好き な こと だけ し て 生き て いく。 心屋仁之助著『好きなことだけして生きていく』の感想~自分の価値を信じる事が大事~

『「好きなこと」だけして生きていく。』心屋仁之助著・一読感想

好き な こと だけ し て 生き て いく

いまの仕事は「自分の好きなこと」だといえますか? 答えがノーなら、あなたにとって本書は参考になるかもしれません。 「誰でも好きなことを仕事にして成功できる」と著者は述べています。 この記事では、角田陽一郎著『 「好きなことだけやって生きていく」という提案』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』の要約と感想 まずは本書の要約から。 好きなことだけをやって後悔のない人生を手に入れよう。 好きなことをして得られる満足感は、食欲や物欲、性欲が満たされるよりもあなたを気持ち良くするはずだ。 魅力的に見える人、成功している人の多くは好きなことだけをやって生きている。 彼らの共通点を分析して見えた「 好きなことで生きるコツ」を解説する。 以上がおもな内容です。 「好きなこと」がある方に本書はおすすめです。 好きなことをしないと生き残れない時代 「 好きなことをしないとこれからは生き残れない」と著者は述べていました。 なぜなら、人がやりたくないことから機械化されていくからです。 多くの人がお金のために渋々やっている仕事があれば、それは機械に取って代わられるというわけです。 機械を開発する側にとっても、そのほうがニーズがあるため儲かる。 したがって、「好きなことを仕事にできたらいいな」という悠長な話ではなく、「好きなことを仕事にできないと職を失う恐れがある」というシビアな話だといえそうです。 理想像を語るが具体性に欠けている 本書を読んだからといって、すぐ好きなことを仕事にできるわけではありません。 なぜなら、「 マネタイズ」について著者が一切触れていないからです。 たとえばここに野鳥が好きな人がいるとします。 この人は本書を読み、好きなことで生きていく人生に憧れ、現在の「アパレル店員」という仕事を辞めようと考えました。 ところが、「 好きなことでどうやってお金を稼ぐか」という方法論は述べられていないため、その先がわかりません。 つまり、野鳥で稼ぐ方法がわからないのです。 あなたが本書に感化されたとしても、こうした状況になるでしょう。 したがって本書は「好きなことで生きていくのは素晴らしいな」という感情を手に入れるための本だといえます。 まずは副業としてブログやYouTubeで好きなことについて発信するのが良いかも。 これは私の見解。 まとめ 医師の友人が「医者にとって一番難しいのは診断」だと語っていました。 正しい診断が下せれば、あとは患者にたいして決まった治療を行うだけだからです。 「好きなことで生きる」というのも同じではないでしょうか。 「好きなこと」を見極めるのがもっとも難しく、ここがハッキリすれば、マネタイズの方法はいくらでも見つかるのかもしれません。 ゆえに、「好きなこと」に目を向けさせてくれる本書には 具体的なマネタイズ方法はないが 、価値があるといえます。 それから著者は「好きなことで生きるために、 若さ以外の武器を持て」と述べていました。 なぜなら、若さ 容姿の美しさ含む は時間の経過とともに失われるものだからです。 若さを武器にしてしまうと、仕事として長続きしないでしょう。 収入は右肩下がりだということです。

次の

好きなことだけして生きる秘訣。仕事も生活も自由自在!!

好き な こと だけ し て 生き て いく

「好きなこと」と「楽なこと」 最近僕がよく目にするのが、 『好きなこと』を『楽なこと』と混同している人です。 「好きなことを仕事にして生きていこう」と言っている人が目の前の困難にぶち当たった時に、 「こんなに苦しいことなんて自分の好きなことではない」と考えてしまうのです。 『好き』とは『楽』なこともありますが『苦』も含まれてこその『好き』です。 つまり、 「好きなこと」は必ずしも「楽なこと」とは言えないのです。 楽を求めた先にあるもの 楽を求めた先には、一日中寝て過ごしたり、極論、動かなかったり、寝るというのが究極の楽です。 そこには『苦』はなく、ただ『楽』が先行しているだけです。 『楽』が先行していると、「より楽な仕事」「より簡単に稼げる仕事」を探してしまうことになりますが、 それは本当に「好きなことを仕事にする」と言えるでしょうか。 もしかしたら、あなたの 『好きなこと』で生きていきたいというのは、『楽』して生きていたいだけではないのかもう少し考えてみてください。 好きなことを仕事にするという厳しさ なので、好きなことで生きていくというのはそれ相応の覚悟もいったりします。 正直、好きなことを仕事にして生きていくというのは厳しいことです。 なぜなら、 あなたの好きなことが仕事になるとは限りませんし、好きなことが 社会的に需要のないことかもしれないからです。 一度きりの人生だから好きなことを仕事にしないといけないけど好きなことが見つからないいいい となってしまって焦燥感で辛くなってしまってはいけないので、 「好きなことを仕事にしたい」のか「楽な仕事をしたいのか」ということを言語化してハッキリしておくことは重要です。 ハッキリしておく事で、自分のやるべき選択肢が明確になり、自分がどういう風に生きていくかということの指針になるからです。 好きなことを仕事にしている宮崎駿 こんなことを思いついたのは、自分自身が『好きなこと』という明確な意味がわからなかったということもあります。 一体、『楽』ができるのが『好きなこと』なのか、『好きなこと』とは『苦』が排除されたものなのかがわかりませんでした。 しかし、ある時、こんなTweetを見ました。 この感情は人類共通なのかと少し安心する — イズムさん(平泉康児) hiraizm これをみた時、.

次の

『「好きなことだけやって生きていく」という提案』の要約と感想

好き な こと だけ し て 生き て いく

「私、好きなことだけして生きていきたいんです!」 えっと…これ最近流行りなんでしょうか? SNSを開いても、ネットサーフィンをしていても、LINE@で質問をされても、わざわざ僕の住んでる高知の山奥に来てまで伝えてくる人もいます。 いやー、すごいです。 こんなとこに来てまでそれって伝えることですか。 たぶんそこら辺で薪割ってる方が有意義だと思います。 薪割りは楽しいけどコツがいるんだぞ。 なんでこんな書き出しかと言うと、僕、こういうこと言う人あんまり好きじゃないってことが最近わかったからです。 別に 「仕事は辛いことだってあるんだからそんなこと言ってんじゃねえよ」みたいなありがたくもない大人世代の話をするつもりは全くありません。 そういう大人はシカトするか「お前とは生きてる時代が違うんだよ!」って思いっきり言ってあげると良いです。 そういうのじゃないんですよ。 僕が言いたいのは。 というわけで今回は流行りに流され「好きなことで生きていく宣言をする人」に向けて記事を書きました。 好きなことって何よ? 好きなこと好きなことって呪文のようにみんな唱えてますけど、結局好きなことってなんなんでしょうか。 不思議なことにみんな嫌いなことは具体的に説明できても、自分の好きなことを明確に話せる人は多くありません。 「で、好きなことって何ですか?」 って聞くと、 「僕、人と話すのが好きなんですよ」とか。 いや、それ確かに好きなことかもしれないんですけど…。 好きなことで食べていきたいのなら、それを使ってお金を稼ぐまでのイメージぐらいはできてた方が良いです。 安易に「好きなことで生きていく」という言葉に逃げてる人。 あなたの好きなこと、もう一度しっかり考えた方が良いと思います。 「もう嫌なことはしたくないんです」なんてそんなの誰だって同じです。 だったら必死こいて好きなことをお金に変えるまでの道のりを考えてみましょうよ。 お前、本当にそれが好きなの? 僕の知り合いで病院関係の仕事に就いていてそれが嫌で独立した人がいます。 彼の好きなことは「誰かに感謝してもらうこと」でした。 そのために事務職を辞め、小さく飲食店をスタートしたのです。 ここまで聞くとおお、すげーってなるかと思います。 でも10ヶ月後。 彼は元いた職に戻っていました。 せっかく開業したお店も売払い、嫌で嫌で仕方なかった以前の職へと戻っていました。 彼が廃業する直前、お世話になったからと僕の元を訪ねてきたのですが、こう言っていました。 「自分の好きなことで生きていくって考えてましたが、本当はそこまで好きじゃなかったのかもしれません。 生活が苦になってまで続けていけるほど好きではありませんでした」 彼にとっては嫌な仕事だった事務職より、好きなことで生きていくことの覚悟や辛さの方が大きかったんです。 僕がこの経験から思ったことは「本当に好きなことなのか?」と自分に問い続けるのはとても大切だなということです。 もしかしたら、このまま彼が飲食店を続けていたら、取り返しのつかないところまで来ていたかもしれません。 逆に事務職の頃から副業的に始めてみたら「そもそもそこまで好きじゃなかったのかも」という結論に至っていたかもしれないんです。 だからこそ、好きなことで生きていきたい人は、本当に自分が好きなことなのかを毎日ひたすらこれでもかというくらい問い詰めた方が良いと思います。 で、好きならやってみたらどう? それでも本当に好きだな!って思ったのならまずはやってみればいいと思います。 今まで僕の元に相談に来た人で本当に動き出した人は極わずかです。 みんな失敗を恐れ、行動が止まるんです。 恐怖で止まってしまう程度でしか好きではないんですよ。 そんな趣味程度の軽い気持ちでは、今後「好きなことで生きていく」ために起こる様々な困難を乗り越えることはできないと思います。 「僕もこんな事業で独立しようと思うんです!」 「じゃあやってみたらどうですか?」 「でも成功するかわからないですし…」 言い訳で止まる程度の好きならば、まだ突き詰めきれていません。 大事なのはまず行動すること。 そして成功だろうが失敗だろうが、次のステップに行くこと。 動かなきゃ何も分析はできません。 お金に変えるなんて以ての外なんです。 「やってみようと思うんです!」じゃなくて 「やってみたんですけど、こんな結果になったので次はこの予定で再挑戦するところです!」の方が聞いていて面白いんですよね。 行動に移せていない人には全く興味は沸きません。 本物の「好き」は言葉ではなく行動に出る ここまで書いたのでなんとなくわかるかと思うのですが、本当に好きなことがあるなら、まずは言葉ではなく行動に現れるんですよ。 気づいたら動いていて、好きだから続けていたらお金になっていた。 とかね。 例えば僕は今は中小企業のコンサル業をメインに行なっていますが、単純にお世話になった人や会社への恩返しが楽しくて、僕の能力が活きるのが好きで続けていました。 元々「コンサルをやりたい!」と思っていたわけではありません。 「こんなことできない?」と言われてその問題を解決していくのが好きでやっていました。 それまではケータリング・イベント業で全く別の事業をやっていたんです。 次第に「あ、なんかこれしっかりやればお金になるかも。 面白いし」という思いから、ちゃんと仕組みを作り、マニュアルを作成し、人を雇ってさらに大きな仕組み作りをできるようにして…といった感じでメインの事業になっていきました。 好きだからやってみた。 それがお金になったから、もっと大きく動いてみた。 この循環が「好き」が行動に出て生きていくためのお金を稼ぐのに不可欠だと思うんです。 現にお金は稼げるけど特に好きでもなかったケータリング・イベント業はもう廃業しました。 続けていて何か違和感はあったんですよね。 僕、これ本気で好きなわけではないなって。 ただ、お金を稼げるからやってるだけだなって。 好きじゃなきゃ続けにくいのは事実ですが、本当に好きならばきっと自然に動いていると思うんです。 好きなことだけで生きていきたいならまずは動く だから本当に好きなことで生きていきたいなら、あなたもまずは動いてみてください。 それも並大抵の行動ではなく、しっかりと時間もお金もかけて行動してみてください。 だってそれで生活していきたいんでしょ?それなら本気でやってみなくちゃ、何も結果は出ませんよ? そこまでできないのなら愚痴や夢を語るだけの口は塞いで今目の前のことに集中した方が良いと思います。 安易に「好きなことで生きていく」なんて豪語するよりも堅実な手段ですからね。 というわけで、流行りに乗っかってる人はもう一度考え直してみてください。 とりあえず僕はもうその宣言には飽きたんで、実際に動いている人だけを見ることにします。 っていうかそれより好きになる方が良いんじゃない? で、終わろうかと思ったのですが、もうちょい書きます。 先日こんなツイートをしました。 好きなことして生きていきたいって流行りだけど、やり始めたら何でも楽しく好きになれる人になる方が人生楽しく生きれる気がする。 独立するなら好きなことで生きていかなきゃいけないみたいな強迫観念とか。 これからの時代は好きなことで生きていかなきゃいけないみたいな思い込みとか。 そういうのにあてられすぎてるのかなと書いていて思いました。 断言しますが、別にそんなことはないと思います。 頑張って自分の好きなことを作る必要もないと思います。 大事なのは全ての行動を楽しむこと。 問題や課題をネガティブに捉えず、ポジティブに考えることです。 大切な仕事で失敗してしまったら、それを悔やまず、落ち込まず、 とにかく楽しむ。 何かでトラブったらなぜそうなったのかを客観的に考える。 次はどうすれば問題が起きないかを検討して、その過程を楽しむ。 自分の仮定が正解だったらしっかりと自分自身を褒め、自信をつける。 これで良いんです。 これを全ての事柄に当てはめていけばいいんです。 すると、好きじゃないと思っていた仕事にも、楽しいなって思えるところが浮き彫りになってきます。 その浮き彫りになった部分があなたが本心で好きなことだと思うんですよ。 例えば僕は以前やっていたケータリング・イベント業はそんなに好きではありませんでした。 しかし、全てが好きじゃなかったわけではなく、例えば自分の考えた施策やマニュアルで売上が上がった時にはとても大きな喜びを感じました。 コンサルも同じです。 僕の考えた施策や作り上げたシステムで、目に見えるほどの数値的な改善があった時が一番嬉しく楽しいです。 こうやって全く違う業種でもまずはポジティブに好きになってみようと考え動いてみると、本当に好きなことの手がかりを発見できるのです。 好きなことはない。 でも楽しむことはできる。 それでいいじゃないか。 だから無理に「私はこれが好きなんです!」と結論を急がなくてもいいと思います。 自分の好きなことなんてしっかりと考えてみなければわかりません。 考えて行動してみなければそもそも見つからないんです。 流行りに流されて、自分が本当に大切にしたいことを見失わないでください。 まずは目の前のことから好きになって、楽しく行動できるように考えて、そしてそこから自分の好きを見つけたら良いじゃないですか。 きっと「好きなことで生きていく」よりも「まずは楽しんで好きになる」方がよっぽど楽だと思いますよ。

次の