フランス 代表 背 番号。 フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号

フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号(フットボールチャンネル)

フランス 代表 背 番号

フランス代表、背番号10の系譜。 ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号 フランス代表の「背番号10」のイメージには、華麗さや優雅さがある。 1998年のフランスワールドカップで「ブラック・ブラン・ブール(黒・白・アラブ)」と多様性に富んだチームが頂点に経ってから20年、再び豊かな個性を共存させたチームがワールドカップを制した。 その間にフランス代表が参戦した直近のワールドカップ5大会で、誇り高き背番号10をどのような選手たちが受け継いできたのか振り返っていく。 2020年05月27日 Wed 7時15分配信 シリーズ: text by photo Getty Images Tags: , , , , , , , , , , , 【写真:Getty Images】 背番号10:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 生年月日:1972年6月23日(当時29歳) 個人成績:1試合出場/0得点0アシスト 監督:ロジェ・ルメール 戦績:グループリーグ敗退 1998年フランスワールドカップとEURO2000を制し、ワールドカップ連覇も期待されていた。 しかし、ジダンは本大会直前に行われた韓国代表との国際親善試合で左太ももの肉離れを負ってしまい、暗雲が立ち込める。 そして悪い予想は的中する。 ジダンは日韓ワールドカップの開幕に間に合わず、グループリーグ第2戦まで欠場を強いられる。 第3戦のデンマーク戦には強行出場したものの、本調子には程遠く、チームも敗れてしまう。 ジダン抜きのフランス代表の攻撃陣は空回りし、前回王者ながらグループリーグ未勝利で敗退という屈辱的な結果に終わってしまった。 初戦から第3戦まで1つのゴールも奪えなかった要因は、もちろん背番号10の不在にあるだろう。 だが、他のアタッカー陣の不甲斐なさも浮き彫りになった大会とも言える。

次の

フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号

フランス 代表 背 番号

日韓ワールドカップ(2002) フランス代表の「背番号10」のイメージには、華麗さや優雅さがある。 1998年のフランスワールドカップで「ブラック・ブラン・ブール(黒・白・アラブ)」と多様性に富んだチームが頂点に経ってから20年、再び豊かな個性を共存させたチームがワールドカップを制した。 その間にフランス代表が参戦した直近のワールドカップ5大会で、誇り高き背番号10をどのような選手たちが受け継いできたのか振り返っていく。 ———- 背番号10:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 生年月日:1972年6月23日(当時29歳) 個人成績:1試合出場/0得点0アシスト 監督:ロジェ・ルメール 戦績:グループリーグ敗退 1998年フランスワールドカップとEURO2000を制し、ワールドカップ連覇も期待されていた。 しかし、ジダンは本大会直前に行われた韓国代表との国際親善試合で左太ももの肉離れを負ってしまい、暗雲が立ち込める。 そして悪い予想は的中する。 ジダンは日韓ワールドカップの開幕に間に合わず、グループリーグ第2戦まで欠場を強いられる。 第3戦のデンマーク戦には強行出場したものの、本調子には程遠く、チームも敗れてしまう。 ジダン抜きのフランス代表の攻撃陣は空回りし、前回王者ながらグループリーグ未勝利で敗退という屈辱的な結果に終わってしまった。 初戦から第3戦まで1つのゴールも奪えなかった要因は、もちろん背番号10の不在にあるだろう。 だが、他のアタッカー陣の不甲斐なさも浮き彫りになった大会とも言える。 見事にチームを復活させてドイツでの本大会出場に導いた。 自身3度目のワールドカップは序盤こそ低調だったものの、徐々に調子を上げて決勝トーナメントに入ると決定的なゴールやアシストを連発する。 ラウンド16のスペイン代表戦で1得点1アシスト、準々決勝のブラジル代表戦ではティエリ・アンリの決勝点をアシストし、準決勝のポルトガル代表戦では自ら決勝点を奪った。 そして「現役最後の試合」と決めて臨んだ決勝のイタリア代表戦で、あの有名な事件が起こる。 開始7分で結果的に現役ラストゴールとなるPKを決めていたジダンは、1-1で迎えた延長後半に我を失った。 相手DFマルコ・マテラッツィの挑発に激怒して、頭突きを見舞ったのである。 もちろん一発レッドカードで退場となり、ジダンの現役生活はまさかの形で終わりを迎えた。 そしてフランス代表はPK戦の末に敗れ、イタリア代表に世界の頂点の座を譲ることとなった。 それでもドイツワールドカップの大会最優秀選手賞を受賞し、最後まで世界最高のファンタジスタであり続けた。 そしてジダンが着用していた背番号10を受け継いで迎えた自身2度目のワールドカップが、2010年の南アフリカ大会だった。 2009年1月にアキレス腱断裂の大怪我を負ったものの、シーズン終了後の同年6月にはフランス代表に復帰するまでになっていた。 だが、リヨンのリーグ7連覇に中心選手として大きく貢献したウィンガーのキャリアはこの怪我の前後で対照的な曲線を描いている。 南アフリカの地でゴヴはグループリーグ3試合に出場したものの、ゴールやアシストはなく、フランス代表も1分2敗という予想外の大不振で決勝トーナメント進出を逃してしまう。 そして大会後、ゴヴは11年間在籍したリヨンを契約満了で退団すると、ギリシャの強豪パナシナイコスへと新天地を求めた。 ところが度重なる規律違反も影響し、ギリシャでの挑戦は1年のみに。 2011年夏からは母国フランスに戻ってエヴィアンと契約するも、かつてのような輝きを取り戻すことはできず2年間で退団。 その後、古巣リヨンとアマチュア契約を結んで半年間セカンドチームでプレーし、2014年1月にフランス代表時代のチームメイトでもあるリュドビク・ジュリが所属する同国4部のモン・ドール・アゼルグへと移籍した。 その後、2015年夏にはアメリカへ渡って短期間プレーしたのち、フランスに戻って6部リーグのアマチュアクラブに在籍。 38歳になる直前の2017年夏まで現役を続けていたが、先述の通り南アフリカワールドカップ後からゴヴのキャリアは急速に下降線を描いていった。 一方でフランス代表になると相変わらずなかなか結果を残せていなかった。 だが、プレーオフを経て本大会出場権を獲得する苦しい欧州予選の末に迎えた自身初のワールドカップで、ベンゼマはグループリーグ初戦のホンジュラス代表戦から2得点を奪う活躍を披露する。 続く第2戦のスイス代表戦では1得点2アシストの大暴れで5-2の大勝に貢献した。 無事に決勝トーナメントに進出し、2大会ぶりの準々決勝へとたどり着いたが、ここでのちのチャンピオン・ドイツ代表に敗れることになる。 ベンゼマにとって初のワールドカップ(そしておそらく最後でもある)は、決勝トーナメントでゴールを奪うことなく終わった。 その後、彼はフランス代表でチームメイトだったマテュー・ヴァルビュエナを恐喝した容疑で逮捕され、ディディエ・デシャン監督率いるチームからも追放されている。 待望論は常に渦巻くものの、現在に至るまで代表復帰は実現していない。 フランスサッカー連盟のノエル・ル・グラエ会長もベンゼマを今後も同国代表に復帰させることはないという意思を明確にしており、2度目のワールドカップ出場は叶いそうもない。 瞬く間にレ・ブルーで主力の座へと上り詰めた若き至宝は、ロシアワールドカップのグループリーグ第2戦・ペルー代表戦でワールドカップ初得点を挙げる。 この時、まだ19歳183日だった。 その後もセンセーショナルな活躍ぶりでムバッペは世界的ビッグタレントとしての評価を確立していく。 ラウンド16のアルゼンチン代表戦では2得点1アシスト。 そして決勝のクロアチア代表戦でも勝利を決定づけるチームの4点目を奪い、フランス代表に1998年以来の世界タイトルをもたらした。 10代の選手がワールドカップ決勝でピッチに立ったのは、ムバッペが史上3人目。 過去には1958年スウェーデン大会のブラジル代表FWペレと、1982年スペイン大会におけるイタリア代表DFジュゼッペ・ベルゴミの2人しかいなかった。 初のワールドカップで4得点と目覚ましい結果を残したムバッペは、大会のベストヤングプレーヤー賞を受賞した。 そして、2018年にはフランスの年間最優秀選手にも選ばれている。 ロシアワールドカップはサッカー界の向こう10年を引っ張っていくであろう超逸材の飛躍が加速した大会と言えそうだ。

次の

フランス代表の最新メンバー発表、気になるフォーメーションや背番号、注目選手を紹介します。

フランス 代表 背 番号

ユニフォームの色が青で、エンブレムには鶏がいます。 また、フランスの有名スポーツメーカーにル・コックスポーツがあり、やはり鶏のロゴです。 現在、欧州では新しく始まったUEFAネーションズリーグが開催されており、最新のフランス代表はこの大会に出場するメンバーを選出しています。 アレオラ(PSG)• コスティル(ボルドー)• ルコント(モンペリエ) DF• キンペンベ(PSG)• シディベ(モナコ)• ラミ(マルセイユ)• パヴァール(シュツットガルト)• メンディ(マンU)• ウムティティ(バルセロナ)• ヴァラン(Rマドリード)• エルナンデス(Aマドリード) MF• マテュイディ(ユベントス)• エンゾンジ(ローマ)• トリッソ(Bミュンヘン)• カンテ(チェルシー)• ポクバ(マンU) FW• グリーズマン(Aマドリード)• レマル(Aマドリード)• デンベレ(バルセロナ)• ジルー(チェルシー)• トヴァン(マルセイユ)• フェキル(リヨン)• エムバペ(PSG) 以上のメンバーです。 ロシアW杯に出場していたメンバーがほとんどですね。 ここ数年のフランス代表の国際大会をみてみると、2016年の欧州選手権では決勝でCロナ率いるポルトガルに延長の末敗れ、準優勝しています。 このときはポグバ、ジルー、ウムティティなどロシアW杯でレギュラーとして活躍する選手たちがメンバーとして出場しています。 特にグリーズマンは得点王と大会MVPに選出される活躍でした。 そして、2018年のロシアW杯、1次リーグは安全に戦い無難に決勝トーナメントに進出。 決勝トーナメント1回戦で、噂のあの選手が覚醒してしまいました。 6月30日に行われたアルゼンチン戦。 調子の上がらないメッシ率いるアルゼンチンと4-3という試合を演じ勝利しますが、 大会前から注目されていた19歳のエムバペがついに覚醒! 開始早々、圧倒的なスピードでアルゼンチンの選手たちを置き去りにし、PK獲得。 前半で逆転を許しますが、後半2得点で逆転勝利。 エムバペの実質ハットトリックでフランス代表の勝利。 ご覧になりましたか?PKを獲得したシーン。 あんなスピードこれまでに記憶にありませんよ。 僕の家族は、絶叫に呆れていました!!エムバペが世界デビューした試合といって良いでしょう。 その後、ウルグアイ、ベルギーと強豪を倒し、決勝ではモドリッチ率いるクロアチアを下し、W杯2度目の優勝となりました。 次のカタールW杯までは、世界チャンピオンとして、様々な大会に出場することになります。 今やっているUEFAネーションズカップ、2020年には欧州選手権、2021年にはコンフェデにのぞむことになります。 これからのフランス代表に注目ですね。 メンバーの中から、個人的ではありますが、注目選手も紹介してみます。 若い選手の有望株が多いんですよ。 これから次のW杯までに、知っておく、観ておくべき選手をチョイスしますね。 アントワーヌ・グリーズマン フランス代表の現エースがグリーズマンです。 ポジションはFW、AマドリードではDコスタとフランス代表ではジルーと組みますから、セカンドストライカーでしょう。 フランス代表のメンバーの中で、攻撃的な役割を担っており、2016年の欧州選手権では得点王、2018ロシア大会でも2位となる4得点。 正に フランス代表のエースです。 今27歳ですから選手として全盛期を迎えています。 フランス代表の試合を観るときには、グリーズマンをチェックしてください。 キリアン・エムバペ ご覧になられた方はもちろんご存知かと思います。 ペレ、クライフ、マラドーナのような レジェンドになる可能性を秘めているエムバペです。 ロシアW杯の決勝でも得点しましたが、エムバペこのとき19歳。 10代の選手がワールドカップの決勝戦に出場したのは、ペレ、ベルゴミ以来の3人目です。 90年の歴史の中で3人しかいないんです。 僕も長年サッカーを観戦していますが、そりゃあかけっこの速い選手、スピードのある選手はいましたよ。 カニーヒア、ロナウド、エトー、ロッベン、ベイル、速いです速いです。 最近は試合中の走行速度も測れるようになりましたしね。 アルゼンチン戦のぶっちぎりはロナウドより、エトーより衝撃的でした。 速いだけでなくボールコントロール技術も高いですから、とんでもない選手であることには間違いありません。 今後10年はエムバペから目が離せませんよ。 ウスマン・デンベレ デンベレも今21歳です。 フランス代表に選ばれたばかりの選手で、クラブでは今バルセロナでメッシ、スアレスと3トップを構成しています。 PSGに移籍した ネイマールの後釜です。 バルサの期待度がわかると思います。 フランス代表メンバーにはロシアW杯にも選出されていますが、スタメンではなくエムバペやジルーなどとの交代で試合に出場しています。 フランスはタレントが豊富ですから、スタメン出場するのは凄いことですが、スタメンではない選手にも凄い選手がいます。 その筆頭がこのデンベレです。 フランス代表の試合でデンベレが出場していたら要チェックです。 ポール・ポグバ マンU、ユベントスというビッグクラブの中盤でレギュラーとして試合に出場し続ける実力者ポグバ。 ユベントスでは伝統の背番号10を背負っていました。 今25歳なんですが、2014年のブラジルW杯でもフランス代表のスタメンであり、2018ロシア大会でも消化試合以外はスタメン。 エムバペやデンベレくらいの年齢からフランス代表の中盤を担っているんですね。 フランス代表のエースはグリーズマン、今後のエースはエムバペになるかもしれませんが、フランス代表の大黒柱はポグバだと言って良いでしょう。 フランスの中盤にいるでっかい黒人がポグバ、そのちょっと後ろにいるちっちゃい黒人がカンテ、セットで観察すると楽しいですよ。 フランスの大黒柱ポグバにも注目です。 4人の注目選手を紹介しました。 もちろん、パヴァール、エルナンデス、ヴィランなど若くて有望な選手がいますが、 特にこの4人は飛びぬけていますので、注目してみてください。 フランス代表の歴史 フランス代表は、1930年に行われた第1回W杯ウルグアイ大会から出場する伝統のあるチームです。 W杯は、当時のサッカー勢力図が影響して、ヨーロッパと南米大陸で交互に大会が開催されていました。 歴史のある代表チームなのに欧州ではイタリア、ドイツ、イングランドよりも低い評価だったんです。 実際にW杯での成績は1958年スウェーデン大会での3位、1986年メキシコ大会での3位が最高成績でした。 UEFA欧州選手権も1960年に第1回がフランスで開催され出場し4位になりますが、 1980年までの5大会は予選敗退と本戦にも出場できないような状況でした。 フランス代表が 初めて国際大会のタイトルを獲ったのは1984年の欧州選手権で、 フランスのレジェンド、プラティニを筆頭にジレス、ティガナ、ジャンジニなどのそうそうたる メンバーが活躍し、 華麗に中盤でパスを繋ぐサッカーで「シャンパンサッカー」と称されました。 しかし、プラティニの時代ではW杯に優勝することはできず、 プラティニの引退とともにフランスは再び低迷期を迎えてしまいます。 プラティニでも勝てなかったフランスは、1988年国立のサッカー養成所「クレールフォンテーヌ」を開設し、 ユース世代の選手の育成に乗り出します。 そして、 1998年自国開催のW杯でついに優勝を果たしサッカー大国の仲間入りをすることになりました。 W杯で7か国目の優勝国となるわけです。 世界チャンピオンになったフランスは、その勢いのまま 2000年の欧州選手権でも2回目の優勝を果たします。 このときのメンバーがジダンを筆頭にテュラム、デサイー、ジョルカエフ、デシャン、アンリ、トレセゲなどなど 世界的にみてもトップクラスのメンバーを擁しての世界一でした。 ユース世代の育成として取り組んだクレールフォンテーヌが成功したということになるでしょう。 2000年以降はW杯に出場し続け 2006年には準優勝、欧州選手権でも 2016年に準優勝という実績を残し、 今回のW杯で 2度目の優勝を果たし、現在に至っています。 フランスのレジェンドと称される選手たちも、活躍してきました。 特にコパは1956年に創設された欧州最優秀選手賞(バロンドール)を4年間あのディ・ステファノと争い、1度だけバロンドールを受賞しています。 1980年代は2代目ナポレオン、将軍 プラティニが登場。 1984年欧州選手権優勝、1982年W杯4位、1986年W杯3位とプラティニ活躍とともに強いフランス時代がありました。 プラティニは史上初の3年連続バロンドール受賞者となります。 1990年代は、プラティニの引退によりフランスの暗黒時代となりますが、選手は素晴らしい選手がいました。 カントナ、パパン、デシャン、ブランなどが中心メンバーでした。 パパンはバロンドールを受賞しています。 当時の世界最高の選手と評価され、キーガン、イブラヒモビッチ、ロベカル、ベッカム、ロナウジーニョは世界一の選手と評価、 サッカー界のレジェンドであるディ・ステファノ、ベッケンバウワーも同じように評価しています。 フランス代表のレジェンド• レイモン・コパ• ジュスト・フォンテーヌ• ミッシェル・プラティニ• ジャン・ピエール・パパン• ジネディーヌ・ジダン フランス代表の名選手• エリック・カントナ• リリアン・テュラム• ティエリ・アンリ• フランク・リベリー ティガナ、ジレス、ジョルカエフ、マケレレ、ブラン、トエセゲなどなど凄いメンバーがいますね。 これからも凄い選手が出てきますよ。 移民問題 サッカーフランス代表を語るときには、どうしても話題になってしまう問題があります。 それが 移民問題です。 僕特に問題とは思っていないんですけどね。 サッカー界の某レジェンドや優勝できなかった国々が、フランス代表メンバーの構成について、不満を言っているとのこと。 まぁ確かに、ポグバの兄弟はギニア代表メンバーだとのことだし、1982年のメンバーと2018年のメンバーを比べてみると黒人の数が多くなっていますよ、昔に比べて。 フランス代表が黒人を集めているのではなくて、フランスという国家が昔から移民に寛容であり、 フランスの社会の中で隣国などからの移民を受け入れてきたわけだから、 移民が増え、移民の子供たちが増えていくのは当たり前のことで、 その中からサッカー選手が誕生しているだけのことではないのかねぇ。 移民の子供が代表チームに入るのはイングランドだってドイツだってイタリアだって同じ。 数が違うのはサッカー界の問題ではなく、それぞれの国の政策が影響しているのではないでしょうか? ドイツは、トルコ系移民のエジルの問題があったし、 そもそも大昔からドイツは、トルコやポーランドなどから移民を受け入れ、ポドルスキーやリトバルスキーだってポーランドやロシア系。 イタリアやイングランドも同じこと。 昔から移民の子で才能ある子は代表メンバーに選ばれているわけです。 あ!ルカクやアザールを擁するベルギーだって同じですね。 フランスに話を戻せば、フランスのサッカー選手が移民の子が多いというのは大昔からなんですよ。 エムパベ(カメルーン系)• グリーズマン(ドイツ系?)• ジダン(アルジェリア系)• プラティニ(イタリア系)• フォンテーヌ(モロッコ系)• レイモン・コパ(ポーランド系) 要するに、コパやフォンテーヌの時代から移民の子供たちが活躍していて、だったら、文句は昔から言いなさいって。 逆に、純粋なフランス人を見つけることのほうが難しかったりしますよ。 日本も昔から日系ブラジル人を中心として、純粋ではない??日本人が代表メンバーに入ったりしていました。 最近はハーフの子とか多くなりましたよね。 サッカーだけに限らず、陸上やテニスや野球なんかも。 サニブラウンも大坂なおみちゃんも頑張ってほしいです。 これからも注目してみましょう。

次の