ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401。 ハスクバーナSVARTPILEN401の試乗インプレ [バイク] All About

ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 楽しさにあふれている

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

ハスクバーナで250ccバイクが日本で発売される。 2018年に「VITPILEN 401」「VITPILEN 701 」「SVARTPILEN 401」が発表された時の衝撃は覚えている。 なんとデザインが近未来バイクなんだと。 しかし、東京モーターサイクルショーで実車にまたがってみると身長168cmの私では両足つま先立ち。 シート高830mmに夢を砕かれた記憶がある。 そんな苦い記憶のあるハスクバーナのスヴァルトピレンに250ccが出る。 実は2019年の12月に海外では発表されていて、日本では未発表という状況であったが、モーターサイクルショーを前にしてついに発表という感じだ。 最近では「レブル250」が新型を発表したり、カワサキが250cc4気筒エンジンモデルを発表したりと250ccが盛り上がりを見せている。 東南アジアの小排気量マーケットを狙っているのであろう。 日本では車検がないので、このクラスが盛り上がるのは大歓迎だ。 さて、車両を見ていこう。 水冷単気筒エンジンでコンパクト。 重量は「153kg 燃料除く 」。 気になるシート高は「835mm」。 足は簡単にはつかないだろう。 ただ、タンク容量が約9. 5Lということで単純にプラス10kgしたとして、163kg。 片足で支えられるくらいの軽さであろう。 最近話題の「ヤマハXSR-155」のイメージか。 あれも足つきは悪いが、軽いので不安を感じないとのインプレがある。 低身長でも片足でなんとかなるかもしれない! 足回りもしっかり! 小排気量でもちゃんと「Bosch製ABSシステム」も装備されているので安心だ。 ブレーキも最近話題の「ByBre製油圧ブレーキキャリパー」。 ブレンボの安価版らしいが性能は十分らしい。 フロントもリアもByBre製とのこと。 だいたい大型バイクでもフロントがブレンボ製だと、リアはニッシンだったりとリアは手を抜くバターンが多いが、そこは抜かりないのがいい。 スヴァルトピレンといえばタンク上の「ラゲッジラック」だろう。 このデザインは男心をくすぐる。 大荷物は載せられないが何かしら置きたくなる。 ちなみにメーターはフルデジタルのようだ。 このタンクキャップもいい。 色と刻印。 かっこいい。 こんなかっこいいバイクで街乗りしてみたい。 足つきがもっとなんとかならんか。 気になる価格は、59万9,000円(消費税10%込み)! レブルくらいだ。 足つき動画発見!.

次の

Svartpilen 401

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

ハスクバーナ・モーターサイクルズジャパンは、スクランブラーモデルのスヴァルトピレンに248. 8cc単気筒エンジンを搭載した新機種、スヴァルトピレン250を4月に発売する。 31馬力/2. 4kgmを発揮するこの水冷単気筒DOHC4バルブエンジンはバランサーシャフトを備えており、パンチの効いたトルクと滑らかな回転フィーリングさを併せ持つ。 WP製APEXサスペンション、ボッシュ製ABSが備わる前4ピストン/後シングルピストンのByBre製油圧ブレーキキャリパー、前320mm/後230mmブレーキディスク、LEDヘッドライト&テールランプなど基本スペックは373cc単気筒エンジンを積むスヴァルトピレン401とほぼ同じ。 デザインもほぼスヴァルトピレン401と同様だが、トレリスフレームがクロモリ鋼製からスチール製になることと、ホイールが17インチキャストタイプとなる点が大きく異なり、重量はスヴァルトピレン250の方が1kg重くなっている。 なお、タイヤサイズはスヴァルトピレン401と同一だが、ややオンロード寄りのパターンを採用している。 価格は59万9000円(税込み)と、スヴァルトピレン401よりも9万6000円安い(生産国はスヴァルトピレン401と同じくインドとなる)。 極めて個性的なデザインで注目を集めたスヴァルトピレンを、より手軽に楽しめる1台と言えるだろう。 1mm 総排気量:248.

次の

スウェーデン生まれの洗練されたストリートバイク。ハスクバーナ『スヴァルトピレン 401』に僕は乗りたい。

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

ハスクバーナが新たに提案する斬新なスタイルのストリートモデル。 ほかの何とも異なるスタイリングは、見る者の視線を惹きつけます。 パワフルでレスポンスに優れたビッグシングルエンジンを、軽量&スリムなトレリスレームに搭載。 ライダーの意のままに、キビキビとストリートを走り抜けます。 モダンなシルエットの中にABSやスリッパークラッチ、トラクションコントロール、オートシフターなどの最新技術も装備。 走りと所有欲を満足させる一台です。 0リットル 車重(燃料なし) : 157kg エンジン種類 : 4スト・水冷・単気筒 総排気量 : 692. 低く構えたハンドルと個性的なフォルムのタンクライン、短いシートラインなど、どこを切り取ってもヴィットピレンであることを主張します。 低回転からトルクを発揮する375ccシングルシリンダーのパワーユニットは、軽量な車体を弾けるように押し出し、市街地から郊外までの広いエリアをカバーするフットワークの軽さは、クラス随一。 日々の交通手段として、週末には旅の相棒として。 豊かなバイクライフを提案してくれる存在です。 軽量な車体とタフなサスペンション、そしてどの回転域からも安定したハイパワーを生み出す単気筒エンジンの組み合わせは、まさにミドルアドベンチャー。 ディテールに手抜きはなく、どの角度から見ても個性的で美しさを感じさせるフォルムは新生ハスクバーナが目指す世界観を表現しています。 スヴァルトピレンとなら今までとは異なるバイクライフを実現することができるはずです。 パワフルなシングル・シリンダー・エンジンのポテンシャルを幅広いフィールドで発揮すべくバーハンドルを採用。 コンペモデルのゼッケンプレートに埋め込まれたようなデザインのヘッドライトにはLEDリングを装備。 短いシートカウルには省電力で輝度が高いLEDテールランプを内蔵しています。 アップライトなポジションと溝が深いタイヤの組み合わせがどのような走りを生み出すのか、今から楽しみな一台です。 0リットル 車重(燃料なし) : 158. 5kg エンジン種類 : 4スト・水冷・単気筒 総排気量 : 692. 汎用性の高いスーパーモタードスタイルと大排気量シングルらしいトルクで、あらゆるシーンにおいて力強い走りを実現。 SPEC シート高 : 890mm タンク容量 : 13. 0リットル 車重(燃料なし) : 145kg エンジン種類 : 4スト・水冷・単気筒 総排気量 : 692. 7cc 最高出力 : 55 kW 74 hp /8,000 rpm 最大トルク : 71 Nm/6,750 rpm フレーム形式 : クロームモリブデン鋼製トレリスフレーム。 その卓越したコントロール性能と約145kgの重量とのコンビネーションは、このカテゴリーにおいて際立った存在。 前後17インチの足周りは、ストリートにおいてその性能を発揮する。 0リットル 車重(燃料なし) : 145kg エンジン種類 : 4スト・水冷・単気筒 総排気量 : 692. 7cc 最高出力 : 55 kW 74 hp /8,000 rpm 最大トルク : 71 Nm/6,750 rpm フレーム形式 : クロームモリブデン鋼製トレリスフレーム。 掲載車両以外も気軽にお問い合わせください。 ご予約フォーム 車両などのご予約を承ります。 後ほど、当店よりお返事のメールまたはお電話を入れさせていただきます。

次の