒとは続編制作について話し合っていたという。 なお、本作の撮影期間にスミスは同年公開の『』に出演していた。 なお、企画当初は2部構成と発表されていた が、エメリッヒは「彼ら(20世紀フォックス)は最初に1作だけ作ることに決めたと思うよ」と、2部構成の実現には成績が必要であることを述べている。 評価 [ ]• 米大手映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では批評家の支持率が35%、一般視聴者の支持率は46%と低評価であった。 低評価・興行的な失敗に対して、後に監督のローランド・エメリッヒは「僕は『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』を作るのをやめるべきだった。 なぜなら、僕たちの手にはずっといい脚本(=ウィル演じるヒラー大尉をメインに据えたバージョン)があったんだ。 だが、ものすごく急いで別の脚本を形にしないといけなくなった」「僕はただ『ノー』と言うべきだった」と製作を後悔していることを語った。 備考 [ ]• コラボレーションとして、アニメ『』との共演を果たしたポスターが公開された。 中国の資本と中国でのマーケット収益を強く意識して制作されたため、中国人キャストが登用され、作中でも中国が世界の防衛に強く寄与していることが描かれ、また前作にはあった台湾軍や日本の自衛隊関連の描写が無くなっている。 ノベライズ [ ] リンダパブリッシャーズより、2016年6月21日に2作品が同時出版されている。 作中のストーリーに添い、登場人物の心内描写や映画本編では詳しく描かれなかった設定にも触れられている。 また、スティーヴンやコニーなど、今作に登場していない人物の顛末についても描かれている。 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 出典 1 22:00 - 24:10(0:10) 130分 7. 7% 地上波初放送。 解説ナレーター:。 『』放送 のため、放送枠を通常枠より60分繰り下げ。 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 元々は「」を放送予定だったが、による影響で中止になったことに伴う代替番組。 「春くるプロジェクト」の一環として放送。 出典 [ ] []• 2017年10月22日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 ロイター 2015年4月22日. 2015年4月23日閲覧。 シネマトゥデイ. 2015年12月16日. 2016年4月15日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2016年7月9日. 2016年7月9日閲覧。 com. 2016年5月25日閲覧。 前作のソフト版で声を担当していたが死去したため交代。 シネマトゥデイ. 2011年10月28日. 2016年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年9月12日. 2016年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年1月13日. 2016年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年3月27日. 2016年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年6月24日. 2016年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年1月4日. 2016年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ 2019年11月6日. 2019年11月6日閲覧。 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』公式ブログ• ORICON NEWS 2020年3月16日. 2020年3月16日閲覧。 2020年2月29日閲覧。 『 関東版』2020年7号、、 58頁。 株式会社ビデオリサーチ. 2020年3月26日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』ネタバレ感想/評価

オーキン 博士

あらすじ・ストーリー 7月2日の朝、世界各地の主な都市に超巨大なUFOが突然出現するという異常事態が発生する。 政府は事態を重く見て軍を待機させるよう指示し、恋人のジャスミンやその息子ディランと休日を過ごすはずだったアメリカ空軍戦闘機パイロットのスティーブン・ヒラー大尉は緊急事態で急遽召集されることとなる。 一方でテレビ局のエンジニアであるデイヴィッドは宇宙人の通信を偶然捉え、彼らの一斉攻撃の意図を知る。 デイヴィッドは元妻であるホワイトハウス官僚のコニーのつてでホイットモア大統領に事態を知らせる。 同じ頃、エイリアンとのコミュニケーションを試みた部隊が一方的に撃墜される事態が発生し、エイリアンが敵対的な存在であることが明らかになる。 大統領やコニー、デイヴィッドたちがエアフォース・ワンによってワシントンを間一髪で避難したとき、各都市のUFOは大規模なレーザー攻撃を開始し、街を破壊しつくすのだった。 世界各地を破壊したUFOに対してアメリカ政府は空軍による攻撃を仕掛ける。 スティーブンの戦闘機部隊も出撃してUFOへのミサイル攻撃を敢行するが、肉眼では見えないバリアや小型UFOの大群による反撃で戦闘機部隊は一方的に壊滅させられる。 緊急脱出で戦闘から離脱し唯一の生存者となったスティーブンは撃墜した小型UFOに乗っていたエイリアンを生け捕りし、エリア51にある軍の極秘の基地まで運ぶことにする。 その際スティーブンは荒野を彷徨っていた避難民の集団と合流し、彼らを連れてエリア51へと向かうのだった。 当初は極秘の基地であるため避難民の保護を拒む軍だったが、結局は彼らを受け入れることとなる。 攻撃の手を逃れた大統領やデイヴィッド達の一行もエリア51の基地まで避難して来たが、そこは大統領にすら知らされていなかった秘密研究所で、数十年前に軍によって捕獲されていたUFOやエイリアンの死骸が保管、研究されていた。 スティーブンの持ち込んだエイリアンやデイヴィッドの機転から敵の目的や弱点が明らかとなり、今まで謎の脅威だったエイリアンへの対抗策が固められる。 それは、コンピューターウイルスによってエイリアンたちのネットワークを破壊し、UFOを守っていたバリアを無効化して一気に攻撃するという作戦だった。 軍は避難民の中から飛行機の操縦経験がある者に呼びかけて志願者を募り、急遽攻撃隊を編成する。 同時に世界各地の残存している軍に呼びかけ、ウイルスでUFOのバリアを無効化できるわずか数分に合わせて一斉攻撃をかけることを呼びかける。 作戦が開始されると、スティーブンとデイヴィッドが研究所に保管されていた小型UFOで敵の母船に侵入してウイルスを送り込み、多くの志願者で構成された戦闘機部隊が各地の都市のUFOを一斉攻撃で破壊した。 バリアがないとはいえ強敵であることに変わりないエイリアンに人類は苦戦を見せ、さらには各都市を破壊した大型UFOのレーザーでエリア51が壊滅する危機に襲われる。 しかし間一髪でそれを防いだのは、民間人ながら志願して戦闘に参加していたラッセル・ケイスによる自爆攻撃だった。 彼の特攻で大型UFOの破壊に成功し、エリア51にいた大統領やコニー、多くの技術者や民間人が救われることとなった。 母船はスティーブンたちが侵入する際に乗ってきた小型UFOに積んでいた核ミサイルによって大破し、二人は危機一髪で脱出に成功する。 母船を失った各地のUFOは撃破されて無力化され、人類はエイリアンとの戦争に勝利した。 地球に帰還したスティーブンとデイヴィッドは家族と再会し、ハッピーエンドでエンディングを迎える。 主な登場人物・キャラクター スティーブン・ヒラー大尉(演:ウィル・スミス).

次の