箱根 駅伝 フリーダム 新。 【国士舘大学】箱根駅伝2021へ~新入生情報や戦力分析&区間オーダー予想も!

新1年生を見れば箱根の未来がわかる。持ちタイムで2位は青学、1位は?

箱根 駅伝 フリーダム 新

大学長距離&駅伝2020-2021新シーズン…開幕していますが、 新型コロナウイルスの影響で、多くの春のトラックの主要大会や記録会が、 中止及び延期になってしまいま、寂しい限りです。 その中で、各チーム見えないところで、走力アップの鍛錬、 そして箱根駅伝2021へ向けて、まい進しています。 今一度、各チームの、学年別の主力選手や駅伝成績や新入生情報のまとめ、 チーム全体の特長や戦力分析、そして…区間オーダー予想的なものもやってみたいと思います。 【国士舘大学】箱根駅伝2021へ向けて~戦力分析や新入生情報等! 昨年度は個人的には大健闘だったと思っています。 多くの主力選手が卒業し、箱根駅伝の連続出場は途切れてしまうのでは…と思っていたのですが、その予選会は見事な集団走で耐え凌ぎ8位通過。 本戦は往路がエース選手以外は苦しみましたが、復路で健闘。 4年生選手の踏ん張りもあり、8年ぶりに復路鶴見襷リレー。 母校の襷を一本で繋ぎ切りました。 毎年一つずつ繰り上げスタートになる中継所が遅れていましたが、今回は踏ん張りましたね。 毎年何かしら一歩前進しているのが中々不気味なところ。 比較的卒業生の穴が少ないこともあり、今年は前進するスピードを加速させるチャンス。 、新人もいつになく豪華。 そして…マラソンで活躍中の藤本拓選手が国士大時代の監督、小川さんが助監督として現場に復帰…期待が高まります。 そんな国士舘大の戦力を今一度分析してみます。 5千mでタイム短縮が早かった曽根選手が、高速化した山下りで区間9位の好走!復路勢いづきましたね。 そして繰り上げ回避して襷を受け取ったアンカー孝田選手が、前を懸命に追って区間14位と粘りの走り。 ともに箱根予選を走っていないところから現れた主力選手です。 今年は貴重な戦力です。 他には前々回箱根を走っている加藤選手が状態が上がるかどうか。 1万m29分台の金井選手他、30分少しまで上がってきているランナーは他にも何人かいますかね。 ハーフマラソンの視点だと北川選手が65分台経験者です。 レギュラーを掴めるかは何とも言えませんが、縁の下の力持ちにもなっていきたいところ。 忘れてはならないのがギトンガ選手の存在。 下級生に強い留学生が入ってしまったため、中々主要大会での出番が回ってはいませんが、1万m28分13秒の走力はあります。 何とか、その後につながるための走りができればと思います。 そのライモイ選手は2年連続のエース区間2区好走後、海外のhalfで2年連続で結果を残していますね。 2月に行われたRAKハーフでなんと59分51秒の日本学生歴代2位の凄まじい記録をマーク!頼りになるエースですよね。 これに引っ張られてたか、レギュラーを掴み他校のランナーと揉まれている選手が増えてきています。 往路の1区3区大役を担った荻原・長谷川選手は中々通用とはいきませんでしたが、2年春の段階で1万29分台では走れていました。 走力はこれからもっと伸びるはず。 まずは1万28分台の走力がほしいところ。 この他、箱根予選から意外な選手も出てきているのですよね。 予選でチーム内上位の95位に入った木樽選手は、本戦こそ出番がなかったものの、その後のハーフで64分12秒の好タイムで、持ちタイムはチーム2番手だ。 また、箱根前に1万29分36秒の好タイムを出した清水選手が流れの中7区16位と踏ん張る走り。 彼らは貴重な戦力だ。 他にも1年時に勢いがあった小早川選手が5千14分21秒とベストを更新し、勢いを取り戻してきています。 またこの世代トップの三代選手がハーフ64分33秒でじっくりと戦力になりつつあります。 島村・折原選手もハーフ65分台と伸ばしています。 この世代は、国士大浮上の大きなカギですね。 箱根予選でびっくりチーム内2番手の清水選手は、ロードでの強さは本物でした。 箱根5区山登りを希望していた中で、遊行寺のきつい上り坂がある8区で区間13位。 持ちタイムからすると力以上のものを出しているといっていい。 秋以降楽しみになる。 — 釣り吉トモ tmev54 他では、箱根予選で力になった綱島選手、トラックでは世代トップ付近の走力がある福井選手は1万29分台の走力があります。 他では所選手が持ちタイム上食いついています。 5千では、昨年春に丸山選手、今年の春は松前選手が伸ばしました。 再び名前を見ることがあるか気になるところです。 1万m上位10人平均:24位29分36秒2 1万mの走力的にはややボーダーから引き離されています。 ただ、前回の箱根予選はそれでも通過ラインまで持ってきていますから、ここ一番での調整力は、添田監督体制侮れないところがあります。 また全体的には、3年生以下で伸び盛りの選手が非常に多くなっていて、記録を狙う機会があれば、ぐっと伸ばしてきそうな選手も多くなってきています。 これに、以前国士大が一時期盛り返した時にコーチを務めていた、小川助監督とうまく育成が融合すれば…面白い年にもなりうるはずです。 上位5名の平均でみると、決して目立っていないのですが、即戦力になりそうな選手が今回は入学してきます。 持ちタイムトップは14分09秒の山本選手となりますが、一番の期待は大分東名の遠入選手。 高校駅伝・全国駅伝共に1区を担当し上位を競っていた選手。 入学直後の記録会でもさっそくベストを更新しています。 彼が育成できれば一気に戦いやすくなります。 それから全国駅伝5区19位の同じ大分東名の上野選手も持ちタイム以上の力がありそうですかね。 他、山下・山本選手あたりも全国舞台の経験がありますかね。 まずは彼らをしっかり育てていくことで、一気にチーム力が上がっていくはずです。 ・1区 遠入剛選手 29分23秒 ・3区 ダンカン キサイサ選手 23分49秒 ・4区 上野優人選手 23分30秒 6位 2時間2分52秒に大きく貢献 2分台突入!! 来シーズンに向けて手ごたえを掴んだ。 全日本はやや厳しいかな…。 もし通過できれば、4年ギトンガ選手を起用してほしい。 チーム内でスピードのある遠入・長谷川選手らで前が見える位置で食いついて、3区でいざ勝負…。 スピード抜群なので、こちら向きですが…出番あるかなぁ。 箱根に関しては、ライモイ選手が強い思いで箱根2区に挑むはず。 おそらく区間記録は視野に入れてるはずだ。 そうなると1区と3区は非常に大事で、スピードがあり総合力高いランナーが出てくるかどうか。 1年生の遠入選手や、2度箱根路を走っている長谷川選手らがまずは候補でしょうか。 4区以降は意外と頭数はいるのですよね。 5区山登りは2年清水選手が候補、6区山下り曽根選手はアクセントをつけられる。 他の区間も4年孝田選手、3年生木樽・荻原・三代選手、2年福井・綱島選手がいますし、上野選手らルーキーの出番もあります。 密かに選手層が厚くなっています。 勿論、箱根予選を通過しなければなりません。 戦力的には今年もきわどいところと思われます。 ライモイ選手でかなりの貯金が見込まれるのは、やはり大きなアドバンテージ。 条件が良ければかなり高速化するでしょうが、それでも60分台あたりまでいければ結構なものです。 あとは基本的には集団走ということになるのかな。 現時点で63分台がベストの選手はいないですし、条件が良ければ64分前半台で雪崩れ込めれば…か。 勿論、できればスピードあるランナーで63分台はほしいですが…。 10人目の位置は決して他校にも負けてはいないでしょうかね。 【国士舘大学まとめ!】箱根駅伝2021へ向けて ・3年生以下の下級生に勢い!新人も楽しみ! ・選手の頭数は増えてきた、集団走は昨年以上か ・予選でライモイ選手以外で上位に入る選手が出るか 前回の箱根駅伝は往路は厳しかったものの、山下りで他校の流れに乗り、復路は他校と絡みながら戦い抜きました。 また随所で4年生の活躍が光りました。 今年のチームを見ると3年生以下に非常に勢いを感じますね。 ハーフ59分台のライモイ選手は勿論のこと、長谷川・荻原・清水・木樽選手らが台頭しています。 2年生も箱根好走の清水選手に、福井・網島選手ら早くも育ってきているランナーが多いです。 1年生も遠入選手ら例年以上にいいランナーが獲得できています。 4年生は頭数決して多くないですが孝田・曽根選手あたりが本戦に進めば、非常に力になってくるはずです。 全体的に見ると、起用したくなる選手で箱根予選の12名以上は埋まってきそうです。 これは前年の箱根予選での集団走もありますので、今年も不気味な存在になってくるかもです。 勿論、ライモイ選手に続く選手が出てこない以上、ミスの許されないギリギリの戦いになってくるのは必須。 集団走で64分台で中堅~10番手あたりをゴールさせながら、63分台を複数人出す。 そのくらいになってくると通過の可能性がぐっと上がるはず。 本戦でも、ライモイ大エースを活かせるチーム進化していると思います。

次の

中央大学 新年度(2020年度)戦力分析

箱根 駅伝 フリーダム 新

そして3位順大が入りました。 1万mも2位でしたからトラックの平均は本当に高い。 4位以降も東海・早大・東洋・明大ら名門校がしっかり入りました。 注目は帝京大。 スカウトの平均ではおそらく20位いってるかいってないか、ですが5000mでも8位平均まで浮上するのですから凄い育成としかいいようがないですね。 多くの大学が箱根駅伝一本、1万mは強化しても5千mは強化するところは少ないはずですが、それでも平均値が上がっているのですから、どこもあげてきていますよね。 僅差ながら、日大が11位。 スカウトの平均はいいですからね。 東国大や日体大のように育成で頑張っているところもあります。 他、国士大も今年はスカウトも良くて14分14秒でトップ20に入っています。 新入生が多く加入したところでは農大・立大・上武あたりがぐっとあげています。 立大は上位10人中9人が新入生で14分21秒は中々お目にかかれないデータに。 28位と30位でやや差がありますが、30位に箱根出場した筑波大がいるのですから、分からないものですよね。 下位チームも14分30秒台前半が増えてきていて、懸命の強化が見られます。 40位以下はまだ未判明が多いですが、たぶん芝工大が14分55秒かな?立正大も何気に14分台の新入生複数獲得していて、14分平均が近づいています。 そしてこの中でチーム内3位に入る新入生鈴木選手に注目です。 スピードエース吉田選手に、12月記録会で13分台マークの2年生陣、そして世代トップレベルの力があるルーキー佐藤選手ら13分台を持っている選手が多いですね。 この距離でもしっかり力があります。 とはいえメンバーを見ると納得。 スピードで引っ張る野口・清水選手ら4年生に、3障高校日本記録保持者の三浦選手、さらに石井選手等々、記録揃っています。 何かのきっかけで浮上できるはず。 塩澤選手は走る機会があれば相当短縮できるはず。 ただ、選手層は少し薄くなったのは否めないか?全世代が鍵になってきます。 中谷選手が抜け始めていますが、千明・鈴木選手らも走る機会があればいけるはず。 トラックもしっかりあげていきたい。 注目の松山選手を初め4名のルーキーがトップ10内に顔を出しています。 新しく時代を築きたいところ、4年西山・大森選手らがうまく引っ張っていければ。 主力小袖・鈴木選手らにルーキー児玉選手が好タイム。 選手層厚いとはいえ、遠藤・小野寺・星選手ら主力選手はここでもしっかりタイムを残しています。 にしても伸び率が本当に凄いです。 中々シード権獲得ならないこともあり、5000mの試合機会が少ないですがそれでもトップ10内です。 吉居選手ら注目ルーキーも4名、上がれるチャンスです。 学内記録会で好記録続出していましたが、今年はスピードも伸ばすチャンスです。 樋口選手らチャンスがあれば記録が出る選手もいます。 ただ、現状戦力になっていない選手が、他の大学に比べて多いのが苦しいところ。 何とか復活してもらいたい。 駅伝を既に経験している山谷・丹所選手以外にも2年、そしてルーキーの姿が目立ちます。 今後育成注目のチームです。 やはりまずはこの2人ですかね。 その他では駅伝経験者・未経験のランナー色んなランナーがいますね。 さらに伸びてくるのは誰でしょうか。 ルーキーが4名トップ10に入り、髙橋・宇津野選手と言った14分一けたのランナーが加入。 早くから戦力アップを図れるかもしれませんね。 スピードエース菅原選手、ポイントの3年砂岡・松尾選手ら城西大復活のカギです。 斎藤・瀬戸選手が13分台を出してぐっと平均タイムが短縮しました。 ムルア選手の本格派も待たれる所です。 もちろん、藤木・島崎選手あたりも十分出せる力もありますので、もっと短縮は可能。 チーム3位に入っているルーキー力石選手にも注目。 鎌田選手以外がどこまで成長できるか。 ヴィンセント選手だけでなく福井選手ら。 そこに山本・遠入選手などルーキーたちが加入。 国士大のスカウトも良くなっています。 そしてルーキーでは伊藤選手がいきなりチーム2番手。 どういう成長曲線を描いていくか。 2年倉田選手のほか、1年生が伊東選手ら3名も。 スカウト的には充分にすぐさま箱根復帰もありえるところです。 髙橋選手をはじめ、ルーキーが5名もトップ10に入ってきます。 そんな中、数少ない上級生工藤選手らが大事になってきます。 関口・服部選手ら、実力がありながら常連校チームに入らなかった彼らの成長は特に注目。 長い距離で、それ以下のメンバーがどこまでついていけるかは大事です。 他にも坂本選手ら4年生が目立ちますね。 そして2番手に入っているルーキー額賀選手は即戦力レベル。 他にもルーキーが多くランクインしています。 そして、ルーキー木村選手がいきなり1番手。 4年生中心になることが多い専大ですが、全世代活躍なるか。 1万mも成績がいい椎野・難波・杉保選手らが引っ張っていければ。 大城・倉淵選手は、今は勢いがあるランナーですかね。 記録会はいい感じで上がってきています。 西・相馬・大土手選手あたりがしっかり引っ張っていければ。 これに留学生ランナーも走る機会があればぐっと上がるはず。 1500mに強い竹内選手らさらに上がる機会があるか。 他に3年佐藤・2年穴澤選手らが注目。 樋田・関・大川選手も勢いあり。 ルーキーは福井選手らこれまでよりレベルの高い選手が入り始めています。 走る機会があれば、4年前山選手の記録が楽しみです。 石本選手も復活できれば。 ルーキーは内山選手らに注目。 ルーキーに関してはまだあまり判明していません。 ルーキーも桜井選手ら例年よりレベルの高い選手が入部。 知名度も上がってきています。 松川・小林選手ら2年生、橋本・海老原選手らルーキー選手ら楽しみです。 大塚選手がチームトップ。 藤本選手をはじめ東京理科大のランナーが3人も。 トラックは関東の非強化チームを確実に引っ張っています。 他では中距離専門と思われた横浜国立大石川選手が長い距離にも取り組んでいるのも注目です。 高崎経済大の石澤選手、帝京平成大大久保選手らさらにチームを引っ張っていけるでしょうか。

次の

駒澤大学 新年度(2020年度)戦力分析

箱根 駅伝 フリーダム 新

箱根駅伝が誕生したのは、1920年(大正9)にさかのぼります。 創設の原動力になったのは、マラソンの父として知られる金栗四三らの「世界に通用するランナーを育成したい」との思いでした。 金栗は、東京高師(現・筑波大)の学生時代に日本が初参加した1912年(明治45)のストックホルム五輪にマラソン代表として出場したものの、途中棄権に終わり、失意のまま帰国しました。 そうした中で、1917年(大正6)に日本で初めての駅伝となる「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」が、京都三条大橋と東京・上野不忍池間で行われました。 「東海道駅伝」の成功に意を強くした金栗らは、大学や師範学校、専門学校に箱根駅伝創設の意義を説いて参加を呼びかけました。 結果、早大、慶大、明大、東京高師(現筑波大)の四校が応じ、1920年2月14日午後1時に第1回大会が「四大校駅伝競走」の名称でスタートしました。 箱根駅伝の創設は、当時のスポーツ界のパイオニアたちの果てしなきエネルギーが実を結んだものでもありました。 当時は、多くの犠牲者を出した第1次世界大戦が終わったばかり。 工場地帯が次第に西に延びて、大動脈の東海道も道幅が広がっていきました。 スポーツ界にも、こうした時代の空気を反映して次第に「やってやろうじゃないか」という挑戦心と気概が満ち溢れつつありました。 駅伝のはじまりは「東海道駅伝」 競技としての最初の駅伝競走は1917年(大正6)、東京奠都50周年を記念して開催された「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」といわれています。 関東と関西の2チームが出場し、京都三条大橋-上野不忍池間約516キロを23区間に分け、3日間、昼夜を問わず走り継ぐ壮大なたすきリレーとなりました。 この大会の成功が箱根駅伝構想のきっかけとなりました。 1919年(大正8)、運動会で審判を務めた金栗四三(独逸学協会中学校教員)、野口源三郎(東京高師教員)、沢田英一(明大生)の3人の若者の会話から箱根駅伝構想が生まれました。 金栗氏はまず、報知新聞社の企画課長だった寺田瑛氏に協力を求めます。 さらに大学、専門学校に箱根駅伝創設を呼びかけ、1920年に4校によって第1回大会が開催されました。 箱根駅伝誕生のウラにオリンピックあり 箱根駅伝誕生の背景には、マラソンの父として知られる金栗四三氏の「世界に通用するランナーを育成したい」との思いがありました。 金栗氏は、1912年(明治45)のストックホルム五輪に日本が初めて参加したときのマラソンの代表選手でした。 しかし結果は26.7キロ地点で意識を失い倒れ脱落、世界との差を痛感した体験が箱根駅伝を開催する大きなきっかけとなりました。 そして、1920年(大正9)2月14日午後1時、早大、慶大、明大、東京高師(現筑波大)の4校で第1回大会がスタートしました。 当時は学生の数も少なく、20キロ走る選手を10人集めることすら難しかったといいます。 日も暮れた5区では、悪路と積雪を蹴りながら、地元の長距離選手が伴走し、青年団がたいまつで照らすコースを進んでいきました。 どうやったら出場できるのか? 関東学生陸上競技連盟に加盟している大学であれば、どこでも出場資格があります。 正月の本選に出場できるのは21チームですが、前回の大会で10位までに入った大学は出場権を手にしているので、残りを予選会で争うことになります。 予選会では、ハーフマラソンのコースを一斉に走り、各校上位10名の合計タイムにより、10チームを決定します(残り1チームは関東学生連合チームが参加)。 予選会では、走り終わっても予選を通過したか否かは分からず、結果発表の場で関東学生競技連盟の幹事長が通過校を読み上げ発表されます。 過去には数秒の差で本選出場を逃す大学もあり、毎年数多くのドラマが生まれるため、予選会にも数多くの箱根ファンが詰め掛けます。 なぜ「花の2区」というのか? 82回大会で小田原中継所の場所が変更になるまで、長年のあいだ箱根駅伝の最長距離区間であり、今も平地区間では最長であるというのが1つの理由です。 また、1区のスピードランナー達が僅差で鶴見の中継所に飛びこんでくるため、序盤の流れを引き寄せたい各校はエースを投入してくる事が多く、歴代の名選手達がこの2区を走っているからです。 また外国人留学生を投入することが多い区間でもあります。 後半にアップダウンの厳しい2つの上り坂が各校のエース達を苦しめ、過去に「ごぼう抜き」や「ブレーキ」など数多くのドラマを生んでいます。 ごぼう抜きの記録は? 23チーム参加大会での最多記録は、第85回記念大会(2009)で、日大のダニエルが20人抜きの大記録を達成、チームを22位から2位へ押し上げています。 20チーム参加大会での最多記録は、第87回大会(2011)で、東海大のエース村澤明伸(2区)が達成した17人抜き。 最下位でたすきを受け取り、チームは一気に3位へ浮上しました。 10人のメンバーはいつ決まるのか? 出場する各大学は、12月29日に1区から10区までの10名と補欠枠6名の区間エントリーを行うことになっています。 補欠枠は本来、大会直前の怪我や体調を崩す選手が出た場合に備えたものですが、チ-ムによっては戦略的に使う場合があります。 なぜなら、補欠枠の選手はレース開始1時間前の最終エントリーでどの区間にでも入ることができるからです。 逆に一度1区から10区の間にエントリーされた選手は、他の区間に再エントリーすることはできません。 そのため、各校の監督はぎりぎりまで頭を悩ませ、選手の体調を見ながら、最終オーダーを決めるのです。 裏方の仕事は? さまざまな「裏方」が、まもなく100回を数える箱根駅伝の歴史を支えています。 まず、参加する各校では、12月初旬箱根駅伝チームエントリーで漏れた部員達の多くが「付き添い」などのスタッフに回ります。 付き添いの仕事は荷物番のような仕事から、メンバーのマッサージ、体調の把握など多岐に渡り、箱根駅伝のテレビでは、中継所で倒れこむ選手を介抱する彼らの姿が、よく映し出されます。 また、大会全体を支える「裏方」として、箱根駅伝は大会スタート当初から、学生が中心になって運営してきました。 主催者である関東学生陸上競技連盟は、登録された各大学から常任幹事を選出します。 連盟のために年間の学連陸上競技会などを運営しながら、最大のイベントである箱根駅伝を運営します。 その他、予選を通過できなかった大学からも、正月には補助員として多数の学生が参加しています。 山登りと山下りはどんな感じ? 5区の高低差は大きく標高差約834mを選手は一気に駆け上がります。 逆に6区は、一気に下るので、 選手は平均して100mを16秒前半、時には13秒台までスピードアップして走る事もあり、経験者に言わせると「落ちていくような」感覚だそうです。 「駅伝」の名称の由来は? 奈良時代に中央と地方を結ぶ幹線道路に整備された「駅制」がルーツです。 1917年に日本で最初の駅伝「東京奠都五十年奉祝東海道五十三次駅伝競走」を読売新聞社が主催した時に、神宮皇學館の武田千代三郎館長が命名しました。 駅制にもとづいて幹線道を往来する役人のために用意された「駅馬」と「伝馬」からヒントを得たと言われています。 過去に中断は? 第2次世界大戦のため、1941、1942、1944、1945、1946年は開催していません。 1941年は、日本、ドイツ、イタリアとの間で三国同盟が成立した直後で、東海道と箱根道は軍需物資の輸送に使われ、道路使用の許可が下りませんでした。 戦火の拡大とともに学生スポーツを楽しむ余裕もありませんでした。 五輪出場は何人? 1920年のアントワープ五輪から、2016年のリオ五輪まで、76人が五輪代表になりました。 アントワープ大会は、箱根駅伝が始まった年で、東京高師の茂木善作選手ら4人がマラソンに出場しています。 異色は早大の草創期に活躍した麻生武治選手で、1928年のサンモリッツ冬季五輪にスキーのジャンプ、複合、クロスカントリーの代表選手として出場しました。 テレビ中継はいつから? テレビの生中継放送は、長い間、箱根山中の電波障害のため実現は困難でした。 日本テレビは山中に無線基地を設置して電波を飛ばすことで克服し、1987年から生中継が実現しました。 以来、20%を越す高い視聴率をマーク。 平均視聴率の過去最高は2019年の95回大会の復路32.1%、瞬間視聴率は約38%近くをマークすることもあり、お正月の風物詩として国民から愛されている大会といえるでしょう。 最近、雪が降ったことは? 1937年に復路が大雪に見まわれ、1978年には豪雪で箱根町に25センチも積もりました。 最近は雪とは無縁で、暖冬による気温上昇が懸念されています。

次の