ステルス スイマー。 IMAKATSU STEALTH swimmer ステルススイマー 強化改造方法

イマカツ[IMAKATSU]ステルススイマー入手!ステルス性能が異常。苺みるくな憎いヤツ。

ステルス スイマー

デザイン 外観のデザイン自体はとてもシンプルです。 リアルなデザインですがこれといって特徴的は所は特にありませんね。 腹側もスッキリとしたデザインです。 フックやウエイトを付ける為のアイが一つ付いています。 フック システム ステルススイマーの凄い所がフックシステム。 ボディの中に完全にフックが隠れていてボディが変形した時に写真のようにフックが飛び出します。 ボディにスリットが入っていてその下にはネオジム磁石が付いています。 フックがこの磁石にくっつきフックを固定するというシステムです。 出典:イマカツ ワームですらフックが一部露出しているのが当たり前の中、スイムベイトで完全にフックの存在を消したというのは凄いアイデアですね。 サイズ 全長160ミリとなっています。 昔なら160ミリと聞くと驚いたサイズですが、今見ると少し小さめかな。 と感じるから慣れって不思議です。 フックの交換が可能でそれに伴いウエイトも変えることが出来ます。 カラー 出典:イマカツ カラーは19色のラインナップです。 派手めの物から物凄いリアルなカラーまでたくさん用意されています。 場所や用途に応じて使い分けしたいですね。 アクション.

次の

WHITE BASS NEWS !

ステルス スイマー

釣果 まずは今までで一番釣果を出している水路へ。 上流はかなりクリアで底も見えている状態でしたが、肝心の1級ポイントがウィードでもっさもさに・・・。 なので河口から橋の下に向いて投げてました。 そうすると いきなりヨンパチクラスがキスバイト! 一瞬頭が真っ白になりました 笑 いままでビッグベイトやスイムベイトを巻いたことがほとんどなかったのでチェイスの感覚が新鮮でした! それにしても絶対いないやろ~ってところを巻いてもどこからともなくバスが湧いてくるのは凄く面白いですね! その後、となりの水路で早巻きしていると、 45cmクラスがバイト! 完全に食い気がありました! ですが、惜しくもフックオフ。 きっちりアワセたつもりでしたが、ノりきらずでした。 その後、さらに隣の水路の河口で PDチョッパー+アーケロンにHIT! これも 45cmクラス! そしてこちらもまさかのフックオフ・・・泣 こないだ記事にしたキムケンさんのを試してたらゴツン!!!と来ました。 後からラバージグのフックを見るとちょっとだけ錆びてたんですよね。 フォールさせると直立するんですよね。 ジグストだとキビキビ動きますし。 その後、マッディーな水路をステルススイマーを流しながらのぼっていくと、 50upがわんさか出てくる出てくる 笑 寸前までチェイスするんですが、食わないんですよね~。 やっぱり何かストラクチャーや流れがないと騙しにくいんですかね。 フィーディングモードに入ってれば躊躇なく食ってくるって感じ。 後は、 湖側から水路に向けて投げないと一切反応がないというのも貴重なデータになりました。 水路側から河口に向けて投げてもバスは寄ってこないんです。 やっぱり水路に着いてるバスは基本的に上流を見ていて、上から本湖に戻ってくるベイトを待ち構えているパターンなんでしょうかね。 その後、水路の一番上流をチェックすると、40upが仲良く並んでエサを今か今かと待ち構えてました。 この状況、アベンタを投げるべきだと後悔しましたが、ステルススイマーを投げました。 正直何を投げても食ったと思うんですが、確実に乗せるにはアベンタでしたね。 ドゴン!とトップに出ましたが、のりきらず。 かなり手前だったのでフッキングが上手くいかなかったです。 そんな感じで3バイトノーフィッシュという結果に。 を始めてからまだバスに触れてません。 ただ、ステルススイマーの脅威の集魚力を知ることが出来て良かったです。 今まで水路はラバージグかトップで攻めることしかしていませんでした。 実は出てこないだけでバスってめちゃくちゃいるんだなということが認識できてよかったです。 結果論ですが、スモラバサイトがあればこの日は5本ぐらい獲れてたんじゃないでしょうか・・・。 そして、この日55クラスにステルス君が2回も遭遇してたんですよね。 水路にも55クラスが入ることはあるんですね。 これも良いデータになりました。 ステルスでバスを寄せてスモラバを投げる・・みたいなことをしたらどうなるのかも試してみたいです。 この日だけで50upに20匹以上遭遇したような気がする釣行でした。 次はものにします!.

次の

ステルススイマーのインプレやおすすめカラー!最強スイムベイトがアツい!

ステルス スイマー

ステルススイマーは、フックを内部に隠したことでバスからの視覚的違和感を消したことが最大の特徴ですが、フックが出ていないことで根掛かりがかなり低減されるというのも大きなメリットです。 インビジブルストラクチャーポイントを攻める場合や、ストラクチャーを強めにコンタクトしたい場合は、根掛かりやライントラブルと紙一重だったのではないでしょうか。 ステルススイマーは、バイトの際にテコの原理でフックが飛び出してくる構造なので、ストラクチャーにフックが掛かってしまうことはまずありません。 キャストミスを恐れることなくカバー周りに打ち込むことができ、滑らかなボディには、藻が絡みつくこともなくストレスフリーな高性能ルアーです。 ステルススイマーのアクション 水中アクションはもはや本物のアユ ステルススイマーは従来のスイムベイトでは難しかった鮮やかなトレースラインを描くことを可能にした新たなルアーです。 岩盤の段落としでも滑らかなアクションを再現できますし、ストラクチャーの込み入った場所でも、根掛かりを心配せず打ち込むことができます。 カバーを直撃させ、強めに叩きたい時も十分に手応えを感じられます。 アングラーの発想次第で、さまざまなシチュエーションで使うことができるでしょう。 特に長年生きてきたビッグバスはフックの存在を光で判断しているとも言われていますから、ビッグバス、スレバスと駆け引きしたいのなら、ステルススイマーをマスターして大物との勝負に出たいものです。 ステルススイマーの選び方 ノーマル、琵琶湖スペシャル、ベビーの3種類 それぞれのバージョンの違いは付属しているジグヘッドと、ボディ素材です。 ノーマルバージョンではジグヘッドが表層から2mレンジ用。 琵琶湖スペシャルは1〜2mレンジ用で、ボディ素材を弾力性の高い樹脂にしたことで琵琶湖のビッグバスのバイトに応えられる強さに仕上がっています。 ベビーステルススイマーはノーマルより30mm小さく、しかしフックのスロート部分を長くしているのでしっかりとバスの口を貫通する作りに成っています。 初心者なら扱いやすくチューニングされているベビーステルススイマーから、より確実にビッグバスを狙いたいなら琵琶湖スペシャルといった選び方ができます。 ストラクチャーの混み具合によっても、ノーマルにするかベビーにするかといった合わせ方ができるでしょう。 ステルススイマーおすすめカラー.

次の