安倍 総理 星野 源。 【画像】安倍総理のコラボ動画に星野源が反応!絶妙すぎるコメントにネット称賛

安倍首相が星野源コラボ投稿、恐ろしいほどの危機感の欠如…国民の苦境への“無理解”露呈

安倍 総理 星野 源

音楽家・俳優・文筆家と多方面で活躍する星野源が制作した「うちで踊ろう」を使用して外出自粛を呼びかけたことが、多くの人々の反感を買ったのである。 「音楽の政治利用」「便乗」といった批判にくわえて、星野と同業のアーティストを中心に、音楽業界などからはさらに激しい憤りの声が上がっている。 それはなぜなのか。 少し長い前置きになるが、ことの経緯をあらためて確認しておきたい。 星野源は4月2日深夜、「こんな曲ができました」とつづり、自身のInstagramでギター弾き語りの新曲「うちで踊ろう」を公開。 キャプションには歌詞とともに「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と記し、フォロワーに参加を呼びかけた。 キャッチーなメロディにくわえて1分弱の短い楽曲であるという手軽さも手伝ったのだろう、「うちで踊ろう」は瞬く間に人口に膾炙していった。 ダンサーで歌手の三浦大知やお笑いタレントの渡辺直美といった星野源と親交の深い著名人から、国内外のミュージシャン、さらには美術家や格闘家、そして一般の人々までもがそれぞれのやり方でマッシュアップ動画を制作した。 そんな「うちで踊ろう」は多くの人々にささやかな楽しみをもたらしてきた。 いまや新型コロナウイルスの影響により各地のライヴハウスは休業を余儀なくされ、多くの音楽関係者が窮地に立たされている。 実際に、北海道・札幌市のライヴハウス「COLONY」は4月末での閉店を発表。 仕事がなくて収入が激減したと語るミュージシャンやカメラマン、ライターも数多い。 だが国は緊急事態宣言を発令し自粛を要請する一方で、休業補償に関しては否定的な態度をとり続けてきた。 各種給付金を検討しているというアナウンスはあるものの、音楽関係者や同じく経済的打撃を受けた事業者からしてみれば、国に見捨てられたと感じてしまうのもうなずける。 もちろん過酷な状況は経済的な問題だけではない。 コロナ禍でも通勤せざるを得ないインフラ業界や医療業界で働く人々も同様に苦しい立場に置かれている。 いずれにしても、そうしたさまざまな人々を「うちで踊ろう」は励ましてきたのである。 これでは国民感情を逆撫でするのも無理はない。 「音楽関係者を見捨てておきながら、音楽のささやかな楽しみには便乗するのか」という批判が相次いだ。 こうした事態を受けて星野源は、くだんの投稿に関して自身のInstagramで「これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません」とコメント。 しかし他のコラボ動画とは異なり、安倍首相の動画を紹介することはなかった。 その後、4月14日深夜に放送された『星野源のオールナイトニッポン』で彼は、「しんどいこととか苦しいことにどう対処するか。 僕がいつもやってきたのは『面白いものを見たり面白いことをする』ということです」と語り、「うちで踊ろう」の制作経緯を次のように説明している。 「家の中でも面白いと思えること。 見ているだけでも面白いし、自分が自分のやり方で参加できるんじゃないかと思えるようなこと。 そして外に出なければいけない人も、何がこんどは上がっているんだろう、今どんなコラボレーションが行われているんだろうと、1日の楽しみができるようなものが作れないかなと思って」 つまり「うちで踊ろう」は外出自粛を呼びかけるために制作されたのではなく、むしろ外出自粛によって娯楽が制限されるなか、家にいる人も外にいる人も日々のちょっとした楽しみを自分で見つけてほしい、そうした思いから制作されたのである。 さらに星野源は続ける。 「『僕らそれぞれの場所で重なり合うよ』という歌詞が入っているんですけど、この歌詞と、動画を重ねて自分でアップしていいという歌の仕組みがつながっている曲を作ったんですよね。 (中略)実際に歌ったり踊ったりするとわかると思うんですけど、本当に重なっている感覚になるんですよ。 それはよく見かける「みんなでひとつになろう」というスローガンとは対極にある、みんながバラバラでありながら同じ時間を共有するための手段だとも言える。 やはり一致団結を目指す自粛要請とは相容れないメッセージが込められている。 たとえば2009年に刊行された最初のエッセイ集『そして生活はつづく』(マガジンハウス刊)の中で彼は次のように書き記している。 〈集団と『ひとつ』になることを目指す。 それが、この日本の社会から生まれる、集団の基本的な『和』のしくみであると思う。 でも、やっぱりそれは少し窮屈だと思えてならない。 (中略)本当に優秀な集団というのは、おそらく『ひとつでいることを持続させることができる』人たちよりも、『全員が違うことを考えながら持続できる』人たちのことを言うんじゃないだろうか〉 翌2010年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『ばかのうた』には1曲目に「ばらばら」という歌がある。 そこでも彼は、世界はひとつではなく、重なり合ったとしてもバラバラであると歌っていた。 「星野源というポップスとアンダーグラウンドをつなぐ存在によるコラボレーション企画は、苦しい状況の中でのささやかな営みとして、これからの僕たちの活動へと希望を届けてくれました。 けれども安倍首相が政治利用したことで、ひと時の希望の雰囲気や楽しい空気はぶち壊しです。 その証拠に今回投稿されたビデオでは、コラボレーションではなく単なるBGMとしてしか『うちで踊ろう』を使用していません」と憤りをみせた。 続けて音楽関係者に向けて次のように語った。 「政治は何の躊躇もなく僕たちの領域に入り込んで音楽を搾取していくんですよ。 音楽や表現で政治に勝つことはできないけれども、猛反発することはできる。 だから日本でもミュージシャンが音楽の政治利用に対して声をあげ、むしろこっちから政治の領域に土足で上がっていくような図太さや強さを持つようになってほしい。 ミュージシャンもリスナーも、音楽と政治は無関係だと考えていると知らぬ間に都合よく利用されてしまうのかもしれない。 その意味で星野源の今後の言動に注目する人々も多いに違いない。

次の

安倍総理「うちで踊ろう」動画に星野源サイドが“放送NG”のワケ

安倍 総理 星野 源

安倍総理が星野源のネット動画にコラボしたというのに星野源が冷たいです。 昨年までは「桜を見る会」に招かれた多くの芸能人は嬉々として安倍総理と仲良く写真を撮っては その様子を自身のHPやブログやツイッターなどのSNSで発信して 「私、安倍総理の桜を見る会に招かれました!」 と報告していました。 今回、安倍総理の方から星野源の動画にコラボしてくれたのに、なぜ星野源は冷たい反応なのでしょうか? このようなコラボがあれば、 「安倍総理がコラボしてくれました! 皆さん、安倍総理の言うことを聞きましょうね! 家に巣ごもりする僕たちはみんな安倍総理の仲間です!」 なーんて反応があってもしかるべきなのに、なぜ星野源は冷たいのでしょうか? またこの動画にコラボした他の芸能人だって 「うわー、総理が僕たち私たちの仲間になってくれた!」 と大喜びして好反応してもよさそうなのにそういった様子は伝わってきません。 (略) 星野は「ひとつだけ。 「#うちで踊ろう」などのハッシュタグをつけながら「この画像、リポストやツイート等はして頂いて構いません」とした。 同曲は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、星野が「家でじっとしていたらこんな曲ができました。 このニュースで知識として大きく勘違い(知らない人が多い)されているのは、 星野源は、松尾スズキが主催する劇団、大人計画所属の舞台役者なのです。 ミュージシャンやタレントやテレビ俳優は舞台から派生した活動。 なんで星野源が「うちで踊ろう」を投稿するはめになったかというと、 自身のライブも公演中止、所属する大人計画の舞台も公演中止になり、 大人計画の座付き作家である宮藤官九郎が新型コロナウィルスに感染、 政府はライブハウスや劇場を名指しで感染源指定し、自粛要請を出し休業保証しないことを名言 全方位から仕事を干され保証のない境遇だから、うちで踊るしかないし、無償提供しているのです。 それも「うちで踊ろう」の英語タイトルが「Dancing On The Inside」であり、「at home」ではないことを名言しており、「お家で踊ろう」では決してなく「心の内側で踊ろうor密かに踊ろう」=「踊っていられない」というメッセージソングなのです。 安倍首相の投稿が、どれだけ星野源の境遇や歌の意味を取り違えているでしょうか。 ようするに星野氏は政府の無策によって被害を被っているわけですね。 安倍総理は空気の読めない奴、ってことですね。 マリーアントワネットの言葉ではない、という説もあります。 欧米のアーティストは、賛否両論ある事を納得ずくで、自身の政治的見解をはっきりとする人が多い。 スプリングスティーンやボノの様に、自身の発言が、大統領選挙にまで大きく影響するアーティストだっているわけです。 が、日本のアーティストでその様なタイプの人は極めて少ない、と言うか全くいないと言っても過言ではない。 今回の事もそう言う構図でしょう。 そもそも、今回のコロナ騒動、緊急事態宣言では、家賃が払えない、会社がつぶれる、と喘いでいる人があふれかえっています。 誰も好きで自宅にいて、おうちカフェをのんびりと楽しみたいわけじゃなく、「やむを得ず」自宅に缶詰めになっているのです。 この現状で、国のトップがあの様な的外れ、ノー天気な動画を上げる事自体、普通の神経を持った一般市民には全く理解不能なわけです。 マスク配布の一件に関してもそう。 ただ、こんな的外れのトップでも、彼のリーダーシップ(?)を評価する人が一定数いるのも事実。 欧米の気骨のあるアーティストが、あのように一方的にコラボされたら、「そんなことやってる場合か?」と噛みつくか、あるいはトップの指針にもろ手を上げて賛同するか・・・ つまり、批判覚悟で自分の意志をはっきりさせるところでしょうが、日本のアーティストは・・・・です。 敢えて自分の意志をはっきりさせてアンチを増やしたり、あるいはファン離れを招くことを恐れたのでしょうね。 「的外れなトップ」「それに対して自己主張できず保身に走ったアーティスト」そう言う構図だと私は思います。 確かにノー天気ですね。 なるほどね、安倍総理は優雅な生活を見せたくて自慢していたんですね。 あきれちゃってますか、もうすでにレームダックかもしれませんね、オリンピックなんてあきらめてほしいですね。 批判は当然の事でしょう。 星野源は政府の呼びかけに対して同調して「家にいましょう」と呼びかけているにも関わらず、それに乗っかった総理が批判される、ということは、 「もはやこの総理の言うことなんか誰も聞くものか」 と思われてるということでしょうかね・・・・ そもそも、星野源さんは、コロナのせいで、ライブも演劇も出来ない同志に向けて仕事ができない悔しさを乗り越えて家でも明るく過ごそうという、メッセージを込めて配信されてるのに。 コンサートの自粛は要請しても補償はしないという芸能切り捨てを真っ先にやった張本人がフリー素材にのっかって勝手に政治利用してるんですからむかついてるんですよ。 最悪の国難の時に全く危機意識に欠け、リーマン超えでも現金一律給付どころか消費税減税もせず、庶民に布マスク2枚の配給を決めて。 これでは、安倍総理の口癖の悪夢のような民主党政権よりも良くない、地獄のような安倍政権と言われても仕方ない状況です。 それだけ国民が怒ってて、政治利用されたアーティストが迷惑がってるってことです。 アマビエ(厚生労働省)も動画コラボ(安倍総理)も、一般人がやるせなくて、苦しくて、腹が立って、悲しくて、でもどうにかしようと自分達の気持ちのやり場を見つけて少しでも楽しく過ごそうと努力してる聖域に、それを悪化させている張本人や集団とかが土足でニヤニヤ踏み込んできて利用する感じで醜悪なんですよ。 なるほど、ムカついているんですね。 ということは今後、安倍総理に沿う芸能人はいなくなるわけですね。 「醜悪」とまで言われたか・・・ 醜悪政権ですね.

次の

【画像】安倍総理のコラボ動画に星野源が反応!絶妙すぎるコメントにネット称賛

安倍 総理 星野 源

星野源とのコラボ動画で炎上した安倍総理。 世界中が疲弊するこのコロナ禍でひたすら自粛を求められる中、星野のこの曲が日本中に一筋の光明が差し込んだ。 高畑充希がハモり、渡辺直美が踊り、ピアニストの清塚信也が伴奏を弾き、さらにガチャピンとムックまでもコラボした。 そしてがんで闘病中の宮川花子も歩行器につかまりながらこの歌を口ずさむなど数えきれないほどの著名人たちが続々と投稿。 それらを星野は感謝し、自身のインスタグラムのストーリーズに大量に載せている。 ただ一人を除いては……。 それは安倍晋三総理だ。 自粛を促すのにもってこいと思ったのか、安倍総理が部屋で犬とくつろいだり、コーヒーを飲んだりする動画を12日にSNSにアップした。 すると賛否が分かれ日本中で激しい議論を呼ぶことになった。 星野はこの安倍総理の投稿に対しインタグラムのストーリーズ(24時間で自動的に削除される機能)にコメントを出した。 《ひとつだけ。 しかし大人には本音と建前というものがあるものだ。 テレビ局関係者は明かす。 「芸人のたむらけんじさんや、モノマネのビスケッティ佐竹さんが、安倍総理の動画のパロディを投稿して、こちらも話題になりました。 松井一郎大阪市長もたむらさんに《安倍総理に届きますように! 拡散希望! これは怒られるやつや! 笑い》とネタにしていました。 この社会情勢で芸能ニュースやロケも自粛する中、情報番組としてはこういったコロナ関連ネタに飛びつくしかないんです。 当初は放送しても大丈夫だったのですが、総理への世論の反発などを見て対応が変わったということでしょう。 やはり政治利用されたと思い関係者は怒っているのかもしれません」 この背景には世間の声も然りだが、各テレビ番組でも苦言が相次いだことがあるだろう。 『Live News it! 』(フジテレビ系)でフリーアナウンサーの加藤綾子は、 「周りで何かアドバイスする方いなかったのかなって思いますが」 と総理の暴走を周囲が止められなかったことを憂い、『スッキリ』(日本テレビ系)の近藤春菜に至っては、 「トップの立場とか役目を考えた時に、国民を喜ばせたり、安心させたりするにはこの発信ではないなって」 と普段以上の辛口のコメントを残している。 批判が殺到している安倍総理とコラボしても、星野源サイドには全くメリットがない。 しかし菅義偉官房長官は13日の会見で、「(コラボ動画は)過去最高の35万を超える『いいね』をいただくなど多くの反響がある」として世間に受け入れられていることを強調した。 受け取り方は千差万別、十人十色だろう。 写真:アフロ.

次の