魔女 の 宅急便 お その さん。 実写化も『魔女の宅急便』名言&名シーン!元気な少女・キキ【魔女の宅急便】

「魔女の宅急便」キキはデッキブラシで今後は飛ぶ?おじさんから借りたまま返してない?|なおブログ

魔女 の 宅急便 お その さん

~もくじ~• 魔女の宅急便公開日は?! 魔女の宅急便が身近すぎて 何年前の映画かを気にしたことがありませんでした・・。 誰しもが1度は目にするであろう 「魔女の宅急便」 気になって公開日を調べたところ 実は・・・ 1989年平成元年に公開された映画でした。 「魔女の宅急便」のおソノさん キキが下宿していたパン屋のおかみ も,トンボに「おばさん」と呼ばれていたけど,第一子出産前後だからそんなに年齢いってないよねと思う。 子供の頃はおばさんだーとか思っていたのに今じゃ自分の方が年上だなんて…。 認めたくないものです。 — yodeeeeen yodeeeeen 魔女の宅急便は子どもの頃から何度も見てるけどロードショーやると必ず見ちゃう。 初めて見たときは年齢一桁だったにもかかわらずおソノさんの旦那さんと同い年になってたことが衝撃。 衝撃過ぎてデッキブラシで空飛べそう。 トンボがおソノさんに「おばさんあの子知ってるの!?」って言うシーン、おソノさんの年齢は分かんないけど初産の臨月妊婦さんに向かって「おばさん」は失礼すぎるだろと思った。 貫禄あるな〜」と思って彼女の年齢を調べてみたら26歳で同い年だった。 なんかショック。 おソノさんは永遠の26歳ですが 私たちは・・・ね!! 楽しんでいきましょ~!! あとがき 魔女の宅急便は平成元年に公開されました。 おソノさんの年齢は26歳!! おソノさんの年齢を知った方の 感想をまとめました。

次の

魔女の宅急便のお父さんの声優やおばあちゃんは?声優一覧も

魔女 の 宅急便 お その さん

『』の制作メンバーがそのまま横滑りする形で制作された。 当初、若手のが監督を務める予定で立ち上げられたものの『トトロ』の制作作業を終えた宮崎駿が制作現場に横槍を入れるようになったのと「宮崎監督でないと資金は出せない」というスポンサーの意を受けて片渕は演出補に退いた。 本作が、他の宮崎アニメと比べてキャラクター造形などの面で異質な面が目立つ(特に女性キャラの描き方)のは、もともと企画を立ち上げ脚本を書いたのが片渕須直だったからである。 宮崎駿が監督を務めたの長編映画では初となる他者原作の作品で、これまでジブリを支えてきたに加え、さらに「」を商標登録しているヤマト運輸がスポンサーに付いた。 片渕や宮崎の意向でキャラクター設定やストーリー展開などに大きな改変が加えられているが、作者は当初、内容が大きく変わることに否定的であり、宮崎との話し合いの場が持たれた。 なお ヤマトが「宅急便」の名称やロゴを商業作品に使わせるのは恐ろしく希有なケースであり、実際世界に名だたる模型メーカーの、それも元々宅急便のために開発された ・のプラモにすら宅急便カラーを使わせてもらえなかったほどである ちなみにライバルの運送会社であるのクイックデリバリーのプラモは発売されている)。 テレビCMなど宣伝にも力が入れられた結果、配給収入21. 5億円を記録し、従来アニメ映画を見なかった若い女性、そして家族連れを中心に幅広い層に人気を集めた。 意外なことだが、本作は興行的に初めて成功したジブリ映画である(『』は実際に観た人たちの評価は高かったが興行成績は惨敗、『』と『』の二本立ても興行収入は赤字であり、トトログッズやビデオの販売で利益を出している。 『』はジブリ作品ではない)。 版製作の際に題名は「 Kiki's Delivery Service」とされ、を意味する「 Witch's」は入れられなかった。 これは日本と違いでは未だ魔女に対して悪いイメージが根強いためで、代わりに題名に主人公の「 Kiki's」が入れられた。 主な登場人物 (CV:) になりの掟である独り立ちの日を迎えた活発な女の子。 魔女としての能力はホウキで飛ぶことだけ。 おソノの店で「魔女の宅急便」を開業し、いろいろな経験をしながら成長していく。 原作ではだが、アニメ版では。 性格も原作以上に快活で元気。 ジジ(CV:) キキの相棒の黒猫で、キキとだけ言葉で意思疎通できる。 おソノ(CV:) キキの居候先のパン屋のおかみさん。 ふとした偶然からキキと出会い、彼女を気に入ってパン屋の屋根裏部屋に住まわせ面倒を見てくれる。 本編中では妊娠中だが、エンディングでは子が生まれている。 トンボ(CV:) 飛行クラブに所属する丸の少年。 キキが空を飛んでいる場面を見かけ、興味深げに声をかける。 最初は煙たがられていたが、徐々に親しくなる。 (CV:) 森の中の小屋に暮らす画家の少女。 ウルスラという名前は公式設定であるが、劇中では1度も名前で呼ばれていない。 また、劇中での製作途中の彼女の絵は、立湊中学校養護学級の生徒たち3~4名が共同制作した版画作品『シリーズ「虹の上をとぶ船」』の中の「星空をペガサスと牛が飛んでいく」という版画が元になっている。 (CV:) アニメオリジナルキャラ。 良くも悪くも本作を語るうえでは欠かせない存在。 実写映画 2014年3月1日に実写映画が公開された。 こちらは原作のイメージに近い設定となっており、アニメ版よりもキャラクターの心理状況に踏み込んだ作品に仕上がっている。 こちらもアニメほどではないものの高い評価を得ている。 ショートムービー のインスタント食品の、2017年のテーマである「青春 アオハル 」にちなんで、青春を応援するプロジェクトの第1弾として、魔女の宅急便のキキやとんぼが現代日本の高校で学生生活を送っていたらというパラレル作品のショートムービーが製作された。 は氏が担当し、アニメーション制作はが行っている。 ちなみにキキたちは、以降のシリーズにもちょい役で出演している。 キャスト• キキ:• とんぼ: CM 30秒バージョン 公式サイト 関連イラスト pixivision• 2020-08-12 19:00:00• 2020-08-12 18:00:00• 2020-08-12 17:00:00• 2020-08-11 18:00:00• 2020-08-11 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-08-13 10:14:25• 2020-08-13 10:13:40• 2020-08-13 10:13:38• 2020-08-13 10:11:34• 2020-08-13 10:09:37 新しく作成された記事• 2020-08-13 09:48:12• 2020-08-13 09:29:18• 2020-08-13 08:44:04• 2020-08-13 08:10:08• 2020-08-13 08:08:46•

次の

魔女の宅急便パン屋のおそのさんの旦那の名前はフクオ!おじさんの声優やセリフについても

魔女 の 宅急便 お その さん

1989年に公開され、金曜ロードショーなどテレビでも何度も今まで放送されてきた 「魔女の宅急便」。 何度も放送されてるが故に、誰もが一度は見たことある作品ではないでしょうか。 実はこの『魔女の宅急便』はジブリ映画で 初めて黒字となった映画だったのです。 それより前に公開されていた『天空の城ラピュタ』や『となりのトトロ』などは赤字が続いていた為、 『魔女の宅急便』はジブリ映画として最後になる作品の予定でした。 しかし、予想に反して反響を呼び、『となりのトトロ』の倍以上ともなる興行収入を生みジブリを黒字化させました。 それからは皆さんも周知の通り日本のアニメ界を代表する存在となりましたが、今のたくさんの名作であるジブリ映画が作られたのも、 この『魔女の宅急便』があって作られた作品と言っても過言ではないでしょう。 そんな「魔女の宅急便」の原作者が激怒をした事件があるようです。 今回はその激怒事件と、本編では語られていないおそのさんの旦那さんやトンボの本名、その後のネタバレまでを紹介します。 魔女の宅急便の原作者が激怒した内容とは?原作と映画の違いが原因だった! 『魔女の宅急便』の原作者である角野栄子さんです。 話題に上がっているのは、 角野さんが宮崎駿監督の映画『魔女の宅急便』を観て激怒したなどと言われていることです。 これについて調べてみると「激怒」と言うまでは誇張表現ではあるものの、映画を観て不快感には感じたそうです。 と言うのも原作と映画ではだいぶ内容が違っていたからです。 まず映画を作るにあたって ・タイトルと名前を変えない ・キキという少女の世界観を変えない という2点を宮崎駿監督に注文しました。 角野さん自身も宮崎駿監督が原作をあまり使わないことは承知の上だったものの、 角野さん自身はもっと可愛いラブストーリーの映画になると思っていたと語っています。 本名ってあるの?トンボやおそのさんの旦那の名前を公開! 映画内では名前がしっかりと分かるキャラクターが少ないです。 と言うのも、劇中内で名前を呼ばれない登場人物も多く、キキの母親ですら名前を呼ばれることは劇中ではありません。 そこで、ここで登場人物の本名を紹介したいと思います。 キキはキキです。 原作でも名字などは設定されていません。 キキの母親はコキリ、父親はオキノといいます。 そして、キキが飛行船から助けるトンボですが、 トンボは本名ではなく愛称です。 本名はコポリといいます。 ちなみに原作では平仮名表記で「とんぼ」と呼ばれています。 キキが新しい町で出会うグーチョキパン屋のおかみさんはおソノさんといいます。 おソノさんの旦那さんはフクオという名前があります。 そして映画のラストではおソノさんに赤ちゃんが生まれますが、その赤ちゃんの名前はノノちゃんという名前です。 またキキが森の中で出会う絵描きの少女の名前はウルスラと言います。 ウルスラに関しても劇中で名前を呼ばれることはありませんでした。 ウルスラとフクオ(おソノさんの旦那)は公式に名前があるものの劇中では明かされない、ある意味レアな2人です。 第1巻ではキキは13歳だったものの、 第6巻のラストではキキは35歳にまでなっています。 で、映画『魔女の宅急便』のその後の詳細はと言うと、あれからトンボは街を離れてキキとは遠距離恋愛となってしまいます。 そして、昆虫に夢中になり、キキとの間にすれ違いが、生まれてしまいます。 それから20代になったキキは、トンボのはっきりしない態度にモヤモヤ。 キキは街の女の子たちが憧れるサヤオという青年に出会い、惹かれ始めます。 最初はトンボのときと同様サヤオに冷たい態度をとるキキですが、サヤオの作るドレスに感動します。 しかし、最終的にはトンボが好きだということを再確認し、トンボを待ち続けることを選びます。 そして2人は愛を確かめ合い、 キキが22歳のときにトンボと結婚します。 キキとトンボとの間にはニニとトトという双子が生まれます。 また魔女猫のジジもヌヌという白い猫と結婚して18匹の子供が生まれています。 魔女の宅急便の感想評価と口コミレビュー 魔女の宅急便の感想と評価! 何度見ても飽きない作品です。 色々なハプニングが起こりつつ、表情豊かなキキと爽やかな音楽とともに明るく楽しく見ることができます。 キャラクターたちもそれぞれ味があり、物語をより一層楽しめるものにしてくれています。 特にジジ、おソノさん、森の中で出会う少女はキキの心の支えになっているだけでなく、見ている方の心も明るく照らしてくれます。 3人ともキキのことが大好きというのが伝わってきます。 声優さん達の豪華で素晴らしく、挿入歌もわくわくする気持ちを掻き立ててくれるような楽曲ばかりです。 特に松任谷由実さんの「優しさに包まれたなら」はキキのために作られたような曲で、心にじんわりと気持ちよさを残してくれます。 そんな明るい映画ですが、ストーリーの中でキキの魔法の力が使えなくなります。 それは一体何故なのか、色んな考え方や見方がありますが、私はキキが素直でまっすぐな心を失いかけていたからのように思います。 人を信じる気持ち、自分を信じる気持ちが何事にも大切だと教えてくれているような気がしました。 子どもから大人まで楽しめ、色んな感じ方や考え方ができる物語だと思います。 魔女の宅急便の口コミレビューまとめ Filmarksより引用 口コミレビューには、主人公キキの頑張る姿から元気をもらえるという声がたくさんありました。 特にジブリ映画の中でも一番好きという声も多く、音楽が素敵、音楽が最高!と、松任谷由美さんのメインテーマや映画を彩るBGMも高い評価を得ています。 魔女の宅急便のあらすじネタバレ!ラストの結末はあの有名なラストシーン 魔女の宅急便のあらすじ|13歳のひとり立ち (以上、魔女の宅急便のあらすじネタバレとラスト結末) とある町に住むキキは13歳の女の子です。 しかし、ただの少女ではなくキキのお母さんは魔女です。 そしてキキも魔女の血を引いているのでした。 魔女の世界では13歳でひとり立ちすることになっています。 そしてキキは13歳になった夜、黒猫ジジと共にほうきに乗って住んでいる町を飛び出していくのでした。 そこで貨物列車に乗り込み一晩を過ごすことに。 そして目が覚めると目の前には海が広がっていたのです。 再び飛び立ったキキは海の見える町をめがけて飛んでいきます。 着いた町は大都市で大きな時計台があったり、人や車の行き来もはげしくキキは戸惑いますが、町の人に自己紹介をして周ります。 しかし残念ながら、町の人々はキキに目もくれません。 しかも警察が怪しいキキに身元を確認しようとします。 そこに現れたのはメガネをかけた少年でした。 警察の目をそらせてキキを助けてくれますが、その後しつこく珍しいキキにせまります。 結局キキはそのトンボという少年からも急いで逃ることに。 すると目の前のパン屋さんから女性が飛び出してきます。 女性はお客さんの忘れもの渡すために慌てて大声を出して呼び止めますが、お客さんはすでに遠くに行ってしまっていました。 そこでキキはパン屋さんの女性に私が届けると名乗りをあげます。 キキは無事にお客さんに忘れものを届けてパン屋に戻ると、女性はキキを歓迎してくれます。 パン屋さんの女性はおソノさんといい、魔女であるキキを面白いと気に入ってくれて、お店に置いてくれるというのです。 キキは大喜びし、お店番を条件に店の裏に住まわせてもらうことにもなりました。 なかなかお客さんが来ない中、おソノさんの知り合いが初めてお届けものを頼んでくれます。 その送りものは鳥かごで、中にはジジにそっくりな猫のぬいぐるみが入っていました。 キキは大張り切りして届けようとしますが道中で強い風に見舞われ、届けものを森の中に落としてしまいます。 かごは見つかったものの中身のぬいぐるみが無くなってしまっていました。 最初の届けものの仕事をどうしても成功させたいキキはジジを身代わりにカゴの中に入れ、森に探しに戻ります。 そこで出会ったのが絵描きの少女でした。 探し物をしていることを伝えると、なんと彼女の友達同然であるたくさんの鳥たちがぬいぐるみを咥えていました。 ぬいぐるみを取り戻すも壊れそうになっていましたが、少女が繕ってくれるというのでそれと引き換えにキキは家の掃除をします。 そしてぬいぐるみは元通りに修繕され、ばれることなく、ジジとうまく取り替えることができたのでした。 トンボはキキを飛行クラブのパーティーに半ば強引に招待して午後6時に迎えに来ると言われキキは慌てふためきます。 その日は届けものの仕事も入っていて、キキは間に合わせるために張り切って仕事に向かいました。 1件目の仕事が終わり、2件目の仕事に向かうと、依頼人のおばあさんが困った様子でいました。 お孫さんのためにニシンとかぼちゃのパイを届けたいと思っていたのですが、肝心のオーブンが動かないというのです。 キキはおばあさんの気持ちを届けたいと思い、オーブンを直すことを申し出ます。 無事オーブンは直り、時間に余裕があると思っていたキキは他にも家の中の困り事をお手伝いしていきます。 しかし家の時計は遅れているというのでキキは大慌てします。 パイが焼きあがるとすぐに飛び出しますが、不運は続き道中で大雨が降り出してしまいます。 服でパイをしっかり守り、どうにかお孫さんのいるパーティー会場に辿り着きます。 そしてお孫さんにパイを手渡しますが、お孫さんはお礼を言うこともなく、「このパイ嫌いなのよね」と言いドアを閉めてしまいました。 キキは悲しい表情を浮かべてパン屋に帰ります。 そして約束の時間もすぎ、パーティーに行かぬまま部屋に戻るのでした。 そこにトンボがお見舞いに来ますが、おソノさんがうまく対応してくれます。 熱が治ったキキにおソノさんはお使いを頼みます。 届け先はなんとトンボの所でした。 おソノさんの取り計らいだったのです。 そこで再会したトンボはキキを飛行クラブで開発中の空飛ぶ自転車に乗せます。 空飛ぶ自転車は下り坂にさしかかると凄い勢いで進み、宙に浮いて浜辺に落下してしまいました。 キキとトンボは無事でしたが、自転車はボロボロになってしまいます。 それを見た2人は顔を見合わせ、大声で笑います。 この事件で心が打ち解けた2人は浜辺で語り合います。 しかし、そこにトンボの仲間たちがやって来るとキキはいきなり拒絶反応を示してしまい、冷たい態度でトンボのもとから去ってしまうのでした。 そして、ほうきで空も飛べなくなっていました。 落ち込むキキは仕事もお休みします。 そこへあの絵描きの少女が訪ねてきます。 キキは喜び、少女の家に泊まりに行くことにします。 少女の家には新しい絵がありました。 その絵にキキは心奪われます。 そして少女に絵が描けなくなったときの質問をして、答えを自分に当てはめることによって参考にします。 魔女の宅急便のラスト結末|トンボのために キキの住んでいる町に飛行船がやってきます。 そんな中、キキはパイの依頼を受けたおばあさんに呼ばれ行ってみると、キキに誕生日のケーキを用意してくれていました。 心が弱っていたキキは感激で必死に涙をこらえます。 そこでテレビニュースを目にしたキキは飛行船が風に飛ばされ倒れかかっているのを知ります。 更に飛行船から垂れ下がっている紐にぶら下がっていたのはトンボだったのです。 キキは大慌てでおばあさんの家を飛び出します。 しかし飛べないのでほうきは持っていません。 キキは夢中で近くにいたおじさんから、お掃除用のデッキブラシを貸してもらい、またがります。 キキの必死な思いが通じてブラシは浮かび上がってくれ、トンボの救出に成功しました。 町中が拍手喝采となります。 それからキキの力は回復して町の有名人となり、皆に荷物と笑顔を届けるのでした。 以上、魔女の宅急便のあらすじネタバレとラスト結末でした。

次の