ディスコ 音 途切れる。 再生中に映像と音が途切れます。/ダイワインターネットTV

「Discord」中にゲーム音が聞こえない場合の対処法は?

ディスコ 音 途切れる

PS NOW一か月無料コードをもらったので PCに PS4のコントローラーをつなげてやってみることに。 まずはバイオハザードやってみようか、スタート。 おお、ちゃんと画面が出た。 コントローラーでもちゃんと操作できる。 ん・・・ んん・・・? おっかしいなあ・・・? オープニングだけど 全然、音が出ない・・? そういう演出・・? ではないよな、人物がしゃべって字幕が出てるし。 音が出ない・・? うちのPCモニターはスピーカー内蔵していないので別にセットしています。 そのスピーカーはちゃんと電源入ってるし、ゲーム始まる前に動画見た時はちゃんと音が出ました。 て、ことは原因は・・? コントローラー? あ!説明を見ると DUALSHOCK 4 ビルトインスピーカー 本体中央には、スピーカーを搭載しています。 ヘッドセット端子 本体中央にはヘッドセット端子を備え、PS4付属のヘッドセットをはじめ、お手持ちのヘッドフォン/ヘッドセットを使用できます。 コントローラーにスピーカーついてたのかよ。 よく見るとイヤホン差し込む穴もあるわ。 こんな機能あるからやけに値段高いのか。 て、ことはこの穴に差し込むと・・・ あ、音が聞こえます。 ・・・いや、でも、ずっとイヤホンつけたままゲームするのも耳に悪そうだし PCモニターのスピーカーを使いたいんだよ。 て、ことで「音が出ない」場合の対応。 どうやら コントローラーを最初にPCにつなげたときに 自動的にこのコントローラーのスピーカーを「既定のデバイス」に設定したようなのです。 全くもう、余計なことを。 なので コントロールパネル サウンド 再生 に進んで 「既定のデバイス」を変更します。 画像上の方が、元からついていたモニター用のスピーカー 下がワイヤレスコントローラーとなっています。 元からあるやつを「既定のデバイス」設定しなおしました。 あらためて ゲームスタート! おお、今度はちゃんとモニターのスピーカーから音が出ました。 これでようやくゲーム開始です!.

次の

【Discord】相手の声が聞こえない/自分の声が相手に聞こえない時の対処法

ディスコ 音 途切れる

『Skype』や『ハングアウト』で家族と話す時、在宅勤務中に同僚とビデオチャットをする時、オンラインゲームで仲間に話しかける時、音声はできるだけクリアにしたいですよね。 インターネット電話やビデオ通話において重要なのは、音が大きくてクリアなこと。 途切れたり雑音が入っていては、相手をイライラさせてしまいます。 それだけでなく、友達や同僚と話す貴重な時間が失われてしまうことも。 が、音質に関しては、以下を試してみてください。 環境を整える まずは、お金をかけずにできること、つまり環境から手を着けましょう。 通話相手から音質の問題を指摘されたら、その原因は環境にあるかもしれません。 広いオープンスペースでしゃべっていて、音がこだますると言われたなら、狭い空間を探した方がいいかもしれません。 でも、換気扇の下は、どんなにマイクを自分に近づけても雑音が入るので、避けてください。 これらの要素に関しては、ある程度コントロールできると音質が変わります。 たとえば、音が反響してしまうようなら、壁に毛布のような密度の高い素材をぶら下げて反響を減らす方法があります。 できることなら、録音や通話をする際は、カーペットの部屋かノイズの少ない部屋に移動しましょう。 それが難しければ、換気扇を止めたり、マイクを自分に近づけたりします。 ヘッドフォンを着ければ、スピーカーからの音声がマイクに拾われることはありません。 ウォールアートを使った防音装置をDIYするのもオススメです。 オーディオドライバーをアップデートする OSによりますが、まずやるべきはドライバーのアップデートです。 小さなことのようでいて、見過ごすことはできません。 特に、何年も同じUSBマイクを使っていて、Skypeやハングアウトなどのボイスチャットアプリを最新バージョンにしてから音質の問題が発生した場合、ドライバーの更新で驚くほどの効果が得られるかもしれません。 マイクのドライバーが原因でなかったら、マザーボードやサウンドカードのオーディオドライバーをチェックしてみてください。 サウンドカードを使わずにマザーボード内臓のオーディオチップを使っている人が多いので、一度もドライバーを更新していない可能性があります。 組み込みのドライバーは通常それなりのものが入っていますが、音質の問題に直面したら、アップデートを探してみてください。 たいてい、マザーボードメーカーのサイトを開き、モデル番号で検索をかければ見つかるはずです。 騙されたと思ってやってみてください。 きっと、違いに驚くはずですよ(私がそうでした)。 オーディオ設定をいじる 使っているアプリケーションのオーディオ設定に慣れておきましょう。 ゲーム専用のボイスチャットアプリにせよ、Skypeやハングアウトにせよ、オプションメニューの中で、マイク設定や音声出力設定ができるはずです。 Skypeでも、たったのクリック1回で驚くほど音質が変わることがあります。 こちらの画像はMacの環境設定ですが、Windowsでもマイクの音量を変えたり、サンプルレートを変えたり、マイクと競合するオーディオデバイスを無効にしたりできます。 また、「」などの音声録音アプリを使えば、自分の音声を録音・再生し、自分の声(と環境音)が相手にどう聞こえているかがわかります。 マイクまたはヘッドセットを買い替える 音声が悪いと、マイクを買い替える人が多いようです。 コンピュータ内臓のマイクを使っている場合、それもうなずけます。 内臓マイクが悪い理由はどこにもありませんが、容疑者として疑われやすいのです。 値段が高いから高音質というわけではありませんが、いいマイクを見つければ、自分ではどうすることもできない環境要因を相殺することができます。 たとえば、良質な単一指向性を示すコンデンサーマイクを正しい位置に置き、なるべく口に近づけてしゃべることで、エコー音を軽減できます。 すぐそばに着陸する飛行機の音や外を走る貨物トラックの音を完全に打ち消すことはできなくても、最小限に抑えることができます。 新しいマイクを入手したときや複数の音声入力がコンピュータに接続されている場合、どれがアクティブなのかを通話前に確認してください。 美しいコンデンサーマイクをデフォルトに設定していたつもりでも、何らかの拍子に低品質の内臓マイクがデフォルトに変わっているかもしれません。 できれば有線接続を IP電話やマルチプレイヤーゲームは、できるだけ有線接続で行なった方がいいでしょう。 Wi-Fiオンリーでは、他のデバイスとの競合が起こることがあります。 できるだけ有線接続への切り替えを検討してください。 最近では、イーサネットポートのないラップトップもあります。 その場合、できるだけアクセスポイントに近づき、コンピュータ内でリソースを食うアプリケーションを閉じ、シングルタスクを心掛けましょう。 一般的には、Wi-Fiが悪さをすることはありません。 通信速度の向上とルーターの改善により、有線と無線の違いは、いずれなくなるでしょう。 それでも、音質を重視するのであれば、今は有線にしておいた方が無難です。 このように、インターネットにおける音質向上の方法はそんなに多くありません。 うまくいけば、お金を使うことなく改善できることもあるでしょう。 そうでなければ、上記の方法を試してみてください。 ストレスのない通話ができることを祈っています。 Alan Henry(/訳:堀込泰三) Title image created using. Additional photos by , , , , and.

次の

ネット経由の音声通話の音質を良くする5つのアイデア

ディスコ 音 途切れる

Windowsのサウンドの設定 まずはWindowsのサウンドの設定をしていきます。 デスクトップの右下にあるスピーカーのアイコンを右クリック > サウンド を選択します。 ここからサウンドの設定をしていきましょう。 通信 タブ > Windowsが通信アクティビティを検出したとき を 何もしない に設定します。 勝手に声が小さくなる問題を解決できます。 スピーカーの設定 スピーカーの設定をしていきます。 まずは再生タブを開き、スピーカーが有効になっているかどうかを確認します。 Youtubeなどで適当に音を流し、右のゲージがちゃんと動いていればOKです。 確認したら、右下の プロパティを開きます。 拡張 タブ > すべてのサウンド効果をオフにする にチェックを入れます。 詳細 タブ > アプリケーションによりこのデバイスを排他的に制御できるようにする のチェックを 外します。 これでスピーカーの設定はおわりです。 マイクの設定 マイクの設定をしていきます。 録音タブを開き、マイクが有効になっているかどうかを確認します。 マイクに向かって発声し、右のゲージがちゃんと動いていればOKです。 確認したら、右下の プロパティを開きます。 聴く タブ > このデバイスを聴く のチェックを 外します。 これがオンになっていると自分の声が聞こえてしまいます。 レベル タブ > 音量を調節します。 自分では分かりづらいので、誰かに聞いてもらいながら調整したほうがいいですね。 マイクブーストは音割れの原因になります。 拡張 タブ > すべてのサウンド効果をオフにする にチェックを入れます。 詳細 タブ > アプリケーションによりこのデバイスを排他的に制御できるようにする のチェックを 外します。 これでマイクの設定はおわりです。 Discordの設定 次にDiscordの設定をしていきましょう。 左下の歯車マークをクリックして設定画面を開きます。 音声・ビデオ 入出力デバイス・音量 ここは誰かと通話しながら調節していきましょう。 マイクテストもできるので、きちんと声が入っているか確認します。 入力感度 私は自動調整にしていますが、手動で調整する場合の説明をしていきます。 白いスライダーはしきい値で、このスライダーを越えると声が聞こえますよ~という意味です。 色が暗くなっている部分は今マイクに入っている音を表しています。 声を発して、色の暗い部分がこのスライダーよりも右に出てるなら大丈夫です。 入力感度が大きすぎると声がプツプツ途切れてしまうので気をつけましょう。 声を発していなくても色が暗くなっている部分が常に動いていると思いますが、これがいわゆるノイズです。 しきい値を下げすぎるとノイズも入ってしまうので、ノイズが入らない程度にスライダーを調節しましょう。 実際に試してみてください。 オーバーレイ オーバーレイでは一部の環境で問題を引き起こすことがあります。 音声がおかしかったりDiscordが固まったりする場合はオフにしておきましょう。 テーマ ハードウェアアクセラレーション CPUだけでなく、GPUにも処理を手伝ってもらう機能です。 GPUを搭載してないPCや、GPUの性能が低い場合はDiscordが重くなったり固まったりするケースもあるので、各自設定してください。 サーバーの変更 たまに日本(Japan)サーバーが重い場合があるので、 個人通話の場合は右上のサーバー選択から香港(HongKong)サーバーに変更してみましょう。 また、稀にDiscordのサーバーが死んでいるケースもあります。 通話中に突然切断されたときは鯖落ちかもしれません。 その際は、やなどで確認してみてください。 音量調節 相手の声が聞こえづらい・声が小さいときは、 相手のアイコンを右クリックすると音量を調節することができます。 ヘッドホン・マイクの設定 声が聞こえなかったり小さかったりする場合は、そもそもヘッドホンやヘッドセット、マイクに問題がある可能性があります。 ヘッドホン・マイクはミュートになっていないか• ヘッドホン・マイクの音量調節はきちんとできているか• 端子はパソコンにきちんと刺さっているか このあたりを確認してみてください。 声が反響する(ハウリング) Discordから届く相手の音声はどこで聞いていますか? もしスピーカーから聞いているのであれば、それをマイクが拾って返してしまっていることが考えられます。 音声はイヤホンやヘッドホンで聞くようにしましょう。 ヘッドホンで聞いているのに反響している場合は、 ヘッドホンの内部で反響してしまっている可能性があります。 こうなるとヘッドホンを買い替えるしかありません。 その他の設定 DiscordやWindowsの設定以外にも、やっておくべき対処法は色々あります。 グラフィックドライバのアップデート NVIDIA GeForce Experienceからグラフィックス・ドライバーのアップデートをしておきましょう。 以前、ゲームをしている時に音声が頻繁に途切れたりDiscord自体がフリーズしたりすることがあったのですが、アップデートをしたら治りました。 ルーターのドライバのアップデート 回線の問題で音声がおかしくなっている可能性もあります。 ルーターのドライバは最新バージョンに更新しておきましょう。 回線環境の見直し Discordが勝手に切れたりする場合は、そもそも回線が悪すぎることも考えられます。 通信速度やパケットロスなどを計測してみて、ダメそうなら回線を変える必要がありますね。 まとめ 以上、Discordで声が聞こえない、途切れる、反響するときにやるべき対処法まとめでした。 ここに書いたことでは解決できないような問題は他にもあると思うので、また新たな解決策が見つかり次第追記していきたいと思います。

次の