こどもちゃれんじ baby ぷち。 こどもちゃれんじbaby|ベネッセコーポレーション

こどもちゃれんじbabyの1歳号とぷちの先行お届けサービスが到着

こどもちゃれんじ baby ぷち

こどもちゃれんじ12月号とENGLISH特別号レビュー まずは「こどもちゃれんじぷち」の12月号から紹介していきたいと思います。 うちは「こどもちゃれんじぷち」をクリスマスプレゼントとして渡す予定なので、まだ娘は見ていません。 でもすごく喜びそうなので早く渡したいなぁとソワソワ。 笑 さっそく中を見てみると、こんなにたっぷり! 入っているものは知っていましたが、改めて目にするとビックリ。 入っていたのは• DVD• えほん• しまじろうパペット• リトミックドラム• いろっち• キッチンセット• はんぶんこドーナツ などなど。 もりだくさんです。 これで約1600円ならお得ですね! 1つ1つ画像とともに紹介していきますね。 こどもちゃれんじぷち12月特大号のDVD こどもちゃれんじぷちのDVDは奇数月に2か月分まとめて送るシステムになっています。 子どもも大喜びで、1回目の視聴から踊ってました。 DVDの中では、ふろくのおもちゃを使った遊びの様子も収録されているので、おもちゃに興味が向くようになっているのもいいですね。 こどもちゃれんじぷち12月特大号の絵本 12月号の絵本の表紙はクリスマス仕様になっていました。 こどもちゃれんじぷちは毎月届くので、季節感があるのもいいですよね。 始めはおまけ程度の絵本かと思っていたのですが、 かなりしっかりした作りでビックリしました。 大きさも大きいですし、ページ数もしっかりあります。 こんな風にしかけになっているページも多いので、1ページずつしっかり読んで遊べるようになっています。 シールを貼って遊べるページもあって、貼ったシールをきちんと戻す場所もあるので、繰り返し遊びやすいようになっていました。 うちは毎月ベビーブックやめばえを買っていましたが、クオリティが圧倒的に違うので、だらだら幼児雑誌を買うよりは、こどもちゃれんじぷちに切り替えてしまったほうがいいのかなぁと思いました。 知育に特化もしていますし、きちんとしたおもちゃですし、おもちゃの宣伝もないですしね。 大きいページなので子どもが一人でも読みやすいですし、親子で読むのにもいいですね。 今回付録がキッチントイ&いろっちなので、その内容も多くありました。 内容もしまじろうばかりではなく、サンタクロースの話もあって良かったです。 これによって、色の名前や大きさの概念を学べるとのこと。 DVDや絵本でもたくさん出てくるので、いろっち好きな子どもは多いんじゃないかなぁと思います。 こどもちゃれんじの調査でも「いろっちが好き」と答えた子が92%にも上るとか。 キッチントイ 音声もたっぷり出るのでなかなか楽しそうです! DVDや絵本とも連動しているので、うちの娘もやりたそうにウズウズしています。 笑 こどもちゃれんじのキッチンは小ぶりですし、シンプルなデザインなのがいいですね。 部屋の景観も損ねなくていいと思います。 しまじろうパペット みんな大好きなやつですね! 娘はなんだかんだで、しまじろうパペットを一番喜びそうな気がしています。 楽しみながら学べるのはいいことですし、この内容で月々1600円ほどなら安く感じました。 しっかりと考えられていますし、子どもの好奇心もいっぱい引き出してくれそうです。 今から申し込んでもクリスマスに間に合いますね! こどもちゃれんじEnglish特別号レビュー 続いては、「こどもちゃれんじEnglish」のレビューに入りたいと思います。 「こどもちゃれんじEnglish」は、2カ月に1度の受講になるため、今申し込みをすると3月号からの入会となります。 その前に特別号を1980円で受講できるので、今回はその特別号のレビューです。 こちらもクリスマスプレゼントにピッタリな可愛い箱で届きましたよ! 組み立てると可愛い入れ物の形になるので、クリスマスが終わるまでの間、教材を入れておくと可愛いですね! この特別号についてきたのは、• しまじろうEnglishトイ• おもちゃ付きしかけ絵本• DVD 以上の3点でした。 それでは、こちらも1つ1つ紹介していきたいと思います。 しまじろうEnglishトイ みんな大好きしまじろうのパペットです。 「こどもちゃれんじぷち」のパペットと違うのが、喋るところですね。 一緒に届く絵本にフルーツのパーツが付いているのですが、 それをしまじろうの口元へ持って行くと、英語でしゃべるんですね! 例えばリンゴだと「An apple! Thank you! 」のようにフルーツによって話す言葉が変わります。 ピントぼけぼけですが、遊んでいる様子の動画も撮ってみました。 他にも「Please an apple! (リンゴをちょうだい)」としまじろうが言って、子どもがリンゴを選べるか、というような遊び方もできます。 いろいろな場所にセンサーがあって、お腹を押すとDVDで使われている音楽が流れるので、ふとした時に英語に触れられるようになっていて、娘も結構英語を覚えてきました。 6個のフルーツは全て覚えたようですし、歌もちょっとしたフレーズは歌えるようになってきたので、英語が今までよりも身近になっていますね。 ちなみにこのしまじろうのパペットは、これから届く3月号や5月号の付録と組み合わせると、更に遊びが拡張されるとのこと。 流れる歌も増えますし、できる遊びも増えていくんですね。 こどもちゃれんじEnglishの絵本 中も英語ですが、短い会話が多いので英語が苦手な私でも大丈夫でした。 めくって遊べるしかけもあるので、子どもも楽しそうに読んでいます。 内容はフルーツとリンクしていて、動物たちが食べているフルーツをもらって食べるというもの。 シンプルですが、動物とフルーツで親しみやすく英語に触れられるのではないでしょうか。 こどもちゃれんじEnglishのDVD DVDも約25分とたっぷり入っているので、よく見てますね。 私の場合、こどもちゃれんじEnglishが本命だったので、ぷちと比べるとEnglishのほうが見ていることが多いかもしれません。 最近は天気が悪かったり、日が暮れるのも早いので、なんだかんだ大活躍ですね。 こどもちゃれんじEnglish特別号の感想 この内容で1980円なので、こどもちゃれんじぷちと比べると、やや割高な印象はありました。 ただ、もともとの講座の価格がEnglishのほうが高いので、それを考えると妥当なのかなという印象です。 それでも他の幼児向けの英語教材の中では圧倒的に安いですし、親しみやすいと思います。 「スラスラ英語を話せるように!」とまではいかなくても、 「のちのち役に立ってくれたらいいなぁ」という感覚であれば続けやすい価格なので、こどもちゃれんじEnglishはオススメですね。 子どもが小さいうちに英語を聴かせておくと、大きくなってからも英語が聴きやすい耳になっているとも言いますし、クリスマスを機に始めてみるのも1つかなと思います。 うちは両方とってみましたが、本命は「こどもちゃれんじEnglish」なので、Englishだけ受講しようと思っています。 こどもちゃれんじは2号分で解約できるので、ぷちは1月号で解約する予定です。 完全に12月特大号のおまけ目当てですね。 笑 こどもちゃれんじとEnglishを同時に受講すると安く受講できるのですが、さすがに両方は多すぎますし、うちの場合は月に1度でも多そうなので、ひとまず「こどもちゃれんじEnglish」を受講して様子をみるつもりです。

次の

「Baby Kumon」と「こどもちゃれんじ」を比較してみました(どっちがおすすめ? 口コミ、評判は?)

こどもちゃれんじ baby ぷち

こんにちは、オキです! 小さなお子さんをお持ちの方は、妊娠中からしつこいくらいに沢山の子供教材についての広告や宣伝を浴びまくりますよね。 私も妊娠中から「babyくもん」や「ディズニー英語」等と色んな広告をもらいーの、 絶対やらんわ と思っていた妊婦の一人です。 この子のために何かしてあげたい病 あれほど幼児教育に悪態ついていた私でしたが、生まれてきた娘はかわいい…! この子のために何かしてあげたい…知的好奇心をくすぐりまくりたい…そういった親心がふつふつと湧いてきます。 で、いろんなサービスの資料請求したりしていたら、私の叔母から電話。 もくじ• 年代ごとに違う「こどもちゃれんじ」 ベネッセの通信講座と言えば、私のイメージとしては小学校以降の通信教育「進研ゼミ」の印象が強かったです。 「こどもちゃれんじ」はその未就園児バージョンといったところで、こどもの月齢・年齢に合わせて教材やDVDで子供の知的好奇心をのばしていくという流れです。 こどもちゃれんじは年齢別にパッケージが分かれていて、0歳児は「こどもちゃれんじbaby」、1歳児は「こどもちゃれんじ ぷち」、2歳児は「こどもちゃれんじ ぽけっと」…と学年ごとにステップアップしていきます。 せっかくこの3つのパッケージを受講したので、感想も年齢に分けて書いていこうと思います! 0歳児:こどもちゃれんじ Baby 生後6か月からスタートする「こどもちゃれんじBaby」。 幼児教育・幼児講座を0歳からスタートするというと「教育に熱心すぎる」というイメージを少なからず持っていた私ですが 自分がなんもしてなかったから 、むしろこどもちゃれんじの教材を使うことで「知育部分を無意識にサポートしてもらえる」という安心感があり、ずぼらな私は大変助かりました。 このこどもちゃれんじBabyは 月齢に合わせての教材が届きます。 以降は、学年ごとに月単位 通常こどもちゃれんじぷち以降のパッケージは、4月生まれの子も12月の子も同じ「4月号」が届きます。 しかし赤ちゃんは1か月1か月の成長が著しくて、学年で区切られても困りますよね。 4月生まれの子と12月生まれでは同じおもちゃじゃ遊べないです。 そこら辺を考慮して、0歳の こどもちゃれんじBabyは赤ちゃんの月齢に合わせての教材が届きます。 これは個人的にとてもありがたかったです。 月齢ごとに成長を見守れる 私にとって娘は1人目だったし、当時はまだ保育園に入れていなかったので周りに比較する対象が少なかったんです。 だからその少ない比較対象の中で比べてしまって「まだお座りできないうちの子、遅いのかな…友達の子が早いのかな…」と不安になったりしました。 その時に「こどもちゃれんじbaby」は月齢ごとに教材やDVDが届くので、周りに同じくらいの子供がいない私にはとても心強いサポートになりました。 これは天下のEテレでも対応できないので、通信講座の最大のメリットかもしれません。 Eテレ狂の私が認めるんだからネ! 同じ生後6か月でも赤ちゃんごとに成長のパターンやスピードが異なると思いますが、そこらへんはさすがベネッセさんという感じで 成長が早い子・遅い子どちらがみても楽しめる内容になっています。 うちの娘もどちらかというと成長が遅いタイプの赤ちゃんでしたが、特に焦ることなくしまじろうと一緒に成長することが出来ました。 あくまで自分の子供に合わせて教材をこちらでも選定するくらいの気持ちがちょうどいいかもしれません。 ベストチョイスだからこそ増えてしまう教材と本音 この頃の赤ちゃんって月齢ごとに興味もころころ変わっていくので、教材もドカンドカン新しいのが来ます。 それはそれでありがたいんですが、 逆に言うとドカンドカン飽きていく。 これは別にベネッセの教材が悪いとかじゃなくそれだけ0歳児の成長が早いってことなんですが、 現実問題おもちゃの保管には困るわけで。 生後1年は身内や知り合いがことあるごとにおもちゃをプレゼントしてくれるので、それでなくても正直部屋が飽和状態になる現状。 そんな状況から、本音を言うと 0歳児のうちはまだまだこどもちゃれんじの本領発揮できてなかったかなと思います。 (ちなみに教材は2人目が生まれた時用に、大事に倉庫に保管してます。 ) 1歳児:こどもちゃれんじ ぷち 1歳になって次の4月から始まるのが「こどもちゃれんじ ぷち」。 babyに比べてだいぶ大きくなったので、物の名前や色の名前を教材とDVD通して学んでいくという内容が増えていきます。 「いろっち 今年版はいろっぴになってましたが 」という色の名前のマトリョーシカをかたどったキャラクターや、音が鳴るキッチンおもちゃ等が増えていき、赤ちゃんの頃より身近な生活に興味を持てるようになった1歳児にピッタリの教材でした。 そしてBabyの頃にすでに配布されていた「しまじろうのぬいぐるみ」にも、一段と興味を示してくれるようになりました。 しまじろうのぬいぐるみは歯磨きなどの生活習慣との結びつきも増えてくるので、この頃から大活躍!! 娘がしまじろうを認知してくれるようになった辺りから、自分から「しまじろう! 見たい 」と意思表示してくれることも増えてきました。 これは親にとっては嬉しいです。 お金払ってる甲斐があります。 私は払ってないけど やめさせない仕組み こどもちゃれんじの凄いところでもあり憎いところ?でもあるのが、 DVDで次号・次々号の付録をさりげなく紹介してくる事です。 きっと今月でやめようかな?と思っても、DVDみてる子供が「これ欲しい!いいなー!」って翌月の付録について反応してたら、「その月までやってみるかー」ってなるんじゃないでしょうか。 そしてその月にはまた新たな付録情報が。 という 無限ループ。 さすがベネッセ、商売上手だなと敵ながらあっぱれ状態です。 敵じゃない 子供としても、教材が届く前からDVDで見ていた憧れのおもちゃが届くようなもんですから、そりゃー喜びます。 うちの娘も、いろっちが届いた時なんか わぁあああ!いろっちだ!ほんとにいた!しゅごい!! と、まるで芸能人に会った張りの興奮。 感極まる喜び方に、私としても嬉しい限り。 この頃から「もし叔母がスポンサー降りる宣言しても、私個人で払ってでも続けたい、続ける価値あるな」と思うようになりました。 2歳児:こどもちゃれんじ ぽけっと そして今娘が受講しているのが、2歳児向けの「こどもちゃれんじ ぽけっと」。 ますます大きくなった娘に合わせて、教材内容も コミュニケーションや生活習慣を意識したものが増えてきました。 お友達と順番を守る為のお歌や、おむつ卒業を目指すプログラム、そしてしまじろうにハナちゃんという妹が出来たというストーリーも相まって、一緒に自立を目指していく流れになっています。 うちの娘はこのハナちゃん人形が好きで好きで。。 去年のクリスマスにレミンちゃんというお人形をお迎えしたにもかかわらず、それよりもハナちゃんを求愛する娘。 きっとDVDや絵本でたくさんハナちゃんをみているから、本当の妹のように感じるのかもしれません。 夜寝るのを嫌がる日も、「ハナちゃんをねんねさせたげなきゃ」というとベッドに向かう娘。 成長したなぁ。 でもね、 レミンちゃんはちゃれんじ講座2か月分くらいのお値段したので、もうすこし相手してほしい。 頼みます。 子供に合わせた教材タイミング ぽけっとでは子供の成長に合わせて教材やタイミングを選べれるという特典がありました。 トイレトレーニングに使う教材は配布タイミングが選べられて、2歳になる時点でスタートしている子は4月に、これからの子は7月に配布されました。 その子に合わせたタイミングって嬉しいですよね。 余談ですが、来年の4月から年少さんになる娘に合わせて、3歳児用こどもちゃれんじほっぷでは「春から入園組」か「継続保育組」か「自宅保育組 まだ通わない 」かで教材がわかれるそうです。 そんな細やかなところもライフスタイルに合わせてくれるのは、こどもちゃれんじならではだと思います。 しまじろうに会える! 先にも書きましたとおり私はEテレの「おかあさんといっしょ」「いないないばぁ」ラインが大好きなEテレ狂なのですが、 Eテレはコンサートが激倍率過ぎて行けません。 今まで行けたのは奇跡的にグリコの懸賞で当選した「いないいないばぁ・わんわんまつり」のみで、他のあらゆる方に頭を下げてお願いして電話をかけてもらったファミリーコンサート等は全滅で落ちています。 皆さん、これが現実です。 なんの それに比べると、 しまじろうコンサートは当選確率が圧倒的に高いです。 正確な数字はどちらも公表していません 全国を月一回公演ペースで回るおかあさんといっしょファミリーコンサートに比べ、しまじろうコンサートは期間中ほぼ毎日公演。 この時点で母数が違う。 会員先行発売もある為、こどもちゃれんじ入会者は優先して申し込むことができます。 それでも残念ながら落ちてしまう方もいるので確実ではありませんが、少なくともおかいつファミリーコンサートよりはまし…! (噂によるとファミリーコンサートは倍率30倍くらいらしいです。 当たるか!) 我が家も今年はしまじろうクリスマスコンサートを先行予約しました。 娘が喜ぶ姿が見たいので、当たるといいなぁ。 母はあつこ姉に会いたいのだけど まとめ 途中ずれてしまいましたが、以上が私の感想です! 0歳児の時は、大型教材メインだったので「これいらんな」って月も時にありましたが、1歳以降は「もうすぐ届くなぁ」と私も楽しみにしているのが本音です。 生まれてすぐからしまじろうと一緒に大きくなっているようなものですから、正直感情移入待ったなしです。 そして一緒に届く親向けの本は、親としての在り方を教えてくれる強い味方です。 をすると体験教材も一緒に届くので、一度お子さんの反応を見てもいいかもしれません。 なんと、 無料なのにDVDも付いてます…!ベネッセしゅごい。 「幼児教育」という堅苦しいくくりではなく、あくまで子供が楽しみながら成長出来たらいいなと思います。

次の

こどもちゃれんじぷち口コミ|怒涛の1歳育児を乗り越えよう

こどもちゃれんじ baby ぷち

エデュトイ 「五感で楽しむ 5WAYへんしんジム」 ねんね期の赤ちゃんの感性・知性・運動機能を育む大人気玩具。 「ねんねしながら五感で楽しむ」「プレイマットにして遊べる」「飾りを取り外してお出かけトイになる」「BOXにして遊びが広がる」「飾りパーツを使って音遊びする」など、5WAYで大活躍します。 ねんねしながら五感で楽しむ アーチにつるしたり、パペットに手を入れて動かしたり、お子さまの体にさわったり・・・。 ねんねしながら、五感をめいっぱい使ったスキンシップを楽しめる工夫がいっぱい。 プレイマットにして遊べる にぎやかな動物たちの絵柄を楽しんだり、マラカス、アコーディオン、しっぽなどさまざまなパーツの手ざわりを楽しんだり。 遊びのバリエーション豊富なプレイマットです。 飾りパーツを取り外してお出かけトイに はっぱのメリーやパペット、りすのラトルは、アーチから取り外して外出先でのちょっとした親子遊びにも使えます。 BOXにして遊びが広がる 「アクティビティマット」を組み立ててBOX型に変身。 うつぶせやおすわりができるようになってから楽しめ、長く使えるマットです。 さまざまな音や歌にふれて、たっぷりと五感を使います。 育児情報誌 「おやこですくすく」特別号 3〜5カ月頃のお世話やスキンシップ遊びの仕方を1冊に【特別号特集】「3〜5カ月の赤ちゃん 成長&お世話ガイド」• 月齢に合った気になるテーマや最新研究などの、必要な情報をお届け。 赤ちゃんの行動の裏に隠された根拠をご紹介します。 生後半年頃から始まる離乳食について、ひと足先に知っておけるから、スムーズにスタートできます。 3〜5カ月の成長の著しいこの時期のお世話の疑問や気がかりを解消できる1冊。 あらゆるジャンルのお役立ち情報や、お楽しみ情報をつめこんでお届けします。 〈こどもちゃれんじbaby〉 5つの特長• 月齢に合った遊び 1年間で大きく成長する時期だからこそ月齢の発達に合った、成長につながる遊びをお届けして、赤ちゃんの「やってみたい!」を刺激します。 安全・安心の教材設計 赤ちゃんが安心して遊べるよう、教材の企画・制作には細心の注意を払っています。 厳しい基準を設け、専門機関の検査をクリアした安全な教材だけをお届けします。 心が豊かに育つ おやこ遊び スキンシップ遊び、絵本の読み聞かせ、手指を使った遊びなど、バラエティ豊かな遊びを通して親子の愛着関係を深められます。 子育て トータルサポート 親子で楽しい時間を過ごせるよう遊びもお世話もサポートします。 「上手に遊べるかな?」とちょっぴり不安なかたでも、赤ちゃんの笑顔をいっぱい引き出せる毎日になるようお手伝いします。 経験者の回答 今はどういったおもちゃを与えるのが一番なのか。 そんな疑問をもたなくても月齢に合ったおもちゃが届くのが一番の長所かと思います。 短所といえば、やっぱり個人差があるので月によっては興味を示さないものもあります。 でも、しばらくすると興味を持って遊んだりするのでムダにはなりません。 ばじる• 経験者の回答 うちは、市販の物を買うより、吟味され安全も研究された物が多かったので良かったと思ってます。 どうしても合わなければいつでもやめられるし、やってみても損はないかと思います。 (ひまわりん)• 経験者の回答 確かに増えます。 ですが、一個一個に思い出が増えます。 愛着がわく様子で、増えても捨てるのを2歳くらいになると許してくれません。 ひとまとめにしてしまっておくのがベストです。 (りりま)• 経験者の回答 その時はあまり遊ばなくても、後で遊ぶこともあります。 小さい頃は特に、親が楽しそうに遊んでいると子どもも真似をして遊ぶので、一緒に遊んであげれば気に入ってくれると思います。 (にろ)• 経験者の回答 我が家は一括にしませんでしたが、結果として一括にすれば良かったと思いました。 割安で受講し、合わなければやめて、差額を戻してもらった方が、結果として割安にならなくても、続けてれば安いし。 (しまじろ娘).

次の