ひぐらしのなく頃に時系列。 ひぐらしのなく頃に、の祟殺し編で、圭一が鉄平を殺した晩に

ひぐらしのなく頃に、の祟殺し編で、圭一が鉄平を殺した晩に

ひぐらしのなく頃に時系列

Sponsored Link 「ひぐらしのなく頃に」は 2002年から2006年に発売された同人ゲームです。 様々なメディア化がされ怖いと評判でもある作品なので、タイトルを知っている方は多いのではないでしょうか。 ここでは今作品の 各編それぞれの考察を全編まとめと解説、シリーズの怖い順番を紹介します。 ひぐらしのなく頃にの考察を全編まとめ&解説! ひぐらしのなく頃には 人間模様や環境を紹介しながらプレイヤーに謎を問いかける出題編と、 出題編を踏まえて 謎を解いていく解答編で構成されています。 それではそれぞれのシリーズの内容のまとめと解説をご覧ください。 出題編 鬼隠し編 昭和58年5月に雛見沢村へ転校してきた主人公の前原圭一。 圭一は同級生の竜宮レナと宝探しの最中、圭一は写真家の富竹ジロウと話をする。 富竹から村で昔起こった未解決のバラバラ事件を聞いて興味がわいた圭一は事件について調べ始めるが…。 考察 圭一の家の前で圭一の後ろに立っていた女性は誰なのか? 解説 羽入かと思われる。 雛見沢村を離れた圭一が雛見沢症候群にかかってしまったことと、何もできない自分の無力さからくる謝罪だろう。 (皆殺し編より) 考察 レナが工事現場へ宝探しに行く理由は? 解説 家での居場所を失くしつつある自分(レナ)が廃棄されたゴミに共感し、 可愛いものを集めることで 家庭内での辛苦の軽減に努めようとしたと思われる。 (罪滅し編) 初編ということもあり圭一の視点で学校や村の雰囲気が描かれ、 序盤はギャグなども入りわりとほのぼのとしていますが、 未解決の事件の調査に乗り出す所から一気に不穏な空気が入りました。 雛見沢症候群にかかってしまってからの圭一は、 普段は何気ない動作や言葉の全てが疑心暗鬼に思えてしまい沢山のことが悪く結びついてしまい、 最期はとうとう亡くなってしまいます…最初の話で主人公が亡くなるとはかなりの衝撃ですよね! Sponsored Link 綿流し編 雛見沢村の伝統行事の綿流しが描写され、 園崎魅音と園崎詩音の姉妹がメインです。 勝ち気だけど内面は女の子らしい魅音と女の子らしい性格ではあるがしたたかな面もある2人は、 真逆の性格ながらもなんだかんだで仲が良く、共に暮らしていた頃は双子であるを利用してよく入れ替わっていたが…。 考察 祭具殿で詩音と富竹が聞いた音の正体は? 解説 全ての元凶はオヤシロ様と鷹野が発言したことに対して 怒った羽入の地団駄を踏む音(皆殺し編)。 因みに圭一や鷹野には聞こえなかったのは羽入の存在は 雛見沢症候群L3以上の者のみであることから。 考察 魅音がお魎を殺害した動機は? 解説 魅音ではなく 気絶させるつもりだった詩音がお魎にスタンガンをあてたらショック死してしまった為。 (目明し編) 考察 詩音の死の真相は? 解説 圭一を刺殺後 階段から誤って転落してしまった。 (目明し編) あれ?圭一普通に生きてる?と謎ですが今作品は続き物ではない パラレルワールド形式なので何事もなく話が続きます。 圭一に好意を抱く魅音が問いかける言葉や、 魅音と思っていたら 途中からずっと詩音で既に魅音は亡くなっていた所が怖いです。 雛見沢症候群による幻覚症状が進行してしまった魅音(詩音)が圭一を刺した後に転落。 ホラーとサスペンス要素が最も強くかなり怖い編となっています。 祟殺し編 本編より3年前が舞台で北条沙都子をメイン。 ダム開発に賛成した両親(継父と実母)の死後、引き取られた叔父夫婦にも酷い虐待を受ける。 叔母の死後叔父と離れることになるが同時に慕っていた兄の悟史も失踪してしまい、 弱い自分を戒めるため強く生きることを誓う沙都子だった。 考察 沙都子が昼食の最中に態度が急変した理由は? 解説 朝C120の 注射を忘れていたため。 (皆殺し編) 考察 嗚咽しながら沙都子がレナに打ち明けたことは? 解説 叔父に虐待を受けていること(レナの洞察力の高さから告白した)。 考察 沙都子が叔父が生きていると言ったのは何故? 解説 沙都子の妄想(L5発症)によるものと思われる。 考察 大災害後圭一だけが生存したのは何故か? 解説 東京による減菌作戦時圭一は 予想外の場所にいた為助かった。 (皆殺し編) 狭い環境での村ならではの村八分と言う迫害や虐待などのテーマを扱う為重く、 兄が必死に妹を虐待から守る姿が本当に切ないです。 沙都子を守る為叔父を殺害した圭一が1人だけ村で生存する も数日後に亡くなってしまいます。 暇つぶし編 前3作の5年前の話で今編で出題編が完結。 ダム建設闘争の最中に極秘に調査に訪れた 公安刑事赤坂と、古手神社の一人娘でオヤシロ様とあがめられている 梨花がメインです。 考察 赤坂が来た時に寂れていた綿流し祭りは5、6年後には村中の人が総出という梨花のセリフの意味は? 解説 オヤシロ様の祟りでオヤシロ様の存在感が増した為 恐れた村人が祭りを盛り上げようとした。 5年前の話なので前日段のような扱いですが、 後の解答編に繋がる重要な内容。 タイムループが出来る梨花は 赤坂に村の救済を願いますが、 赤坂は梨花を助けることが出来ず、 村の全滅と言う赤坂が大きく後悔する結末となってしまいます。 解答編 目明し編 綿流し編に対する解答で園崎詩音視点。 2部構成で 1部は園崎詩音と北条悟史の話で、2部が昭和58年が舞台。 雛見沢村に秘かに戻った詩音は、 村民にばれないように魅音に成りすまして生活するうちに悟史と出会う。 悟史に惹かれ始める詩音だが、 後に悟史の叔母が殺され容疑がかかったことを助ける為に 自分の正体を明かして嘘のアリバイを証言。 園崎家に嘘がばれてしまいけじめを受けなんとか許されるが、その後 悟史は失踪してしまう。 考察 北条悟史の行方は? 解説 購入したぬいぐるみが大きすぎて自転車で運べない為入江に頼んで車へ。 車中でL5を発症し様子がおかしくなり 診療所へ搬送後地下で治療中。 (祭囃子編) 考察 祭具殿への侵入に対しての村民たちの異常な激高の理由は? 解説 オヤシロ様の力と祟りを信じきっているためと、 自分が祟りにあってしまったらと 漠然とした恐怖による可能性が高い。 考察 詩音が病院で聞いたドンドンと叩く音の正体は? 解説 詩音は魅音を伴い一人二役の人格障害を起こしたほどなので L5による妄想が強い。 悟史への恋心など切ない描写があるけど、どんどん悟史の為に壊れていく詩音様子がかなり怖いですね…。 けじめのシーンは アニメ版では真っ先にカットされたのも頷けますし、かなりのトラウマものです。 村全体が 悟史の敵討ちであると結論を出す詩音。 実際には御三家は関係せず、あくまでオヤシロ様関係は高野家と村内での狭い噂が大きくなった結果でしたが、 村と言う閉鎖的空間による独特なテーマで考えさせられますね。 梨花が 世界は駄目だと見切りをつけて自分を刺し続ける描写もあり、結局村が壊滅と言う結末を迎えます。 罪滅ぼし編 鬼隠し編の解答とひぐらしのなく頃にの世界観の謎に迫る編で圭一とレナの視点。 家庭内の少しずつの崩壊により精神も壊れ始め雛見沢症候群にかかってしまうレナは、 圭一たち仲間も疑ってしまう。 それを止めるために立ち上がる圭一だが、 レナに自分の過去を突きつけられ決別へ。 鬼隠し編では自分を救おうとしたレナだが、 今度は自分がレナを助けると決意する圭一だった。 考察 レナの爆破装置は実現できるかどうか 解説 仕掛けた前日から当日までに ボールがガソリンで溶けてしまう為不可能と思われる。 雛見沢症候群を発症してしまったレナを圭一が守る決意をする為、 恋愛要素が1番強い編です。 レナと圭一両方にそれぞれの過去や境遇が明かされ、 特に圭一のエアガンの過去は衝撃でした。 皆殺し編 圭一と梨花、今作で 初登場の羽入がメインで祟殺し編の解答編。 梨花のもう一人の人格は フレデリカ=ベルンカステル。 彼女は綿入り祭り前に生まれ変わる度に 何百年と何度も殺されます。 無限の可能性の世界=かけら、時間を巻き戻せる力は梨花の体力を消費する為年々弱まってきている。 その力の補助は 梨花にしか見えない梨花の先祖の羽入の存在が大きかったが、 羽入は冷めた目で雛見沢村の行末を見ていたが…。 考察 梨花のループは何によって起こるのか? 解説 梨花自身の意志による力と 羽入のサポートによるもの。 考察 雛見沢大災害の黒幕は誰か? 解説 鷹野三四と東京。 圭一とレナが記憶を引き継いでいるのか頼もしいです。 村ならではの金銭のやり取りや圧力、権力への恐怖が社会的テーマとして描写されています。 梨花は 雛見沢村症候群を抑えるフェロモンを持つ体質。 この力を利用して自分が代わりにオヤシロ様になると考え、 村の壊滅や村人の虐殺をもくろむ鷹野。 目的のためには誰でも手にかける鷹野の非情ぶりが凄いです。 あと一歩届かず 圭一たちは全滅してしまいますが、 幸せな結末を諦めていた 梨花が立ち向かう岐路になっています。 祭囃子編 全ての ラスボス鷹野の生い立ちが詳細に。 鷹野の恩師の一二三と幸せな日常を送れるも研究が打ち切られることを避ける為に、 野村から雛見沢村殲滅の提示をされるも 実際は利用されただけの挙句、 実行後は始末されるという救いの無さ。 また戦争中の組織の権力の上下なども描写されます。 しかし 鷹野の恋人の富竹の存在や、 梨花が彼女を許す言葉の末にようやく惨劇や復讐から 解放される世界が確定されました。 考察 梨花や沙都子の両親を救済できなかった理由は? 解説 彼らまでの救済を含むと更に何百年ものループが必要になってしまい、 梨花や羽入にそこまでの力は残されていなかったと思われる。 考察 梨花にしか見えなかった羽入がラストで人の姿になったのは何故? 解説 古手桜花の1000年前の行動と同じく 人の罪を自分が撃たれることで祓おうと思ったため。 (その後誰かの犠牲による結末に否定する桜花の意志に従った梨花が羽入を救う) 今編では雛見沢症候群に誰もならずに 村人の誰も死なない結末が注目。 皆殺し編での誰かに相談し打ち明けることの大切さが紡がれたからこそのラストでしょう。 他に ファンディスクとして番外編の礼(賽殺し編、昼壊し編、罰恋し編)と、 完全版と思われる 奉(本編全編、雛見沢停留所、ひぐらしアウトブレイク、神姦し編)があります。 ひぐらしのなく頃にシリーズの怖い順 ほのぼの要素もありながらシリーズ全般を通してどれも怖い要素が欠かせないひぐらしのなく頃に。 それでは 怖い度合いはどの編が強いのでしょうか。 順番に紹介していきます。 鬼隠し編 最初の編だからこそ情報量が少なく謎な状態でどんどん自分の身に起きる異変を感じていく恐怖が半端ないです。 綿流し編 2編目ともあり事件の全貌が分からなくて恐怖度が増します。 詩音の電話の「くけけけけけけ」が特に怖すぎます。 目明し編 詩音の狂気な様が恐怖ですがやはりあのけじめのシーンが残酷すぎるということで…。 けじめというからもう少し軽く考えていましたがまさかあんなシーンとは…。 怖い評判で有名な今作品ですが全8編で確かに最後の祭囃子編以外の最期は皆悲惨ですし、 紗靴が嫌拷問などの描写もありますが全部怖いっというのではなく、 強いて言えば 上記の3編以外はそれほど構えなくても見られるのではないでしょうか。 時系列ではなくパラレルワールド形式でもしもの話として進むのが最初こそ戸惑うものの、 それにより 推理する楽しみが増し各編それぞれの面白さがあります。 また怖い要素も事件自体の残虐性や結末の救われなさより、 閉鎖的な村での人間関係や古くからの風習や因縁など 人の陰湿な部分に特化したものなので、 強烈に怖いというより じっとりとした怖さを感じる作品です。 様々なメディア化がされていますが 原作ゲームのプレイを1番強くお勧め。 他には 気軽に入れる漫画版でひぐらしの世界にどっぷりつかってみてはいかがでしょうか。 ダ 赤塚不二夫氏の名作ギャグ漫画『おそ松くん』原作の 『おそ松さん』のアニ 2015年3月から配信が開始された スマホ用女性向けパズルRPG 夢王国と眠れる 2019年7月スタートアニメも好評だった 『あんさんぶるスターズ!』 通 どうも、ヤンユーです。 『うたわれるもの偽りの仮面』 2 漫画「七つの大罪」をご覧になったことがありますか? タイトル通りキリスト教用語 DMM. 2004年から連載が開始され 2006年にはアニメ化もされた 人気漫画D. G 第五人格IdentityV アイデンティティ5)は、2018年に配信された非対称対戦.

次の

ひぐらしのなく頃に礼

ひぐらしのなく頃に時系列

とはいえ、ひぐらしファンにとっては、編や物語の舞台となっている年代は気になりますよね? そういう楽しみ方も、悪くない! というわけで、ひぐらしのなく頃にをあえて時系列に並べ替えてネタバレしてみますよ! 注意:こちら少々上級テクニックとなります。 普通に楽しむ場合は順番どおり見るのがおススメです。 【昭和52~58年】祭囃し編・カケラ紡ぎ ざっくりした説明ですが、カケラ紡ぎとは、梨花が様々なパラレルワールドでグッドエンディングを目指すために奮闘したカケラを集めることです。 梨花が途方もない数の絶望や犠牲を乗り越えて、そのたびに、それぞれのパラレルワールドで、グッドエンディングのための「カケラ」を残していきます。 誰一人犠牲を出さずに昭和58年を乗り越えるために、約100年かけて残してきた「カケラ」たちを紡ぎ合わせるのです。 ゲームでは100個ぐらいのカケラを読んでいくことでグッドエンディングへの道が開けていく仕様なのですが、アニメでは、2期最終章「祭囃し編・本編」において、あちこちに散らばるカケラを羽入を加えた部活メンバーたちで紡いでいくことになります。 【昭和53年】暇潰し編 幼いころの梨花ちゃんと赤坂のお話です。 警視庁公安部の刑事・赤坂衛は上層部からミッションをうけます。 「犬飼建設大臣の孫が誘拐された」 どうやらダム建設反対中の雛見沢村の「鬼が淵死守同盟」が関わっているらしい。 観光客に扮して雛見沢入りした赤坂は、古手梨花と出会う。 そして「東京へ帰れ、さもないと…」と促される。 また、古手梨花から今後起こる事件のカミングアウトをされます。 この5年後に雛見沢が滅ぶのです。 【昭和57~58年】目明し編 目明し編の中心人物は園崎詩音。 詩音は沙都子の兄である悟史が好き。 でも悟史は行方不明。 いなくなった聡への恋焦がれがこじれてヤンデレ化します。 すなわち雛見沢症候群発症して、連続殺人事件を繰り広げます。 【昭和58年】鬼隠し編 ひぐらしシリーズの一番最初のストーリーです。 物語の中心人物は、前原圭一。 圭一が、綿流しで起こる失踪事件を調べようとしますが、徐々に圭一が疑心暗鬼に陥ります。 最終的に麗奈と詩音を殺害してしまいます。 圭一は重度の雛見沢症候群にかかっていた、ということです。 【昭和58年】綿流し編 綿流しの日に、入っちゃいけないといわれている「祭具殿」に入った園崎詩音・園崎魅音・前原圭一・鷹野三四。 禁忌を犯したため、連続怪死事件が次々と起こるのです。 犯人は園崎詩音で、最終前原圭一も刺されます。 【昭和58年】祟殺し編 圭一と沙都子のストーリーです。 圭一と沙都子がまるで兄弟のように過ごしているところへ、 かつて沙都子を虐待していた叔父が雛見沢に戻ってきます。 虐待の再発を恐れて圭一は叔父を殺害。 しかし、叔父の遺体も起こした事件もなかったことに… その後圭一の周りで連続して人々がなくなっていきます。 最期は雛見沢大災害。 しかし、圭一だけ生き残ります。 【昭和58年】罪滅し編 鬼隠し編の解答編です。 レナが疑心暗鬼に陥ります。 そして仲間たちがレナを止めるために奮闘します。 その中で圭一は、鬼隠し編での記憶を一部思い出すのです。 視点は梨花ちゃん。 仲間たちの奮闘で、沙都子のことを守り切ります。 その行動が、梨花の死に戻りループから脱出できそうな予感を伺わせるのです。 なかば諦めモードだった梨花も少し前向きに行動していくのです。 しかし、雛見沢大災害の黒幕の登場により、全滅してしまいます。 【昭和58年】祭囃し編:本編 皆殺し編から続くストーリーです。 梨花を含めた仲間たちが、力を合わせて、誰も死なない全員生き残るルートを達成することになります。 【昭和58年初夏】賽殺し編 祭囃し編の後の物語です。 部活メンバーと遊んだ帰り道、梨花が自転車事故にあい亡くなってしまいます。 死に戻り体質で戻った世界は、これまでとは全く違った設定です。 部活の仲間の何か違う。 なぜか生きている両親。 村の雰囲気までなにか違和感。 紆余曲折しながらも、元居た世界戦へと戻るまでのストーリーです。 まとめ いかがでしたか? 改めて時系列に並べ替えると、なかなか趣のある流れになりますよね。

次の

「ひぐらしのなく頃に」あらすじ・ネタバレ・名言まとめ

ひぐらしのなく頃に時系列

ゲーム性・スペック ゲーム性 タイプ A+ART機 純増 約1. 3 97. 3 98. 0 100. 4 104. 9 109. 6 113. ARTへのメイン契機は周期抽選とCZ。 7枚とそれなりです。 通常は40周期が天井ですが、 設定変更時は20周期目が天井に!! 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の