香典返し カタログギフト。 【楽天市場】(香典返し 送料無料 挨拶状無料)カタログギフト (香典返し専用)(ソムリエ ギフトプレミアム S

香典返しカタログギフトおすすめ人気ランキング10選【評判がいいものを厳選】

香典返し カタログギフト

香典返しにおいては、古来より 肉・魚・酒は失礼にあたると言われております。 これらは仏教の考えで不殺生・不飲酒の戒律があるためです。 香典返しを生業としているサービスの多くがまず第一にカタログギフトをおすすめしてます。 唯一注意すべことは 「香典返し・法要用のカタログギフト」を選択することです。 これらは香典返しに適した商品を厳選しておりますので間違いがありません。 たまに香典返し用のカタログギフトにもに肉や魚やお酒が含まれていることがありますが、相手方が選ぶことには問題はなく、失礼にあたることはありません。 カタログギフトのメリット 今まで一般的には香典返しの定番として「洗剤・お茶・タオル」など後に残らない消えものや消耗品が選ばれておりました。 しかしながら、 最初から決められた商品ですと、それが全員にとって必要な物かどうかわかりません。 香典返しをカタログギフトで贈りますと、 受け取る側にとって必要な物を自分で選んでもらえるので、喜んでいただける確率が大きく上がります。 そこがカタログギフト最大のメリットなのです。 次のメリットとしては、香典返しや法事・法要返しのカタログギフトを提供しているサービスの多くが インターネット通販サイトであることです。 インターネットに特化していることから店舗費や人件費などの中間コストを抑えることが可能となり、それが高品質・低価格といった形で利用者様に還元されるからです。 カタログギフトは割高なの? 香典返しの相場 一般的に香典返しの相場は 「半返し」と呼ばれております。 5000円いただいた場合には2500円相当のお返しをするということです。 親族や友人知人によってお香典の金額も変わってくるため、香典返しの内容も3パターンくらい用意しておくと良いと言われております。 そして、香典返しの相場から金額相応の商品を選ぶ際に 「本来の商品価値」を考えてみましょう。 それにはカタログギフトのデメリットを知る必要があります。 カタログギフトのシステム料や送料 カタログギフトのデメリット カタログギフトのデメリット、それは システム手数料・送料がかかることです。 香典返しを含め多くのカタログギフトでは、 カタログ代+職員が処理し準備し発送する手数料である 「システム料」が上乗せされます。 それに加え送料がかかります。 それらの金額はサイトによって表記はまちまちですが、おおよそ送料が 500円〜700円、システム料が 600円〜1000円くらいが一般的のようです。 例えば、総額5000円で販売されているカタログギフトの場合、 送料500円+システム手数料700円=計1200円を差し引いた残りの 「3800円」が本来の商品価値となるということです。 このことからカタログギフトでは、 「本来の商品価値」を基準とした価格設定をされているコースが多いです。 つまりお香典5000円の半返し相当のコースを選ぶ場合、送料手数料込々でも3000円以上が妥当ということです。 その分、カタログギフトは受け取る側の喜びも大きくなりますので、これを割高と感じるかどうかは各々のお気持ち次第かと思います。 あれは利用者の目を引くためのものが大半で、 商品価値に送料分を上乗せした金額というだけのことです。 自社で配送しているサービスはAmazonくらいしか知りませんし、自社で送料負担して(赤字覚悟で)リピーター確保するのもAmazonのような大手だけの特権です。 全くの同一商品で送料無料ならお得ですが、多種多様なカタログギフトでは 「送料無料は参考にならない」と考えるのが妥当です。 カタログギフトで失敗しやすいポイント 以上のことから、深く考えずにお香典5000円頂いたから半返しで 「込々2500円で送料無料!」のような一見お得に見えるカタログギフト贈ってしまうと、送料手数料(例:500円+700円として)を差し引いた、 たった1300円の商品価値となってしまいます。 ここがカタログギフトで失敗するポイントだと私は思っております。 それでしたら2000円+送料(例:500円として)のみのタオルや洗剤などの単品の方がまだ見栄えが良いでしょう。 以下、それらをわかりやすくするためにシミュレーショングラフを作成してみました。 この場合、 送料500円・システム料700円と一律にして計算しています。 (実際はコースによって多少の差はあります。 しかしカタログで選んでもらった商品を発注するという作業に変わりはないため、それほど大きな差がないのが現状です) <お香典5000円頂いた場合:シミュレーション例> 選んだ商品 購入金額(全て込々) 送料・システム料を差し引いた本来の商品価値 単品のタオル 2500円 2000円(80%) 単品のお茶セット 3000円 2500円(83%) 格安カタログギフト 2500円 1300円(52%) カタログギフトでは、 金額が安くなればなるほどこのような割合が顕著になります。 前述したように、 2500円相当のお返し(頂いたお香典5000円)をカタログギフトで選ぶ場合、 最低でも3000円以上のコースをオススメしたり、この価格帯のコースが多いのはそのためです。 例えば、「込々3500円のカタログギフト」ですと、送料・システム料(例:500円+700円として)が引かれても2300円相当の商品であることが担保されるので安心できます。 しかし、 金額が高くなればなるほどそれらの価値の割合は変わってきます。 <金額・コース別:シミュレーション例> 頂いたお香典の金額 カタログギフト(購入金額) 送料・システム料を差し引いた本来の商品価値 10000円 5000円 3800円(76%) 30000円 15000円 13800円(92%) 50000円 25000円 23800円(95%) 上のグラフのように、頂いたお香典30000円のお返しを 「込々15000円で送料無料!」というカタログギフトにした場合、送料・システム料(例:500円+700円として)を差し引いたとしても 13800円の価値となります。 これなら相手方にも十分に喜んでもらえることでしょう。 <金額別の早見表:シミュレーション例> 最後に、カタログギフトで香典返しをする際の 満足度をシミュレーションしてみました。 満足度の計算方式は、 「お返し相当額」における 「本来の商品価値」の割合としています。 頂いたお香典()内はお返しの額 カタログギフト(購入金額) 本来の商品価値()内は満足指数 5000円(2500円) 2500円 1300円(52%) 5000円(2500円) 3000円 1800円(72%) 5000円(2500円) 3300円 2100円(84%) 5000円(2500円) 3500円 2300円(92%) 5000円(2500円) 4000円 2800円(112%) 10000円(5000円) 5000円 3800円(76%) 10000円(5000円) 5500円 4300円(86%) 10000円(5000円) 6000円 4800円(96%) 30000円(15000円) 12000円 10800円(72%) 30000円(15000円) 13500円 12300円(82%) 30000円(15000円) 15000円 13800円(92%) 結論を言いますと、香典返しをカタログギフトで贈る場合、 金額が低いコースほど失敗する確率が高くなるということです。 ですので、お香典5000円のお返しを選ぶ時だけでも慎重にカタログ選びをしてください。 それが失敗を少なくする一番の方法です。 感覚的な例えで言いますと、多くの人は、 1300円の物を2500円の物あるとは評価はしませんが、 18800円の物と20000円の物だと区別がつかないということです。 とても嫌な言い方に聞こえたかもしれませんが、そのことを理解しないとカタログ選びに失敗してしまうのです。 今回ご紹介したこれらのデータは、私が各サービスを俯瞰的に調査したおおよその計算です。 もちろん中には独自のルートで原価率を抑え、他にはないような格安で提供しているサービスもあるかもしれませんが、香典返しにおけるカタログギフトのメリットデメリットをきちんと理解することは無駄ではないでしょう。 そして このような労力こそが 「感謝の気持ち」となり、相手方の喜びへと変わるからです。 信用できるサービスとは? 費用対効果の高いカタログギフトを 今や香典返しのカタログギフトが定番となり様々なサービスが乱立しておりますが、どのように選べば良いのでしょうか。 口コミや評判を調べることはもちろんですが、費用対効果すなわち コスパを考えることが最重要です。 実際のカタログを見ても善し悪しが判断しづらい 色んなサイトのカタログを実際に比較してみても、正直本当に良い商品なのか 素人目には判断できません。 しかしながら商品の価値基準を付けやすく、おおよそのコスパを判断できることがあります。 それが 「ブランド力」です。 どれだけ素敵な写真で掲載されていた時計があったとしても無名のメーカーでは性能などは判断できません。 しかしシチズンやSEIKOの時計であればまず信頼することができるでしょう。 とても美味しそうな羊羹 < とらやの羊羹 素敵な部屋だけど知らないホテル < ヒルトンホテル すごくオシャレだけど知らないメーカーの食器 < ロイヤルコペンハーゲンの食器 このように ブランド=信頼であり、失敗する可能性が極めて低くなります。 また、原価が同じだったとしても、受け取る側の価値観や感じ方で 金額以上の喜びを与えてくれるのもブランド品の良さだと思っております。 そういった点で、誰もが知ってるような ブランドをより多く扱っているカタログギフトは信用度が高いと言えます。 ブランド側として信用のないサービスには自身の商品を提供しません。 なにより、ブランド品が多ければ、サービスを自分自身で判断する際にも大いに役立ちますし、 ブランドが多いカタログギフトは相対的に見てコスパが良いことがはっきりとわかります。 もはや「伊勢丹」というワードですらブランド力になっています。 しかしながら、あまりにも高額なので一般的ではありません。 逆に料金だけで見ると2000円くらいの格安カタログギフトがAmazonや楽天市場に散見されますが、知らないブランドや信用できないメーカーのものが多い印象です。 そこで 良心価格にもかかわらずブランド掲載数が多いカタログギフトをご紹介いたします。 それがカタログギフトを専門としている 「リンベル」というサービスです。 リンベルのカタログギフト ブランド品が多くて人気! リンベルは口コミや評判は良いのですが、最初はなぜ人気なのかがわかりませんでしたが、じっくり調査していくと誰もが知っているような人気ブランドを多数取り扱っていたのです。 スワロフスキー、SEIKO、ヒルトングループ、ロイヤルコペンハーゲンなど私でも知っている数多くのブランドと提携しています。 後にわかったことなのですが、リンベルはカタログギフト専門のサービスなので、香典返しだけでなく結婚・出産・入学など様々なカタログギフトを提供しております。 それら多岐のジャンルに及んでいる リンベル独自のパイプで人気ブランドの多数掲載を可能とし、リーズナブルな価格で提供出来ている秘密と言えます。 香典返しに特化したカタログギフト リンベルでは、 香典返し専用のカタログギフトをご用意しています。 カタログ内のラインナップは香典返しにピッタリの商品だけを厳選していますので間違いがありません。 落ち着いたデザイン、そして大人の雰囲気があるので香典返しのカタログギフトとしても人気を博しています。 他社にはない3大無料サービス リンベルでは香典返しをされる方にとって大変嬉しい無料特典があります。 それが以下の 3大無料サービスです。 どの特典もお客様の気持ちを最優先に考えた手厚いサポートです。 特に3つ目の 「本物の水引」」は 他社にはない素敵な特典です。 リンベルの贈り物に対する真摯な思いを感じさせてくれます。 リンベル限定の本物の「水引」 昨今では「のし紙に印刷で書かれた水引が主流ですが、リンベルの香典返し用カタログギフトでは実際に縫い上げた本物の水引でご提供しております。 プロのデザイナーが水引という文化を継承し、より美しいデザインでお届けしております。 リンベルの香典返し人気NO1コース リンベルの香典返し・法要引出物用として ランキングNO1の人気コースが「胡蝶コース」です。 お香典5000円のお返しで利用されることが多く、価格税抜2800円とリーズナブルな上に充実の内容です。 送料は本州で税抜400円ですので、 税込の総額で3500円ほどなので最高のコスパです。 リンベルの香典返しカタログギフトを注文する際、 Amazonアカウントと連携しているため、面倒な入力が少ないのも魅力の一つです。 「胡蝶コース」以外にも素敵なコースが多いので、ぜひ他のコースもチェックしてみてください。

次の

カタログギフトはおしゃれでハイセンスなCONCENT コンセント

香典返し カタログギフト

お支払いについて お支払い方法は、クレジットカード、コンビニ決済、銀行振込、代金引換がご利用いただけます。 詳しくは「I-CHIE」ご利用ガイドをご確認ください。 営業時間帯について ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 月〜金 9:00〜19:00 土・日・祝日 9:00〜18:00 配送について ・配送は佐川急便でお届けいたします。 ・ご注文確認後(前払いの場合はご入金確認後)3〜7営業日以内の発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 指定できる時間帯は [午前中] [12:00〜14:00][14:00〜16:00][16:00〜18:00][18:00〜21:00] です。 プライバシーについて お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

香典返しのマナー(時期・相場・掛け紙・挨拶状・品物)

香典返し カタログギフト

香典返しを行う、時期や金額の目安、掛け紙、挨拶状の書き方や品物、その他マナーとポイントを紹介しています。 香典返しの意味 香典返しは、お通夜やご葬儀で故人に お供えいただいた金品(香典)へのお返しです。 お悔やみいただいた方々へ、弔事が滞りなく終えたことと、御礼の気持ちを伝えるために贈るものですので、気持ちが伝わるお品選びが大切です。 香典返しを贈るまでの流れ 家族や身近な方が亡くなると、葬儀から始まりその後の法要まで多くのことを行うことになります。 また社会的、法律的な手続きも様々なものがあります。 地域や宗派、故人や遺族の考えによって異なりますが、ここでは仏式の場合の一般的な流れについてご紹介します。 家族や身近な方が亡くなった時 亡くなったことを親族や近親者に連絡し、次のことを進めます。 夫婦の場合は配偶者、その次に長男の順で決めることが多いです。 菩提寺がない、わからないといった場合は葬儀社へ相談するとよいでしょう。 また、葬儀社とは通夜、葬儀・告別式の具体的な内容を打合せします。 法要のタイミング 通夜・告別式 通夜は亡くなった当日か翌日の夜に遺族や親族等、近親者で行われます。 その後、告別式(お葬式・葬儀)を行います。 忌明け法要までは命日を含め7日目毎の法要があります。 7日目 初七日 (しょなのか) 14日目 二七日 (ふたなのか) 21日目 三七日 (みなのか) 28日目 四七日 (よなのか) 35日目 五七日 (いつなのか・ごしちにち) 49日目 七七日 (なななぬかき・しちしちにちき) 49日目(七七日)が忌明け(きあけ)とされ、別名「満中陰(まんちゅういん)」「大練忌(だいれんき)」と呼ばれ、無事葬儀が終わったことの連絡といただいた香典のお礼を兼ねて 香典返しを贈ります。 その後は、100日目に百ヶ日(ひゃっかにち)法要、年忌法要として、満一年たった日に「一周忌」、 二年目に「三回忌」、以後は数え年で六年目に、「七回忌」、「十三回忌」・・・と続きます。 香典返しを贈る「時期」 香典返しは、弔事が滞りなく終えた報告の意味合いも持ちますので、本来の意味合いからは、「忌が明けた」後に贈ることになります。 宗教・宗派により時期は異なりますが、おおよそ 亡くなられた日から30日~50日後に「忌明け」となります。 即日返しの場合 地域によっては、忌明けを待たずに、お葬式の当日や、お斎(おとき)の席で香典返しをする場合もあります。 そのような場合には、下記のいずれかで行われていることが多いようです。 1、当日は一律の香典返しをお返しし、高額の香典をいただいた方へは後日改めてそれにふさわしい品物を贈る。 2、香典の金額に応じて複数段階の香典返しを用意しておきその場でお渡しする。 【ポイント】 葬儀当日に香典返しを行う場合に、高額の香典をいただいた場合は、 香典の半額から葬儀当日にお渡しした品物の額を差し引いた程度の予算でお返しをお渡しするケースが多くみられます。 いただいた金額に応じて、複数種類の香典返しを用意する必要があります。 カタログギフトは、価格帯がきめ細かく設定されていますので、必要な 金額に合わせた香典返しを贈るのに最適です。 香典返しの「掛け紙」について 「掛け紙」と「のし紙」の違い 弔事の贈り物には 熨斗(のし)がない「掛け紙」を掛けます。 熨斗(のし)とは、あわびを薄く延ばした「熨斗鮑(のしあわび)」のことで、慶事の際贈り物に添える縁起物です。 そのため、弔事には使われません。 本来は品物に紙を掛け、その上に水引を結び、慶事の時はのしを添えますが、現在は簡略化され、すべて印刷された紙を使うのが一般的です。 のしも印刷された紙を「のし紙」、水引だけが印刷された紙を「掛け紙」といいます。 掛け紙(のし紙)の選び方 香典返しは弔事なので、 のしがない「掛け紙」を選びます。 仏式の葬儀では「蓮の花」が描かれた掛け紙が一般的ですが、他宗教では蓮の花がない掛け紙が適切です。 水引は、 黒白結び切りが一般的です。 関西〜西日本や北陸地方など一部地域では 黄白結び切りの水引が使われることもあります。 結び切りとは、いわゆる「本結び」のことです。 一度結ぶと端を引っ張ってもほどけない様子から「二度と繰り返さない」という意味があり、弔事以外にも繰り返すと良くない婚礼やお見舞いなどにも使われます。 また、結び切りと同じようにほどけにくい「あわじ結び」が使われることもあります。 この結び方は端を引っ張るとさらに強く結ばれる事から「末永く付き合う」という意味もあり、慶事、弔事のどちらでも使えます。 【ポイント】 「志」は宗教を問わない表書きです。 詳細につきましては、葬儀社様や寺院様などにご確認頂くことをおすすめ致します。 掛け紙(のし紙)の選び方 表書き(水引の上)には贈り物の目的を書き、水引の下には贈り主の名前を書きます。 水引に文字が重ならないよう気をつけましょう。 香典返しの場合、表書きには 「志」と書くのが一般的です。 関西〜西日本では 「満中陰志」と書く地域もあります。 最近は喪主のフルネームを書く場合もあるようです。 【ポイント】墨の濃さ 表書きや名前を書く時、文字は毛筆などを使い、薄墨で書きましょう。 詳細につきましては、葬儀社様や寺院様などにご確認頂くことをおすすめ致します。 宗教別の水引・表書き 宗教別ごとの一般的な水引の色や表書きの書き方をご紹介します。 内掛け・・・品物の上に直接紙をかけ、その上から包装紙で包む 外掛け・・・包装紙の上から紙をかける お祝い事ではない香典返しには控えめに感じる 内掛けがより適しています。 また、最近は当サイトのようなギフト専門店などを通じての配送が多く利用されています。 その場合、配送中に紙が破れたり汚れたりするのを避けるため、内掛けが選ばれることが多いようです。 しかし、相手に直接会って手でお渡しをする場合は、外掛けを用いるのが主流です。 そのため一般的には、 直接持参する場合は「外掛け」、配送する場合は「内掛け」というように使い分けることが多いようです。 香典返しの「挨拶状の書き方」 挨拶状を送るタイミング 挨拶状は 忌が明けた後に香典返しに添えて送ります。 仏式では故人が亡くなられてから49日後の 四十九日法要で忌明けとなるので、そのあとに香典返しを送ります。 神式では 五十日祭、キリスト教式では 昇天記念日が忌明けに当たりその後、香典返しを送るのが一般的です。 お通夜や葬儀の当日にお返し物をお渡しする当日返し(即日返し)の場合も返礼品に挨拶状を添えましょう。 「奉書・挨拶状」無料サービス カタログギフトのハーモニックでは、奉書・挨拶状の 無料サービスなど多数のサービスをご用意しております。 仏式の挨拶状の書き方 例文を使って挨拶状の内容を紹介します。 頭語と結語も必ず必要なものではありません。 両方入れるか、両方入れないようにしましょう。 これには3つの説があります。 香典返しの品物について 香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。 きちんと気持ちを伝えるためにも 失礼のないものを選びたい方に香典返しの「品物」として定番となっているものや避けたほうがよいものをご紹介します。 香典返しでよく使われているもの 香典返しには 不祝儀を残さないという考え方があるため、あとに残らないものが好まれます。 そのため、お茶やコーヒー、紅茶、海苔、砂糖といった食べたらなくなる 食べ物や 飲み物がよく使われています。 相手の方がいつ召しあがるかは分からないので、日持ちのするものを選ぶとよいでしょう。 また、使えばなくなる 石けんや洗剤、タオル、シーツ、毛布などの日用品も定番とされています。 ただ、基本的に日用品はすでに持っているものなので、もらっても余ってしまうというご家庭も多いようです。 素材にこだわった物を選ぶなど、同じものをもらっても嬉しいと思ってもらえるような工夫があるとよいですね。 他にもよく使われるものとして陶磁器や漆器があります。 陶磁器は「故人が亡くなって土に帰る」という意味から、漆器は「不幸を塗りつぶす」という意味から香典返しに用いられています。 香典返しで避けたほうがよいもの たとえ「あとに残らないもの」でも中にはタブーとされている品物もあります。 一般的に肉や魚の類は「四つ足生臭もの」と呼ばれ昔から避けられています。 お酒などの嗜好品や、慶事に使われるかつお節や昆布も香典返しにはふさわしくないとされています。 また、商品券などの金券は金額が分かってしまうのであまり好まれていません。 タブーではありませんが、なるべく避けたほうがよいでしょう。 カタログギフトが人気の理由 香典返しで人気があるもののひとつがカタログギフトです。 カタログギフトは金券の 好きな物を選んでいただけるというメリットはそのままで 金額が分かってしまうというデメリットを解消できます。 また、肉や魚、酒などのタブーとされている品物もカタログギフトの中から選んでいただけるのであれば問題はないというのが一般的です。 【ポイント】 品物選びに迷ったら贈り先様に選んでいただけるカタログギフトがおすすめです。 香典返しにおすすめのカタログギフト 香典返し、法要・法事の引き出物には、和の心をイメージした高級感ある落ち着いたデザインの表紙が人気の「和」が喜ばれています。 和風カタログギフト「和(なごみ)」 全16コース 2,800円〜50,800円(税抜) 幅広い年齢層の方に喜んでもらえるグルメ専門カタログギフト「ア・ラ・グルメ」が人気です。 グルメ専用カタログギフト「ア・ラ・グルメ」 全11コース 4,000円〜51,000円(税抜) 香典返しを辞退された場合 遺族への気遣いから辞退された方 遺族に余計な気遣いをさせたくない、葬儀に掛かる費用や遺族の生活に役立ててほしいなどの理由から香典返しを辞退される場合があります。 このような場合、相手のご厚意を無駄にしてしまうことになるので お返しは控え丁寧にお礼状をしたため、感謝の気持ちを伝えましょう。 ただ、高額の香典を頂いた方へは何かしらお礼の品を贈ることが多いようです。 香典返しとしてではなく、お中元やお歳暮など、 別の機会に贈り物をして感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。 職場の関係で香典返しを受け取れない方への対応 公的な職に就いている方の中には、法的に受け取れなかったり、職場で香典返しの受け取りが禁止されていたりと、そもそも受け取ることができない方もいらっしゃいます。 この場合、香典返しを贈るのは 相手の迷惑になるので控えた方が良いです。 間違って贈ることのないよう十分に注意しましょう。 葬儀を手伝ってくれた方へのお礼 世話役など、葬儀を手伝ってくれた方へのお礼は葬儀後一両日中に 葬儀には、受付係、案内係、台所係など、多くの人手が必要になります。 遺族に代わって葬儀の進行を取り仕切り、事務や雑事を担当してくれるのが世話役です。 数人の世話役をまとめるのが、世話役代表や葬儀委員長です。 葬儀で特にお世話になった、世話役代表や世話役の人たちには、 葬儀の翌日か翌々日にご挨拶に伺い、お礼の言葉を述べ、心付けや品物を贈るのがしきたりです。 その他、弔辞をいただいた方、自宅で葬儀をした場合は大勢の弔問客や車両の出入りで迷惑をかけるので、隣近所にも必ず品物を持って伺うようにします。 事情があって翌々日までに伺えない場合は、初七日までに必ず回ります。 前もって電話などで訪問することを伝え、先方の都合の良い日時を聞いておくのもマナー。 訪問する場合の正式な服装は喪服ですが、最近ではあまりこだわらなくなっていますので、男性はダークカラーのスーツや地味な色のネクタイ、女性は落ち着きのあるスーツかワンピースでもかまわないでしょう。 近所の人には、菓子折やタオルなど実用的なものを贈ります 葬儀を手伝ってくれた方へのお礼には、最近は金品を持参することが多くなっています。 心付けは、白無地の封筒に「志」と表書きし、家名も入れます。 世話役やお手伝いの方には、世話役代表を通じて、それぞれに渡してもらってもかまいません。 お礼の金額の相場は、世話役代表が1万円〜3万円、世話役が5,000円〜1万円、お手伝いの方は2,000円〜1万円程度ですが、地域の慣習により異なる場合もありますので、地域の事情に詳しい方や葬儀社の方に相談しましょう。 中には、世話役代表に現金でのお礼はマナー違反という地域もあります。 その場合は、品物を持参してお礼を述べます。 日頃から親しくしている人が手伝ってくれた場合は、白無地の封筒に「寸志」と表書きして渡します。 目上の方の場合は、表書きを「御礼」とします。 心付けの金額は、地域によって相場が異なりますので、分からない場合は葬儀社の人に相談してみるといいでしょう。 お礼に品物を贈る場合は、菓子折やタオルなどの実用的なものがいいでしょう。 品物の掛け紙の表書きは「志」です。 勤務先の人が手伝ってくれた場合は、みんなで食べられる菓子折にして、「御礼」と表書きするとよいでしょう。 弔辞を読んでくれた方にも、菓子折などを「御礼」の表書きで贈ります。 品物に迷うなら、カタログギフトがおすすめです。 世話役代表、世話役、お手伝いの方、それぞれの相場に合わせたカタログギフトがあります。 詳細につきましては、葬儀社様や寺院様などにご確認頂くことをおすすめ致します。 香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。 法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では香典返しを贈る時期や金額の目安について解説します。 故人に関する弔事がとどこおりなく終了したら、その報告と会葬などでお世話になったお礼に、挨拶状を添えて香典返しを贈るのが一般的です。 この記事では、香典返しの「挨拶状の書き方」をご紹介します。 香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。 きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。 この記事では、香典返しの「品物」として定番となっているものや避けたほうがよいものをご紹介します。 香典返しを送る際の掛け紙 のし紙 や、水引、表書きなどのマナーをご紹介。 掛け紙をのし紙の違いや、選び方、宗教別の水引の紹介なども掲載しています。 香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。 法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では香典返しを贈る時期について解説します。 「香典返し」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗 のし のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「香典返し」も紹介します。

次の