倉田 の あ ツイッター。 倉田真由美

倉田哲郎 Web Site

倉田 の あ ツイッター

「もう何も話したくなくなります」 倉田は2019年6月4日にインスタグラムを更新。 アップした画像は、その「記者」によるツイッター投稿のスクリーンショット。 書かれていたのはこんな言葉だ。 「もう時効(のはず)だから明かすけど、西野さんが監督だった当時、契約更新の時期になると倉田に『来年も西野さんいるんすか』って話をされて、僕も『そう言わず、ガンバでレギュラー取ろうや』って話をしたことを思い出す」 今でこそ中心選手として活躍する倉田だが、プロ入り直後はベンチを温める日も長かった。 G大阪の下部組織を経て18歳だった07年にトップチームに昇格。 だが遠藤保仁(39)、明神智和(41)、橋本英郎(40)、二川孝広(40)らのMF陣は「黄金の中盤」とも呼ばれ、倉田はなかなかレギュラー争いに割って入れなかった。 この当時の監督こそ、G大阪を常勝軍団へ引き上げ、長期政権を築きつつあった就任6年目の西野朗氏だ。 倉田は3季G大阪で戦うも、10~11年に出場機会を求めてJ2・ジェフ千葉、J1・セレッソ大阪にレンタル移籍。 そこで才能が開花し、12年にG大阪へ復帰すると、チームの中核として存在感を放っている。 一方、西野監督は入れ替わるように11年末をもって退任。 そのため上記の記者が明かした会話は、倉田と西野氏が同時期にG大阪に在籍していた07~09年、現在の10~12年前ということになる。 「選手のイメージダウンになる」 同記者が暴露した会話の前後関係が不明であるため、当時の倉田の真意は分からない。 だが、G大阪で出場機会に恵まれていなかった当時の「来年も西野さんいるんすか」との言葉は、これだけを見ると穏やかではない。 ツイッターでは、 「西野元監督のこと嫌がってるようにとれる これはさすがに」 「倉田と西野がどっかで顔合わせた時に滅茶苦茶気まずくなるって想像できないのかね」 「選手の意図と違う文脈で伝えられたらそりゃ怒るで」 「選手のイメージダウンになるってわからへんのですか?」 「インスタで倉田選手が怒ってますよ!」 と暴露した記者に疑問の声が殺到した。 同記者は問題の投稿の前に「クラブを定点観測すると若手が立派な男に成長していく姿が見られるのが楽しい。 今やすっかり闘う男になった倉田も、西野さんの時代はメンタルに課題があった」とし、投稿の後には「結局千葉にレンタルで出たけど、そこで江尻(篤彦)さんに走ることを叩き込まれたのが今の倉田につながっていると本人もいう。 そして時間が経った今、秋くんも『今なら西野さんが言っていたことが分かる』とも。 結局、サッカー選手っていつ、気付けるか。 そしてそういう指導者に巡り会えるかってのも大事」とも書いていた。 だが5日昼ごろ、上記で示したものを含め、一連の投稿は削除された。 同記者の投稿の意図は何だったのか、倉田自身が言及したことについてどう思うか。 J-CASTニュースは5日、同記者のツイッターを通じて取材を申し込んでいる。 回答があれば追って伝える。 (6月6日11時40分追記)倉田は5日夜、インスタグラムを更新し、 「みなさんには大変ご心配おかけしましたが、本日記者の人が謝罪に来てくれました」 とお詫びがあったことを報告した。 また「今回の件はコレで終わりにしたいと思います。 これからもサッカー頑張るので、応援よろしくお願いします!」と当事者間で解決したことを伝えている。 その約2時間後、同記者もツイッターで 「倉田秋選手の信頼を貶める一連の表現不足なツイートで倉田選手並びに、倉田選手に関係する皆様、ガンバ大阪、倉田選手のファン、サポーターの皆様に誤解をさせた上、不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。 倉田選手本人には本日、お詫びしましたが、重ねてお詫び申し上げます」 と謝罪した。

次の

バチェラージャパン2出演の倉田茉美プロフィール&ツイッターとイラスト画像姉は小説家?

倉田 の あ ツイッター

箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 響いた言葉 John F. Kennedy "THE MOON SPEECH" at Rice University - 1962. 12 We choose to go to the moon... We choose to go to the moon in this decade and do the other things, not because they are easy, but because they are hard, because that goal will serve to organize and measure the best of our energies and skills, because that challenge is one that we are willing to accept, one we are unwilling to postpone, and one which we intend to win, and the others, too. これまでの仕事 箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 2007年度、箕面市は市制施行以来、初めての経常赤字決算を記録していた。 その渦中だった2008年8月、倉田哲郎は箕面市長に初当選する。 就任の翌年度には慢性的な財政赤字を解消し、現在まで連続黒字を更新し続ける。 その後、2012年度決算では、ついに10年ぶりとなる完全黒字を達成し、まさに箕面市財政はV字回復を果たした。 その一方で、決して緊縮一辺倒に陥ることはなく、「子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大」、「図書館の新設」、「オレンジゆずるバス&ゆずるタクシー」、「箕面川床の復活」、さらには「北大阪急行線の延伸決定」など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 現在、箕面市の人口はおよそ年1%増という大阪府内最大の伸びを示し、すでに13万人を突破。 14万人への到達も目前に迫る。 東洋経済新報社「住みよさランキング」では、箕面市は4年連続・大阪1位の評価を得るに至っている。 【これまでの仕事】 /////// 豊中市と35メートル級はしご車の共同運用を開始 市役所庁舎や全小中学校など市内51公共施設の管理業務を集約した一括入札を実施、中小企業や地域の事業者などが参加できるよう全国初の「希望業務選択方式」を採用しつつ、管理経費を約3億2千万円削減(5年間) 全国トップクラスとなる子どもの医療費助成の拡大(通院・入院ともに中学校卒業まで、所得制限なし)を議会で可決 景観保全のために公有化した滝道の「旧・河鹿荘」がカフェレストラン「MINOH KAJIKASOU」としてリニューアルオープン 期日前投票の通勤時間帯(早朝・深夜)への時間拡大について国に制度改正を要望、あわせて開設時間規制を解除する構造改革特区を提案• 11月.

次の

「悪意的に切り取られた」 G大阪・倉田が記者ツイートに不快感【追記あり】: J

倉田 の あ ツイッター

箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 響いた言葉 John F. Kennedy "THE MOON SPEECH" at Rice University - 1962. 12 We choose to go to the moon... We choose to go to the moon in this decade and do the other things, not because they are easy, but because they are hard, because that goal will serve to organize and measure the best of our energies and skills, because that challenge is one that we are willing to accept, one we are unwilling to postpone, and one which we intend to win, and the others, too. これまでの仕事 箕面市長として就任した翌年度に、慢性的な財政赤字を解消し、以後、連続黒字を継続。 2012年度決算では10年ぶりの完全黒字を達成し、箕面市財政のV字回復を果たす。 一方、緊縮一辺倒に陥ることなく、子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大、 小中学校の耐震化100%達成、図書館の新設、オレンジゆずるバス・ゆずるタクシー、 箕面川床の復活など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 そして、2014年には、国・大阪府・鉄道事業者との交渉の末、 ついに北大阪急行線の延伸を「決定」にもちこみ、半世紀にわたる課題も決着させた。 現在、箕面市の人口は年1%の伸びを示し、13万人を突破。 住みよさランキングで3年連続・大阪1位を達成している。 2007年度、箕面市は市制施行以来、初めての経常赤字決算を記録していた。 その渦中だった2008年8月、倉田哲郎は箕面市長に初当選する。 就任の翌年度には慢性的な財政赤字を解消し、現在まで連続黒字を更新し続ける。 その後、2012年度決算では、ついに10年ぶりとなる完全黒字を達成し、まさに箕面市財政はV字回復を果たした。 その一方で、決して緊縮一辺倒に陥ることはなく、「子どもの医療費助成の中学校卒業までの拡大」、「図書館の新設」、「オレンジゆずるバス&ゆずるタクシー」、「箕面川床の復活」、さらには「北大阪急行線の延伸決定」など、多彩な政策展開の実績は枚挙にいとまがない。 現在、箕面市の人口はおよそ年1%増という大阪府内最大の伸びを示し、すでに13万人を突破。 14万人への到達も目前に迫る。 東洋経済新報社「住みよさランキング」では、箕面市は4年連続・大阪1位の評価を得るに至っている。 【これまでの仕事】 /////// 豊中市と35メートル級はしご車の共同運用を開始 市役所庁舎や全小中学校など市内51公共施設の管理業務を集約した一括入札を実施、中小企業や地域の事業者などが参加できるよう全国初の「希望業務選択方式」を採用しつつ、管理経費を約3億2千万円削減(5年間) 全国トップクラスとなる子どもの医療費助成の拡大(通院・入院ともに中学校卒業まで、所得制限なし)を議会で可決 景観保全のために公有化した滝道の「旧・河鹿荘」がカフェレストラン「MINOH KAJIKASOU」としてリニューアルオープン 期日前投票の通勤時間帯(早朝・深夜)への時間拡大について国に制度改正を要望、あわせて開設時間規制を解除する構造改革特区を提案• 11月.

次の