インスタ アンケート 複数回答。 【Instagram】アンケート機能の使い方(通知・投票者の確認・投票の取り消しなど)

【図解あり】Googleフォームの初心者でもわかるアンケート作成・使い方を紹介【無料・オンライン上・自動集計】

インスタ アンケート 複数回答

アンケートの導入文 アンケート項目を表示する前に忘れてはならないものが、アンケートの導入文です。 第一印象のよくないアンケートは、回答率が向上しません。 以下の5つのポイントだけでも最低限おさえておき、 ユーザーに不快感を与えないアンケートにしましょう。 1 冒頭の挨拶文 冒頭に「アンケートにご協力いただき、ありがとうございます。 」「お手数ですが、最後までご回答をお願いします。 」などの挨拶文があるのとないのでは、アンケートを目にした ユーザーに与える印象が大きく異なります。 2 回答にかかる時間を明示する 「回答時間:3分」のように、回答にかかる目安の時間を記載しておくことで回答率は上がります。 所要時間の目安を明記しておくと、 ユーザーはいつ回答するのか、回答時のペース配分はどうするのかなどを考慮することができます。 また、心理的負担の軽減にもつながります。 3 アンケートの目的を伝える アンケートに回答してくれる ユーザーの立場としては、自分が回答したアンケートがどのように利用されるのかは気になるものです。 特に、満足度や改善要望、今後欲しいサービスや商品などに関するアンケートを行う場合は必須です。 自分の回答が、なんらかの形でサービスや商品に反映されると約束されることで、回答率や正確さが高まりやすくなります。 4 インセンティブがある場合は導入部分に記載する インセンティブは必ずしも必要ではありません。 しかし、ある場合にはアンケートに回答することで、どのような インセンティブがあるのかも冒頭で明記しておきましょう。 アンケートに回答する前に インセンティブについてわかれば、回答率が高まりやすくなります。 5 個人情報の取り扱い方針を明記する アンケート結果を分析する際に、ある程度の個人情報 ユーザー属性や趣味・嗜好など は必要となります。 そのため「個人を特定できる情報は取得しません。 」などの個人情報の取り扱いについては明記しておく必要があります。 個人が特定される恐れがないと保証されると、回答率や正確さは高まりやすくなります。 ユーザー ユーザーとは、コンピューターやシステムを利用する人のことを指します。 利用者、使用者、消費者などの意味を持つ英単語で、対義語は「メーカー」や「デベロッパー」などがあります。

次の

インスタで三択アンケートを作る方法!回答率を上げるコツも解説

インスタ アンケート 複数回答

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。 Excelを使ったアンケートの集計の方法とは アンケートの集計作業は非常に骨が折れるものです。 回収後、一つ一つの回答結果をExcelなどの表計案ソフトに入力、集計しするだけでなく、グラフなどでわかりやすくまとめなくてはいけません。 最近はインターネット上で集計が行われる手法も増えましたが、環境によってはローデータ(1行に1回答者の回答が表示された、集計や処理がされていない生の回答データの事)しか入手できない場合もありますし、紙のアンケートも健在です。 そこで今回は、選択肢形式の単一回答、複数回答の2種類における、Excelの関数を用いた集計方法をご紹介します。 単一回答の集計 アンケートの選択式の回答形式には大きく分けて、単一回答と複数回答の2種類があります。 まずは単一回答の集計方法をご紹介したいと思います。 単一回答は、選択肢形式で、複数の選択肢から1つだけ回答を選ぶものです。 回答者が回答しやすい最もポピュラーな形式です。 参考: 単一回答は、Single Answer、略して「SA」とも呼ばれています。 回答データを入力する際は、選択肢の番号を1から始まる整数とし、各整数の件数を数えることで単一回答の集計を行います。 以下のアンケートをサンプルとします。 商品を知ったキッカケは何ですか? 1. テレビ、2. 雑誌、3. 新聞、4. ラジオ、5. インターネット(ホームページやSNS)、6. 口コミ、7. 店頭、8. その他 1. データを用意する まずは、回答結果の集計データを用意します。 上記で説明したとおり、各選択肢は整数で入力されています。 また、サンプル数は全部で300です。 シート名は「Data」とします。 集計表の枠を作成する 別のシート(Aggregate)に、集計表の枠を作成します。 集計用の関数を入力する 集計に使う関数(COUNTIF)を入力し、各選択肢の回答件数を求めます。 COUNTIFは指定した範囲内で、検索条件を満たす数値の個数を求める関数です。 セルをコピーする 他の選択肢の回答件数がわかるよう、セルを下の行までコピーします。 また、一番最後のセルC10にはSUM関数【SUM C2:C9 】を入力し、合計数を算出します。 Rate(割合)を算出する 続いて隣の列に、Rate(割合)を算出する計算式を入力します。 コピーをしたときに参照元がずれないよう、C10(合計数)は絶対参照とします。 セルをコピーする 他の選択肢のRate(割合)も算出できるよう、セルを下までコピーします。 SUM関数を入力する Rate列の最後にSUM関数を入力して完了です。 複数回答の集計 続いては複数回答の集計です。 複数回答は、選択肢形式で、復数の選択肢から複数の回答を選択できるものです。 参考: 複数回答は、Multiplee Answer、略して「MA」とも呼ばれています。 回答データを入力する際は、各選択肢ごとに列を用意し、回答者がその選択肢を選ばなかった場合は0、選んだ場合は1を入力します。 各選択肢の該当者数は、各列の1の数の合計を求めることで集計できます。 以下のアンケートをサンプルとします。 商品を購入した理由を教えてください。 (3つまで回答OK) 1. 機能、2. 価格、3. デザイン、4. 大きさ、5. 広告、6. その他 サンプル数は300です。 データを用意する まずは、回答結果の集計データを用意します。 上記で説明したとおり、各選択肢ごとに列が用意され、0か1で入力されています。 シート名は「Data2」とします。 集計表の枠を作成する 別のシート(Aggregate)に、集計表の枠を作成します。 集計用の関数を入力する SUM INDEX 参照, 行番号, 列番号 という関数を使い、各選択肢ごとの回答件数を求めます。 INDEX関数は、参照範囲の行番号と列番号の交差するセル範囲を指定する関数です。 行番号に0を指定すると、列番号で指定した列全体のセル範囲を指定することになります。 コピーしてもズレないように、参照範囲は絶対参照にします。 セルをコピーする 他の選択肢の回答件数がわかるよう、セルを下の行までコピーします。 Rate(割合)を算出する 母数の300をベースにし、Rate 割合)を算出します。 セルをコピーする 他の選択肢のRate(割合)も算出できるよう、セルを下までコピーします。 Excelを使ったアンケート集計方法を解説!単一回答・複数回答編 まとめ アンケートはデータを集めただけでは意味がありません。 集めたデータをどう活用するかが大事です。 そのためにも、見やすいデータに加工するのは重要な作業になります。 ちなみに、ピボットテーブルを使えば更に簡単に集計が可能ですが、こちらはまた改めてご紹介します。 参考: タグ一覧.

次の

Tableau Prep を使ったアンケートデータの整形

インスタ アンケート 複数回答

イチからはじめるInstagram 第4回:Instagramをより楽しむためのTips 「イチからはじめるInstagram」特集は今回で最終回となる。 これまでInstagramの基本的な使い方を解説したが、今回はもっとInstagramを楽しむためのTipsをお伝えしたい。 【関連記事】 1 ハッシュタグを使いこなす SNSで多用されている「#(ハッシュタグ)」は、Instagramでも大きな役割を果たしている。 自分の投稿への誘導と、興味ある投稿の自動収集だ。 ハッシュタグはタップすると、同じハッシュタグを付けている投稿が検索され、一覧に並ぶ。 検索機能からもハッシュタグで探せる。 そのとき目を引く投稿をしておくと、いいねやフォロワーが増えることがある。 これを「タグ映え」と呼ぶ。 そして、ハッシュタグは「フォローする」ことができる。 フォローすると、そのハッシュタグが付いた投稿がフィードに表示されるようになる。 いちいち検索する必要がなくなるため、常にキャッチアップしたいジャンルはフォローしておくとよいだろう。 ハッシュタグで検索する手順 ハッシュタグで検索するには、まず画面下の検索ボタンをタップする。 「タグ」にしてキーワードを入れる、もしくは「#」を先頭に入れてキーワードを入れると、関連するハッシュタグが表示されるので、タップする。 ハッシュタグの検索結果画面では、「トップ」に人気の投稿、「最近」には新しい投稿が表示される。 フォローするには「フォローする」をタップする。 2 複数の画像や動画を投稿する Instagramは1投稿に画像や動画を10個まで投稿することができる。 複数の画像がまとめられている投稿は、スワイプすると次の画像を見ることができる。 スワイプしなければ見られないなら1枚ずつ投稿したほうがいいと考える人もいるかもしれないが、一度見た投稿でも、次にInstagramを開いたときには2枚目の画像で表示されるので、それをきっかけにすべての画像を見てもらえる可能性がある。 コラージュはInstagramが提供する「Layout from Instagram」という別アプリで行う。 インストールすると、Instagramと連携できて使いやすいので、ぜひ試してほしい。 複数枚の写真を投稿する手順 複数枚の写真を投稿する際は「複数枚を選択」をタップする。 投稿する画像や動画を選択して、あとは通常通りに投稿するだけ。 コラージュを投稿する手順 コラージュを作りたい場合は、「Layout」ボタンをタップする。 アプリをインストールする。 「Layout from Instagram」を起動してコラージュしたい画像とレイアウトを選択する。 画像の入れ替えや加工を行ったら「保存」を押すと、Instagramへのシェアボタンが表示される。 3 ストーリーズのスタンプを使いこなす ストーリーズには「スタンプ」がある。 スタンプは、デザインされたイラストや文字で元の画像や動画を飾る目的のものと、閲覧者にアンケートや質問ができる機能付きのものがある。 機能付きのスタンプは、閲覧者と双方向のコミュニケーションができるので、若い人を中心に人気が高い。 どんなスタンプがあるか、いくつか紹介しよう。 ここでは、2020年2月にリリースされたばかりの「ミュージック」スタンプの使い方を説明する。 ミュージックスタンプは、提供されている国内外の楽曲をストーリーズに貼り付けることができる機能だ。 本サイトの読者なら、写真作品に合わせたBGMを設定すると表現の幅が広がるだろう。 楽曲は1投稿に最大15秒、曲の好きな箇所を選んで設置できる。 スタンプのデザインはいくつかあり、歌詞が用意されている楽曲は歌詞を見せることもできる。 また、アーティストがInstagramのアカウントを持っている場合は、アーティストのページへのリンクとしても機能する。 ストーリーズでのミュージックスタンプの設定手順 ストーリーズの投稿画面でスタンプボタンをタップし、「ミュージック」をタップする。 検索画面が表示されるので、曲名やアーティスト名を検索し、設置したい曲を選ぶ。 曲の位置をバーで選び、表示形式や文字の色などを選んで「完了」をタップするとスタンプの設置完了だ。 4 他のSNSに同時投稿する Instagramのフィード投稿は、Facebook、Twitter、Tumblr、Ameba(アメブロ)、mixi、weiboなどに同時投稿することができる。 一人でも多くの人に見て欲しい画像や動画は、一斉投稿すると手間が減る。 ただし、SNSはそれぞれに文章の雰囲気やハッシュタグの分量などにカルチャーがあるので、投稿によってシェアするかどうかを毎回決めるとよいだろう。 同時投稿するには、設定でアカウントを連携しておくとよい。 「設定」の「アカウント」で「リンク済みのアカウント」を選んで設定しておこう。 SNS同時投稿の設定方法 アカウントページの右上にあるメニューボタンをタップし、「設定」の「アカウント」で「リンク済みのアカウント」を開く。 ここでは「Twitter」をタップする。 Twitterのアカウントを入力し、「連携アプリを認証」する。 投稿時に同時投稿するSNSをオンにしてから「シェア」をタップする。 本企画では、4回にわたって駆け足でInstagramの基本と応用を紹介した。 Instagramは写真好きに最適なSNSだ。 ぜひこの記事を参考にして、オンライン越しの交流を楽しんでもらいたい。

次の