ニコル アス カルト。 「悪役令嬢 破滅フラグ」ネタバレ・wiki風登場人物紹介

蒼井翔太、鈴木達央らが王子役に! TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』PV解禁

ニコル アス カルト

4月放送開始のTVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』より、第2弾&第3弾キービジュアルや第2弾PVが解禁。 また、各王子のキャストとコメントも公開された。 第2弾キービジュアルは、カタリナたちの幼少期から物語がスタートする本作ならではの、子供時代のカタリナと王子たち。 ビジュアルとなっている。 第2弾PVでは、ジオルド・キース・アラン・ニコルたちに焦点を当て、カタリナとの絶妙な関係が描かれている。 PVに登場した各王子たちを演じるのは、ジオルド・スティアートを蒼井翔太さん、キース・クラエスを柿原徹也さん、アラン・スティアートを鈴木達央さん、ニコル・アスカルトを松岡禎丞さん。 加えて幼少期を演じる各キャストも公開となった。 第2弾PV ジオルド・スティアート(CV:蒼井翔太/幼少期:瀬戸麻沙美) 王国の第三王子。 カタリナの婚約者。 金髪碧眼の正統派王子様だが、腹黒でドSな性格。 何にも興味を持てず退屈な日々を過ごしていたところカタリナと出会う。 人が変わったカタリナに興味を持ち、以降は頻繁にクラエス公爵家に訪れるようになる。 魔力は火。 【蒼井翔太コメント】 ジオルドは言わば王道な攻略キャラクターです。 ただ、その中に色々と策士なところも見え隠れする人物なのでそこを楽しんでいただけたらなと思います。 他のキャラクターも個性豊かです! お楽しみに! 【瀬戸麻沙美コメント】 ジオルドは美しい王子。 礼儀正しく、どんな事もこなしてしまう人。 柔らかい表情を携えているけれど、腹中では強かに物事を判断している一面も。 彼を表現するには、周りに好感を持たれて、心を開かせるそんな魅力が必要かなと思ったので、声色とテンポ感はどのくらいだろうかと探りました。 キース・クラエス(CV:柿原徹也/幼少期:雨宮 天) カタリナの義理の弟。 クラエス家の分家からその魔力の高さ故に引き取られた。 色気のあふれる美形。 孤独から歪んだ人生を歩むはずが、カタリナに出会ったことでクラエス家の人々の愛情に包まれ好青年へと順調に成長中。 義姉であるカタリナの無自覚さに頭を悩ませることに。 魔力は土。 【柿原徹也コメント】 キースは姉さん大好きっ子! 乙女ゲームとリアルとの狭間を良いバランスで演じさせていただいています。 とりあえず、このまま乙女ゲームを出してもらいたいものです。 笑 是非、お楽しみに!!! 【雨宮 天コメント】 まず絵を見て、天使のようにかわいい子だと思いました。 しかし辛い思いをしてきた子なので 最初は暗くおどおどとしています。 そんなキースがカタリナと出会い変わっていく姿、その心 情をしっかりと表現できるよう努めました。 キースが大泣きするシーンは私も原作を読んでいて一緒に泣いたシーンでもあるので、素敵なシーンに出来るよう心を込めて演じました! アラン・スティアート(CV:鈴木達央/幼少期:田村睦心) ジオルドの双子の弟で第四王子。 野性的な風貌の美形で、俺様系な王子様。 音楽の神の申し子と言われるほど、素晴らしい音楽の才能を持つ。 双子の兄であるジオルドにコンプレックスを持っていたが、真っ直ぐなカタリナと接するうちに克服していく。 魔力は水。 【鈴木達央コメント】 アランは、ゲームの時は俺様オラオラ系ですが、今のカタリナに出会ってからは、無骨ながらに素直な照れ屋の印象があります。 それに加えて、随分と鈍感なところがあるので、きっと無意識に誰かに夢中になっているのかもしれません。 【田村睦心コメント】 みんな大人っぽい子達ですが、アラン王子は気品も感じられるけど年相応なところもあってすごく可愛いかったです。 お兄さんへの劣等感を吐露するところとカタリナと仲の良い友人のように接するところが、演じていて楽しかったです。 成長したアラン王子も可愛いだろうな! 色々楽しみです! ニコル・アスカルト(CV:松岡禎丞/幼少期:M・A・O) 国の宰相であるアスカルト伯爵の子息。 人形のように整った容貌の持ち主。 妹のソフィアを溺愛している。 老若男女問わず惹きつけられる魔性の魅力の持ち主で、愛好会が存在する。 家族の前以外では無表情気味だが、カタリナのある言葉によって、カタリナに惹かれ心を開いていくようになる。 魔力は風。 【松岡禎丞コメント】 僕的に今回の役柄は、 客観的に見ると、もんの凄く何考えてるかわかんない人間です。 でもちゃんと自分なりの正義や考えがあって行動している、 やっていることにちゃんと芯が見える人間にしたいと思って演じています。 他の人との掛け合いでも、黙ってニコニコしてる感じが多いんですけど、 ニコルのバックボーンはちゃんと感じられるよう頑張りました! 是非ともよろしくお願いします! 【M・A・Oコメント】 心優しく妹想いのニコルくんは、周りの環境も相まって心を閉ざし、どこか冷めているといった第一印象でした。 カタリナさんと出会う事によって見えてくる、ニコルくん本来の魅力をしっかりお伝えできるよう心掛けて演じさせていただきました。 EDは蒼井翔太が担当 EDを担当するのは、本作にてカタリナの婚約者で、第3王子のジオルド・スティアートを演じている蒼井翔太さん! エンディングテーマの楽曲名は『BAD END』。 作品自体がとても面白く、コミカルなシーンも多々ある中、angelaさんの担当されるOPテーマと正反対な楽曲にできたらいいなと思っています! もちろん、作品の世界観もたっぷり詰め込めたらと思いますので、楽しみにしていただけたらと思います! 歌でもこの作品を後押しできるように精一杯歌います! 放送局が決定 MBS・TOKYO MX・BS11・J:テレほかにて4月より放送されることが決定した。 CAST: カタリナ・クラエス=内田真礼 ジオルド・スティアート=蒼井翔太(幼少期・瀬戸麻沙美) キース・クラエス=柿原徹也(幼少期・雨宮 天) アラン・スティアート=鈴木達央(幼少期・田村睦心) ニコル・アスカルト=松岡禎丞(幼少期・M・A・O) イントロダクション: 公爵令嬢、カタリナ・クラエスは、頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻す。 ここが前世で夢中になっていた乙女ゲーム『FORTUNE LOVER』の世界であり、自分がゲームの主人公の恋路を邪魔する悪役令嬢であることを! ゲームでカタリナに用意されている結末は、ハッピーエンドで国外追放…バッドエンドで殺されてしまう…そんな破滅フラグはなんとしても回避して、幸せな未来を掴み取ってみせる!! 勘違い? 人たらしラブコメディの幕が上がる。

次の

ニコル・アスカルトのキャラクタービジュアル&キャスト発表!

ニコル アス カルト

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…攻略キャラクターについて徹底解説 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…の話では、乙女ゲーム「FORTUNE LOVER」の世界に主人公が転生してしまったことから物語がスタートします。 カタリナの活躍もあり本来のFORTUNE LOVERの世界とはキャラクターの性格などが大分変わってきている上に、本来ヒロインであるマリアやライバルキャラとして登場するメアリ、ソフィア達までカタリナにぞっこんですが、元々ゲーム内の攻略キャラクターは全部で5人。 こちらの記事ではこの5人のキャラクターにピックアップしてご紹介していきます。 FORTUNE LOVERにおける攻略キャラクター 出典 「」公式HP 攻略対象の1人目は、カタリナの婚約者であるジオルド・スティアートです。 スティアート王家の第三王子で金髪碧眼が美しい正当派王子様なのですが、爽やかな外見と裏腹に腹黒でドSな性格を持ち合わせています。 ゲーム内と現在で設定上ではさほど変化はありませんが、カタリナの記憶が戻ってからカタリナへ興味を持ち始め、今ではカタリナがいなければ生きていけないほどカタリナにぞっこん。 ゲーム内でのジオルドはマリアにぞっこん ゲーム内でのジオルドはマリアに出会うまでは物事が全てつまらなく移っており、何事に対しても興味を持てないような人でしたが、マリアの素直で可愛らしい性格や暖かさに惹かれてマリアにぞっこん。 愛しいマリアを虐げるカタリナを疎ましく思い、マリアを救うためにカタリナを国外追放、もしくはカタリナをその手で殺害するのがゲーム内ルートです。 元々ゲーム内でのマリアとの出逢いのシーンは、マリアが道に迷ってしまい木の上に登って周辺を見ようとしていた所を初めて遭遇。 木登りをする女性に初めて出会ったことでマリアに興味を持ち始めるのですが、現実世界では木登りするカタリナを見慣れていたこと、そもそもカタリナにぞっこんだったこともあり、マリアはあくまで友人としてのポジションに収まっています。 義弟のキース・クラエス 出典 「」公式HP 攻略キャラクターの2人目はカタリナの義理の弟であるキース・クラエスです。 幼少期にクラエス家に引き取られた彼は、孤独を救ってくれたカタリナにぞっこん。 姉としてではなく1人の女性としてカタリナを愛しており、何とかしてジオルドとの婚約を破棄させようと躍起になっています。 心優しく思いやりのある性格の上に非常に優秀なので、マナーに疎いカタリナのお目付役として幼少期はパーティーに同行していたことも。 ゲーム内でのキース ゲーム内でのキースは現在のキースとはまるで真逆のタイプで、様々な女性と交流を持つナンパ師に成長しています。 幼少期からカタリナにいじめられ続け家庭内でも更なる孤独に陥った彼は、愛情を知らないまま成長し、魔法学園に入学してから心の寂しさを埋めるために多くの女性と関係を持つようになるのです。 そんな中マリアと出逢い、最初はいつものようにナンパ目的で近づいたものの、マリアの純粋さや素直さに心惹かれ、次第に本気で愛し始めるようになります。 大切なマリアをいじめる義姉のカタリナを憎み、カタリナからマリアを救うためカタリナを国外追放、バッドエンドではカタリナを殺害するというのがゲームのお話です。 当然今のキースは幼少期からカタリナや家族にたっぷりと愛情を受けて育っていますので、ナンパをするようなこともなく、カタリナにそう言った話をされただけで顔を真っ赤にする純情少年へと成長を遂げています。 本来ゲーム内でマリアと出会うきっかけとなった、マリアが落としたハンカチを拾うシーンでも、ゲーム内ではそのままマリアをナンパしていましたが、現実世界では普通にハンカチを拾って返してしまっているため、当然ながら何のフラグもたっていません。 ジオルドの双子の弟であるアラン・スティアート 出典 「」公式HP 3人目の攻略対象が、ジオルドの双子の弟であるアラン・スティアートです。 王国の第四王子で、ジオルドとは違い俺様系の魅力を放つ王子様。 ワイルドな容姿や性格と裏腹に、音楽の神の申し子と言われる程の音楽の才能を持っていますが、何でも出来るジオルドに対して強いコンプレックスを抱いていました。 幼少期、婚約者のメアリをカタリナに誘惑されたと怒り狂いクラエス家を訪れたことをきっかけにカタリナと毎日のように勝負をしますが、ジオルドとトラブルになってしまい一時気まずい空気に。 ですがカタリナが無意識のうちに2人の仲を取り持ち、自分のコンプレックスを打ち破り、カタリナを知らず知らずのうちに愛するようになります。 ゲーム内のアラン ゲーム内のアランはカタリナとは直接的な接点がありません。 ヒロインのマリアと出会う前までジオルドに抱えていたコンプレックスを持ち続けていましたが、マリアを通じてジオルドとの仲も修復に成功。 マリアのライバルキャラとしてメアリが立ちはだかりますが、ハッピーエンドの場合はマリアとアランが結ばれメアリはそれを祝福、バッドエンドの場合でもメアリとアランが結ばれるのをマリアが祝福するという、誰も破滅することがないルートです。 とてつもない魅力を持つニコル・アスカルト 出典 「」公式HP 攻略対象の4人目はニコル・アスカルトです。 まるで人形のように整った容姿ととてつもない魔性の魅力や色気を持ったキャラクターで、男性女性を問わずに周囲の人間を虜にしています。 人徳も権力もあるアスカルト伯爵を妬む周囲の人間から、父母の事や妹のソフィアの事を侮辱されやり場のない怒りと焦燥感に駆られますが、カタリナの言葉でその気持ちを救われ、カタリナに心惹かれるのです。 ですがジオルドの婚約者であるためその思いを隠しつつも、許される限り側に居ることを願っています。 学年はカタリナ達よりも1年上で、卒業イベントで学園は卒業してしまいますが、ソフィアの支えもあり何かあるに連れてカタリナの元を訪れている健気なキャラです。 ゲーム内のニコル ゲーム内のニコルもアラン同様、直接的にカタリナと接点を持つことはありません。 父母や妹の事を蔑む周囲に怒りを覚えているところをマリアに救われ、マリアに心を惹かれるようになります。 本来ソフィアはゲーム内でライバルキャラとして登場するポジションで、ニコル攻略のためにはまず妹のソフィアと仲良くなる事が必須条件とされているのですが、カタリナは無意識のうちにこの条件をクリア。 ニコルルートはあくまであっちゃんに情報を漏れ伝え聞いた程度で、カタリナ自身に関わっていないこともあり、ゲーム内でのエンド分岐は詳しく描かれていませんが、家族を大切に思う心はゲーム内でも現在でも変わっていないようですね。 隠れキャラクタ-のシリウス・ディーク 出典 「」公式HP その甘いルックスはもちろん、成績優秀で侯爵家の一人息子、更には生徒会長としてハイスペックさ満点なシリウス・ディークですが、実はFORTUNE LOVERにおける隠れ攻略キャラクターです。 本名をラファエルという彼は幼少期にとある事情で闇の魔力を持つことになり、自身も闇の魔力に精神を犯され始める事になります。 最初はカタリナを偽善者と思いカタリナ自身を闇の魔力で葬ろうと眠りにつかせましたが、実はカタリナの優しさに心を惹かれており、闇の魔力を打ち破るきっかけを作り自身を救ったカタリナに本格的に好意を伝え、見事ハッピーエンドを迎える事ができました。 ゲーム内でのシリウス・ディーク シリウスルートも残念ながらカタリナはクリアしていないためあっちゃん情報のみとなりますが、シリウスは闇の魔力保持者でいわゆるヤンデレキャラ。 バッドエンドに向ってしまった場合、カタリナだけではなく、主人公のマリアに登場キャラクター全員がデッドエンドを迎えるというとんでもないストーリーが待ち受けていました。 カタリナのポジションが本来光の魔力を持つマリアでしたが、カタリナの天然ながらも優しさに満ちた発言で救われることになり、学園を去ることにはなりましたが大団円に終わります。 カタリナをきっかけにキャラクターもゲーム展開も大幅チェンジ!.

次の

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…攻略キャラクターについて徹底解説

ニコル アス カルト

| | |ニコル・アスカルトの婚約者であり、クラエス家の長女は倭国からの留学生でした。 5才の時に魔法を出してしまい、孤独な日々を過ごしていました。 婚約や、結婚はクラエス家の意に沿うことを条件に留学してきたのです。 「 名前 …側にいてほしい…」 「ちょっと 名前 姉さん!!危ないから男の人に近づいちゃダメだって!」 「 名前 今日も勝負しろ!べ、別にお前といたい訳ではない!」 「ふふっ、これまた君も面白い事を言いますね」 「 名前 様ー!お茶しましょう」 「ず、するいですわ。 メアリ様っ!私も、私もですわ」 「 名前 、倭国のお菓子一緒に食べよう。 その前にちょっと畑の手入れしなきゃ。 」 この国の人は彼女を受け入れてくれました。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ こんにちは。 堕魔てゃんです! はまっているはめふらの小説を書いていきたいと思います。 ご指摘等が在りましたらコメントの方までお願いします。 原作沿いですが、単行本寄りです。 リクエストがありましたら、コメントにお願いします。 良ければ高評価、お気に入り登録お願いします。

次の