エアコン 掃除 の 仕方。 業務用エアコンクリーニングの分解作業完全解説 写真と動画で解説いたします。

エアコンの掃除の仕方!自分でカビ除去する方法とコツ!

エアコン 掃除 の 仕方

エアコン掃除をしないと…? そもそもエアコン掃除をするメリットとは何なのでしょうか? ・健康を守る ・電気代を節約する この2つがあります! エアコンのカビが健康に悪影響を及ぼす エアコン掃除をしないと、 内部にカビが溜まり、そのカビがエアコンの風と共に部屋に蔓延します。 そのカビを私たちが吸い込んでしまうと とても健康に悪いのです。 中には 肺炎につながってしまうものも。 気をつけたいですね。 エアコンのホコリが電気代の高騰をもたらす エアコンに ホコリが溜まると、フィルターが目詰まりを起こし、エアコンが効率よく働かなくなってしまいます。 そして、必要以上に電力を消費するため、ホコリのお掃除をしないと、 電気代が高騰してしまうことがあるのです。 定期的にお掃除したいですね。 自分でエアコン掃除ができるのは3箇所 まず始める前に、 エアコンのどの部分をお掃除するか、ご紹介します! 今回は、 取り外せるパーツのお掃除です。 取り外せるパーツは、 ・フィルター ・ルーバー ・カバー の3つ。 エアコンを使えば使うほど汚れが溜まっていきます。 こまめに週1回お掃除してあげましょう! ルーバー ルーバーはエアコンの電源をつけたときに、真っ先に動き出す横長のパーツ。 上下左右に 風向きを変えてくれます。 フィルターと比べ、汚れが溜まりにくいので、 3ヶ月に1回程度のお掃除で大丈夫です! カバー カバーは、フィルターを覆っているところです。 前面パネルと呼ばれることも。 取り外すことはできますが、 機種ごとに外し方が違います。 用意するもの ・踏み台または脚立 ・新聞紙 ・ゴム手袋 ・雑巾 ・ハンディモップ ・掃除機 ・洗濯用の中性洗剤 ・バケツ ・歯ブラシ ・綿棒 ・つまようじ 手順 1. 養生する お掃除をするとホコリが舞ってしまいます。 そのため、床をビニールや新聞紙で覆いましょう。 足場を固める 安全にお掃除できるよう、踏み台や脚立がぐらついたりしないか確認します。 踏み台や脚立は、前ならえをして腕を伸ばしたときに、エアコンが付いてる壁にちょうど指先が触れるくらいの距離に置きましょう! 3. 電源を切り、コンセントを抜く 電源を切り、 コンセントを抜きます。 コンセントを刺したままお掃除をすると、 感電したり、 漏電したり、 とても危険です。 注意してください! 4. エアコン上部や表面のホコリやゴミを拭く お部屋の中にホコリをまき散らすことにならないよう、エアコンの 表面や上の方に溜まったホコリやゴミを取り除いておきましょう。 カバーを取り外す まずは カバーを開けましょう。 エアコンの側面に、カバーを開けるための 取っ手やくぼみがありますね。 その取っ手やくぼみに手を合わせて、少し手前に引いてから上に持ち上げます。 そして、 カバーが止まる位置まで、ゆっくりと引き上げましょう! この後の カバーの外し方は、 エアコンの機種によって変わります。 少し外側に開いて外すタイプ、そのまま手前に引き抜くタイプなどがあります。 カバーがうまく外せない…そんな時でも、 フィルターは外せる場合があります!その時はフィルターだけ、お掃除しましょうね。 フィルターを外す ホコリが散らないようにゆっくりとフィルターを外しましょう。 取り出したフィルターは、新聞紙などの上に置いておきます。 ルーバーを取り外す ルーバーは、たいてい 真ん中・ 右端・ 左端で固定されています。 まずは真ん中から。 ルーバーを曲げて取り外す感じです。 割と思い切ったほうがうまくいくようですが、注意して作業しましょう。 真ん中を外したら、両端を外していきます。 手前にかなり強く曲げて両端をいっぺんに外すイメージです。 かなり大変なので、外せそうな方のみ外してみてください。 取り外したパーツのホコリを掃除機で吸い取る ホコリが付いていたら、 掃除機で吸い取りましょう。 このあと水洗いをするので、だいたいホコリを落とせていたらOK。 フィルターは、オモテ面から吸い取るとホコリを落としやすいです。 注意 歯ブラシでこすりすぎない パーツが傷ついてしまいます。 できるだけ優しくこすりましょう! 細かい汚れには、綿棒やつまようじを使うことがオススメです。 取り外したパーツを水ですすぐ 洗剤が残らないように、入念にシャワーをかけて洗い流しましょう。 完全に乾かす パーツをしっかり乾かしましょう!乾かさないと カビ臭くなったり、エアコンが壊れる原因になったりします。 まず、乾いた布で余分な水分をしっかり拭き取ります。 そして、 30分~1時間ほど、新聞紙を敷いた上にパーツを並べて自然乾燥させましょう。 今回は、ベランダで乾かしたところ30分ほどで乾きました! 天気のいい日に行うといいかもしれませんね。 パーツを取り付ける 取り外したときと逆の順番で取り付けていきます。 取り付けるときもグッと湾曲させることになるので、壊さないように慎重に。 フィルターには表と裏があります。 自分と向かい合うのは オモテ面です。 間違えないように気を付けてくださいね! カバーは、確実に 固定しましょう。 固定ができてしまえば、そっと閉じるだけです。 送風運転する 30分ほど送風運転をして乾かしましょう。 水分を絶対に飛ばす、これが最も大切。 これでお掃除は完了です。 お疲れさまでした! 取り外せないパーツはどうするの? 取り外せないのは、エアコンの 内部のパーツ。 フィンや ファンなどがそれにあたりますね。 ファン ファンは エアコン内部の空気の流れを作っています。 筒状の部品がくるくると回転して、空気を吸ったり吐いたりしてくれるのです。 そんなファンにホコリやカビが溜まると、 効率的に空気の流れが作れなくなります。 すると、風力が弱まってしまいますよね。 フィン フィンは 空気の温度を変える役割を果たしています。 赤く囲んだ部分の金属棒がフィンです。 フィンも ホコリやカビで汚れやすい箇所。 汚れていると空気を冷やしたり、温かくしたりするときの効率が悪くなり、 効きにくくなってしまうのです。 エアコンの内部のお掃除は…? フィンやファンのお掃除の場合、 エアコンクリーナーを使用するか、 業者さんにエアコンクリーニングを依頼するべきとよく言われています。 ただし、エアコンクリーナーは正しく使わないと、 カビの発生や 発火の危険があるのです! そのため、 エアコンクリーニングのプロにお掃除を依頼するのがおすすめ。 クリーナーの危険性についてはで詳しく解説していますよ。 自動洗浄してくれるエアコンはどうしたらいい? エアコンに中には、 自動洗浄してくれるタイプのものもありますよね。 とっても便利な自動洗浄タイプのエアコンですが、これらの機種ならまったく掃除をしなくて良いのでしょうか? 自動洗浄ではどの部分を掃除しているのか。 自動洗浄機能のあるエアコンも掃除をするべきなのか、くわしくみてみましょう。 熱交換器を自動洗浄してくれるエアコンとは? 自動洗浄をしてくれるエアコンにも種類があり、 「 フィルターの掃除をしてくれるタイプ」 「 熱交換器(フィン)や ファンの掃除もしてくれるタイプ」 の2種類があります。 フィルター掃除タイプのものは、その名の通りフィルターのみ。 熱交換器やファンを自動洗浄してくれるタイプなら、エアコンの内部までしっかり掃除をしてくれます。 それではいったいなぜ、エアコンを使うだけで内部の掃除もできるのでしょうか? そこで、エアコンの内部へ目を向けてみると、最新のものは空気中の水分を一度凍らせ、その後一気に溶かすことで、汚れを洗い流していることが分かりました。 掃除中はエアコンが使えないため、寒い季節、暑い季節はタイマー機能などを利用して掃除できるモデルが便利です。 自動洗浄してくれるエアコンは掃除するべき? 私たちの生活を快適にしてくれる熱交換器の自動洗浄。 ですが、定期的に掃除していればそれでOKという訳ではありません。 水で洗い流すタイプの自動洗浄では、油汚れやカビ、雑菌などに対抗できないからです。 一見清潔に見える水で洗い流す機能ですが、内部に水分が残ってしまい、 カビの原因になるケースもあります。 この対策として、最近では 乾燥機能付きのエアコンも増えてきました。 問題は多少ありますがそれでも、掃除機能がないエアコンと比較すれば、清潔な状態を保てる自動洗浄タイプのエアコン。 自動洗浄にプラスして、掃除もきちんとしてあげましょう。 自動洗浄タイプは家庭で掃除できる? 自動洗浄タイプのエアコンであっても、完璧に汚れを取り去れる訳ではありません。 こまめにフィルターやカバー、吹き出し口の掃除を行い、 清潔な状態を保つようにしましょう。 熱交換器部分を掃除するアイテムもありますが、洗浄後しっかり乾燥させないと、内部に水分が溜まり カビの原因になってしまうことも……。 エアコンを長く清潔に使いたい場合なら、熱交換器の自動洗浄機能がついているモデルであっても、プロのクリーニングを依頼するのがおすすめです。 プロは丸ごとキレイにエアコンクリーニング ということで、エアコンクリーナーは少し危険なので、エアコン内部のお掃除はプロに頼んで綺麗にしましょう。 エアコンを分解して、内部や配管に至るまで 「丸ごとお掃除」してくれますよ! プロのエアコンクリーニングの一部をチラリとお見せしますね。 まずは、作業中の汚れが周りの家具や壁床などに飛び散らないよう、丁寧に養成をします。 そして、ここまでエアコンを分解しちゃいます! ここまでのお掃除は自分ではできないですよね…。 丁寧にエアコン自体の養成したら、クリーニングの準備完了です! フィンやファンは高圧洗浄機で綺麗に! エアコンの内部は、高圧洗浄機を使ってお掃除していきます。 1年~3年に1回のプロによるお掃除を推奨しているようですね! 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ 今回は、自分でできるエアコンのお掃除方法や、プロのエアコンクリーニング エアコン掃除はマメに行うが吉です。 お掃除をサボってしまうと、故障の原因にもなり、エアコンの寿命にも関わってきます。 また何より、汚い空気の中で閉め切って過ごすのは嫌ですよね。 キレイな空気で、さわやかに過ごしてください!.

次の

【自分でエアコンファン掃除】送風ファンの黒カビを簡単に洗浄する方法

エアコン 掃除 の 仕方

フィルターの掃除の手順を説明していきます。 フィルターを覆っているパネル部分をしっかりと開けたら、フィルターをゆっくり丁寧に外してください。 フィルターに付着している埃のほとんどは表面に付いているので、表面から掃除機でしっかりと埃を吸収していきましょう。 掃除機で取りきれなかった部分は、浴室でシャワーをかけて水洗いします。 掃除機とは逆に裏面からシャワーを当て、網目に埃が詰まらないように気をつけてください。 水洗いで落ちない汚れがある場合は、台所の中性洗剤を水で薄め、古歯ブラシといった柔らかいブラシを使って洗います。 強くこすりすぎると網目が崩れてしまうこともあるので注意しましょう! 水洗いを終えたら、きれいなタオルを2枚使って、ポンポンと挟むように拭きます。 このとき、湿気が残ったままエアコン内部に戻してしまうとカビの原因になってしまうので注意してください。 エアコンのファンは、吹き出し口よりも奥にあり掃除も難しい部分。 故障が心配な方は業者への依頼もおすすめですが、ここでは個人でもできる掃除の仕方を紹介していきます。 専用の洗剤を使った掃除方法なので、掃除をする際にはエアコンファン専用のスプレー洗浄剤とリンス剤を用意しましょう。 まず、ファン専用洗浄剤をファンの羽の部分にかけます。 ムース状になっているので、ムラにならないようファン全体になじませながら吹き付けましょう。 ファン全体を泡で覆ったら、そのまま15〜30分ほど時間を置き、汚れが浮き上がるのを待ちます。 時間が経ち、汚れが浮き上がったらファン専用リンスで洗い流します。 きれいに洗い流したら、自然乾燥させましょう。 ある程度乾いたら、エアコンの送風運転で水を飛ばして終了です。 エアコンのフィン部分とは、取り込んだ空気の温度を調整する部分。 空気と一緒に取り込んだ埃が溜まってしまい、汚れやすくなっています。 フィンのおすすめの掃除方法は、専用の洗浄剤を使う方法、もしくは古歯ブラシで汚れを落とす方法です。 専用の洗浄剤を使う場合は、フィンに直接スプレーするだけ。 防カビ効果もあるものがほとんどなので、掃除をすることでカビによる悪臭も抑えられますよ。 古歯ブラシを使う場合は、丁寧に汚れをこすり落として掃除しましょう。 洗浄剤と併せて使うことで防カビ対策にも。 このとき、新品の歯ブラシを使ってしまうと、フィンを傷つけてしまうおそれがあるので、必ず柔らかくなった歯ブラシを使うようにしてください。

次の

エアコン室外機の掃除を自分でする方法を4ステップで紹介 【ファインドプロ】

エアコン 掃除 の 仕方

なぜやったほうがいい?エアコン掃除は定期的にやらないと危険! 汚れたエアコンを使用すると、内部のカビやほこりがエアコンの風に乗って一緒に外に出てきます。 エアコンの風が臭うようになってきたら、汚れが溜まっているサイン。 そのまま使い続けると、エアコンから吹き出される空気に多量のカビが含まれ、 夏型過敏性肺炎などの原因になることもあります。 さらに、エアコン運転効率が下がるので電気代は増え、カビやほこりでエアコンが故障してしまう可能性もあります。 体のためにもエアコンのためにも、エアコンは定期的に掃除をするようにしましょう。 エアコンのカビやほこりを確認方法 自宅のエアコンがカビやほこりが生えているのか気になりますよね。 たった30秒で簡単にチェックできる方法をご紹介します。 エアコンの電源を入れて、送風口を覗いてみましょう。 もし 黒い点々が見えたらそれはカビです。 暗くて見えないときは、携帯のライトを照らすとしっかりと中まで見えますよ。 そのままでは、エアコンの風に乗ってカビが出てくるので、掃除をオススメします。 次に、エアコンフィルターを外してみましょう。 外した中のパーツにほこりが溜まっていませんか?もし溜まっている場合は、エアコンの内部にほこりが入り込んでいる証拠です。 そのままにしておくと、カビの餌になってしまします。 詳しい確認方法は動画で紹介しています。 ぜひチェックしてみていください。 エアコンのにおいの原因発生の時期は夏にある 夏場にエアコンを使用するときに、かび臭い嫌な匂いに悩まされた経験のある人は多いでしょう。 そのにおいの原因は、エアコンの内部に溜まったカビや埃などのにおいなのです。 カビが発生する理由 なぜカビがエアコンの内部に発生するのでしょうか。 エアコンは冷房を使用している時は、部屋の暖かい空気を吸収しながら、冷気を吹き出し続けます。 その為にエアコンの内部に結露が発生するのです。 これがカビの発生源になり、そこから臭いにおいがエアコンからまき散らされるのです。 体にも悪い この臭いの原因はカビの胞子のにおいで、それを吸い続けると体に悪影響を及ぼします。 このような臭いにおいがする時は、エアコンの使用を一度取りやめて、内部まで徹底的に掃除をする必要があります。 暑い時期にたまったカビ菌などが冬場に放出される エアコンは冬場も暖房として利用します。 その暖房からもカビや埃が噴出されるのです。 カビの繁殖自体は冬場にはあまりありません。 ほとんどが夏場の冷房使用時に、結露などが原因で繁殖するのです。 その夏場に繁殖したカビや菌が、冬場の暖房使用時にも噴出されるために、暖房使用時も臭いにおいを発し続けるのです。 カビ菌を撒き散らし続けると 暖房使用時に体に及ぼされる悪影響は、冷房使用時とほぼ一緒です。 このようなカビや菌、埃のたまったエアコンを、1年の暑い時期と寒い時期の数か月にわたって使い続けていると風邪をひきやすくなります。 その他にも体の免疫力の低下や、放っておくと重大な病にかかる可能性もあります。 夏場も冬場も臭いにおいがしたら、エアコンは使用しないほうが良いでしょう。 仕組みで解説:エアコン掃除を自力でやる方法 図のように、エアコンは上の部分からフィルターを通して暖かい空気を吸い、 熱交換により冷たい空気に変換して、吹き出し口から空気を吹き出します。 エアコンを自分で掃除する場合、フィルターと、エアコン内部の熱交換器 フィン と送風ファンに分けられます。 フィルター掃除• エアコンのフィルターを外します。 掃除機でホコリを吸い取ります。 お風呂場などで水洗いをします。 ブラシでこすります。 この時、強くこすりすぎると網目が崩れてしまうこともあるので注意してください。 乾燥させます。 詳しくはこちらの記事も見てみてください。 フィンとファンの掃除• コンセントを抜きます。 エアコン内部に触れることになるので必ず電源を落としましょう。 吹き出し口の部分をタオルで拭きます。 タオルには中性洗剤を染み込ませて、タオルを細くして拭きましょう。 洗剤を使ったタオルで拭いた後は、水で絞ったタオルで拭きます。 分解を素人が行うのはかなり難易度が高く、スプレーでの掃除も内部までは行えないためオススメできません。 内部までの掃除はプロにおまかせした方が良いでしょう。 スプレーについては栄養が残るためかえってカビが繁殖しやすい、というのがプロの意見のようです。 自力とプロの比較 自分でのエアコン掃除は、慣れない作業も多いです。 時間に余裕を持って、半日~1日かかるつもりで始めましょう。 自分で掃除が出来るのは、エアコン洗浄スプレーが届く範囲のみです。 スプレーの届かない奥のパーツの汚れまでは取りきれません。 プロに依頼をした場合は、エアコンを分解、高圧洗浄してくれるので、隅々まで綺麗にして貰えます。 養生などもプロがやってくれるので、部屋を汚す心配もありません。 所要時間は、通常エアコンは1~2時間、自動お掃除機能付きエアコンは3~4時間ほどになります。 自力とプロの違いとは? 内部まで掃除ができるか 自力とプロの一番の違いとなるのは、掃除ができる範囲です。 自力だと内部までの掃除はできません。 しかし、内部の汚れを放置していると、その汚れが栄養となりカビが増殖し、カビの温床となってしまいます。 内部のカビや汚れは、臭いにも影響しますし、放置するのはよくありません。 定期的にプロにクリーニングをお願いすることをオススメします。 故障の可能性 エアコン掃除は気をつけて行わないと故障する可能性があります。 例えば、掃除の衝撃で部品が破損したり、基盤に薬剤や水が掛かると故障して動かなくなってしまうことも。 修理や買い替えといった事態にならないよう、自力で掃除を行う際は気を付けて掃除をしてください。 手間がかかるか エアコン掃除は、上を向いて手を挙げての作業となります。 掃除が終わってからの数日は、首や肩の筋肉痛に悩まされることがあるかもしれません。 プロにお願いすれば、このような手間がかからず綺麗にしてくれるのもメリットですね。 エアコン掃除なら 安心のイオングループのカジタクにお任せください! 70万件の実績のノウハウであなたの家のエアコン分解洗浄し、嫌なニオイの原因であるカビやホコリを隅々までキレイにします。 ネットで簡単に購入・申込みが可能。 面倒な事前訪問や見積もりは一切ありません。 まず動作確認をしてクリーニング前のエアコンの状態を確認します。 分解 まずは、エアコンのカバーとフィルタを外します。 養生 エアコンの基盤部分に水分がかからないよう、しっかりと養生し、保護します。 プロのエアコンクリーニングは10リットルもの水を使って洗い流すのでしっかりと保護します。 排水用にビニールのチューブも取り付けます。 洗浄 続いて洗浄です。 プロは高圧洗浄機を使い、専用の洗剤が含まれた水分を吸い上げて洗い流します。 エアコン用の洗剤は、大変危険な強アルカリの洗剤を使いますのでご家庭ではなかなか扱えるものではありません。 エアコン内部はブラシなどでゴシゴシ掃除できるわけではなく、洗剤の力でカビやホコリを落とすので洗浄力が強いものを採用しています。 自力の場合は、内部までは届きませんが手が届く範囲で雑巾などで拭き取ります。 フィン部分にかけるものはエアコンの排水管から流れていき、吹き出し口付近にかけるものは先ほど取り付けた排水用のビニールから流れていきます。 ここで大部分のカビとホコリを洗い流していきます。 洗浄した水をバケツに貯めると真っ黒になっています。 これは、すべてカビとホコリです。 内部まで徹底的に掃除すると、手が届かない範囲でエアコンがいかに汚れているかがわかります! 乾燥 洗浄後は目に見える汚れを拭き取り、乾燥させます。 暖房なら30分から一時間、送風なら最低一時間程度かけ水分を飛ばしていきます。 この時エアコンから出ている空気からはカビ臭さが無くなっていることが確認できるはずです。 フィルターとエアコンカバーの掃除 フィルターと解体したカバーはお風呂場で洗浄します。 まず、掃除機で表部分から吸い取り大きいホコリを吸い取ります。 次に裏側からシャワーを当てて、目に詰まった細かいホコリを水圧で落とします。 ホコリを取り除いたあとはマジックリンなどの中性洗剤で、フィルターとエアコンカバーについたカビなども除菌していきます。 最後に日陰干しにして乾燥させます。 排水ホースの掃除 エアコンクリーニングでは、普段結露した水を流す排水用のホースを通してホコリを流すので、通り道が詰まってしまう場合があります。 洗浄が終わった後は、こちら詰まりがないかを確認します。 エアコンの水漏れはここが詰まっていることが原因である場合が多いようです。 仕上げとコーティング 専用の薬品でコーティングをかけて防カビを行います。 最終的にカバーを取りつけてクリーニングは終了です。 詳しくはこちらの記事を見てみてください。 タイプ別オススメの掃除方法 月に1回の自分でのフィルター掃除に加えて、1年に1回はプロにクリーニングを依頼するようにしましょう。 人感センサーや自動お掃除機能付きのエアコンは、従来のものよりもエアコン内部の作りが複雑。 基盤に水や薬剤が付着し、故障してしまう可能性が高くなります。 そのようなエアコンの場合は、プロにクリーニングをして貰った方が安心ですね。 エアコンは、機種や使用状況によって、適切な掃除のやり方や頻度がかわってきます。 汚れ具合や掃除の仕方に不安がある人は、一度プロにクリーニングを依頼して相談してみると良いかもしれません。 エアコン買い替えの良い時期 エアコンの寿命は、平均すると10年から13年くらいです。 しかし使用頻度によっては、寿命を縮めることも考えられます。 ですから臭いにおいを発し続けることが続いた場合には、専門の業者にクリーニングを依頼するか、思い切ってエアコンを買い替えることも選択肢に入れましょう。 他にもエアコンの効き目がなくなったり、異音を発するようになったり、室内機からの水漏れなどがある場合には、買い替えの時期であると考えてよいでしょう。 とくに冷暖房ともに効かなくなったときには、室温の上げ下げを頻繁に行ってしまいます。 そうすると電気代も必要以上にかかってしまうのです。 そのような状態になったら、思い切ってエアコンを買い替えてみましょう。 エアコン掃除を頼むならカジタク! フィルターやカバー部分はもちろん、日ごろお掃除できないエアコンの 内部パーツまで分解し専用洗剤で徹底洗浄! エアコンメーカーと独自研修で高い技術力があるので、安心してお掃除をおまかせください! エアコン掃除をプロに頼むなら実績がある カジタクがオススメです! エアコンがキレイになると、 電気代節約・臭いの解消・病気リスクの低減にもつながりますよ。 ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!.

次の