コロナウイルス 市販の風邪薬。 新型コロナにイブプロフェンは「避けるべき薬」なのか [薬] All About

(2ページ目)【新型コロナウイルス】WHO「イブプロフェン服用避けて」風邪とコロナの区別は?|日刊ゲンダイDIGITAL

コロナウイルス 市販の風邪薬

こんにちは、社長の部下のマロニーです。 感染拡大が続いている新型コロナウイルスによる 肺炎ですが、WHOが 「新型コロナウイルスの症状には 抗炎症薬の使用は避けるように」 という、新しい発表を出しました。 yahoo. 今度は、これらの市販薬が 品薄・売り切れ・転売目的の 買い占めのターゲットに なりそうな気がしています。 気になる 「アセトアミノフェン主剤」の 市販薬をまとめてみました。 スポンサードリンク スポンサードリンク アセトアミノフェンとは? アセトアミノフェン(=パラセタモール)は 非ピリン系解熱鎮痛薬に分類され、 脳の中枢神経や体温調節中枢に 作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。 抗炎症作用はほぼ有しておらず、 正常な服用量では、 血液凝固、腎臓あるいは 胎児の動脈管収縮などの影響が少ないと されています。 ただし、 過剰摂取すると、 肝臓に損傷を与える恐れがあるので、 推奨用量は厳守する必要があるそうです。 インフルエンザにも、解熱鎮痛剤として、 アセトアミノフェンが推奨されているそうです。 アスピリンやイブプロフェンは 非ステロイド性 抗炎症薬(NSAIDs)と 呼ばれ、喘息患者の何割かは 「アスピリン喘息」と呼ばれる 症状を起こすことがあるそうです。 ちなみに、解熱鎮痛剤で 市販されている第一類医薬品で メジャーな 「ロキソニン」は 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の タイプに分類されていますので、 新型コロナウイルスの症状が出た場合に 服用が推奨されていないお薬と いうことになります。 スポンサードリンク 新型コロナの症状に推奨されない「イブプロフェン」主剤の市販薬 新型コロナウイルスの症状が出た場合に 推奨されない「イブプロフェン」が主剤の 主な市販薬には• イブ(エスエス製薬)• バファリン(ライオン)• また、先に書きましたように ロキソニンも、配合されている成分上 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に 分類されているため、 こちらも推奨はされていません。 主な市販薬をまとめてみましたが 解熱鎮痛剤は他にも 多くの種類がありますので、購入する際には、 成分がアセトアミノフェン主剤であるかの確認、 また、お店の薬剤師さんに相談するのが 確実だと思います😷 くれぐれも、まとめ買いや買い占め、 転売ヤーの高額販売につられて しまうことはありませんように! 最後までお読み下さり、ありがとうございました。

次の

コロナ流行中の発熱!?市販薬「アセトアミノフェン」服用時の注意

コロナウイルス 市販の風邪薬

フランス厚生大臣のOlivier Veran氏が、解熱鎮痛薬のイブプロフェンやコルチゾンが、新型コロナウイルスの症状を悪化させる可能性があるとツイートしたことが話題になっています。 果たして今回のこの情報は本当なのでしょうか? 筆者は医療従事者でも医者でもありませんが、ジャーナリストとして極めて多くのフェイクニュースに接してきました。 今回の件については、とても重要な情報でもあるため、関連する情報について追いかけてみることにしました。 背景情報の少なさから、確度の低い情報を背景情報なしに拡散させてしまった、勇み足ではないか?と感じたからです。 【背景が伝わり始めているため文末に追記をしています】 新型コロナウイルスに感染しているか否か、わからない中で、発熱したときに飲んで良いかどうかを確認する必要が出てくるからです。 とりわけ、イブプロフェンは、幅広くさまざまな市販薬に使用されてるため、本当であれば大変にやっかいなことです。 筆者自身、この情報をみたときは驚きました。 Yahoo! ニュース個人でも、オーサーのらっしゃいます。 確かに非ステロイド系消炎鎮痛薬を、重篤な感染症患者に使うことに否定的な意見は多いと感染症専門医の忽那賢志さんも、同時に「新型コロナウイルス感染への影響はわからない」と、現時点での有力な情報がないことを強調しています。 つまり、まだ証明されていないよね、ってことななのですが、わたしが気になったのは、今井さんの記事にある以下の一節です。 ツイッターのコメントで、筆者が一番「むむむむむ」と思ったのは、「セカンドオピニオンが必要」というものでした。 フランスの厚生大臣の発表に対するセカンドオピニオン・・・どの国の厚生大臣に聞くのがいいでしょうか。 ほとんど国の信頼度の踏み絵になるなと、感じました(国の信頼度=民主主義度なのかもしれません)。 また「先進国にコロナが広がって、やっとまともな議論ができるようになった」というコメントにも、うなずかせるものがありました。 出典: いやいや、それほど単純じゃありません。 なぜなら、イブプロフェンは長年、頭痛薬や解熱鎮痛薬として広く使われてきたこともあり、多様な薬に含まれているからです。 本当ならばその影響は計り知れません。 「おちおち、そのあたりの風邪薬を飲ますことさえできない」といっても言いすぎじゃないでしょう。 みんなが新型コロナウイルスの情報に過敏になっている現在、下手をすると市販薬の買い占め騒ぎにもつながりかねません。 セカンドオピニオンは必要です。 ということで調べてみると、イブプロフェンが新型コロナウイルスを重症化させるという意見に対して、否定する情報も数多く存在するのです。 たとえばウィーン大学の公式アカウントは、次のように注意喚起を行い、数度にわたって「フェイクニュースである」と訴えています。 ハーバード大学も、やはりコロナウイルスを疑われるケースにおいて、されていますし、シアトルで看護師を務める友人に尋ねても、発熱する患者にはアセトアミノフェンかイブプロフェン、いずれかの投与がすすめられていると話していました。 これは患者数、全快例の多い中国でも同じでアセトアミノフェンかイブプロフェンが処方されています。 そうした処置によって解熱、鎮痛効果が得られたという情報は、公式、非公式ともに大量に見つかります。 ところが、イブプロフェンが重症化を引き起こすという情報は、フランス厚生大臣の発言(さらにそれを伝えるル・モンドなどの記事)意外には見つかりません。 もちろん、薬にはさまざまな副作用もあり、組み合わせによる禁忌も存在することは皆さんもご存知でしょう。 今回、話題にのぼってるイブプロフェンは、インフルエンザの際に用いるとインフルエンザ脳炎を引き起こすため、解熱にはアセトアミノフェンが用いられます。 しかし新型コロナウイルスとの関連性を示す情報はありません。 新型コロナウイルスが全世界的に拡がる中で、情報が錯綜しているが故の行き違いもあるのでしょう。 たとえばでは「ドイツ連邦保健省もイブプロフェンが新型肺炎を重症化させるという情報を否定した」とありますが、執筆時点でドイツ連邦保健省が否定した情報はありません(偽情報と思われます)。 いずれにしろ、現時点では「イブプロフェンを含む非ステロイド系鎮痛薬が重い感染症患者の症状を悪化させる事例がある」ということに過ぎません。 また、アセトアミノフェンは副作用が禁忌が極めて少ないことで知られている薬品ですが、薬である以上、用量の上限や副作用が存在する点は同じです(国によって制限されている用量などが異なる場合もあるので、海外の情報を参照する際には注意してください)。 また「よく解らないからイブプロフェンは避けよう」というだけならばまだしも、アセトアミノフェンのみで構成されている市販薬の買い占めなどが起こる可能性も否定できません。 いずれにしろ発熱した場合、解熱の必要性を感じた場合は、自分の判断で市販薬を飲むのではなく、病院で医師の判断を仰ぐという、至極当たり前の対応が望ましいということですね。 この情報は引き続き追いかけたいと思いますが、現時点で積極的にフランス厚生大臣の発言を積極的に肯定する情報はないため、落ち着きましょう、とだけお伝えしておきたいと思います。 【追記】 やっとフランス厚生大臣の発言背景が伝わってきました。 ただしこの記事のタイトルはミスリード。 WHOは積極的に注意喚起をしているわけではなく、医師の判断で処方されているならば、そのまま飲んでもいいが、自己判断ならば(仮説を否定する材料も、肯定する材料もないため)アセトアミノフェンを服用してください」と述べているに過ぎません。 WHOは未確認・未判断の状況だが自分で判断ならアセトアミノフェン」ということです。 つまり、通常の頭痛で抗炎症薬を避ける必要はないということ。 しかし、TwitterのTLを見ているとヒステリックな反応も多いようです。 明らかに話の背景を誤認していたり、市販薬の成分を誤解していたり、あるいはイブプロフェンもアセトアミノフェンもダメという話になったり、処方された薬を飲むのが怖いという人がいたり、アセトアミノフェンで副作用が出る人は、どうすればいいんだ……という悲鳴も。 短文のTwitterは拡散力はありますが、背景情報は失われがち。 センシティブな話題は気をつけて、その背景を追いかけることが重要ですね。

次の

新型コロナウイルスの可能性があるときに飲んではいけない市販薬とは?飲んでも大丈夫な解熱剤や風邪薬は?

コロナウイルス 市販の風邪薬

新型コロナのときに飲んでも大丈夫な鎮痛剤(痛み止め)は? 結論から言いますと、新型コロナにもしかかったかも?! 熱が出ているから解熱剤を飲みたいってときは 市販の薬ならば、 タイレノールA(製造販売元:東亜薬品、販売会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン、武田コンシューマーヘルスケア) バファリンルナJ ライオン) ノーシンAc(アラクス)などである。 これらの薬は、 アセトアミノフェン以外の有効成分を含んでいない。 しかも、眠くなる成分も含まれていないので 眠くなりにくいという特徴もある。 風邪薬ならこれらがアセトアミノフェンの市販薬である。 裏の成分表などを見れば記載されている。 購入するときは裏の成分表までチェックしてもらいたい。 スポンサーリンク 新型コロナの時に飲んではいけないといわれている鎮痛剤(痛み止め)は? 反対に新型コロナのときに飲まないほうがいいとされている成分がある。 それが、 イブプロフェンだ。 今まで市販薬を購入するときに、イブプロフェンやアセトアミノフェンに 注目したことはなかった。 しかし、新型コロナかもしれないという思いがあるなら イブプロフェンの成分の薬は避けておいたほうが無難だろう。 日本では、そこまで注意しなくてもいいといわれているが 海外でそういうツイッターがあがったということは 可能性として危険なことを避けたいのが人間だ。 発熱がある場合は、パラセタモールを服用してください。 すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、医師に相談してください。 あ!この方、誰?って思いましたよね?! フランスのベラン保健相だそうですよ。 なんだか信用できそうですよね。 日本は何にしても発表が遅い!判断が遅い! そう感じています。 海外からの情報にもアンテナを張るべきですね。 世界保健機関(WHO)は「 新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合はイブプロフェ ンを自らの判断で服用しないでほしい」と述べ、 代わりの解熱鎮痛薬として「アセトアミノフェン」 を使うよう呼びかけた。 しかしその後、 治療に当たっている医師を調査した結果、 通常の副作用以外に症状を悪化させるという報告はなかったと説明 し、「控えることを求める勧告はしない」と表明している。 具体的に、イブプロフェンの市販薬はこちらになる。 バファリン、ロキソニンなどである。 バファリンやロキソニンなどよく服用していたので コロナが心配の時は、飲まないようにしようと思う。 スポンサーリンク 新型コロナの時になんで飲んではいけない成分があるの? 鎮痛剤には種類があることを今回知ったのだけども。。。 なんで、新型コロナのとき飲んだら症状が悪化するのだろうか? 私にはよくわからないので、専門分野の方の文章を載せておきます。 岡山大学病院薬剤部の神崎浩孝氏によると 「一般的に使われる解熱鎮痛薬には大きく2種類があります。 1つが『NSAIDs』(エヌセイズ) と呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬で、 イブプロフェンやアスピリンがこちらに該当します。 もう1つが『 アセトアミノフェン』と呼ばれる解熱鎮痛薬で、 カロナールが代表的です。 両者の大きな違いは炎症を抑える作用があるかないかで、 NSAIDsは抗炎症作用があり、 アセトアミノフェンにはありません。 まだ正確なことはわかっていませんが、 この抗炎症作用が新型コロナウイルス感染症を悪化させるのではな いかという意見が報告されているのです」 アセトアミノフェンは脳の中枢神経や体温調節中枢に作用すること で効果を出す。 効果が穏やかで副作用も少ないため、 小さな子供にも処方される。 一方のNSAIDsは、体内で炎症、 発熱、痛みを引き起こす「プロスタグランジン」 という物質がつくられるのを抑えることで症状を改善する。 プロスタグランジンは「シクロオキシゲナーゼ」(COX) という酵素によってつくられていることから、 NSAIDsはCOXの働きを阻害して効果を発揮する。 効き目が強く副作用も多いため、小さな子供には使われない。 「 COXには内皮細胞を保護して粘膜を修復させる働きもあります。 NSAIDsはその働きを阻害してしまうので、 胃腸障害などの副作用が表れるのです。 胃腸だけではなく、 血管の内皮細胞の保護作用も抑制するため、 例えばインフルエンザなどで高熱が出て、 脳の血管が炎症を起こして傷んでしまっているときにNSAIDs を服用すると、血管の修復を阻害して脳血管に損傷を招き、 脳症の悪化につながるのではないかと考えられています」( 神崎浩孝氏) まったくもってわからないのだけども。。。 文章で読んでも具体的な市販薬の名前がなかったので 私にはよくわからなくて、、、、 調べたので誰かの役にたてたらと思い記事に記しました。

次の