生理 痛 緩和 ツボ。 生理痛は足つぼを刺激して解消する!予防にも効果があるマッサージ

【職場で襲われたひどい生理痛】ツボの合谷を押し続けたら薬いらずに

生理 痛 緩和 ツボ

生理痛のひどいときには、腹部や腰の周辺を温めると症状が軽くなると言われています。 実際に腹巻を年中手放せないという人もいるのではないでしょうか。 生理中は体が冷えやすく、またそれによって痛みがひどくなるといった循環があります。 そのため体、特に腹部や腰を温める「温活」が生理痛軽減のカギになることがあります。 温めて効果のある場所 生理痛というとまず子宮のある場所、つまり腹部の痛みを感じると思います。 そのため腹巻などで腹部を温めるのですが、腹部よりももっと効果的な場所があります。 仙骨 まず効果的なのは仙骨という場所を温めることです。 仙骨はおしりの割れ目の上にある骨です。 指で触ると指が引っかかるように骨にあたります。 ここを温めることで子宮をかこっている骨盤が温まり、子宮や卵巣あたりの血行が改善されるので、生理痛を緩和します。 温める方法としては、腹巻などをしてその上からカイロなどでじわじわと温めるとよいです。 内もも 痛み止めを使わなければ動けないというくらい生理痛がつらく、生理のときあるいはその他のときでも内ももがひんやりする、と言った場合は、内ももを温めるのがよいです。 漢方の世界では、内ももには内ももや卵巣に関するつぼがあります。 そのため、子宮の冷えが内ももの冷えとして反映されるのです。 ツボは押しても効果がありますが、お灸などのように温めても効果がありますから、温める事でも十分効果があります。 特にスカートのときは下から冷気が上がってくるので、下にはくものを工夫しましょう。 おへその下 ここにもホルモンバランスを整えるツボがあります。 ツボを押す場合は正確な場所を見つけなければいけませんが、温める場合はこの周辺を広く温めればよいです。 ここを温めるときは下着の上からカイロを貼りつけるなどしてください。 首 重要な頭を支え、体とつなぐ役割をしている首はちょっとした体の歪みや、姿勢の悪さで負担がかかりやすい部分です。 この首は自律神経が集まる場所でもあり、生理の周期を支配している女性ホルモンの分泌は、自律神経の中枢である視床下部でコントロールされています。 この自律神経と女性ホルモンは密接な関係にあり、どちらか一方に不具合が生じるともう一方にも不具合が生じると言った具合になります。 つまり、その首が冷えてしまうと、自律神経のバランスが崩れ、女性ホルモンのバランスも崩れ、生理痛が悪化します。 そのため首の血行をよくすることが必要です。 冬場はスカーフやマフラーなどで首を温めることが必要です。 他にもカイロをタオルで巻いて、首のつけ根の部分を温めることができます。 ふくらはぎ 心臓から全身に送った血液は、ふくらはぎの筋肉の働きによって心臓に戻ってきます。 これによって血液の循環がよくなりますし、特に起こりがちな下半身の冷えを解消することができます。 血液は心臓から出るときは温かいですが、ふくらはぎなど末端まで流れると冷えてしまいます。 そのためふくらはぎを温めることで、全身に温かい血液が流れることになります。 ふくらはぎを温める方法は、レッグウォーマーなどの着用で行えます。 あるいは足湯などで下半身を温めることでもよいです。 そうはいっても夏場などはこれができませんから、基本的なふくらはぎの筋肉量を上げる事も効果的です。 生理痛をラクにするには温める?冷やす? 生理痛緩和のためには腰回りを温め、冷えを徹底的になくすことが効果的であるということを聞いたことがある人は多いと思います。 しかし一方で患部を冷やすことで生理痛の症状を軽減できるという説もあります。 この二つを比較してみましょう。 温めて生理痛を解消する 温めることで生理痛が解消されるというのは、生理中に起こる血の巡りの悪さを解消すると言う点にあります。 生理中、子宮はたくさんのエネルギーを必要とし、たくさんの血液が必要になる一方、はがれた子宮内膜と共にたくさんの血液を体外に出します。 そのため、基本的に生理中の体は血が足りない状態で、たくさんのエネルギーが必要な大仕事をしているのです。 それによって生理痛が起こるのですが、血の巡りをよくすることによってこれを緩和しようというのが腰回りや、体を温めるという方法です。 冷やして生理痛を解消する 生理痛を冷やして緩和するという意見にはいくつか理由があるようです。 ・痛覚神経 生理痛を痛いと感じるのは腹部の痛覚神経が刺激されているからです。 そのため、この神経を麻痺させることができれば痛みを感じにくくなります。 ただしこの痛覚神経には個人差があるので、効果を大きく感じる人と、あまり効果を感じられない人がいるようです。 また、生理中は子宮内が炎症のような状態になっていますので、それを鎮める効果も期待されるのだそうです。 ・二次的効果 人の体には、冷えに対して反発するような作用があるのを知っているでしょうか。 冷却すると当然血管は収縮し、その部分は冷たくなってしまいます。 しかし、その部分を一定時間冷やし続けると、今度は体がこれではいけないと反応し、血管を拡張させ、冷やした部分の温度が上がるのです。 それならば、最初から温めればいいじゃないかと思うと思います。 しかし、ポイントとなるのは、冷却は単純に温めるよりも、比較的深部にまで効果を及ぼすということです。 そのため体の中から温まりやすく、肝心な臓器を温めることにつながるのだということです。 によって温めた方がラクになる人、冷やした方が意外に症状が良くなる人といるようですので、まずはどちらが合っているか試してみてください。 子宮が冷える要因 夏になると生理痛が強くなる人はいませんか?実は、夏は様々な理由から子宮が冷えやすいのです。 ・冷房が効いた室内にいるため ・室内と野外の温冷差によって自律神経が乱れるため ・冷たい飲み物、食べ物を摂取することが多いため など 子宮を暖める方法 ・炭酸浴 入浴はシャワーで済ませずに、浴槽に入りましょう。 特に炭酸浴での半身浴がオススメです。 一般的な浴槽に対して、重曹を300g溶かして、その後にクエン酸を300g溶かします。 夏は38度、冬は41度くらいが良いでしょう。 ・カイロ おへその下辺りと、仙骨という尾骨の上あたりにカイロを貼ると、前後から子宮を挟みこむような形になるので、よく温まります。 ・マッサージ アロマオイルを温めて、仙骨あたりをマッサージします。 仙骨の下から上に向かって螺旋を描くようにマッサージします。 また、太ももをひざ上から脚の付け根までゆっくりとさすってマッサージすることも効果的です。 ・ツボ押し 「三陰交」というツボを痛気持ちいいくらいの強さで押します。 三陰交は内側のくるぶしから指横幅4本分上にあります。 骨の横の溝のあたりです。 ・布ナプキンを使う 使い捨ての紙ナプキンだと、吸収した経血が冷えてしまい、それが子宮を冷やすことにつながります。 布ナプキンを使い始めてから、生理痛が軽くなっただけでなく、経血の量が減ったなどの声も聞かれます。 ・運動をする 適度な運動をして循環を良くすることで、血液がしっかりと子宮に届いて温めることになります。 また、筋肉をつけておくことで、代謝も良くなります。 ・湯たんぽ 湯たんぽを内股に挟むことで血液循環が良くなり、子宮も温まります。 夏だからこそ、女性の美容と健康に大敵な「冷え」を予防、改善しましょう。 温めることで婦人科系の病気の症状は幾分か解消されます。 人によって効果の出方は違いますので、温め方などは自分に合った方法を探してみてください。 Photo by:.

次の

【生理痛のツボ】生理痛を緩和したい時にオススメの足ツボ7選

生理 痛 緩和 ツボ

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医 2001年 国立横須賀病院 現 横須賀市立うわまち病院 産婦人科 2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科 2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理 2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手 現在は石野医院の副院長 専門は漢方(東洋医学)、産婦人科 患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。 診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。 生理痛といえば、子宮の痛みをイメージする人が多いでしょう。 しかし生理痛は下腹部の痛みだけでなく、症状のひとつに腰痛も挙げられます。 痛みやその度合いには個人差がありますが、人によっては立てないほどの痛みを感じることもあり、少しでも症状を抑えたいものです。 こちらの記事では生理の時に腰痛が起こる理由と、つらい痛みを緩和させるための対処法を紹介します。 生理中に腰痛が起こる理由は? 生理の時に腰が痛くなったり重たく感じたりする理由は、大きく分けて3つあります。 プロスタグランジンの分泌 生理痛は主に、『プロスタグランジン』というホルモンの影響を受けて起こります。 プロスタグランジンは、 不要になった経血や粘膜を体外に排出するために子宮を収縮させる役割を果たします。 これが過剰に分泌されてしまう と、子宮やその周りの血管が過剰に収縮したり、血流が悪くなったりすることで腰痛が起こります。 プロスタグランジンの分泌で、吐き気を伴うことも プロスタグランジンの過剰分泌が起こると、子宮だけでなく胃も収縮させてしまいます。 そのため胃酸過多となり、胃のむかつきや胸やけ、吐き気をもよおすこともあります。 体の冷え 生理中は血流が悪くなるため体が冷えやすい状態です。 そして冷えはさらに血流を滞らせるため、腰の痛みやだるさが現れやすくなるという悪循環が起こります。 子宮の病気がある可能性も 生理がくるたびに腰痛が生じる場合、子宮の病気が隠れていることがあります。 特に『子宮内膜症』や『子宮筋腫』は、その症状としてひどい生理痛や腰痛がよくみられます。 腹痛や腰痛などの症状がひどい場合や長引く場合には、婦人科で検査を受けましょう。 生理痛による腰痛を緩和する5つの対策 続いて、生理痛による腰痛を緩和するためにできる対策方法を解説します。 腰痛や生理痛におすすめのツボ 三陰交(さんいんこう) くるぶしから指4つ分上にある『三陰交』というツボは、生理痛による腰痛に作用するといわれています。 5秒押し、5秒かけて離すという動作を10回ほど繰り返しましょう。 気海(きかい) おへそよりも指2本分下にある『気海』というツボは、 腰痛だけでなく生理中の下腹部痛にも効果が期待できます。 こちらも同じく、押して離す動作を5秒ずつ10回ほど繰り返してみましょう。 ストレッチをする ストレッチ は血液の流れをスムーズにしてくれるので、腰痛を緩和させる効果があります。 息をゆっくり吐きながら20~30秒ほどかけて、上半身や下半身の筋肉を伸ばします。 しかし体調がすぐれない時や痛みが酷い時に無理をすると、返って悪化することもあるため無理のない範囲で行いましょう。 入浴やカイロで体を温める 生理中の腰痛には、原因の一つとして血行不良が挙げられます。 血行不良は主に体の冷えからくるので、温めることで腰痛の改善につながる場合があります。 入浴の際はしっかり湯船に浸かって体全体を温めたり、痛みのある腰にカイロを貼ったりすると、血流が良くなって腰痛が和らぎます。 漢方薬を服用する 生理中の腰痛には 漢方薬も効果があるといわれていますが、合わないものを使用すると返って悪化してしまうこともあります。 漢方薬を取り扱っている産婦人科の医師に相談し、自分に合ったものを処方してもらうようにしましょう。 便秘対策をする 腰と腸は近い位置にあるため、 腰痛と便秘が相互に影響することがあります。 また腸内ガスが血管を圧迫することで腰回りの筋肉が緊張したり、かたい便の通過に伴って腰に近い部分に痛みが生じたりすることがあります。 特に生理前は便秘気味になる方が多いので、意識して便秘対策をしておくと腰痛改善に効果的です。 食物繊維や水分の摂取を心がけて便秘改善を意識しましょう。 生理痛による腰痛の治療について 市販薬は使用しても良い? 痛みが我慢できない場合は、市販の鎮痛剤で痛みを和らげても良いでしょう。 痛みが出てから飲むよりも、 予防も兼ねて痛みが酷くなる前に飲む方が効果は高いので、生理周期に合わせて用意しておくといいでしょう。 病院には行くべき? 生理痛がひどかったりいつもと違う症状が出たりと、何かしら違和感があれば病院へ行くことをおすすめします。 子宮の病気が隠れている可能性もあるので、我慢は禁物です。 経血の量や色も注意深く観察し、変化がないか確認してから病院を受診するといいでしょう。 まとめ 生理痛といえば一般的には下腹部の痛みが想定されますが、症状として腰痛や吐き気、頭痛などが現れることもめずらしくありません。 症状やその程度には個人差がありますが、自分でできる対処法もあるので、できることから取り入れてみましょう。 症状が酷い場合や違和感がある場合は、子宮の病気が隠れている可能性もあるので、早めに婦人科を受診してくださいね。

次の

つらい生理痛を緩和できるツボがある!出血量が多い時に有効なツボも!

生理 痛 緩和 ツボ

日本産科婦人科学会専門医。 平成5年、日本大学医学部卒。 日本大学附属病院および関連病院で産婦人科医として経験を積み、その間に日本大学総合健診センターで婦人科検診にも力を注いできました。 現在は港区の日野原... 生理の前後には、様々な不快症状に悩まされるという女性が多いと思います。 そのなかでも頭痛は、代表的な症状です。 痛みの強さや症状には個人差がありますが、毎月のことなので、できるだけ和らげたいですよね。 そこで今回は、生理で起こる頭痛の原因や緩和方法、効果的な薬やツボについてもご紹介します。 生理で頭痛!原因は? 生理に伴って起きる頭痛には、主に下記のような原因があります。 月経関連片頭痛 月経周期に合わせて頭痛を繰り返す場合は、「月経関連片頭痛」が考えられます。 原因はまだはっきりわかっていませんが、生理中に分泌量が減少する「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という女性ホルモンや、エストロゲンが減少することで分泌量が減る「セロトニン」という脳内物質が関係しているのではないかと考えられています。 他の時期に起こる頭痛と比べて、持続時間が長く、一般的な片頭痛の治療を行っても、なかなか症状が緩和されないのが特徴です。 痛みは、「ズキズキと波打つよう」と例えられることが多く、痛みが出ているあいだは、音や光に過敏になったり、吐き気がしたりします。 緊張型頭痛 緊張型頭痛は、血行が悪くなり、肩や首、頭の周りが緊張することで起こる頭痛です。 生理中は、経血を体外に排出するために、子宮周辺に血液が集まりやすくなります。 そのため、他の部位には十分な血液が届きにくく、緊張型頭痛が起こりやすくなるのです。 後頭部から首筋にかけて、頭全体がぎゅっと締め付けられるような痛みがあらわれるのが特徴で、めまいや倦怠感を伴うこともあります。 関連記事 生理の頭痛の治し方は?ツボや薬が効く? 頭が痛いと、普段の生活を送るのもつらくなるもの。 症状はできる限り抑えたいですよね。 生理に伴って頭痛があらわれたときには、タイプによって、下記のような緩和方法を試してみると良いでしょう。 月経関連片頭痛の緩和方法 月経関連片頭痛による痛みがあらわれたら、暗めの静かな部屋で、横になって休みましょう。 痛いところを冷たいタオルで冷やしたり、圧迫したりすると、痛みが和らぐこともあります。 月経関連片頭痛の場合、あたためると逆効果なので注意してください。 緊張型頭痛の緩和方法 緊張型頭痛の痛みを緩和するには、血行を良くし、首や肩周りのこわばりを解くことが大切です。 痛みがあらわれたら、まずは横になるか座るかして休憩をとり、痛い部分や肩・首周りを、蒸しタオルなどで温めましょう。 ツボを押して血行を促進するのもおすすめです。 頭のてっぺんにある「百会(ひゃくえ)」や、首の後ろ側の髪の生え際にある「天柱(てんちゅう)」は、頭の血行をよくする作用があります。 ツボを押す以外にも、首や肩をぐるぐると回したり、マッサージをして揉みほぐしたりするのも効果的です。 痛みが強いときは 痛みが強いときは、我慢せずに鎮痛剤を飲むのもいいでしょう。 ただし、痛みのタイプによって効果的な薬が異なります。 自己判断せず、医師や薬剤師に相談してから飲むのがおすすめです。 いつも服用している頭痛薬が生理中に効かないという場合は、プロスタグランジンの分泌をおさえる作用がある、「ロキソニン」などの薬を飲むのも一つの方法です。 生理での頭痛は予防できる? 生理に伴う頭痛は、一度起こってしまうと、痛みを和らげながら過ぎ去るのを待つしかありません。 しかし、生理が始まる前から生活習慣を改善しておくと、頭痛の症状を抑えられることもあります。 月経関連片頭痛 月経関連片頭痛は、ホルモンバランスの乱れが関わっていると考えられているので、バランスが整うよう、規則正しい生活を心がけることが大切です。

次の