ゴンドラ の 唄 歌詞。 ゴンドラの唄(命短し 恋せよ乙女) 歌詞と視聴

ゴンドラの唄 HALCALI 歌詞情報

ゴンドラ の 唄 歌詞

ゴンドラの唄 ゴンドラの唄 【作詞】吉井 勇 【作曲】中山晋平 【MIDIデータ作成協力】Iwakichsky 1.いのちみじかし 恋せよおとめ あかきくちびる あせぬまに 熱き血潮の 冷えぬまに あすの月日の ないものを 2.いのちみじかし 恋せよおとめ いざ手をとりて かの舟に いざ燃ゆるほほを 君がほほに ここには誰も 来ぬものを 3.いのちみじかし 恋せよおとめ 波にただよう 舟のように 君が柔手(やわて)をわが肩に ここには人目の ないものを 4.いのちみじかし 恋せよおとめ 黒髪のいろ あせぬまに 心のほのお 消えぬ間に きょうはふたたび 来ぬものを 1914年、芸術座「その前夜(ツルゲーネフ)」主題歌。 黒澤明監督「生きる」にも出てきます。 Iwakichsky 作詞の吉井勇の処女作は「情痴歌集」という、明るく健康的をモットーとするうたごえとは全く正反対のモンでした。 当時としちゃあ、豪勢だったもんです。 東京音頭が一番なじみかな。 ゴンドラgondolaって云えば、ベニス。 そういえば、ロープーウエーもゴンドラって云うよね。 そもそも、舟歌っていうと、語源的にはバルカロールといい、ベネチアのゴンドラの船頭が舟をこぎながら歌った歌をさすらしいです。 酒はヌル目で、炙ったスルメがいい〜というのが舟歌じゃないんですね。 JASRAC情報 製作日誌: 平成15年5月31日 歌詞のみ 平成15年6月1日 MIDIデータをアップ 平成15年7月3日 この曲のコメントをやっと完成 平成18年4月15日 1番の歌詞の3行目の「赤き血潮の」は「熱き血潮の」でした。

次の

ゴンドラの唄

ゴンドラ の 唄 歌詞

いのち短し、恋せよ乙女——「ゴンドラの唄」と言えば、この歌い出しの名フレーズに尽きます。 「ゴンドラ」とは水の都ヴェネツィアの水路を行く手漕ぎボートのこと。 はかない若さと熱い恋心を、先をも知れず漂いながら進む舟路になぞらえた歌です。 森鴎外が翻訳したアンデルセンの作品『即興詩人』の中に「朱の唇に触れよ、誰れが汝の明日猶在るを知らん。 恋せよ汝の猶少(わか)く、汝の血猶熱き間に…」というヴェネツィア民謡が出てきます。 作詞者の吉井勇氏はこの一節をもとにして「ゴンドラの唄」の歌詞を書いたのだそうです。 クラシック音楽で《舟歌》と呼ばれる形式があります。 8分の6拍子や8分の9拍子の漂うようなリズムと、軽快な中にもどこか憂いを含んだメロディーが特徴です。 時は大正4年、今から100年前です。 社会現象にまでなった「カチューシャの唄」に続く芸術座公演の劇中歌ということで大いに話題になりましたが、前作ほどの大流行とはならなかったようです。 作曲者の中山晋平は後に「拍子が少々わかりづらかったのではないか」とか「この曲は失敗だった」とさえ発言しています。 大衆感覚の先を行き過ぎてしまったと思ったのでしょう。 けれど誕生から時を経て、戦後、黒澤明監督の『生きる』の中で印象的に歌われ、現在でも多くの歌手がとりあげる人気曲。

次の

ゴンドラの唄

ゴンドラ の 唄 歌詞

いのち短し、恋せよ乙女——「ゴンドラの唄」と言えば、この歌い出しの名フレーズに尽きます。 「ゴンドラ」とは水の都ヴェネツィアの水路を行く手漕ぎボートのこと。 はかない若さと熱い恋心を、先をも知れず漂いながら進む舟路になぞらえた歌です。 森鴎外が翻訳したアンデルセンの作品『即興詩人』の中に「朱の唇に触れよ、誰れが汝の明日猶在るを知らん。 恋せよ汝の猶少(わか)く、汝の血猶熱き間に…」というヴェネツィア民謡が出てきます。 作詞者の吉井勇氏はこの一節をもとにして「ゴンドラの唄」の歌詞を書いたのだそうです。 クラシック音楽で《舟歌》と呼ばれる形式があります。 8分の6拍子や8分の9拍子の漂うようなリズムと、軽快な中にもどこか憂いを含んだメロディーが特徴です。 時は大正4年、今から100年前です。 社会現象にまでなった「カチューシャの唄」に続く芸術座公演の劇中歌ということで大いに話題になりましたが、前作ほどの大流行とはならなかったようです。 作曲者の中山晋平は後に「拍子が少々わかりづらかったのではないか」とか「この曲は失敗だった」とさえ発言しています。 大衆感覚の先を行き過ぎてしまったと思ったのでしょう。 けれど誕生から時を経て、戦後、黒澤明監督の『生きる』の中で印象的に歌われ、現在でも多くの歌手がとりあげる人気曲。

次の