てん びょう の うた。 みかぐらうた

てんぐ巣病(てんぐすびょう)

てん びょう の うた

【診断のポイントと症状】• 主に、葉に病斑ができます。 稀に、収穫した側球(鱗片)に暗赤紫色の乾腐病斑を生じることがあります。 はじめ白い円形~楕円形の小さな斑点を生じ、やがて1~2cmの病斑になります。 気温が高めの時は中央部が赤紫色の紫斑型病斑となり、やや低温の時には中央部が淡褐色のままの黄斑型病斑となりますが、2種類が混在して発生する場合も多いようです。 湿度が高い時は、病斑上には黒い粉状の胞子(分生胞子)が形成されます。 病斑が多数生じて数珠状に連なったりしてくると、葉は黄変して枯れあがります。 圃場の湿度の高い箇所などで発生して発病株が増加すると、坪状に黄変して発見しやすくなります。 ニンニク品種で発生に差異があるようです。 福地ホワイトに比べて、葉色が濃い品種(例えば、富良野や八幡平など)は発生が少ないようです。

次の

あめのうた

てん びょう の うた

膠原病は中年の女性に多い病気です 膠原病が何かを理解するためには、まず免疫について知っておく必要があります。 詳しくは、「」を参考にしてください。 「免疫」とは、簡単に言うと異物や病原体が体に侵入してきたとき、体を防御しようとするシステムです。 免疫によって病気が治ったり、予防できたりします。 ところが、この免疫が暴走することで、かえって病気になってしまうのが、「膠原病」です。 「自己免疫疾患」の通り、自分の免疫が自分を攻撃してしまい、炎症を起こし、臓器や組織を壊してしまうわけです。 攻撃される臓器によって病気が異なります。 例えば、慢性関節リウマチは、主に関節が攻撃され、関節炎を起こします。 皮膚筋炎は皮膚と筋肉が攻撃され、皮膚に湿疹が出たり、筋肉に力が入らない状態になります。 膠原病の種類 一言で膠原病と言っても、その種類や病名は様々です。 リウマチなどのよく聞く疾患も、膠原病の一つなのです。 主な膠原病の種類と、主に攻撃される部位についてまとめました。 全身が攻撃される• ・若年性免疫性リウマチ 主に関節、子供では全身が攻撃される• 主に全身が攻撃される• 全身性硬化症 SSc ・・進行性全身性硬化症 PSS 主に皮膚などが攻撃される• ・多発性筋炎 PM 主に皮膚や筋肉が攻撃される• 結節性多発性動脈炎 PN 主に血管が攻撃される• 主に唾液腺、涙腺などが攻撃される• Wegener肉芽腫症 Wegener's granulomatosis; WG 副鼻腔、腎臓、肺が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 過敏性血管炎 主に血管が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 原因不明の筋肉の病気• 主に消化管が攻撃される• 主に消化管が攻撃される• 主に粘膜が攻撃される• 原発性胆汁性肝硬変 主に肝臓や胆管が攻撃される 以上のように種類が多く、なかなか診断がつかないことがあります。 膠原病の初期症状と診療科 発熱が続いたり、体がだるい状態が続くのも症状の一つです 膠原病は、慢性疾患になりますので、症状が長いことが特徴です。 また、良くなったり悪くなったりする症状があれば、要注意です。 発熱、咳、蛋白尿、関節痛、湿疹、下痢、腹痛、体がだるいなどの症状が長く続く場合、膠原病の可能性があります。 風邪や胃腸炎の症状に似ていますが、1週間も、2週間、1ヶ月も改善しなければ、風邪ではない可能性が高くなりますので、一度医療機関を受診するようにしましょう。 詳しく問診で、膠原病が疑われた場合、血液検査や尿検査を行います。 さらに関節痛がある場合は、整形外科でも診てもらうことが大切です。 認定認定アレルギー専門医になる試験に、膠原病の知識が必ず問われますので、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を標榜されているといいかもしれません。 しかし、膠原病の可能性が高い場合は、膠原病内科、膠原病・リウマチ内科の方がいいでしょう。 リウマチなら整形外科を受診してもいいでしょう。 ただ、子供の場合と同じで、や認定リウマチ専門医を標榜されているといいかもしれません。 学会認定専門医・指導医のリスト• 医療機関の科目に、膠原病、リウマチの文字があるかどうかを調べておいた方がいいですね。 次ページでは、膠原病の診断法と治療法について解説します。

次の

天体観測 BUMP OF CHICKEN 歌詞情報

てん びょう の うた

多くの植物に発生する病気で、病患部から多くの細い枝が群がり出て、天狗 てんぐ の巣のような症状を呈するため、てんぐ巣病といわれる。 欧米ではwitches' broom(魔女の箒 ほうき )とよばれる。 病原の種類は植物の種類によってそれぞれ異なっているが、次のように分けることができる。 1 ファイトプラズマの寄生によるもので、サツマイモ、マメ類、ミツバ、キリなどに発生。 主としてヨコバイ類によって媒介される。 2 子嚢 しのう 菌類のタフリナ Taphrina属の寄生によるもので、サクラ類、カンバなどに発生。 とくにサクラてんぐ巣病( T. wiesneriによる)は発生も多く、よく知られている。 タケ類てんぐ巣病は、同様に子嚢菌類の寄生によるが、病原菌の属はまったく異なる。 3 担子菌類サビ菌目の菌の寄生によるもので、モミ( Melampsorella caryophyllacearumによる)およびアスナロ( Blastospora betulaeによる)などのてんぐ巣病が代表的なものである。 4 担子菌類餅 もち 病菌の寄生によるものでは、ツツジてんぐ巣病( Exobasidium pentasporiumによる)がある。 防除法は病原の種類によって異なり、ファイトプラズマによるものは、殺虫剤を散布して媒介虫を殺す。 サクラなど糸状菌の寄生によるものは、病枝をそのすぐ下にあるこぶとともに切り落としてTPN剤などの殺菌剤を散布する。 [梶原敏宏].

次の