アンユナ 激太り。 石原さとみは整形?昔や若い頃~現在の画像で真相を比較検証

【画像】ユナが太り過ぎで別人レベル!激太りの原因はストレスだった?虹プロジェクト

アンユナ 激太り

「女性東亜」は26日、ク・ヘソンとの単独インタビューを公開した。 このインタビューでク・ヘソンは、離婚のニュースが報道された当時を回想し、「両親はニュースが報道された時、私が死ぬと思ったと言っていた。 普段の私は怒るタイプではないのに、とても攻撃的になっていた。 (今まで)しなかった行動をするから、家族がみんな驚いて心配していた」とし、続けて「病院に1ヶ月ほど入院して、相談も受けて、今は心が静まった」と近況を伝えた。 それとともにク・ヘソンは、アン・ジェヒョンとの結婚に反対していた両親の話を伝えた。 「母は、結婚したら自分の人生を生きるのが大変だから、私は自分の仕事をしながら旅行にも行って、自由に生きることを望まれた。 あの人(アン・ジェヒョン)が挨拶しに来た時も、『生活しながら愛が冷めることもあり、大変なことも多いけど、そういうことをちゃんと一緒に乗り越えることができる人なのか、もう少し時間をかけて経験してみたほうが良いんじゃないか』と言われた。 でも、このようなことが起こって、結局は私の選択だったから、『私は何を間違ったのだろう。 どこから間違ったのだろう』というようなことを考えるようになった」と打ち明けた。 続いてク・ヘソンは、アン・ジェヒョンとの結婚生活についても回想した。 ケンカすることもなく、お互いが嫌がることをあまりしなかった。 でも夫の行動が変わり始めたのは、ドラマの主人公にキャスティングされてからだったと思う。 運動しなければならないと、朝早く家を出て行って、夜遅くに酔って帰って来たりした」とし、続けて「6月にあの人がオフィステル(事務所としても住居としても使える施設)を借りて出て行った後、1ヶ月連絡がうまく取れなかった時も、ただ単に一人で集中して練習する時間が必要なんだと考えた。 ところが1ヶ月ほど経って、自由に生きたい、離婚しようと言われた」と明かした。 アン・ジェヒョンから初めて離婚の話を聞いた時、どのような心境だったのか尋ねると、ク・ヘソンは「私は結婚してから(放送の)仕事をあまりしていなかった。 夫の仕事が多くなり、誰かが家事をしなければならなかった。 夫が前進する間、私は後戻りして、捨てられたという感じがした」とし、「初めて2人で会った時は、私が先輩であり、あの人は私を尊重してくれた。 家事はとても大変なのに完全に無視されているようで、捨てられるような感じがした」と吐露した。 これまでク・ヘソンはアン・ジェヒョンとの離婚の過程をSNSを通じて伝えてきた。 ク・ヘソンは、自分の行動について「正気ではなかった。 私に対する悪質なコメントや嘲笑に一度も腹を立てたり怒ったことはない。 深刻になったら負けると思ったので、そのようなことがあっても笑って済ませてきた。 でも、今回はそれが崩れた」とし、「大抵のことは笑って済ませることができるが、離婚をどのように愉快にすることができるのか。 私は付き合っていた男性に別れを告げられたのではなく、家族に捨てられたのだ。 だから辛いと悲鳴を上げた。 私とあの人が同じ所属事務所であるにもかかわらず、事務所が一方的に1人(アン・ジェヒョン)の味方についたので、私としては自分の立場を知らせる他の方法がなかった」と明かした。 またク・ヘソンは、自分に好意的ではない世間の声を認知して、「誤解される部分もあり、悔しい部分もあるが、仕方ない。 いつかはすべて明らかになる。 あの人も悔しい部分があると思う」と答えた。 最後にク・ヘソンは、離婚訴訟にどのように対応していくのかという質問に「離婚はしなければならない。 あの人は再び私に会うことはないと思う。 何よりも、あの人が私との私生活を事務所と相談した部分は、受け入れ難い」と断固とした立場を見せた。 ・ ・ 元記事配信日時 : 2019年11月27日13時52分 記者 : クォン・ヘミ.

次の

虹プロジェクト|ユナの性格はプライドが高い?本当は努力家で仲間想いだった!

アンユナ 激太り

ヒルマンニナ 虹プロ の経歴 アメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフのニナさん。 アメリカのワシントン州で生まれ育ち、日本に移住してからまだ2年ほどしか経ってないそう。 来日当初は、まったく日本語が話せなかったそうですが、努力を重ねたおかげで、みごと日本語をマスターしたそうです! ニナさんは2017年に「アミューズマルチリンガルアーティスト発掘オーディション」に合格。 子役として日本で芸能活動を始めていました。 女優としてドラマに出演したり、タレントの仕事を経験しています。 そんな彼女が、アイドルになるために「虹プロ」に応募しました。 歌もダンスも独自で勉強したとのことですが、 歌唱力では総合プロデューサーJYparkさんから高い評価を得ています。 \虹プロジェクトの独占配信はこちら/ \2週間トライアル無料でお試し/ ヒルマンニナ 虹プロ の両親の職業 ニナさんはご両親とお姉さんとともに、日本移住後は名古屋に住んでいます。 なんとご家族も「虹プロ」に出演されました。 お父さんのイケメンぶりもさることながら、お姉さんすごく美人ですよね。 残念ながらニナさんのご家族の情報は今のところあまり出ていないので、 ご両親の職業については不明です。 これからメンバーに選ばれデビューしたら、メディアへの露出も増え色々な情報が出てきそうです。 そうなる将来に、期待ですね。 ヒルマンニナと牧野仁菜は同じ人物? ヒルマンニナさんは、牧野仁菜なのでは?と噂されています。 結論から言うと、同一人物の可能性が高いです。 同一人物と言われる理由に、 ・顔写真が似ている ・生年月日が同じ ・出身地が同じ と言う点です。 まとめ 「Nizi Project ニジプロ 」の練習生の1人として、歌唱力で特に話題のニナさん。 過去に芸能活動をされているのには、驚きました。 「虹プロ」は2020年11月に日本デビューが決まっているので、メンバーに選ばれれば更にメディア露出も増えそうです。 毎週金曜日の22時に新エピソードが追加される「虹プロ」。 最終回に近づき、番組の盛り上がりも佳境になってきました。 たとえニナさんがメンバーに選ばれなくても、これだけの話題性なので何かしら有名になることは間違い無いですよね。 慣れない日本で自分の道を切り開くために努力しているニナさんの、今後に期待しながら応援していきます。 \虹プロジェクトの独占配信はこちら/ \2週間トライアル無料でお試し/.

次の

虹プロジェクト|ユナの性格はプライドが高い?本当は努力家で仲間想いだった!

アンユナ 激太り

1984年に生まれ、2002年にMBCドラマ「 ロマンス」で芸能界デビューを果たしました。 デビュー以降、「善徳女王」「メイクイーン」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」など、日本でも話題の有名韓国ドラマに多数出演し、人々の記憶に残る個性的な演技で活躍しました。 ムンジユンは、中学校3年生の時に演技に興味を持ち、俳優の道を志すようになります。 ムンジユンが育った家庭は裕福とは言えませんでしたが、夢を叶えるために演技を学べる教室に行くことを母親が応援してくれ、2年間演技を学んでデビューを掴み取ちました。 演技のレッスンでは周りはルックスが良い男性ばかりだったようで、その環境がムンジユンに「自分は演技力で勝負しなければ」と決意させ、現在の個性派俳優の地位を築きました。 私生活では、結婚はしていませんが、公にしていた彼女がいたことが分かっています。 お相手は一般人で、ムンジユンの3歳年下とのことですが、会社を経営する実業家であり、ルックスも女優顔負けの美女だと言われています。 この彼女と 結婚を前提とした交際をしており、各メディアでも結婚秒読みと報じられるなど幸せなニュースが伝えられていました。 amazon. また、映画では「まわし蹴り」「マイPSパートナー」「名もなき野良犬の輪舞」に出演しました。 msn. 享年36歳です。 新型コロナウイルスが世界的に蔓延し、各国の医療崩壊が危ぶまれる中、ムンジユンは 喉の痛みを訴えていました。 病院で咽頭炎と診断され入院しましたが、治療の甲斐なく、入院先の病院で 急性敗血症を発症し、集中治療室に運ばれたものの死去したということです。 死因となった急性敗血症は、感染症にかかったことがきっかけで心臓や肺などの臓器が機能不全になる病気で、集中治療室での治療が必要となり、死に至る場合もあります。 ムンジユンも集中治療室で治療を受けましたが、急性敗血症でこの世を去りました。 ムンジユン死去のニュースは、韓国メディアでも大々的に報じられました。 36歳という若さでの俳優の死去に、現在も国民は悲しみに暮れています。 ムンジユンの死去は新型コロナウイルスの感染拡大のさなかだったため、遺族は弔問客の弔花は断りつつ、哀悼を願うコメントを発表しました。 韓国で活躍し、日本でも認知度の高い俳優の死とあって、SNSでも哀悼の意を表するコメントが相次いでいます。 新型コロナウイルスの恐ろしさは周知されているところですが、その渦中でも急性敗血症を始め死に至る病気は誰にでも起こり得ます。 ムンジユンに哀悼の意を示すと共に、それぞれが自身の健康管理を怠らないよう注意することを願うばかりです。 まとめ 韓国の人気個性派俳優・ムンジユンについて、代表作品、死去と死因をまとめました。 ムンジユンが安らかに眠ることができるよう、心よりご冥福をお祈りします。

次の