紅 丸 炎炎 ノ 消防 隊。 炎炎ノ消防隊【第224話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

【炎炎ノ消防隊】紺炉(コンロ)の能力や強さ・技を考察!灰病になった理由とは? | マジマジ情報局

紅 丸 炎炎 ノ 消防 隊

C 大久保篤 講談社 週刊少年マガジン 柱に付随して現れる巨人。 7本目の柱のとなりに出現したのは、浅草初代火消しの棟梁、新門火鉢だった。 かつての師の姿をした鬼の焔ビトを見た紅丸は、一目でこの鬼が先代だと確信する。 「なんで戻ってきたクソジジィ」と尋ねる紅丸に対し、「本当の日輪を教えてやる」という火鉢の鬼。 東京皇国への抑制のきかない破壊衝動が、新門火鉢の鬼を突き動かしているようだった。 後方に吹き飛ばされる紅丸。 そのせいで関係ない人間にも被害が及んでいく。 煮え切らない紅丸の態度にしびれを切らした火鉢は、居合手刀・日輪で紅丸を追い詰める。 炎炎ノ消防隊【224話】の感想|紅丸vs火鉢、この戦いの意味とは 紅丸の師匠である新門火鉢(の鬼)が登場し、いよいよ紅丸先生の活躍が本格化してきました。 少年漫画的な段階を考えると、この戦いは紅丸のさらなる成長のための戦いなんでしょう。 紅丸は十分強いけど、この戦いで伝道者やアドラバーストを持つ柱たちと渡り合うなにか得る、と考えるのが妥当そうです。 紅丸の居合手刀はどうやら完成形ではないようですし、日輪という火鉢が得意とする技が何かポイントなのかも。 喋る焔ビト(鬼)になる条件は不明ですが、精神や肉体が常人とは異なるレベルにいる必要はありそうです。 そう考えると序盤で鬼化して喋っていたミヤモトは、けっこうすごい潜在能力を持っていたのかも。 笑 あまり細かい設定は気にせずに、焔ビト化したミヤモトに喋らせてしまった可能性も十分ありそうですが・・・ 炎炎ノ消防隊の関連記事はこちら 最新話までの流れを知りたい方は、次のまとめ記事から読んでみてください。 炎炎ノ消防隊の漫画をお得に読みたい方は、次の記事を参考にしてください。

次の

【炎炎ノ消防隊】能力なしでも作中最強!紅丸(紅丸 新門/ベニマル・シンモン)のプロフィールまとめ!

紅 丸 炎炎 ノ 消防 隊

224話ネタバレ 両者、ご対面! 隅田湾沖に出現した 7本目の柱の番人としていたのは焔ビト(鬼)となった火鉢。 一方、その柱に向かって纏に乗ってやってきた紅丸。 一方、なぜここにいるのかを紅丸は問いかけますが、その問いに対して 東京皇国の破壊が目的だと火鉢は告げました。 さらに、その衝撃により海は荒れていました。 一方、上空で戦う姿を見ていた カリムやフォイエンのもとに紺炉と火華がやってきました。 一方、フォイエンは上空にいる焔ビトは何者かを尋ねます。 その問いに対して火鉢は 師匠のような存在であると答えました。 その頃、上空では火鉢の放った手刀で吹き飛ばされた紅丸に追い討ちをかける火鉢。 その手刀は陸地にいた人たちにもダメージを与え、負傷者が数名出てました。 何も変わっていない? 陸地にも被害が出たことに対して怒る紅丸でしたが、火鉢はそんな紅丸を一喝。 突進してきた紅丸の姿を見た火鉢は幼い時の彼と変わらない表情をしていたと思っていました。 そして、紅丸は火鉢の腹に攻撃を加えますが ダメージを与えることができません。 さらに 「へなちょこの拍子抜けだ!!」 「紺炉も苦労が耐えねぇだろうよォ」 と紅丸をバカにしました。 火鉢がここにきた理由 火鉢にバカにされたことで怒る紅丸でしたが、その態度が気に入らない火鉢。 火鉢は自分が亡くなった後の浅草を紅丸が仕切っていると言うことを察していたようです。 しかし、本心ではそこにいる自分が本物か否かは関係ないと言うことはバレていました。 224話感想 まず、思ったのが紅丸と火鉢が親子だと思ったのですが、火鉢が「拾っていた」と言っていたのでどうやら血のつながりがないようです。 今まで親子だと思っていたのでこれは驚きました。 そして、紅丸と火鉢のバトルのが始まりましたが、紅丸が見た夢の中での出来事のように紅丸が防戦一方な状況のようです。 今までの柱の巨大な焔ビトと違いドッペルゲンガーではあるものの火鉢が現れた理由は冒頭「破壊」意外にも何かありそうです。

次の

【炎炎ノ消防隊225話ネタバレ最新話速報】最強の火消し火鉢の末路への序章|ワンピースネタバレ漫画考察

紅 丸 炎炎 ノ 消防 隊

荒っぽくも「町を壊すのも手向け」だとして浅草の住民たちは毎回祭りのような盛り上がりで焔ビトとなってしまった大切な人たちを送っており、誰よりも派手に鎮魂している紅丸を親しみを込めて「 浅草の破壊王」と呼んでいます。 口は悪くや態度もぶっきらぼうで喧嘩っ早いですが、一方で町の人たちや心を許した者に対しては人一倍情が厚くて面倒見も良く、焔ビトも「 よく頑張ったな」と言って鎮魂してあげます。 浅草の住民たちもそんな紅丸の内面をよく理解しているため「若」「紅」「紅ちゃん」などと慕い、「どうせ死ぬなら紅丸に鎮魂されたい」という想いで彼の元に集まっています。 紅丸自身は「 破壊するだけで人の上に立つのは向いていない」と言いながらも、浅草を守る責任を持ち実力と人柄によるカリスマ性で強く浅草の人々を引っ張っているのです。 浅草の人たちが他地区よりも明るく生きているのは元々の気質に加え、聖陽教ではなく紅丸というリーダーが心の拠りどころとなっているからではないでしょうか。 紅丸が原国主義として大隊長で唯一皇国という国家への反骨心を見せているのも、そんな浅草の町への愛と誇りがあるからでしょう。 紅丸を支える 紺炉とは特に深い絆があります。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】紅丸の強さは? 紅丸の強さはもちろん「煉合能力者」というところにあります。 発火と操作を自在に操ることができ、しかも規模も精度も抜群! それゆえに 攻撃の幅は他者より広く、防御面においても盤石の強さを誇ります。 まず攻撃面では、纏を飛ばす遠距離攻撃だけでなく指先からの爆破、さらには「手の型」を用いた強力な技で相手を圧倒します。 防御面では、自分の周りの熱を支配することで攻撃を無効化することができ、熱エネルギーの流れが見えるインカには紅丸が「半径4mの全ての熱を支配している」姿が見えていました。 紅丸の戦闘シーンは度々見ることができますが、角の焔ビトを倒したり聖陽教会の暗部たちを軽く蹴散らしたり、バケモノ揃いの伝道者一派をひとりで牽制したりと、 苦戦している姿は今のところ見たことがありません。 同じく屈指の強者である第1特殊消防隊大隊長レオナルド・バーンズが戦闘を避けるなど、作中でもその強さは轟いているようです。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】主人公シンラとの関係は? 紅丸とシンラは師弟関係と言えます。 2人の関係は、第8が白装束の調査のため第7の管轄である浅草に赴いたことに始まりました。 初めは第8を訝しんでいた紅丸でしたが、浅草内で起きた焔ビトの発生と白装束の襲来を経て第8を認め、両隊は友好関係となります。 (この時シンラにお姫様抱っこされた紅丸の姿が多くの女子の心をワシ掴みにした様子) その後シンラたちの修行を受け入れ、 常に命を感じる「命の呼吸」を伝授。 そして炎を爆散するだけだったシンラの炎操作力を引き上げ、 シンラは「虎ひしぎ(ラピッド)」「悪魔の型(コルナ)」といった必殺技を編み出すに至りました。 二度目の修行では 「命の呼吸」を脅かす「死ノ圧」とそれをぶち抜く力「火事場の馬鹿力」を教え、限界の限界を越えた炎を引き出させます。 作中でシンラはどんどん強くなっていますが、その技術面や真髄を叩き込んでいるのが紅丸なのです。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】紅丸が最強と言われる理由とは? 紅丸が最強と言われる理由は先に述べたように、煉合能力による攻防どちらにも優れた戦闘力です。 そして その能力を支えているのが原国式の古武術で使用される「手の型」。 紅丸はこの 「手の型」によって気の流れをコントロールし、その余りある炎を細かに操作しているため、状況に応じた炎を幅広く使いこなすことができるのです。 主には纏を使った遠距離攻撃や発火を交えながらの白兵戦を行う紅丸ですが、相手が強者や多数の時などここぞという時には大技を繰り出し、それがまた火力もさることながら見た目や名前もかっこいい! そこで最後に、作中に登場した紅丸の技をご紹介します。 スポンサーリンク まとめ 浅草を愛し浅草に愛される紅丸は作中屈指の人気キャラクターでもありますが、強さ・技・ビジュアル・性格すべてにおいてその理由に頷けますよね。 やはり注目は作中最強であるということですが、もし紅丸が悪であったならそれこそ強大な敵としてシンラの前に立ちはだかっていたでしょう。 伝道者一派の動きが過激化し皇国が揺れ始める中、第7の大隊長として、第8の友として、そして最強の消防官として紅丸がどんな姿を見せてくれるのか、今後もその活躍に注目です!.

次の