上野学園大学 学費。 上野学園大学/学費・奨学金|大学受験パスナビ:旺文社

教育方針・校長挨拶・沿革 : 上野学園中学校・高等学校

上野学園大学 学費

日大ではないでしょうか。 一流の講師をそろえて いるからでしょう。 ちなみに指揮者の佐渡裕氏の出た公立の、 ・京都市立芸大音楽学科 初年度94万、授業料54万、施設費ナシ 公立は安いですね。 東京学芸大も同じく安いと思います。 私立音大に子どもを出せる家は中流の上 以上じゃないと無理ですね。 ここでざくっと調べてください。 正直言って音大は将来の保証がないのに、 多すぎると思います。 教えることで生計を立てている人がほとんどで オケや演奏家として食べていけるのは、ほんの ひとにぎり。 音楽家を食べさせるために音大がある、のが 実際のところだと思います。 埼玉にある尚美学園大はその点、演奏家に ならなくてもやってゆける職業教育をしてるよう すから、それも厳しいけれどアリだと思います。 これ以外に音楽教師を養成する教育大とか は全国にあるわけで。 厳しい世界ですね。

次の

入試情報

上野学園大学 学費

子供に音楽の才能があり音大に通わせてあげたいと思っても、音大は漠然と学費が高いイメージがあります。 音大学費を捻出するため家を売った、4年間通わせるのに最低1000万円必要等のニュースを耳にすることもあり、学費は一体いくらくらい必要なのか?と気になるのではないでしょうか。 実際に、大学4年間のうち最もお金がかかるといわれる初学年度の学費だけをみると、 東京の大学の平均額は約196万円です。 また、学費以外にも演奏会や楽器・楽譜の購入費、個人レッスン料など学費以外の費用も必要です。 この記事では、• 国立音楽大学と私立音楽大学の学費の内訳と平均• 学費以外にかかる費用• 音大学費の安いランキング について、詳しく解説します。 また、自分には音大学費が払えないのでは?と心配される方へ、音大の奨学金や学費免除制度についても紹介します。 この記事を読んでいただければ、音大入学にあたって、学費がいくらくらい必要なのかが分かります。 ぜひ最後までご覧ください。 音大入学にあたっていくら必要なのでしょうか。 国公立音楽大学と私立音楽大学それぞれで学費の内訳と平均額は以下の通りです。 全国の音楽大学各学科の平均額を元に、国公立音楽大学と私立音楽大学の費用平均額を算出しました。 国公立大学は年間約87万円、私立大学は年間約192万円で私立大学の学費は国公立大学の2. 2倍となります。 上記は大学に支払う金額ですが、学費以外にも演奏会や個人レッスン料などにもお金がかかるので、私立大学に通う場合 4年間で1,000万円というのは大きな嘘ではなさそうです。 学費の内訳は、大まかに以下の4つに分けられます。 入学金• 授業料• 施設維持管理費• 授業料は、どの音大に入学するのかによって大きく異なりますが、目安として国公立の場合は年間50万円、私立大学の場合は年間150万円といわれています。 設備管理費は私立大学のみ必要で、年間50万円程度です。 学費以外にかかる費用として、以下4つが挙げられます。 かかる費用は個人差の大きいところですが、一般的な事例で紹介しますので、参考にしてみてください。 演奏会・コンクール出場費• 楽器、楽譜、小物類の購入費• 個人レッスン料• 練習室・家賃 演奏会費は、定期演奏会やコンクール、大学内での演奏会などの出場費などです。 例えば、新人音楽家の登竜門として知られる「日本音楽コンクール」に挑戦する場合、出場料として3万5000円かかります。 また、演奏会出演にあたってドレスやタキシードなどの衣装代もかかります。 購入する場合は10万円程度の支出です。 次に、楽器・楽譜・小物類の購入費です。 楽器を専攻する場合は、自分の楽器を購入するための費用がかかります。 良い楽器を使う場合はそれだけ購入費も高くなります。 また、声楽や指揮専攻の場合も、楽譜や教科書、小物類の購入費が発生します。 3~5万円程度と想定されますが、専攻や先生によって大きく異なります。 学費以外の費用として大きな割合を占めるのは個人レッスン料です。 週に1回程度、一回1~2万円程度の費用が一般的で、 年間60万円程度と想定されます。 著名な先生に習うのであればレッスン料は高くなりますし、遠方までレッスンに通うのであれば交通費もかかります。 最後に、練習室や家賃です。 少しでも練習量を確保するため、大学以外で練習する場所も用意する必要があります。 スタジオを借りて練習する場合は練習室料が1時間1,000~2,000円程度かかります。 また、大学近くで部屋を借りる場合は、防音設備の整った「24時間楽器演奏可能物件」や「楽器可物件」の物件を探す必要があります。 一般的に通常の物件に比べると家賃は割高で、 2割程度高い家賃といわれています。 自宅から通う場合も、1室を防音室にリフォームすると300万円程度の費用がかかります。 ランキング 大学名 都道府県 学費金額(年) 1 北海道教育大学 北海道 817,800円 2 お茶の水女子大学 東京都 817,800円 3 東京藝術大学 東京都 817,800円 4 愛知県立芸術大学 愛知県 817,800円 5 沖縄県立芸術大学 沖縄県 932,800円 6 京都市立芸術大学 京都府 1,037,460円 7 明治学院大学 東京都 1,388,200円 8 城西国際大学 千葉県 1,397,000円 9 桜美林大学 東京都 1,514,000円 10 広島文化学園大学 広島県 1,520,000円 11 活水女子大学 長崎県 1,523,563円 12 鹿児島国際大学 鹿児島県 1,583,660円 13 国際基督教大学 東京都 1,698,000円 14 同志社女子大学 京都府 1,725,000円 15 札幌大谷大学 北海道 1,756,960円 16 平成音楽大学 熊本県 1,766,660円 17 相愛大学 大阪府 1,780,733円 18 エリザベト音楽大学 広島県 1,793,750円 19 日本大学 東京都 1,800,000円 20 フェリス女学院大学 東京都 1,800,300円 21 名古屋芸術大学 愛知県 1,806,327円 22 京都精華大学 京都府 1,829,000円 23 東海大学 東京都 1,842,867円 24 金城学院大学 愛知県 1,865,800円 25 尚美学園大学 埼玉県 1,894,140円 26 名古屋音楽大学 愛知県 1,935,625円 27 武庫川女子大学 兵庫県 1,952,700円 28 大阪音楽大学 大阪府 1,955,300円 29 宮城学院女子大学 宮城県 1,978,400円 30 くらしき作陽大学 岡山県 2,003,333円 31 玉川大学 東京都 2,013,867円 32 上野学園大学 東京都 2,026,267円 33 大阪芸術大学 大阪府 2,080,000円 34 徳島文理大学 徳島県 2,116,640円 35 東邦音楽大学 埼玉県 2,149,205円 36 武蔵野音楽大学 東京都 2,204,286円 37 神戸女学院大学 兵庫県 2,214,000円 38 国立音楽大学 東京都 2,217,000円 39 洗足学園音楽大学 神奈川県 2,262,650円 40 昭和音楽大学 神奈川県 2,295,500円 41 東京音楽大学 東京都 2,342,000円 42 聖徳大学 千葉県 2,425,760円 43 桐朋学園大学 東京都 2,706,600円 大学によって学費は大きく異なり、年間180万円以上も開きがあります。 コースによっても学費はことなるので、目指す大学があるのであれば、HPにも記載があるので、ぜひチェックしてみてください。 金額 入学金 600,000円 運営維持費 300,000円 授業料 1,360,000円 施設設備費 340,000円 学生会費 6,600円 私立大学であり、全国の音大の中で最も学費が高い大学です。 学費が高い分、設備は充実しており、校舎は近年大規模な建て替え工事を行ったばかりなのでとても綺麗です。 また、 講師陣も著名な音楽家ばかりなので良い環境の中で大学生活を送ることができることが魅力です。 レッスンを受講したり、練習をするための専用施設を準備するの費用もかかります。 例えば防音設備の整ったレンタルスペースを借りる場合、1時間あたり1,000~2,000円がかかります。 楽器専攻の場合は楽器の購入費やメンテナンス費がかかります。 楽器によって音も違うので、良い楽器が欲しくなるのは当然のことで、かなりの費用負担が想定されます。 特にバイオリンは高額で、音大生であっても 1千万円を超える楽器を使うことも珍しくないようです。 ピアノ専攻の場合は、国内メーカーのグランドピアノは100~200万円ですが、スタインウェイやベーゼンドルファーなど一流メーカーのピアノを購入する場合は、さらに高額になります。 また、管楽器や打楽器専攻の場合は、どの楽器を専攻するかによって異なりますが、数十万円~100万円程度が一般的です。 さらに楽器は購入したきりではなく、メンテナンスも必要です。 例えば、バイオリンの場合は、弦交換や弓の毛替えで数カ月に1回、各5,000円程度のメンテナンス費用が必要となります。 音大に通うのが高いといわれる理由は、海外から招致する有名な演奏家の特別授業やレッスンの参加費用も挙げられます。 金額は先生や授業内容によって大きく異なりますが、通常の授業に比べると高い費用がかかると想定されます。 他には、 長期休暇時のセミナーや講習会に参加する場合の追加費用や、音大卒業後に音楽の教職員になるための教職専門科目を履修する場合は受講料がかかる場合もあります。 また、より良い環境で演奏技術を磨くため海外への留学を目指す人も珍しくありません。 留学先として人気の高いアメリカ・ニューヨークへ留学する場合、 年間300~500万円以上の費用がかかるので、有名な先生に指導を受けたい場合は、国内で一般的な授業を受けるのに比べて多くの費用がかかります。 音大の学費が高いのは日本だけなのでしょうか?音楽の都とよばれるオーストリアのウィーンや、フランス・ドイツなど海外の音楽大学の学費を調べましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。 オーストリアの場合、2017年の世界音楽大学ランキングで2位を受賞し、世界中から学生が集まるウィーン国立大学は 年間20万円程度といわれています。 音楽を学ぶ環境の良さはもちろん、オーストリアは物価も安く留学先として人気があります。 最後にドイツの音大に入学する場合も年間20万円程度といわれおり、 州によっては外国人でも学費が無料となる大学もあるようです。 ヨーロッパの音楽大学は、日本やアメリカなどの音大に比べると学費は安い傾向があります。 また、超一流の講師陣からレッスンを受けられたり、世界中の優秀な学生と切磋琢磨しながら音楽スキルを高めることができたりと、メリットは数多くあります。 高校卒業と同時に海外の音大に入学する場合も、日本の音大在学中や社会人になってから短大に入学する場合も、音大を目指すのであれば、ぜひ選択肢の一つとして参考にしてみて下さい。 いかがでしたでしょうか。 今回の記事では、• 私立音楽大学に通う場合、4年間の学費が800~1,000万円程度になる• 学費以外にも、レッスン料、楽器の購入費・メンテナンス費などの支出も多い• 奨学金や学費免除制度を利用すると経済的な負担が軽くなる などのポイントを解説しました。 やはりイメージ通り日本の音大に通う場合、多くの費用がかかることが分かります。 また紹介した、東京藝術大学や桐朋学園大学など有名な音大合格を目指すとなると、その大学の先生のレッスン受講費など、入学前から大きな費用がかかることも考慮に入れておく必要があります。 また、美大や音大などの芸術大学は入学したからといって、必ずプロとして芸術を仕事にするわけではありません。 (参考:) 奨学金や免除制度など学費の支払いを支援する制度は充実していますが、音大入学を目指すのであれば、将来を見据えて慎重に検討が必要です。

次の

上野学園大学

上野学園大学 学費

大学の学費一覧 大学学費情報サイト。 各大学別に 入学金、授業料、初年度納入金などを掲載しています。 学費データは主に2018年度のデータを載せていますが、最新の学費等の大学情報は から資料請求できます。 また授業料に関しては、2021年度まで現在の535,800円に据え置かれることが決定している。 2019年度の国立大学83校の授業料は、佐賀大学の520,800円を除き、その他82校の授業料は標準額の535,800円となっていて、大学間の差はほぼない状態となっている。 国立大学同様に2005年 平成17年 ごろから、現在の学費の水準に落ち着ている。 また公立大学の多くは、県内外や市内外など入学者の住所によって、入学金などが異なっているので注意が必要である。 1975年 昭和50年 は、国立大学との学費格差は約3. 2倍、1989年 平成元年 は1. 6倍、2018年 平成30年 は1. 4倍と縮小傾向にある。 大学一覧 東京都の大学 東京都の国立大学 東京都の公立大学 東京都の私立大学 北海道・東北エリアの大学 北海道・東北エリアの国立大学 北海道・東北エリアの公立大学 北海道・東北エリアの私立大学 北海道薬科 栃木・群馬・茨城県の大学 栃木・群馬・茨城県の国立大学 栃木・群馬・茨城県の公立大学 栃木・群馬・茨城県の私立大学 埼玉・千葉・神奈川県の大学 埼玉・千葉・神奈川県の国立大学 埼玉・千葉・神奈川県の公立大学 埼玉・千葉・神奈川県の私立大学 武蔵野学院 星槎 八洲学園 甲信越エリアの大学一覧 甲信越エリアの国立大学 甲信越エリアの公立大学 甲信越エリアの私立大学 国際 東海・北陸エリアの大学一覧 東海・北陸エリアの国立大学 東海・北陸エリアの公立大学 愛知県立 東海・北陸エリアの私立大学 藤田保健衛生 近畿エリアの大学一覧 近畿エリアの国立大学 近畿エリアの公立大学 近畿エリアの私立大学 中国・四国エリアの大学一覧 中国・四国エリアの国立大学 中国・四国エリアの公立大学 中国・四国エリアの私立大学 九州・沖縄エリアの大学一覧 九州・沖縄エリアの国立大学 九州・沖縄エリアの公立大学 九州・沖縄エリアの私立大学 サイバー 福岡国際.

次の