法事 の 表書き。 法事におけるお布施の表書きはどうする?名前や金額の書き方もご解説|終活ねっとのお坊さん

法事「のし袋」表書きと選び方。今更聞けない法事の礼儀とマナー

法事 の 表書き

四十九日の香典袋の選び方・水引の色 香典袋(不祝儀袋)の水引の色は多数存在しますが、 四十九日では黒白、藍銀、双銀のものを使います。 ただし、 関西地方では黄白の水引が用いられることがあります。 水引の形は、蝶結びと結び切りがありますが、四十九日など法事の際は結び切りのものを選択します。 香典袋はいくつかの種類が売られていますので、金額によって使い分けます。 一般的には金額が 1万円未満であれば水引が印刷されているもの、1~3万円であれば水引が印刷されておらず色は黒白、5万円以上であれば水引が印刷されておらず色は双銀のものを使うとよいでしょう。 左から印刷済みの水引(1万円未満)、黒白の水引(1~3万円)、双銀の水引(5万円以上) 四十九日以前でも「御仏前」を使うケース 四十九日以前でも「御仏前」を使うケースもあります。 浄土真宗では、亡くなったと同時に成仏すると考えるので、通夜・葬儀のときから「御仏前」を用います。 相手の宗派が浄土真宗とはっきりわかっているときは「御仏前」と書いてお渡しするようにしましょう。 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使う 四十九日以前で仏教の宗派がわからない場合や、どう書けばいいか、 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使うとよいでしょう。 これらは「お香をお供えします」という意味になり、浄土真宗の場合でも失礼にあたりません。 なお、わからないときは自分で勝手に判断せず、他の参列者や、周りの人に確認するとよいでしょう。 文字は「薄墨」ではなく「濃墨(黒)」で 不祝儀袋に使う文字の色は、葬儀や通夜の香典とは異なり、 薄墨でなく、濃墨(黒)で書きます。 葬儀や通夜や突然の訃報で墨をする準備もままならないという意味も込められていますが、四十九日は「忌明け」の法要でもあるので、黒ではっきり書いても構わないといわれています。 四十九日の香典の相場はいくら? 四十九日は節目となる法事なので、施主の出費等を考えて相応の金額をお渡しするのがマナーです。 故人との関係が近いほど金額が多くなるのが普通です。 法事の後で会食があることがわかっている場合、会食がない場合の金額に5千円から1万円程度上乗せして包むようにしましょう。 「故人との関係性」「参列者の年齢(参列者が就労しているかどうか)」「地域性」「ホテルで行うか自宅で行うか」「故人と同居していたか否か」などによって金額を決めます。 四十九日の香典の金額の目安(単位:円) 故人との関係 会食なし 会食あり 祖父母 1万~3万 2万~5万 両親 1万~5万 2万~5万 兄弟(姉妹) 1万~3万 2万~5万 おじ、おば 5千~1万 1万~2万 その他 親戚・親族 5千~1万 1万~2万 友人・知人・会社関係 3千~1万 1万~2万 四十九日の香典の「お札」について 香典に使うお札に関しては、葬儀や通夜の香典では、新札を使わないことが、いわば「常識」となっています。 一方、四十九日の香典については、「新札」でいいのか、使った札の方がいいのか、これも諸説あるようです。 手元に「新札」しかない場合、わざわざ古い紙幣を探す必要はないでしょう。 ただし、 新札のまま用いるのでなく、いったん折り目を付けるなどして、不祝儀袋に収めるようにした方がマナーとしてもかなっていると思います。 まとめ ・四十九日法要の香典袋の表書きは「御仏前」と書く。 ・四十九日の香典袋は水引の色が黒白や双銀のものを用い、金額によって使い分ける。 ・表書きの名前はフルネームで記載する。 連名の場合は代表者の左側に年長順で記載する。 ・四十九日の香典は、相場を確認して相応の金額を用意する。 ・新札のままではなく、折り目を付けるのが不祝儀のマナー。

次の

法事のお返しマナー》のし/のし表書き/のし紙/品物/品/お菓子/商品券/人気

法事 の 表書き

【もくじ】 ・ ・ ・ 法事では御供物料(おくもつりょう)を用意 仏式の法事に出席する場合は、故人の霊を慰めるために捧げる供物(くもつ)を持参するのが礼儀でした。 供物には線香や生花、果物、菓子などが用いられていましたが、最近では供物の代わりに「御供物料」として現金を包むことの方が一般的になっています。 現金を持参するということで、通夜・葬儀に持参する「香典」と同じような意味のあるものですが、法事で渡す場合は「香典」ではなく「御供物料」と呼ばれます。 キリスト教式の場合は、現金ではなく生花を渡すのが原則ですが、食事のもてなしを受ける場合は「お花料」などとして現金を包むこともあります。 法事に出席できないとき 法事・法要の案内を受けたら、 早めに出欠の返事を出すのが礼儀です。 法事・法要の案内を受けたものの、やむをえない事情で欠席するときは、法要の日までに届くように、供物か供物料を送るのが礼儀です。 や四十九日の法要であれば、 として、手紙や品物を送ってもいいでしょう。 供物は果物や供花が選ばれることが多いです。 5,000円程度の金品を目安にして用意しましょう。 法事に持参する御供物料の金額 法事に持参する御供物料の金額は、法要の規模や故人との関係などによって異なりますが、通夜・葬儀に持参する香典の5~7割程度が目安とされています。 通夜や葬儀では連名で香典を出すこともありますが、法事の場合は 個人単位で御供物料を持参するのがマナーです。 ただし、家族の場合は家族単位で用意しても問題ありません。 御供物料の金額相場は、親族であれば1万~5万円、友人・知人であれば1万~3万円程度です。 法要では僧侶による読経が終わった後に会食となり、食事がふるまわれることが多いため、それを考慮した金額にするのが適当なのです。 会食がなく法要だけの場合には、故人との関係性にかかわらず、1万~3万円程度を包むようにしましょう。 供物を持参する場合 もともとは法要には供物を持参するならわしでしたが、近年では「御供物料」して渡す方が一般的なので、品物よりも現金で持参する方が無難です。 御供物料は、供物の代わりに現金の形で持参するものなので、両方を持参する必要はありません。 それでも、現金と品物の両方を持参する場合には、御供物料を主として、品物は添える程度のものにするのがいいでしょう。 御供物料を包む不祝儀袋について 御供物料は、香典と同じように不祝儀袋に包んで持参します。 宗教・宗派や、何回忌の法要かによって、使用すべき不祝儀袋の種類や表書きの書き方が異なりますので、確認してから用意するようにしましょう。 地域によってもしきたりが異なることがありますので、わからない場合は近しい年輩者などにきいてみるといいでしょう。 水引の選び方 水引の色は、仏式の場合、四十九日法要までは黒白のものを使用します。 それを過ぎたら黄白が使われることも多いです。 黄白は関西でよく用いられています。 三回忌以降は双銀が使われることもあります。 神式の場合は双銀の水引を使います。 キリスト教式では、水引は使用しません。 御供物料を包む際の表書き 法事・法要の際の表書きは仏式の場合、「御供物料」または「御仏前」とすることが多いです。 ただし、宗派によっては仏に現金を供えるのは失礼になる場合もあるため、「 御仏前」とするときは 注意しましょう。 「供物のためのお金」という意味の「御供物料」や、「供物としての香の代金として」という意味の「御香料」という言葉が、宗派を問わず使える表書きです。 神式の場合は、「御玉串料」「御神饌料」「御榊料」とします。 キリスト教式の場合は、現金を包む習慣はありませんが、用意する場合は「お花料」などとしましょう。 ちなみに、通夜や葬儀に持参する香典の表書きは薄墨で書くのがしきたりですが、法要の御供物料の場合は、普通の墨で構いません。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

キリスト教に法事はあるの?儀式の内容や香典の表書きを解説!|終活ねっとのお坊さん

法事 の 表書き

本来は花や線香なども供物として備えられますが、現代では香典という名称を使う場合には主として現金をさします。 香典の他に、香料とも言われます。 (2)通夜・葬儀の香典 香典を持参する時期 ・香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。 [] ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。 (3)法要の香典 香典を持参する時期 ・初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。 また、その後も、百箇日、一周忌、三回忌…と続きます。 香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。 ・主な法要 主な法事・法要の名称と日数の数え方 法要の名前 時期 追善法要 初七日 (しょなぬか) ・初七日は、本来は亡くなってから7日目に行われるのですが、最近は遺族や知人の日程に配慮し、葬儀当日に、火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式(還骨勤行=かんこつごんぎょう)と合わせて行われることが多いようです。 四十九日 (しじゆうくにち) 49日目 追悼法要 初盆・新盆 (はつぼん) ( にいぼん) (死後の日数とは関係なく)初盆の法要は、四十九日を過ぎてから初めてのお盆に行います。 四十九日よりも前にお盆が来た場合には、翌年に初盆の法要を行います。 お盆の時期は地域によって異なりますが、旧暦のお盆なら7月。 一般的には8月の13日〜16日です。 A.仏教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください[]。 (2)法要の香典袋の書き方 法事の香典 香典の書き方 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御仏前」「御佛前」「御香料」などです。 「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用される表書きで、仏教以外には用いません。 [のし袋の選び方と水引き] ・黄白、双銀または黒白の水引き ・結び切り(左の画像見本のように、堅く結んで切ったシンプルなもの)またはあわじ結び(あわび結びとも言います。 結び目の形は上記(1)の御霊前の見本画像で紹介しています) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨で書くのは四十九日までとされており、最近は四十九日以降の法事法要では黒い墨を用いるようです。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。 浄土真宗では四十九日前でも「御仏前」を使うか、または「御香料」「御香奠」となります。 「奠」という字には供え物という意味があります。 三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。 人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。 職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。 数名で香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。 左の見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。 どうしても役職名と氏名が縦一行に書ききれない場合には、右から社名、役職名、氏名の順に書きます。 支店長、支社長、工場長などの場所長名義で香典を出す場合には一番右に会社名、中央に肩書に続いて氏名を書きます。 どうしても役職名と氏名が縦一行に書ききれない場合には、右から社名、役職名、氏名の順に書きます。 中央にグループ名が来るように、右側に書く社名の配置を考えて書きます。 人数が多い場合には、中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。 なお、表書きは筆や筆ペンで書きますが、中に入れる紙はボールペンや万年筆などで書いても構いません。 職場の同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 2については地域によっては避けられることもあります。 C.キリスト教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・キリスト教の場合の熨斗の表書きについては、[典]へ (2)追悼ミサ、記念ミサなどの香典袋の書き方 法要の香典 香典袋の書き方 ・キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。 カトリックでは、一ヶ月目に「追悼ミサ」一年目に「記念ミサ」など。 プロテスタントでは、一ヶ月目、1年目の「昇天記念日」に「記念集会」など。 [表書き] 「御花料」(プロテスタント) 「御ミサ料」(カトリック)などです。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使わないように注意してください。 [墨] ・キリスト教では忌明けという考え方がないため、墨の色に関する細かいしきたりや作法がありません。 一ケ月目の追悼ミサ以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] D.神道(神式)の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きについては、[典]へ (2)霊祭、式年祭などの香典袋の書き方 法要の香典 香典袋の書き方 ・神式でも、法事に該当する儀式があります。 主なものは「十日祭」「五十日祭」「百日祭」など。 一年目からは式年祭と呼ばれる儀式があり、「一年祭」「三年祭」…など神職を招いたりして霊祭が行われます。 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・霊祭、式年祭については墨の色に関する細かい規定・作法がありません。 薄墨も使われますが、五十日祭以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] 香典の中袋・中包みの書き方 筆記用具 ・筆を使うのが正式な作法ですが、筆ペンや、ペンでも良いでしょう。 黒インクのものを用います。 薄墨でなく黒で書きます。 中に入れる金額 ・死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。 少額の場合は連名で香典を出すなどして、 3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。 ・香典の金額の相場については、次のページの項5「」にて 香典の金額の書き方 香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。 「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうため、数字の改ざんができないようにという考え方からきています。 なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです。 (例:金30,000円也) 数字 香典に書く時の漢字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 7 七(ごくまれに漆) 8 八 10 拾 100 百 1000 仟または阡 10000 萬 その他 円を圓と書くことも 中袋の書き方 ・香典の中袋の書き方です。 下記のサンプル画像をご覧ください。 金額については、中袋(中包み)の表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。 市販の熨斗袋の中には、金額を記入する欄が決まっているものがあります。 ・香典の金額の相場については、次のページの別項「」にて.

次の